「安楽死」賛成

『尊厳死』について

「尊厳死」

 もはや「安楽死」とは言わないんだな。動物の場合、法律では「安楽死」のことを殺処分という。人間の「尊厳死」と動物の「殺処分」という表現からわかることは、人間の場合、あくまでも同種の動物であるヒトによるヒトのためのヒトの安楽死であり、動物の場合、ヒトによるヒトと動物のための動物の安楽死であるが、それはヒトの下で動物の命がコントロールされることを意味し、動物の命に対して異種であるヒトがその決定権を持つということを端的に示している。
 我々獣医師はその動物の命について決定権を持つ職業である。私は「安楽死」が行えることは人の医者に比べて幸運な点であると思っている。動物はいつか死を迎える。それを受け入れず、その動物を取り囲む人のために延々と呼吸と心臓の鼓動を維持することは、余計な苦痛を長引かせているだけであり、死を受け入れられない人間の傲慢ではないかとさえ思う。念のため付け加えておくが、これはあくまでもその苦痛を除去する方法が死以外にないと正当に判断できる獣医師のみが行うべきであり、それができない獣医師が安易に安楽死を選択して良いということではないし、これ以上、臨床獣医学を発展させる必要がないという意味でもない。獣医学の発展は「安楽死」の選択の容認と絶えず平行して目指されなければならないし、動物の苦痛を見抜くことが出来る獣医師の養成は遅れており、その判断力を持った獣医師の確保が先決であることは言うまでもない。
 さて、人間の場合については私は人のお医者さんではないので患者として考えてみよう。私は「尊厳死」に賛成である。こう言うと、「人の「安楽死」の容認は医療発展努力の放棄である。」と言う人が食いついてくるだろう。しかし、私は上の獣医学について書いたことと同様に、「尊厳死」以外に患者の苦痛を取り除く方法はなく、これ以上の延命は患者のQuality of Lifeを損ねることになると正当に判断できる医者が存在することが大前提であり、また医学の発展を否定するものではない。「尊厳死」の容認により、医学の発展が遅れたり、いたずらに患者を「安楽死」させる医者が出てくるならば、それはもはや人としての医者のモラルに関わってくることだから、そんな人間を生まない医学教育体制や就業後教育の充実が優先課題であろう。私は自分自身が将来、苦痛に悶え苦しむだけならば、「安楽死」をして欲しいと思う。ただし、信頼できる医者に依らなければならない。
 はてさて、最近のお医者様、そんな信頼できる方はどの程度存在するのか?少なくとも、「手術の前には謝礼金を渡した方がベター。」だとか、「手術の前に謝礼金をもらえば、手術に対する意気込みも違う。」などと金で命の取り扱い方を決定するような方には頼みたくありませんな。

********【TB企画】***************
メディカルブログ(http://exhospital.exblog.jp/)
『尊厳死』について
****************************
by fussyvet | 2005-01-04 18:54 | こうして社会は回ってる | Trackback(3) | Comments(5)
トラックバックURL : https://fussyvet.exblog.jp/tb/1509363
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from たくさんのありがとうを君に… at 2005-01-06 19:52
タイトル : 生と 死と <前編>
先日、尊厳死法案が国会に提出され、私も参加する エキサイト・メディカル・ブログにおいて、 『尊厳死』について考えるTB企画が持ち上がりましたので、 私も参加させていただきたいと思います。 但し記事の方は3年ほど前に、日記サイトの方に書いたもので、 自分でも好きな日記だったのと、今回のテーマにも添っているため今回、 加筆・訂正を加え、ブログの方にも残すことにしました。 元々はお気に入りの日記作家サン、白蓮サンの掲示板に 『生きると死ぬって何ですか?』 と言う質問があり、...... more
Tracked from ウブロ 1920.1 at 2019-01-08 13:24
タイトル : ゼニス 50万 中古車
「安楽死」賛成 : 動物のお医者さん日記... more
Tracked from ウブロ コピー 国内発送 at 2019-01-08 14:34
タイトル : ハミルトンエッセンス オンラインショップ
「安楽死」賛成 : 動物のお医者さん日記... more
Commented by ninotika at 2005-01-04 20:14
安楽死と尊厳死と微妙にやはり線引きがちがってくるようですが、「これ以上延命治療はしない」という死に対するどちらかというと「受動的」なものが尊厳死で「(安らかに)死ねことをサポート(アシスト)する」「積極的」なのが安楽死のようですね。私は今の時点では安楽死よりも尊厳死の考え方に同意しやすい。やはりドクター自らの手でその瞬間「今」「死」なせることができる、ということが精神的に辛い事だと思うから。そして何よりその「今」をどうやって選ぶか。その反面「受動的」なものはもっと受け入れやすいと。
Commented by Alica at 2005-01-06 01:31 x
死の確定した病人が、現状以上の治療・延命措置を拒絶するのが「尊厳死」
それに伴う苦痛を軽減するため、薬物等で能動的に死を迎えさせるのが「安楽死」

と、そういう解釈でいいんですかね? 難しくてよくわかんないw

どちらにしても、患者のための苦肉の最終手段ならいいんですけどね。
最近の医療過誤やリピーター医師、モラルリスク病院の存在を知っちゃうと、中には安易な手段やミス隠しに使われそうで怖いですw
Commented by fussyvet at 2005-01-06 08:59
ninoticaさん、なるほど、「安楽死」と「尊厳死」にはそのような定義の違いがあるのですね。法的には境界線が曖昧のようですが、今回の法案でどの程度区別されているのか…。「ER」というアメリカの医療ドラマを見ていると、患者が積極的な延命治療をしないでくれという文書を持っていたら医師がそれを行わない場面があり、既に向こうでは「尊厳死」が法的に認められているのかと想像するのですが、日本の法案もアメリカに倣っているのでしょうか。医師と違って獣医師は自ら生命の死を決定する、あるいは立ち会う場面がものすごく多いため、精神的辛さは頻繁にあるのですが、医師は人の死というものを受け入れがたいのでしょうか?

Alicaさん、多分どの職業でもモラルのない人間はいて、金儲けだけに走り、社会に害悪を与える者はいるのですが、医師の場合、それが人間の生死にかかってきますから…。医師だけが極端に社会的地位が高ければ、そこに群がる利権あさりも増え、そこへ重きを置きすぎてしまうと頭が良いだけに始末が悪いと思うので、私はやはり医学過重の研究には反対なのです。
Commented by KanaTachibana at 2005-01-06 20:25
こんにちは。『尊厳死』、TBさせていただきました。ninotikaさんとだぶりますが、「尊厳死」と「安楽死」は違うんじゃないかと私も思います。動物の場合、方法的には「安楽死」をとるケースが多いのでしょうか?うちにも16歳まで生きた愛犬がいましたが、最後の1年半は肺に水は溜まるわ、咳は止まらないわで、とても苦しそうでした。私は既に英国にいたのですが、帰国した時は毎晩私の布団に入ってきて、夜中に何度も咳が止まらなくて起きるので、毎回、落ち着くまでずっと背中をさすってあげました。最後は母の手からご飯を貰って食べ、家族が仕事に行っている間に、家の中で静かに息を引き取っていました。安楽死を選べば、その瞬間、誰かが側にいることもできたかも知れませんが、病状が何とか薬で我慢できる痛み(だったと思いたい)まで押さえられていた状況であったうちの場合に限り、その選択はしないで良かったと思っています。そして私はこれは、人であっても、他の動物であっても、同じだと思っています。
Commented by fussyvet at 2005-01-08 17:26
KanaTachibana様、トラックバックありがとうございました。
動物の場合について、その動物がペットなのか実験動物なのかその他によってどのようなケースが多いかは異なりますので一概には言えません。「安楽死」をする場合の選択条件についてはKanaTachibanaさんと同意見であり、異存はありません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「ブランド詐欺」 私の居場所 >>