オーストラリアで駆除されるカンガルーの殺し方

 以下のリンクはアメリカのカリフォルニア州においてオーストラリア産カンガルー皮の販売を許可する法案の通過を阻止しようという活動をしているアメリカの動物愛護団体のページです。リンクをクリックするだけでは動画は始まりませんが、ページに含まれている動画はオーストラリアでのカンガルーの駆除方法を撮影したもので、最初にハンターがカンガルーを撃ち、倒れたカンガルーに近寄ってその袋からまだ生まれて間もない赤ん坊を掴みだして地面に叩き付け、足で踏み殺しています。そのハンターが連れている息子と思われる小学生くらいの男の子もその大人の真似をして、その踏みつけられた赤ん坊のカンガルーを去り際に踏んづけています。次の場面では、またカンガルーが撃たれて、今度は少し大きくなったカンガルーの幼獣が袋から無理やり出されました。これ以上、私は見るに耐えられず、慌てて動画を停止させました。続きを見た人によれば、私が見た場面が一番残酷で、その後は皮を剥がれたカンガルーの映像などが続いたそうです。
 私は動物を利用するとしても、最低限の苦痛の削減をしてやらねばならないと思っています。また、動物福祉の観点から幼獣は保護してやらなくてはならないと思っています。母親を亡くしたことによるストレスの大きさを考えたら仔は安楽死させてやった方が良いと考えられる場合は、必ず「安楽死」に当てはまる方法で息を引き取らせてやらなくてはなりません。その観点から見ても、死んだ母親の袋から無造作に取り出されて踏み殺すやり方は全く賛成できない、許容できない行為だと思います。
 この現状を見て、こんなやり方で殺されるカンガルーを増やしたくないと思われた方は、リンク先の署名に協力してあげて下さい。

Take Action: Save Kangaroos From Slaughter--Stop SB 880!

 参考までに上記リンク先を和訳を掲載しておきます。文中「SB880」というのは、法案を表す記号です。

-----------------------------
カンガルーを虐殺しないで-SB880を阻止しよう!

 カルフォルニアで法案が成立すれば、カンガルーは危機的状況に陥ることになる。上院法案880は、1970年以降同州で禁止されていたカンガルー皮の販売を合法化するものである。
 オーストラリアでは毎年何百万頭ものカンガルーがその皮を取るために射殺されている。オーストラリア政府の行動規約によれば、親を亡くしたカンガルーの幼獣および損傷を受けた成獣は首を切るか、頭部を素早く殴打して”脳を損傷”して殺されなければならないとされている。袋の中に赤ん坊を抱えた母親のカンガルーがハンターに殺された場合、その袋の中の赤ん坊は死んだ母親の体から引っ張り出されて踏み殺されるか、苦悶したまま放置される場合が多い。
 今や経済的需要を満たすだけのカンガルーはいないため、カリフォルニアにおけるカンガルー皮の販売が許可されれば、種の存続を脅かすことになる。オーストラリア政府の統計によれば、カンガルー人口は減少し続けており、10年以上最低頭数を記録している。SB880が絶滅危惧種ではないカンガルーから取った皮の販売だけに限定したものであっても、通常ハンターは夜間にカンガルーを殺すため、射殺前にそのカンガルーが絶滅危惧種ではないことを確認する作業を逐一行わない。カンガルー皮の需要増加によりオーストラリアで減少するカンガルー数はますます危険に曝されることになる。

 カンガルーはあなたの声を待っています。SB880の通過を阻止してカンガルーを守るため、カリフォルニア観光局へ手紙を送り、法案が通過すればカリフォルニアへ行かないことを告げて下さい。カンガルーは、動物全てがそうであるように、敷物やハンドバッグやジャケットや靴ではなく、虐待や不必要な死から守られる価値があるものです。
 どんな場合でも個人の手紙が最も有効です。下記の文章を利用していただいて結構ですが、メッセージや件名を自分自身の言葉で書いた方がより影響力があります。
 カリフォルニア在住の方はここをクリックして下さい。


-----------------------------------
by fussyvet | 2007-05-07 10:38 | 動物 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : https://fussyvet.exblog.jp/tb/5545065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by の~♪ at 2007-05-07 13:20 x
続けて(^^*)
これもちょっと嫌な話ですね。
保護区域と駆除は案外切っても切れない関係というか…
確かアメリカのイエローストーンのバッファローも保護されていても、頭数制限で駆除されていますよね。
不妊手術も行われていると何かの雑誌で以前読んだこともありますが…
カンガルーも駆除対象だとは知りませんでした。
そういえば、最近カンガルー肉のドッグフードなども入ってきてますが、こういう駆除されたカンガルーの肉を使っているんでしょうか?
やはり、駆除の仕方に大いに問題がありますよね。
文章を読んだだけで切なくなります。
こういう原始的?な駆除方法はあまりにも惨いと思います。
それを、一緒にいた子供も率先してやっているのが怖くもあります。
その子供からすれば、当たり前の事なんでしょうが、それがいいとも思えません。
どうしても殺さなければならないのであれば、せめて安楽死にして欲しいですね。
そして幼獣は保護をして欲しいです。

本当に切ないです。
Commented by fussyvet at 2007-05-08 13:47
カンガルー肉のドッグフードがあるんですか?知りませんでした。
私も連れられていた子供が、大人の真似をしてまだ赤いカンガルーの子供を踏んづけていたことに危機感を抱きました。人間は慣れる動物です。大人がそうやっていれば、そういうものなんだと疑問を持たずに育つかも知れません。そうやって惨い目にあう動物たちは減らないのかと思うとがっくりと肩を落としてしまいます。あの子が、疑問を持つタイプの子供だといいのですが。
Commented by 77 at 2007-05-16 01:31 x
カンガルーがこんなに殺されているなんて初めて知りました。私は学校で実験動物や動物取り扱い業について調べています。今まで目を背けてきた酷い現状に非常にショックを受けています。国内の事だけで頭がいっぱいでしたが、世界中にまだまだ不幸な動物達がいるんですね・・・。少しでも多くの人に知ってもらいたいです。
Commented by fussyvet at 2007-05-16 09:58
77さん、興味深いテーマを研究していらっしゃるんですね。
動物の問題、関われば関わるほど目に見えない悲惨な現状が出てきますが、長い目で見ていって下さいね。私は悪いことばかりに目が行き過ぎて途中で息切れしてしまった経験があるので。
動物の問題はただ個々の命を救うだけでは解決につながっていかないことがほとんどです。まず現状を知って、その裏も知って、どうしていったらいいのかお若い方にも一緒に考えていただけると嬉しいです。
Commented by ◆.0e0wEv5W6 at 2007-11-14 22:17 x
かんがるーは動物園ではにんきものだから
動物園にいれてあげたらいいと思います
Commented by ◆.0e0wEv5W6 at 2007-11-14 22:17 x
かんがるーは動物園ではにんきものだから
動物園にいれてあげたらいいと思います
Commented by かんがえる0 at 2008-01-07 22:48 x
日本の捕鯨推進派が、オーストラリアは人種差別国家だと非難するビデオをYouTubeに投稿した。
忌わしいクロナラ暴動(注1)の映像を使っている。
10分間のビデオは英語と日本語の字幕で、オーストラリア人は白人優越主義、排外的民族主義、人種
差別イデオロギーに染まっており日本人に偏見を持っていると非難している。

そこには殺されるディンゴの実態や小型トラックにワラビーを叩きつけて殺している子供、そしてオース
トラリア人と思われる男性がカンガルーの母親のお腹の袋から赤ちゃんカンガルーを取り出して足で踏
みつぶすという恐ろしいグラフィック映像が映し出されている。そしてまた、クロナラ暴動で怒った若者
が激しく襲いかかっている有名な映像も再現している。



次のビデオ「白豪主義オーストラリアと反捕鯨」を見てください。(10分)
http://www.youtube.com/watch?v=e8lvep0-Ii0
Commented by 伊小 at 2008-01-15 01:08 x
最悪です。
動物をあんな殺し方するなんて。
赤ちゃんカンガルーを踏んだり、
壁にぶつけたり、
皮をはいだり・・・
しかも、子供もまねするんかいっ!!
酷い。
こんな死に方をする動物が減ってほしいです!!
Commented by 愛莉 at 2010-06-15 15:48 x
殺し方が残酷です。叩きつけたり、踏みつしたりして。
しかも、大人の真似してる子供がいることに衝撃を受けました!!
オーストラリアの人は、「鯨を殺すな」というわりには、自分たちの国のことをちゃんとしてない。非難するよりも、自国の問題を解決すべきだ。
鯨の問題で、日本人を殺すCMがあるのを知っていますか?
言葉をなくしてしまいました。
責任転換しているだけではないでしょうか。
規定や条約のなかで、生存できる絶滅させないように鯨をとっています。鯨だけの問題ではないでしょう。命は1つなのです。
もっと大切にして欲しいです。
私達が食べてるものは、動物なんです。牛・豚・鳥挙げればきりがない。その動物のことは気にしないで、都合がいいときだけ非難をするな。生きていくために殺しているんです。あなたたちがしていることは何ですか?本当に正しいことだと言えますか?
罪もない赤ちゃんを殺してる人が正しいと・・・・。もし、それが正しいことならば世界が腐ってる。そんなことがないようにしてほしい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< こんな私でもいい 第6回国際動物実験代替法会議 >>