タグ:獣医師 ( 61 ) タグの人気記事

本当に浄化して欲しい

牛肉偽装事件、浅田被告が起訴事実認め謝罪

 BSE(牛海綿状脳症=狂牛病)対策として国が実施した国産牛肉買い上げ事業を巡る牛肉偽装事件で、詐欺と補助金適正化法違反などの罪に問われた食肉卸大手「ハンナン」元会長・浅田満被告(65)ら12人の初公判が20日、大阪地裁(水島和男裁判長)で開かれた。

 輸入肉など対象外肉434トンを混入させ、計約50億4000万円を詐取、不正受給したとされる浅田被告は起訴事実を認め、「制度を悪用し、申し訳ない」と謝罪した。

 浅田被告以外の11人も、罪状認否で「金銭を不正に取得したことは間違いない」などと認めた。共犯関係にある被告らが起訴事実を認めたことで、公判は比較的短期間で終結する見通しとなった。

 検察側は冒頭陳述で、「浅田被告は大阪府食肉事業協同組合連合会(府肉連)などの業界団体を私物化していた」と指摘した。引き続き午後も、「食肉業界の実力者」とされる浅田被告を中心として事件の構図を明らかにする。

 起訴状などによると、府肉連副会長、全国同和食肉事業協同組合連合会(全同食)専務理事の浅田被告は、ハンナングループ各社の幹部らと共謀し、牛肉買い上げ事業を悪用。2001年11月から02年5月にかけ、対象外の434トンを混入させて全国食肉事業協同組合連合会(全肉連)に買い上げさせるなどし、代金と保管費用計約9億6100万円を詐取、焼却処分費用など40億7900万円を不正受給した。

 今回の事件では26人が起訴され、雪印食品(解散)などこれまでの牛肉偽装事件では最大規模。浅田被告の起訴対象額は同事業全体で交付された助成金の4分の1に上る。

         ◇

 浅田被告らが起訴事実を全面的に認めたことを受け、農水省は20日、対象外の肉による助成金の返還請求手続きを進めることを明らかにした。
(読売新聞) - 8月20日13時45分更新


返還は勿論、事件の構図を一切明らかにして欲しい。
このBSE騒動では同業者であった獣医師が自殺している。本当に困っていた酪農家もいる。そんな者達の片側で、ここぞとばかりに金を貪る輩がいたわけで、真面目にやっていたものが救われない。そんな馬鹿なこと…。
[PR]
by fussyvet | 2004-08-20 16:08 | こうして社会は回ってる