ガザの人々のために祈るユダヤ人もいること

 連日、イスラエルにより犠牲になった子供たち、それを嘆き悲しむ親たち、そして今もガザに閉じ込められながらブログに恐怖をつづる人たちを見、声を聞いているとイスラエルに対する怒りがふつふつと湧いてきて、どうしようもなくなる。このブログを読んでくださっている人もそうかなと思い、こういう人もいることを伝えておかなくてはと思った。

ナチスによるホロコーストの生存者の二世でアメリカ在住のユダヤ人で母親でもあり、ハーバード大学中東研究所のDr. Sara Royの悲しみ

 それから、イスラエル(シオニスト)に反対するユダヤ人のrabbi(ラビ:ユダヤ教の先生、律法学者、指導者)がいることも(英語)。


True Torah: Jews against Zionism
シオニズムに反対するユダヤ人のサイト
※シオニズム:とりあえずはWikiipedia見てみる?

ガザ地区空爆に反対する署名にご協力を

ガザの様子、パレスチナ情勢についての国内集会等がわかるブログ
「薔薇、または陽だまりの猫」
by fussyvet | 2009-01-14 11:55 | 世界の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fussyvet.exblog.jp/tb/7815089
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ガザ停戦-雑感 イスラエル、非人道的兵器使用か? >>