大阪府のブルセラ病感染犬等の殺処分について

 昨年12月、大阪府内にあるイヌの大量繁殖施設にてブルセラ病の発生が明らかになりました。結局、ここにいたイヌたちは全て安楽死となったのですが、殺処分に至るまでには動物愛護団体からの猛烈な殺処分反対運動が展開され、ネット上でもさまざまな意見が飛び交っていました。私の意見を記事にして掲載しようと思っていたのですが、現在新たに記事を書いている余裕がないので、1ヶ月前にいただいたメールの内容とそれに対する私の返信を掲載しておくことにします。

 今回、イヌの安楽死について、「可愛そうだ。」と思われる方は大勢いると思いますが、このようなことは人間が動物をその管理下においている限り、再び起こりうることです。人間と動物の両方に感染する人獣共通感染症については、家畜伝染病予防法や狂犬病予防など法律の定めるところにより措置を講じなければいけません。そこに殺処分に該当する動物がいる限り、その動物は法律の定めを免れることはありません。人間が人間社会のために作った法律により、人間が管理している動物もその影響下にあるのです。殺処分という法的定めから人間の管理下にある動物を逃してやりたいのであれば、ペット初め、まずは動物を管理することを人間が止めるしかないだろうと思います。でも、現状では無理そうですよね。
 前置きが長くなりましたが、この辺で。


以下、いただいたメールとそれに対する私の返信の内容---------

○○ 様

 初めまして。「動物のお医者さんが見てきたこと」のサイト管理人です。私の稚拙なホームページをご覧いただきありがとうございました。
 さて、ご質問の件ですが、家畜伝染病予防法という法律があり、当然行政はこれを遵守する必要があります。家畜伝染病予防法にはブルセラ病に関しても規制がありますが、ブルセラ菌種別に定めているものではありません。brucella canisも人への感染が起こりうると判断されたならば、当然それを防ぐ義務が行政にはあります。
 専門のチームが行政に治療を申し出て…ですが、行政はこれらのチームにより更に菌が広がる可能性を危惧しているのかも知れません。イヌのブルセラ病はこれまで珍しいものでした。が、この病気が世間に知れ渡った今、自分が飼育するイヌに似た兆候があれば心配して検査を依頼する人が増えるでしょう。そして、検査の検体数と精度が上がったことにより、brucella canisが見つかった場合、大阪府はこの事件のイヌたちの処分が遅れたことによる感染拡大だと責められかねません。

 大阪府がどのように考えているのか、教えていただいたサイトは殺処分反対派の方に書かれたものであるので分かりませんが、専門のチームと言っても、現在の責任は行政にあります。行政もそのチームに一任できない理由があるのではないでしょうか。それ次第ですが、私は行政の殺処分という判断を一概に責めることはできないと思います。

 以上、個人的な意見ですが、参考までに。


----- Original Message -----
Sent: Wednesday, April 18, 2007 3:06 PM
Subject: ホームページより


> ------ yourname ------
> ○○
> ------ address ------
> ××@×.×.jp
> ------ S1 ------
> こんにちは。初めまして。○○と申します。
>
> 「きっこの日記」から来ました。
>
> まだ全部は読ませていただいてないのですが、動物の愛護について書かれていたので、今、ネット上で問題になってる(大阪のローカルな話題ですが)「ブルセラ症陽性犬全頭殺処分」についてご意見をお聞きしたくメールさせていただきました。
>
> http://living-with-dogs.com/modules/xfsection/article.php?articleid=1089
>
> こちらはどちらかと言うと反対の方の記事です。
> しかし経緯はわかっていただけるのではないかと思い、ここのリンクを紹介させていただきました。
>
> 最初に私は基本的には仕方ないと思ってますが、せっかく府が「救援本部」を立ち上げてくれた画期的な事でしたのに、治療もされず殺処分されようとしている事にはずっとモンモンとしています。
>
> ブログで一般人のボラだった方が「殺処分賛成」を謳い、それがネット等で賛成派反対派と言われ、反対派に罵倒する2ちゃんねるの方達とかいらっしゃり、どうも最近は「ブルセラ=殺処分に等しい感染症」なのだと思ってるような意見をちらほら見かけるようになったのです。
>
> まるで他の犬には感染症など無い様に。少し恐くなってきています。
>
> うまく書けませんが、自分の犬にそのような兆候(ブルセラでは流産、死産だと聞いています、他、感染症)が起こった時に、きちんとして予防と治療によって防ぐ事ができるのにそのような目で見られ、飼い主共々散歩も行けないような被害が起こるのではないかと心配しています。
>
> ちょっと大げさかもしれませんが。。。。
>
> 私の意見は稚拙なものですし、参考にならないかもしれませんが、先生の行政による府のブルセラ症殺処分問題にご意見をお聞きしたくメールさせていただきました。
>
> もしお時間ありましたら、お返事いただければと思います。
>
> もちろん、そのご意見を勝手に転載などしないとお約束致します。
>
> Local Time: 2007/4/18/15:6

メールやりとり内容ココまで---------------------


本件に関する経過について参考サイト:
大阪府ブルセラ病感染犬等救援本部
by fussyvet | 2007-05-28 11:20 | 動物 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://fussyvet.exblog.jp/tb/5653201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by の~♪ at 2007-05-28 12:26 x
こんにちわ。
この件は私もずっと静観していました。
でもブルセラ症に関して、深い知識も何もないわけですから本当にどれくらい危険があるのか、それともないのかは分からないので、今回の処分が妥当だったのかどうかもわかりません。
行政としては…色んな事を含めてこれが一番妥当な結論だったんでしょうね。
悲しいかな、行政は犬の件だけが仕事なわけでもなく、他にもたくさんの事案を抱えているんでしょうし…本当にブルセラ症のコが一般家庭に渡って何の問題もおきないという確証を得ることもできないので可能性がゼロでない限り、簡単に譲渡というわけにはいかなかったんだとも思います。
私個人としては、もう少し温情のある処置をして欲しかったというのが本音ですが…簡単に解決することも難しいんだろうなと。
行政側の人も好きで殺処分に踏み切ったわけでもないでしょう。
この問題の根底には、無責任なブリーダーと無責任な購買者の構図があると思います。
そこを改善しないと、またこういう問題は起こるでしょうね。
ただ、どんな理由でさえ、たくさんの弱い命が失われたという事実は消えないので忘れてはいけないと。
乱文ですいません。
Commented by fussyvet at 2007-05-28 13:09
の~♪様、早速のコメントありがとうございます。
の~♪様が個人的にもう少し温情のある処置をして欲しかったと思われる処置を具体的に拝聴したい気がいたします。
行政は法律遵守とその円滑な施行を目的としています。その範囲内であれば、当然温情もありますが、その範囲外となれば、温情…というわけにはいきませんので、その点は元行政の人間として今回の執行者たちにもご理解を、と申し上げておきます。

私は人間が動物を管理する限り再発すると思っていますが、おっしゃるとおり、中でも無責任なブリーディングが許されている限り、同様な問題の再発率は極めて高いと思います。
Commented by の~♪ at 2007-05-28 15:26 x
あはは、やっぱり突っ込まれましたね(^^;)
温情のある措置(処置ではないですね…すいません)とはあくまでも法律云々を取っ払った範囲を含むです。
だから行政の立場…というのも理解しているつもりです(^^*)
ただ、保護していた段階での写真を見る限り…放置しすぎではとも思いました。あの写真は捏造されたものでもないでしょうから。
保健所でもたとえ処分になっても、もう少し保護犬のケアをされているのでは?(違ったらごめんなさい)
炎天下での放置…う~ん(--;)かなり疑問が残りました。
全然答えになっていないですね(^^;)
Commented by fussyvet at 2007-05-28 20:43
の~♪様、保健所で行われる保護犬のケアをどのように想像されているのか分からないのですが、どこもケアと呼べるものはしていないと思います。
多頭飼育崩壊の映像はどれもの~♪さんが思われたように「放置しすぎでは」というものが多いです。私も保健所にいた時に一軒家で多頭飼育崩壊の件を見たことがありますが、通報があったときには既に状態が悪いものでありました。どのような状態をもって多頭飼育崩壊の現場に保健所が踏み込むかはいつも悩ましい問題です。保健所には強い立ち入り権限があるわけではなく、一歩間違えば、イヌという住民の財産を侵すことになりかねないからです。後に多頭飼育者が行政を訴えて裁判沙汰になって負けてしまうような立ち入りの方法は取れません。今回は家畜伝染病予防法に則って立ち入りましたが、今回ブルセラ病が発生していなかった段階で動物愛護法のみで措置を講じようとしたとして、現状で行政の立ち入り権限はとても弱いものです。大阪府も放置したくて放置したわけではないかと思います。
Commented by fussyvet at 2007-05-28 20:43
もし、関心あらば、次回動物愛護法改正時にパブリックコメントやその他の方法で、そのような行政の立ち入り権限を強化するような方向にお手伝いいただくとよいかも知れません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 象牙の密猟のために先月7人もの... こんな私でもいい >>