動物に権利はあるか?

「動物に権利があるとしたら、肉を食べることはおろか、動物実験、ペットを飼うことまで全てやってはいけないことになる。だから、私は動物権利運動には反対だ。」
 これはある研究者でもある獣医師の意見である。

 「権利」とは何だろうか?そもそも動物が「権利」という概念を持っているとは考えにくい。彼らは自分たちが生きること、それだけ考えているはずであり、「権利」という概念は人間が作り出して持っているものである。では、それだから動物に「権利」はないのであろうか?
 人間社会、例えば我が国においては、「基本的人権」として憲法で認められている他、財産権、日照権など様々な権利が認められている。しかし、これらは「公共の福祉」によると制限される。例えば、ダムを造るとき、その造成地域の人たちの住居は「公共の福祉」の名の下で侵される。しかし、だからと言ってその人たちの権利は最初からなかったかと言うとそうではない。その人たちの権利は確かにあったのだ。しかし、「公共の福祉」の下に奪われただけなのだ。
 動物の権利についてはどうか?それは人間社会の法では定められていない。今現在、食肉、その他で動物を利用している現状からすれば当然のことかと思われる。「動物の権利」の全てを法律で認めてしまえば、現在の多くの人間の営みは失われる。ペットだってそうだ。もともと自然にいた動物を家畜化したものだからだ。だから、「動物の権利」を主張する愛護運動は発展しない。自分たちに自己矛盾があるからだ。犬も猫も家畜も守りたい。けれど、犬や猫、特に猫は肉食獣である。それを飼うなら、その餌になる別の動物が必要だ。「犬も猫も家畜も守りたい。」そのために、猫の餌までベジタリアン食にしようとする輩もいるが、それは己に辻褄を合わせるためのエゴに過ぎない。猫にとってはいい迷惑である。
 では、だからと言ってやはり「動物の権利」はないのだろうか?私はそうは思わない。ダム造成のため、あるいは道路拡張のため財産権を奪われて住み慣れた土地を追われる人がいる。その人たちは「公共の福祉」のために権利を奪われたのだが、元から権利がなかったわけではない。それと同じで、人間の概念ではあるが、一部で利用される動物がいるからと言って、動物に権利がなかったわけではないだろう。動物にも人間が言うところの権利はあった。しかし、それは人間の利益のために奪われたのである。
 さて、権利には義務が伴う。義務を全うもせず、自分自身の権利ばかり唱える人は得手勝手の「利権あさり」をするタヌキ親父である。そういうタヌキは自分の権利ばかり目に映って、人の権利を認めない。しかし、他人の権利を認めること、つまり譲歩や謙虚さを持つことも人間にしかできないことである。これは対象が動物であっても同じではないだろうか?
 「権利、権利」いう人間は胡散臭い。きな臭いにおいさえする。信用できない。全ての者・動物の権利を認めていれば、全て得手勝手でとんでもない世界になってしまう。そうではなく、人間が人間らしくできることは、相手の権利を認めることだろうと思う。その意味でも私は動物の権利はあると思う。問題は、どこまでそれを認め、線引きをどこでするかということだ。人間の権利で言うところの「公共の福祉」の範囲である。
 「動物の権利」だけを基盤に置く団体は自己矛盾を生じてその道理は破綻する。しかし、「動物の権利」だけを訴えるのではなく、自分たちが利用してしまう動物の「福祉」を訴えるのがいいだろう。それでも、人間社会ではコストを考えるので、肉食をする人間やペットがいる限り、「畜産動物の福祉」については難しいだろうとは思う。
 本当に「動物の権利」を認めたいなら、肉食を止めることはもちろん、ペットも飼うべきではなく、実験動物が使われる医療サービスを受けることもできなくなる。それをできずして、「動物の権利」ばかり訴えるのは胡散臭い。自分がまずできないことをどうして他人、社会に要求できるというのか?「声だけ届ければいい。」と言って平然と従来の生活を続ける者がいるが、それは「他人に厳しく自分に甘い」。
 「動物に権利」はあると思う。しかし、自己矛盾に気付いてそれを解消していかない限り、未来はない。「動物実験反対!」と言っている者のどれだけがそれを実行できるのか?私は期待を持って尋ねてみたい。
by fussyvet | 2004-10-24 15:16 | 動物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://fussyvet.exblog.jp/tb/1219612
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Alica at 2004-10-24 19:01 x
fussyvet様のお考え通りだと思います。

Animal Rightなど単なる幻想です。だってご大層な人権ですら、ヒトのこじつけた法律なしに存在し得ない砂上の楼閣ですから。しかもこの世に人権が遵守されている場所など存在しませんし。

「権利」が発生するところには、自動的に「義務」も発生します。野生の動物たちが一体何の義務を負うことができるでしょう?
人間の身勝手な横暴にじっと耐えること? 動物実験の被験体になること? 人間の娯楽のために狩られること?
彼らが人間の要求する義務を果たすなら、その権利も認めてやらねば。

強いて言えば、彼らにとって本能の赴くままに行動することが「権利」、しっかり食べて己が種を後世に残すことが「義務」です。その中には、ヒトを餌にすることも、恐怖からヒトを襲うことも含まれます。
今年はクマ出没で連日大騒ぎですが、餌を求めてヒトの生活圏に現れるのは野生動物の自由。そして襲ってくる彼らを撃ち殺すのもヒトの自由です。

ヒトと動物は相容れないのですから、「動物の権利」などという奇麗ごとなど言わず、「ヒトは動物に対するエゴの上で生きている」と認めるところからしか、話は進まないでしょう。
Commented by fussyvet at 2004-10-26 12:04
> しっかり食べて己が種を後世に残すことが「義務」

 なるほど。そうですね。私は動物の義務は何だろうと考えたのですが、答えを見つけずじまいでした。
 人間の権利を唱える団体には大きな似非団体がありますから、動物の権利を唱える団体にはそうなって欲しくないと思うのですが…。
Commented by Alica at 2004-10-27 00:12 x
動物の権利を唱える団体を「似非」とまでは断言する気はありませんが、やはり底がやや浅いような気がします。
受け手側が認識し、自ら行使してこそ、初めて「権利」と呼べます。
ヒトの小ざかしい知恵で考え出した概念である「権利」ごときが、大いなる本能に基づき生きる動物に必要とは思えませんし...
無理に押し付けても「そんなもの、いらねぇ~」っと突っぱねられるのがオチですよ、きっと。
Commented by 10tトラック at 2004-10-27 02:19 x
こんばんは。
動物に携わらず動物に対しての基本的な知識が無いものが知識を得ようと思うとそのような団体などの知識に頼ることも多いので手放しに批判することはできません。研究者や動物関係従事者が情報を開示することが少ないのも原因ではないでしょうか?専門知識のない私にとっussyvet 様のhpのような存在は貴重です。そして「愛護」の団体も数少ない情報源です。行き過ぎた行動や批判に対しては疑いの目をむけられますが・・・
Commented by 10tトラック at 2004-10-27 02:37 x
すみません・・・文章が支離滅裂の誤字脱字です。書きたかったことを要約します。
>動物に携わらずして動物に関する知識を得ようと思うと、そのような愛護団体などの知識に頼ることも多いのです。感謝する部分もあり手放しに批判することはできません。研究者や動物関係従事者がそれらの情報を開示することが少ないのも原因のひとつではないでしょうか?専門知識のない私にとってfussyvet 様のhpのような存在は貴重です。そして「愛護」の団体も数少ない情報源です。愛護団体の矛盾、行き過ぎた行動に対しては確かに疑問が多々ありますが、必要な部分でもあります。
Commented by fussyvet at 2004-10-27 08:29
知識の有無の違いではなく、自分自身で情報を処理する方法に問題もあるような気がします。日々のニュースなど全ての情報について言えることですが、まず疑ってみる、そして、自分自身を振り返ってみる、それでもそうだと思えるならそれでいいのですが、感情に負けて全てを鵜呑みにしてしまう人が多いのを憂いています。研究者は確かに見た目に残酷なことをしていますから、情報をおいそれと開示しようとは思わないでしょう。ただし、「見た目」に残酷でも、被験体である動物は麻酔をかけられていて苦痛を感じていない「写真」も使用されてしまっている。目から来る情報が全てではありません。でも、感情的な団体や個人は「目」で訴えようとする。情報が歪んでしまいます。研究者も情報は論文という形で開示していますしね。まあ、それも全てではありませんが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< バッカでないの? 薬 >>