タグ:息子の未来のために ( 66 ) タグの人気記事

ダルフールの強姦被害者とその子供たち-1

 今回はTimes Onlineからの転載と和訳(by fussyvet)です。たかが、強姦と思っている人がいたのなら、その顛末は計り知れないものだということを物語る記事ではないかと思います。


2007年9月22日
ジャンジャウィードの呪い
A new feature from the UK's "Times"...

(subhead: "Since 2003, Janjaweed bandits have been preying on the women of Darfur. Nobody knows how many they have raped, nobody knows how many pregnancies have resulted from these attacks, or how many babies have been killed by their ‘disgraced’ mothers. But now the women are beginning to speak out.")

(副題:「2003年以降ジャンジャウィードという盗賊集団がダルフールの女性たちを餌食にしてきた。何人の女性が強姦され、それにより何人が妊娠したのか、そして、何人の赤ん坊が「屈辱を受けた」母親により殺されたのか誰も知る由がない。しかし今、女性たちが声を上げ始めている。」)

As soon as she saw the two darkly clad men riding towards her on camels, their heads and faces swathed in scarves, Nafisa Mohamed knew what she must do. “I told my son and my daughter to run as fast as they could.” The men were the Janjaweed, nomadic Arab bandits who have been slaughtering Darfuri men and raping women, in a military offensive engineered by the Sudanese government. Jinn is Arabic for demon and jawad means horse. Darfuri people will tell you that the Janjaweed are indeed devils on horseback. Nafisa had been living for a year in Kalma camp, which houses about 120,000 Darfuri people who have had their homes destroyed by the Janjaweed. On this day, she walked several miles away from the camp with two of her children [in order] to collect firewood. When the men approached, she feared [that] they would try to kill her 13-year-old son and rape her 11-year-old daughter, but thought that if she surrendered herself and submitted, they wouldn’t bother chasing her children. She knew [that] they might kill her. Certainly they’d rape her.

頭と顔をマフラーで覆った黒っぽい装束の男が二人ラクダに乗ってやってくるのを目にした瞬間、Nafisa Mohamedさんは何をせねばならないか悟った。「私は息子と娘にできるだけ速く走るよう言いました。」彼らこそ、ダルフールの男たちを惨殺し、女たちを強姦し、スーダン政府の計略により軍事攻撃を続けている遊牧アラブ系盗賊ジャンジャウィードであった。Jinnとはアラビア語で悪魔を、jawadは馬を表す。ダルフールの人々に出会ったら、ジャンジャウィードは本当に馬にまたがった悪魔だと話してくれるだろう。Nafisaはジャンジャウィードに住居を壊されたダルフールの住民約12万人を収容しているKalmaキャンプに滞在して1年が経っていた。この日、彼女は薪を集めるため二人の子供を連れてキャンプから数マイル離れていた。その男たちが近付いたとき、13歳の息子は殺されて11歳の娘は強姦されてしまうと彼女は恐怖に陥ったが、自分自身がおとなしく身を挺したら、彼らもわざわざ子供たちを追いかけはしないのではないかと考えた。自分は殺されるかも知れないと分かっていた。強姦は確実だろう。

The first man went off in pursuit of other women, while the second tore off her tobe, a large veil that covers the head and body, and screamed at her: “Unclean slave! I will give you a pale-skinned baby.” Then he thrust himself upon her so violently [that] she bled: “Slave woman! Your children will be Arabs, and they will inherit this land.” Afterwards, Nafisa, full of self-loathing, ran as fast as she could back to the camp, where her other children were waiting. Her greatest fear was that she’d become pregnant by a Janjaweed.

最初の男は他の女性たちを追いかけて行ってしまったが、二番目の男は彼女が頭と体にまとっていたトーベと大きなベールを引き裂き、彼女に向かって叫んだ。「汚い奴隷めが!俺がもっと肌の白い赤ん坊を授けてやる。」そして、彼女を荒々しく突いたため、彼女は出血した。「奴隷女め!お前の子供はアラブとなり、この地を受け継ぐんだ。」その後Nafisaは自己嫌悪でいっぱいになりながら、他の子供たちが待つキャンプへとできるだけ速く走った。最も恐れたことはジャンジャウィードにより妊娠させられることだった。

Nafisa, 30, and her children live in Kalma camp near Nyala, the capital of Southern Darfur, where the Khartoum government has been conducting a campaign of ethnic cleansing against non-Arabs for the past five years. Around 300,000 have died as a result, and more than 2 [million] have lost their homes – over a third of the population. In 2004, when Nafisa’s village was destroyed by the Janjaweed, she had trekked to Kalma camp with thousands of others [in order] to escape the slaughter. Even then, what was happening in Darfur was condemned by the US secretary of state, Colin Powell, as “genocide”.

30歳のNafisaと子供たちは、ハルツーム政権が過去5年間非アラブ系民族に対する民族浄化運動を行っている南ダルフールの首都Nyala近郊のKalmaキャンプにいる。民族浄化の結果、およそ30万人が亡くなり、2百万人以上が住居を失った。これは人口の3分の1以上にあたる。Nafisaの村がジャンジャウィードに破壊されたとき、虐殺を逃れるため数千人と共にKalmaキャンプに歩いてきた。その時既に、ダルフールで起こっていることはアメリカ国務長官コリン・パウエル氏により「民族大虐殺(ジェノサイド)」として非難されていた。

Nafisa is a Fur, from the original tribe of Darfur. She is strong, resourceful, and beautiful. She is also almost illiterate, as she left school at the age of 11 [in order] to become engaged to a man nearly 20 years older. She married him at 13, and had his five children. Then he left her for a second wife. He gave the family’s food card from the World Food Programme (WFP) to his new wife.

Nafisaはダルフールの原民族であるFur人である。彼女は強く、機知に富み、美しい。11歳のとき、20歳近く年上の男性と婚約するため学校を辞めたため、彼女もほとんど読み書きができない。13歳でその男性と結婚し、5人の子供をもうけた。その後、夫は彼女を去り第2夫人の元へ行った。夫は世界食糧計画(WEP)から受け取った家族の食券を新しい妻に渡してしまった。

“I couldn’t afford to be pregnant,” says Nafisa. “My children would be shamed by a Janjaweed baby.” Within weeks, however, it became clear that she was pregnant. “I hated the Janjaweed baby [that] I was carrying,” she says. “I hated myself.”

「私は妊娠するわけにはいきませんでした。」Nafisaは言う。「ジャンジャウィードの赤ん坊のせいで私の子供たちは辱めを受けるかも知れません。」しかし、数週間以内に妊娠が判明した。「お腹の中にいるジャンジャウィードの子が憎くてたまりませんでした。」彼女は言う。「自分自身も許せませんでした。」

In October 2006, during Ramadan, Nafisa went into labour and gave birth to a perfect baby girl. And then a small miracle happened: she was overwhelmed with love. “I thought, this baby doesn’t deserve my hatred or anger. This baby is a gift from God, so that is my baby’s name, Quisma, which means ‘gift from God’.”

2006年10月ラマダン(イスラム教の聖なる断食期間)の最中にNafisaは仕事先で五体満足の女の子を出産した。その時、小さな奇跡が起こった。愛情でいっぱいになったのである。「この子は私の憎しみや怒りに見合わないと思いました。この子は神様からの贈り物です。だから、Quismaと名づけました。「神からの贈り物」という意味です。

As Nafisa reaches this part of her story, Gisma, who is 10 months old, and has been suckling noisily under her mother’s orange tobe, peers out at us. “The love that I feel for my daughter is as powerful as the hatred I feel for her father,” smiles Nafisa. “Gisma is part of me.” Gisma is lucky, and she may be exceptional. Nafisa knows raped mothers who have placed their innocent offspring in plastic bags and thrust them down latrines. “But that’s bad,” she says. “A child is a child, and no matter what its birth, it should be given every chance to live.”

Nafisaの話がこの部分になると、母親のオレンジ色のトーベの下で音を立てて母乳を飲んでいた生後10ヶ月のGisma(先述のジャンジャウィードの強姦により出産したQuismaと思われる)が顔を出して我々の方を見ている。「娘に感じる愛情は彼女の父親に感じる憎しみと同じくらい強いんです。」Nafisaは微笑む。「Gismaは私の一部なんです。」Gismaは幸運であり例外かも知れない。Nafisaは強姦され、罪のない子供をビニール袋に入れて難民キャンプの公衆便所に突き落とした母親を何人も知っている。「けれど、それはいけないことです。」彼女は言う。「子供は子供であって、出生に関係なく皆生きる機会を与えられるべきです。」

Since violence convulsed Darfur in February 2003, rape has been part of the Janjaweed’s gruesome pattern of violence against the Darfuri people, though rape was virtually unheard of before these attacks. But it’s impossible to determine how many babies have been born from rape, partly because of a widespread belief that pregnancy only results from wanted sex, and partly because of the subsequent shame of these mothers in this traditional Muslim society.

2003年2月ダルフールを暴力がかき乱して以来、それ以前は強姦は事実上聞かれなかったが、ジャンジャウィードのダルフール住民に対する恐ろしい暴力の形の一つとなった。しかし、妊娠は望んだ性交渉からのみ生じると広く信じられていることと、この伝統的なイスラム社会でその結果これらの母親は恥とされることにより、強姦により生まれた子供の数を決定することは不可能である。

In the early years of the conflict, some rape victims who had babies were ostracised, and some of them rejected their babies. The Sudanese journalist Nima Elbagir recalls “a hugely disturbing” encounter in Western Darfur in 2005 with a 14-year-old rape victim. The girl was dark-skinned, but her baby was light-skinned, suggesting [that] its father was a Janjaweed. The girl was so traumatised [that] she refused even to hold her baby, let alone feed it. When Elbagir returned some months later, she learnt that the baby had died from lack of nutrition.

紛争初期、子供を生んだ強姦被害者の中には追放されるものもおり、赤ん坊を拒絶するものもいた。スーダンのジャーナリストNima Elbagir氏は2005年西ダルフールでの「大いなる騒動」を巻き起こした14歳の強姦被害者との出会いを思い起こす。その少女の肌は褐色だったが、赤ん坊の肌はその父親がジャンジャウィードであることを示す明るい色であった。少女はとてもトラウマが大きかったため、赤ん坊を抱くことも授乳することも拒んだ。Elbagir氏が数ヵ月後に戻ったとき、赤ん坊が栄養失調で亡くなったことを知った。

In Sudan, a child’s identity is determined by the ethnicity of the father. In Darfur, the rapists have a ready-made excuse for their crimes on the battlefield: to replace the existing communities with a new generation of Arab children.

スーダンの子供のアイデンティティは父親の民族性により決定される。ダルフールでは強姦犯には、既存社会を新しいアラブの子供に代替わりさせるという戦場ではうってつけの口実があるのだ。

Darfur is a complex African crisis, rooted in violent ethnic and historical factors, and recently exacerbated by drought and famine. Most of Darfur’s 6 [million] people are either farmers or nomadic herders. Most farmers are African, and most nomads [are] Arab. Until recently, the two groups mixed fairly easily. Competition between the tribes tended to be economic, rather than ethnic. The three main African tribes are the Fur, who are also the largest, the Zaghawa, and the Masalit. Almost everyone is Muslim, speaks Arabic, and has dark skin.

ダルフールは複雑なアフリカの危機的な地域である。暴力的な民族的歴史的要因に根ざし、最近は干ばつと飢饉により悪化の一途を辿っている。ダルフールの600万人のほとんどが農民か遊牧民である。農民の多くはアフリカ系であり、遊牧民の多くはアラブ系だ。最近まで2つのグループは公平に容易に交流していた。二族間の競争は民族的というよりは経済的傾向にあった。3つの主要アフリカ系民族は最大でもあるFur族、Zaghawa族、そしてMasalit族である。ほとんどの人がイスラム教徒であり、アラビア語を話し、褐色の肌をしている。

The recent violence also has its roots in the cultural legacy of slavery, now outlawed. Until little more than a generation ago, Darfur was Sudan’s slave-trading ground. For many Arab Sudanese, Darfuri women are seen as beautiful, sexually generous, and comparatively liberated. By some Arabs, they are seen as fit for little more than slavery or prostitution.

最近の暴動も現在は禁止されている奴隷制の文化遺産に端を発する。ほんの一世代前までダルフールはスーダンの奴隷売買の地であった。多くのアラブ系スーダン人にとって、ダルフールの女性は美しく、性に寛大で、比較的自由に映っていた。アラブ系住民の中には彼女たちを奴隷や売春婦としか見ていないものもいる。

Earlier this year, in a dizzying vindication of lawless Janjaweed behaviour, the Janjaweed leader Musa Hilal summarised the contempt [that] the Janjaweed feel for Darfuri women: “Why would you want to rape these women? They’re disgusting; rape is shameful. We have honour, but our men wouldn’t need to use force. These things hold no shame for these women.”

今年初め、無法なジャンジャウィードの振る舞いに対する目眩がするような正当化の中で、ジャンジャウィードのリーダーMusa Hilal氏がダルフールの女性にジャンジャウィードが抱いている蔑視を要約した。「こんな女たちを強姦したいと思うか?気持ち悪い。強姦など恥ずかしい。我々は名誉高いが、部下も強制する必要はなかっただろう。この女性らに対するこれらの行為について恥ずべきことは何もない。」

Some rural Darfuri women are not circumcised – certainly none of those [whom] I [Ann McFerran] spoke to was – unlike Sudanese Arab women, who are often subjected to an extreme form of genital mutilation. To the Janjaweed, this is conclusive proof that many Darfuri women are unclean.

ダルフールの田舎に住む女性は割礼していない者もいる。正確に言えば、私(Ann McFerran)が話した女性の中には誰もいない。スーダンのアラブ系女性はしばしば性器切除の極端な例を受けていることと対照的だ。ジャンジャウィードにとってはこのことが多くのダルフール女性が不潔であるという確証になっているのだ。

Women in Darfur who report rapes are risking their lives, and stand more chance of being prosecuted than the rapists. (Earlier this year, two women were sentenced to death by stoning for committing adultery, although their sentences have yet to be executed.) In sharia law, a woman needs four male witnesses to testify to a rape. If she is married, reports a rape, but doesn’t have these witnesses, she may be prosecuted for adultery and stoned to death. The Khartoum government has always vehemently denied that its soldiers rape women. Because of what one Sudanese human-rights activist describes as the government’s ongoing objection to the focus of rape in Darfur, the official statistics for last year’s rape cases amounted to a paltry seven. The Janjaweed, like the police and the rest of the military, enjoy immunity.

強姦を報告したダルフールの女性は生命の危機に曝され、強姦犯よりも起訴される可能性が高い。(今年初め、まだ刑が執行されてはいないが、2人の女性が姦通罪で投石による死刑判決を受けた。)イスラム聖法では女性には強姦を証明する男性の目撃者が4人必要である。もし、既婚者で強姦を報告したにも関わらず証人がいなければ、姦通罪で起訴され、投石による死罪となる。ハルツーム政権は兵士による女性の強姦を常に強く否定してきた。ダルフールにおける強姦に焦点を置いた政府の継続中の異議を表現するスーダンの人権活動家によれば、昨年の強姦犯罪の数は公式にはわずか7件だった。ジャンジャウィードは警官や他の軍隊と共に訴追免除を楽しんでいる。

Six months ago, Sudan’s president, Omar al-Bashir, publicly denied that rape had ever been a problem in Darfur. “It’s not in the Sudanese culture to rape,” he said. “Rape doesn’t exist.” In the teeth of such denial, non-governmental organisations risk being expelled from Darfur if they speak out. In 2005, when Médecins Sans Frontières (MSF) published a damning report on the scale of rape, two senior members were arrested – a stark warning to other NGOs. Later that year, police arrested a rape victim in Nyala who’d gone to a clinic for help.

半年前、スーダン大統領オマル・アル=バシル氏はダルフールで強姦が問題になったことはないと公式に否定した。「強姦はスーダンの文化にはない。」彼は言った。「強姦は存在しない。」そのような否定に反対して、非政府組織は声を上げればダルフールから追放される危険を冒している。2005年、国境なき医師団(MSF)が強姦の規模について暴露する報告を発表した際、2人のシニアメンバーが逮捕された。他のNGOに対する明らかな警告である。その年、助けを求めて診療所へやってきたNyalaの強姦被害者を警察は逮捕した。

(略:兵士により強姦され、子供も失った女性Fatimaの話)

Ask Fatima why her village was attacked in 2003 and she says: “I had heard that the Sudanese want the land of the Fur, so they want us to leave our land.” Which is more or less what the conflict amounts to. In the past two decades, relations between the Arab and African tribes in Darfur have become increasingly strained, as persistent drought has forced the camel-riding Arabs onto the more-arable lands of the African farmers. Hostilities simmered with the arrival of more Arabs from Chad, Mali, and Mauritania. But Khartoum’s leaders ignored the tensions, and even appointed Arabs to Darfur’s top jobs. In February 2003, a group of African rebels calling themselves the Sudanese Liberation Army (SLA) swept into the airport in El Fasher, northern Darfur, killed 100 soldiers and posted their manifesto on the [Internet], demanding a democratic Sudan for all Arab and African tribes.

Fatimaになぜ2003年に彼女の村が襲われたのか尋ねてみれば、彼女は答えるだろう。「スーダン人はFur族の土地が欲しかったために私たちに出て行って欲しいのだと聞いたことがありました。」それは多かれ少なかれこの紛争が帰着する所以である。過去20年間、ダルフールのアラブ系民族とアフリカ系民族の関係は、長引く干ばつによりラクダに乗ったアラブ人がより耕作に適したアフリカ系農民の土地へと追いやられるに連れて、次第に緊張を増していった。さらにチャド、マリ、モーリタニアからアラブ人が到着し対立が深まった。ハルツームの指導者は緊張を無視し、アラブ人をダルフールの最高位職に任命しさえした。2003年2月、スーダン解放軍(SLA)と自称するアフリカ系の反政府軍の一団が北ダルフールのファシエルにある空港に侵攻し、兵士100人を殺害し、インターネット上に全てのアラブ系民族およびアフリカ系民族のための民主的スーダンを求める声明を発表した。

(つづく)
[PR]
by fussyvet | 2007-09-25 14:02 | 世界の話

ダルフールの強姦被害者とその子供たち-2

(つづき)

Khartoum’s government realised that since most Sudanese rank-and-file soldiers were from Darfur, they couldn’t be relied upon to turn on their own families and communities. The president called on Arab warlords to crush the rebels. The most-enthusiastic recruits came from small bands of Arab nomads who were little more than freelance bandits. They relished the opportunity to grab land and livestock: the Janjaweed – evil on horseback – were born.

ハルツーム政権はスーダンの一般兵士のほとんどがダルフール出身だったため、彼らが自分の家族や社会に背くとは思えなかった。大統領はアラブ部族軍の長に反政府軍を潰すよう呼びかけた。もっとも熱狂的な新兵はフリーランスの盗賊と何ら変わりないアラブ系遊牧民の小さな一団からやってきた。彼らは土地と家畜を奪取する機会を味わった。ジャンジャウィードと呼ばれる馬に乗った悪魔の誕生である。

Goaded by Khartoum’s exhortations of Arab supremacy, the Janjaweed began a brutal and effective system to destroy the Darfuri people. Liaising with the Sudanese air force and army by satellite phone as villages were being shelled, the Janjaweed would then ride in on camel or horseback to finish the carnage. They’d kill the men, rape the women, often in front of their families, then burn down the rest of the villages. As a parting gesture, boy babies might be thrown into the fire. In February 2004, 75 people were killed in the town of Tawilla and more than 100 women [were] raped – some by as many as 14 men; six girls in front of their fathers.

アラブを優位とする政府の激励に煽られて、ジャンジャウィードはダルフール住民を壊滅させる残酷で効果的な方法をとり始めた。村が砲撃されている間にスーダン政府の陸空軍と衛星電話により連携して、ジャンジャウィードはラクダや馬に乗って大虐殺を完遂させた。家族の目の前で男たちを殺し、女性を強姦し、村の残りを焼き払った。別れのしるしに、男の赤ん坊は火の中に投げ込まれた。2004年2月、Tawillaの村で75人が殺害され、100人以上の女性が強姦された。14人もの男に強姦された女性もいた。6人の少女は父親の目の前で強姦された。

In March 2004, just before the world’s leaders commemorated the 10th anniversary of the Rwandan genocide, Mukesh Kapila, the UN’s humanitarian co-ordinator for Sudan, told the BBC: “This is ethnic cleansing; I don’t know why the world isn’t doing more.” By January 2005, the UN had completed an international inquiry and concluded that the Sudanese government and the Janjaweed were responsible for crimes against humanity, but said [that] they could find no evidence of a policy of genocide. The UK’s then-foreign minister, Lord Triesman, doesn’t balk at the term “genocide”, but prefers “‘crimes of concern to humanity’, which includes war crimes, genocide, and ethnic cleansing”.

2004年3月、世界中の指導者がルワンダ虐殺10周年を追悼する直前、国連のスーダン人道援助コーディネーターであるMukesh Kapila氏がBBCに語った。「これは民族浄化です。どうして世界がもっと動いてくれないのか私には分からない。」2005年1月までに、国連は国際的な聴取を終え、スーダン政府とジャンジャウィードに人道に対する罪があると結論付けたが、ジェノサイド政策の証拠は発見できなかったと語った。イギリスの当時の外務大臣Lord Triesman氏は「ジェノサイド」という言葉に躊躇しないが、戦争犯罪、ジェノサイドおよび民族浄化を含む「人道に関する罪」を好んだ。

Khartoum had often described the Janjaweed’s attacks as overenthusiastic counterinsurgency. Whether it was this or a carefully orchestrated campaign of ethnic cleansing, Triesman knew [that] he had to negotiate with Khartoum: “We [the international community] were like rabbits in the headlights – because of the complexity of Darfur. People were appealing to Bashir’s better nature. They should have saved their breath. You don’t get bad people to become good people by schmoozing them. The government of Sudan believed [that] we didn’t have the mettle to test them on the two things that mattered most to them – their leaders ending up before the International Criminal Court, like Milosevic, and they didn’t want it to appear as if they did not exert authority in their own country.”

ハルツームはしばしばジャンジャウィードの攻撃を過度に熱狂的な対暴動活動だと表現してきた。それが事実であれ、民族浄化の慎重にお膳立てされた運動であれ、Triesman氏はハルツームと交渉しなくてはならないと分かっていた。「我々(国際社会)はヘッドライトに照らされて立ちすくむウサギみたいなものだ。ダルフールの複雑さゆえである。彼らは余計なことを言わぬべきだった。悪い人間におべっかを使って良い人間にならせることはない。彼らのほとんどにとって問題となっている2つのことについてテストする勇気が我々にはないとスーダン政府は思い込んでいる。ミロセビッチのように国際刑事裁判所に入る前に終わるであろう自分たちの指導者のことだ。自分の国で権力を振るえないかのように見られたくなかったのだ。

(略:難民キャンプを離れると男性が標的になるため、女性が強姦の危険を犯して薪を取りに出る話。混乱により反政府軍の兵士も強姦加害者になっている話。自身の経験を勇気を出して語る女性が出てきている話。ジャンジャウィードを身近で見かける話。15歳の強姦被害者に違法である中絶を夜間に行った医師の話。中絶が違法であるため、民間療法を信じてヨードを飲み、苦痛に悶えながら死んだ17歳の強姦被害者の話。)

When Haja found [out that] she was pregnant, her husband, who’d left her some years earlier, refused to send money to her other two children. Like Nafisa, Haja says [that] she loves her baby. However, she hates it that there are still some who taunt her child for its Janjaweed parentage. “People are shocked at what happened to me, but I think [that] women understand and are angry for me. And they [that] think we should talk about the terrible things that have happened to us.”

Hajaは妊娠していると分かったとき、数年前に彼女の元を離れた夫は既にいる2人の子供への送金すら拒んだ。Nafisa同様、Hajaも自分の赤ん坊を愛しているという。しかし、親がジャンジャウィードだということでその子を謗る人が今でもいることをひどく嫌がっていた。「人は私に起こったことに衝撃を受けますが、女性は私に理解を示し、私のために怒ってくれます。そして、私たちに起こった恐ろしい出来事を語るべきだと考えています。」

As Gordon Brown and France’s Nicolas Sarkozy unite to tackle the problems in Darfur, David Triesman says [that] all the “building blocks” are in place for resolution of the conflict. Those blocks include the threats of the International Criminal Court, sanctions, an arms embargo, and the strengthened AU/UN hybrid force. Triesman is confident that “Gordon will see this as a moral issue in which an ethical outcome is essential.” He adds: “And if there isn’t a ceasefire when the hybrid force arrives, I’d be inclined to say to the Janjaweed, ‘If you don’t stop fighting, we will come after you and kill you.’”

ダルフールの問題に取り組むためゴードン・ブラウン氏とフランスのニコラス・サルコジ氏が団結したとき、David Triesman氏は紛争解決のため全ての「ブロック」を所定の位置に置くよう言った。そのブロックとは国際刑事裁判所、制裁措置、武器禁輸、および強化されたAU/UN連合軍の脅威を含むものだ。Triesman氏は「ゴードン氏はこれは倫理的結果が必須である道徳的問題であると分かるはずだ。」と自信を持っている。彼はこう付け加える。「連合軍が到着したとき、停戦していなければ、私はジャンジャウィードに対して『攻撃を止めなければ、追いかけて殺してやる。』言ってやるかも知れない。」

Tough talk, but Triesman insists: “Only when Darfur is no longer a war zone will there be effective protection of women.” And what will happen to the children of the raped Darfuri women, to the babies of the Janjaweed? If the children’s mothers are brave enough to care for them in the first place, they will perhaps be integrated within their communities. “A blind eye will be turned towards their paternity,” says Pam Delargy of the UNFPA. “A general amnesia will take place.”

脅し文句だがTriesman氏は主張する。「ダルフールが戦場でなくなったときにしか、女性を効果的に守る方法はない。」そして、強姦されたダルフール女性の子供たちに起こることは、ジャンジャウィードの子供としての対処であるのか?最初の段階でその子達の母親がその子たちを守るため十分に勇敢であれば、多分社会に溶け込めるだろう。「父親に対しては見て見ぬ振りをするだろう。」UNFPAのPam Delargy氏は言う。「人々は忘れていくでしょう。」

Jon Nicholson’s photographs of Darfuri women will be exhibited at the Air Gallery, 32 Dover Street, London W1, from October 8 to 13. Tel: 020 7250 4500

Jon Nicholsonが撮影したダルフール女性の写真は10月8日から13日まで32 Dover Street, London W1のAir Galleryで展示されます。

To help the women of Darfur, visit www.unfpa.org.

ダルフールの女性を助けるために以下をご覧下さい。
www.unfpa.org.



 悪名高き残酷なジャンジャウウィードは紛争初期の混乱にスーダン政府の失敗によりアラブ系の盗賊集団が権化となったもののようです。赤ん坊すら残酷な方法で殺される集団に強姦されて妊娠してしまう女性たち。強姦犯はジャンジャウィードだけでなく、スーダン政府軍や混乱ゆえに味方であるはずの反政府軍兵士まであるようです。強姦により妊娠した女性の行く末もさまざまですが、出産し、その子を育てることのできる女性の気丈さはちょろい私には想像すらうつきません。我流で中絶を試み失敗して死亡する少女、出産してもその赤ん坊を殺してしまう女のことは彼女たちの窮地を思えばとても人事とは思えません。

 先日、高官レベルの協議が行われたようですが、御用会議に終わったようです。現在のスーダンの軍事独裁政権がどうにかならない限り、悲劇は終わらないのでしょうか?


☆ダルフール紛争で惨殺されている子供たちを救うための各種署名にご協力下さい。
Globe for Darfur
国連日本代表部への嘆願書送信について
Petition the International Olympic Committee

☆駐日スーダン大使館へダルフール紛争解決に向けた要望を送る1クリックアクションにご協力下さい。
アムネスティ

☆ダルフール紛争に関する募金サイト
日本ユニセフ
国境なき医師団
[PR]
by fussyvet | 2007-09-25 14:01 | 世界の話

スーダン政府の停戦無視、和平に水を差す…

 本日もCoalition for Darfurからの転載・和訳(by fussyvet)です。9月10日に停戦協定を破りスーダン政府が空爆を行いました。国連事務総長がスーダン訪問を終えたばかりの頃です。10月に和平会議が開かれる予定であるにも関わらずです。こうしたスーダン政府のあらゆる非難を無視したやり方について事務総長が警告していることを伝えるものです。

2007年9月19日水曜日
ダルフール:潘基文国連事務総長 攻撃は政治交渉を損ねることをスーダンの指導者が理解するよう望む
AP通信より

Secretary-General Ban Ki-moon urged Sudan's president on Tuesday to commit to a ceasefire in Darfur and heed his warning that the recent upsurge in fighting could have a negative impact on upcoming political negotiations to end the four-year conflict.

潘基文国連事務総長は火曜日、スーダン大統領に対し、ダルフールでの停戦を忠実に守り、4年間に渡る紛争終結のため予定されている政治交渉に最近急増している攻撃が悪影響を及ぼすという警告に耳を傾けるよう強く求めた。

Ban, who held two rounds of talks with President Omar al-Bashir in Khartoum earlier this month, said the Sudanese government and the international community must redouble their efforts to maintain the positive momentum toward peace.

潘氏は今月初め、ハルツームのオマル・アル=バシル大統領と2回に渡り会談を持ったが、スーダン政府と国際社会は和平に向けた前向きな推進力を維持するため一層の努力を要すると語った。

The "Sudanese government should take utmost efforts to manage this path with utmost care," Ban said. "This process has been and will be very fragile. (The) whole international community must nurture this process. For that, he must commit (to) this cessation of hostilities and protect all humanitarian workers."

「スーダン政府は和平への道を維持するために最大限の注意を持って最大限の努力をすべきである。」潘氏は言う。「そのプロセスはこれまでも、またこれからもとても脆いものである。国際社会全体でこのプロセスを守り育てなければならない。そのためにはスーダン大統領は停戦を忠実に守り、全ての人権擁護活動家を守らなければならない。」

During Ban's visit, he and al-Bashir announced that new negotiations between the government and rebel groups to settle the Darfur conflict will be held in Tripoli, Libya, starting Oct. 27. On Friday, Ban and African Union Chairman Alpha Oumar Konare are chairing a high-level meeting at U.N. headquarters to map out strategy and a roadmap for the negotiations.

スーダン滞在中、潘氏とアル=バシル大統領はダルフール紛争終結のための政府と反政府軍との新たな交渉をリビアのトリポリで10月27日より行うと発表した。金曜日、潘氏とアフリカ連合のアルファ・ウマル・コナレ委員長は交渉のための戦略と計画を策定するため、国連本部にて高官レベル会議の議長を務めている。

The announcement culminated a new initiative by the two organizations to relaunch peace efforts and months of difficult negotiations with the Sudanese government on deployment of a new 26,000-strong AU-U.N. peacekeeping force in Darfur, which was finally approved on July 31.

声明は、7月31日に最終的に承認された新たに26,000人のAU-UN平和維持軍をダルフールに配置するためのスーダン政府との困難な交渉と和平への努力を再開するため、国連とアフリカ連合が新たな計画を立てることで最後を結んだ。

Ban told a news conference that he was "very much concerned" at the recurrence of violence in Darfur.

潘氏は記者会見でダルフールでの武力衝突の再発に「大変心を砕いている。」と語った。

(後省略)

 機会があって2005年7月9日に放映されたNHKスペシャル「アフリカゼロ年 第1回 ジェノサイドを止めるのは誰か」を見ました。アフリカ系住民に対する残虐な殺戮行為を繰り返しているジャンジャウィードというアラブ系民兵組織の指揮官の言い分、アラブ系に加担してしまう州政府知事、アフリカ連合の苦悩、ルワンダ虐殺も経験した指揮官の思い、そして国連での国際社会の負の対応がよく表されていたと思います。虐殺にあった人々の証言もあります。母親の腕に抱かれた息子と同じくらいの幼児の泣き顔が忘れられません。放映されたとき、私は妊娠初期でつわりに苦しみ、派遣の仕事をしつつ、学会に向けて実験をしていた頃でした。放映に気付きませんでした。NHKのホームページを見ましたがDVDでの販売はされていないようです。もし、よろしければ再放送するようNHKに声を届けていただけませんか?

 この紛争解決のキーはスーダン政府と反政府軍の話し合いだと思います。反政府軍のリーダーは政府軍が停戦協定を破るような攻撃を止めない限り、和平交渉のテーブルにはつかないと言っています。確かにその通りだと思います。残虐なジャンジャウィードを利用しているのもスーダン政府です。これに国際社会から多くの声を届けるのが必要だと思いました。

☆駐日スーダン大使館へダルフール紛争解決に向けた要望を送る1クリックアクションにご協力下さい。
アムネスティ


☆ダルフール紛争で惨殺されている子供たちを救うための署名にご協力下さい。
Globe for Darfur
国連日本代表部への嘆願書送信について
Petition the International Olympic Committee


☆ダルフール紛争に関する募金サイト
日本ユニセフ
国境なき医師団

Special thanks to ダルフール・ニュース
[PR]
by fussyvet | 2007-09-20 12:32 | 世界の話

ブッシュ、中国、北京五輪、そしてスピルバーグ

 今日もCoalition for Darfurからの転載と和訳(by fussyvet)です。これも3月28日のミア・ファローの寄稿と同じくらい辛辣です。

以下------
2007年9月13日木曜日
ダルフール:ブッシュ大統領の対五輪の失敗
新共和党Eric Reeves氏による記事

An international outcry over Beijing's hosting of the 2008 Olympic Games has grown steadily louder in recent months. How, it is being asked, can the premier event in international sports be hosted by a nation complicit in the most heinous international crimes? The Chinese regime is guilty of perpetrating the ongoing destruction of Tibet, supporting the vicious Myanmar junta, engaging in gross domestic human rights abuses, and, perhaps worst of all, facilitating genocide in Darfur.

2008年五輪は北京が主催であることについての国際的非難はここ数ヶ月で確実に大きくなってきている。最も凶悪な国際犯罪に加担している国が国際スポーツの一大イベントを主催することの是非が問われている。中国の現政権は現在進行形のチベットの破壊、ミャンマーの悪徳軍事政府の支持、国内の幅広い人権侵害への関与、そしておそらく最悪なことにダルフールでの虐殺の促進について罪がある。

Despite the controversy, President Bush announced last week that he will attend the Games. It's an unprecedented move--apparently no American president has ever attended an Olympic Games held abroad--and China's human rights violations make Bush's decision seem all the more unwarranted. But perhaps he'll be able to shield himself from criticism next summer by sharing a view of the Games with Steven Spielberg, who agreed in March to serve as an artistic consultant for the opening and closing ceremonies.

大論争にも関わらず、先週ブッシュ大統領は五輪に出席すると発表した。前代未聞の措置である。国外で開催されるオリンピックに出席したことのあるアメリカ大統領はこれまでいないことは明らかである。さらに中国の人権侵害がブッシュ氏の決定を一層不当なものに知らしめている。しかし、ブッシュ氏は、3月に開会式と閉会式の芸術顧問を務めることにしたスティーブン・スピルバーグ氏と五輪の展望を分かち合うことで来年の夏の批判から身を守ることができるだろう。

This is distressing because China has proven adept at generating political cover for its misdeeds. It recently received some excessively generous praise for not opposing U.N. Security Council Resolution 1769, passed on July 31, which authorizes a force of some 26,000 civilian police and troops to protect civilians and humanitarians in Darfur. But China was instrumental in badly weakening the resolution, leaving it without a mandate to disarm combatants, even those carrying weapons introduced into Darfur in violation of previous Security Council resolutions. As both Amnesty International and the U.N. Panel of Experts on Darfur have amply demonstrated, Khartoum continues to violate the weapons embargo on a massive scale. Further, China was also the key player in removing any threat of sanctions against Khartoum for obstructing deployment of the U.N.-authorized force.

これは悲惨なことだ。中国が悪事に対する政治的口実を作る名人であることが判明したからだ。中国は最近ダルフール住民と人権活動家を守るため26,000人の文民警察官と軍隊の派遣を許可する国連安保理決議1769に反対しなかったことで、過度に寛大な賞賛を受けた。しかし、中国は、前回の安保理決議に違反してダルフールに武器を持ち込む者を含め、戦闘員の武装解除の権限を与えず、決議をひどく脆弱化した。アムネスティインターナショナルも国連のダルフール専門委員会も十分に説明してきたとおり、ハルツームが大規模な武器の禁輸措置を破り続けている。さらに、中国は国連軍の配置を妨害するためハルツームに対する制裁措置の脅威を排除する中心でもあった。

China also drew praise for appointing a "special envoy" for Darfur. But Liu Guijin's first carefully orchestrated tour of the region in May was the occasion only for airbrushing its genocidal realities in subsequent public statements. "I didn't see a desperate scenario of people dying of hunger," Liu said at a media briefing. Rather, he said, people in Darfur thanked him for the Chinese government's help in building dams and providing water supply equipment. Beijing has yet to condemn Khartoum for its crimes, or call for a halt to the ongoing aerial bombardment of civilian targets, or offer public criticism of any of the regime's actions, including repeated obstruction and harassment of the world's largest humanitarian operation. By refusing to speak truthfully about Darfur, Beijing has convinced these brutal genocidaires that there will be no real international pressure on them to stop.

中国はダルフールへの“特使”を任命したことでも賞賛を得た。しかし、最初に入念に演出された5月のLiu Guijin氏のダルフール訪問は後の公式声明で虐殺の現実を修正する機会に過ぎなかった。
「飢餓で亡くなる人々の絶望的なシナリオは目にしなかった。」
とLiu氏はマスコミへの説明会で述べている。それどころか同氏は、中国政府のダム建設や給水設備の供給への助力に対しダルフールの人々から感謝されたと述べた。北京はハルツームの犯罪の糾弾や、現在も住民をターゲットにして続いている空爆停止の要望や、世界最大の人道作戦に対する妨害と嫌がらせの繰り返しを含めたハルツーム政権の行為に対する世論の批判などどれも実行していない。ダルフールの真実を語ることを拒否することで北京はこれらの残虐な虐殺者らに止める国際的圧力は現実に何もないと確信させてきた。

Now, Bush and Spielberg are contributing further to the whitewashing of China's record of abuse. Sophie Richardson, an Asia expert at Human Rights Watch, said that by attending the Olympics in Beijing Bush was giving "an enormous propaganda opportunity to an abusive government." Spielberg has declared publicly that, "all of us are dedicated to making these Olympic opening and closing ceremonies the most emotional anyone has ever seen." But what "emotions" does the director of "Schindler's List" associate with genocide in Darfur? When the brutal Janjaweed militias throw African children, screaming in terror, into bonfires as their parents watch, what emotions are evoked for Spielberg? When young girls are brutally gang-raped, what thoughts spring to mind? When malnutrition claims the lives of more and more Darfuri victims, what feelings should attend the spectacle of agony that is starvation? It's inconceivable that such negative images will be included in Spielberg's show.

現在、ブッシュ氏とスピルバーグ氏は中国の虐殺の記録を塗りつぶすため、なおも貢献している。Human Rights Watchのアジア専門家ソフィー・リチャードソン氏によれば、ブッシュ氏は北京オリンピックに参加することで“虐待政府に絶好のプロパガンダの機会”を与えることになるという。スピルバーグ氏は「このオリンピックの開会式と閉会式を誰も見たことがないような最も感動的なものにしようと我々はみな頑張っている。」と公表した。しかし、「シンドラーのリスト」の監督がダルフールの虐殺にはどんな“感動”を連想しているのだろうか?残虐なジャンジャウィード民兵が恐怖で叫ぶアフリカの子供たちを両親の目の前で火の中へ投じるとき、スピルバーグ氏にはどのような感情が起こるのだろうか?若い女性が凄惨に輪姦されているとき、そんな考えが心に浮かぶのだろう?栄養失調でさらなるダルフールの被害者の命が奪われるとき、飢餓という苦悶の光景にどのような感情が向けられるというのだろう?そのようなマイナスのイメージがスピルバーグ氏のショーに含まれるなど考えも及ばない。

転載和訳ここまで------

 最後の段落については、先日のブログ記事にも書きましたが、私も全く同じ気持ちです。
「飢餓で亡くなる人々の絶望的なシナリオは目にしなかった。」
などとどうして中国高官は言えるのでしょうか?


☆ダルフール紛争で惨殺されている子供たちを救うための署名にご協力下さい。
Globe for Darfur
国連日本代表部への嘆願書送信について
Petition the International Olympic Committee

☆駐日スーダン大使館へダルフール紛争解決に向けた要望を送る1クリックアクションにご協力下さい。
アムネスティ

☆ダルフール紛争に関する募金サイト
日本ユニセフ
国境なき医師団
[PR]
by fussyvet | 2007-09-14 15:22 | 世界の話

アムネスティの1クリックアクション

  アムネスティの1クリックアクションです。このリンク先の下方にある「1 Clickアクションで参加>」ボタンをクリックすると、スーダン大使館への要望送信サイトが現れます。そこに送信内容の日本語和訳も記載されていますので分かりやすいと思います。ローマ字による自分の名前など必要事項を足して「送信」ボタンをクリックすればO.K.です。多くの意見が大使館に届くことで、日本人の関心が高まっていることを理解してもらい、スーダン政府にも伝わることでダルフール紛争解決の力になればと思います。
 ご協力いただけると幸いです。
[PR]
by fussyvet | 2007-09-12 21:46 | 世界の話

必死にまやかそうとする中国の態度

 昨日の記事に出てきた月曜日のスーダン政府軍による一般住民居住地区に対する空爆について、諸外国のニュースでは政府軍、反政府軍双方の攻撃が終わらないと来月10月に予定されている和平会議も失敗に終わるという見方も出てきています。
 本日はダルフール紛争に関する中国の態度についての記事です。

Coalition for Darfurより転載・和訳(by fussyvet)

2007年9月11日火曜日
ダルフール: 中国、役割を強調
DPAより

China's top diplomat on African affairs said Tuesday his country and the United States are still at odds on ways to resolve the ethnic conflict in the western Sudanese region of Darfur. "The US government appreciates the Chinese stances on the Darfur settlement and has made appropriate remarks, but on specific issues, there remain some differences, particularly in deciding priorities" to tackle the conflict, said Chinese Ambassador Liu Guijin at UN headquarters in New York.

 中国の対アフリカ外交最高責任者はスーダン西部のダルフール地域で起こっている民族紛争の解決方法について自国とアメリカの意見が一致していないことを明らかにした。
「アメリカはダルフールの和平に対する中国の姿勢を高く評価し然るべき発言をしてきたが、具体的な問題、特に(紛争に取り組むための)優先事項の決定に際してはまだ相違点が残っている。」
中国大使Liu Guijin氏はニューヨークの国連本部で語った。

Liu said cooperation and communication at government levels remain "very good" between the two countries until they get down to what he called specific issues. But he did not elaborate during a press conference to discuss China's role in Sudan.
China has been criticized for not using its clout on the Sudanese government to stop the ethnic killing in Darfur. China does not agree with the death toll in Darfur, which has been estimated at more than 300,000 dead since 2003.

 Liu氏によれば、同氏が言う具体的な問題に取り掛かるまでは両国の政府レベルでの協力とコミュニケーションは「とても良好」であったという。しかし、スーダンにおける中国の役割を話題にした記者会見では詳細について語らなかった。
 中国は、ダルフールでの民族的虐殺を食い止めるためにスーダン政府へ強い影響力を持ちながらそれを行使してこなかったと批判されている。中国は、2003年以来30万人を越えると見られるダルフールでの犠牲者数を認めていない。

But Liu said China was singled out in Sudan where many European and Asian countries have larger economic stakes than China. He said French and British oil companies have larger investments, but have escaped media scrutiny.
Liu visited Washington last week before New York and he said US Congress representatives he talked to still harboured "some misunderstandings" about China's role in Sudan. But he said those US legislators acknowledged China's "unique" role in Darfur.

 しかし、Liu氏によれば、スーダンでは欧州やアジアの多くの国が中国よりも大きな経済的利害関係を有しているにも関わらず、中国だけが特別に非難されているという。フランスとイギリスの石油会社がより大きな投資を行っているが、マスコミの目を逃れているという。
 Liu氏はニューヨークの前に先週ワシントンを訪れ、彼が話をしたアメリカ連邦議会議員は未だにスーダンにおける中国の役割について“誤解”を持っていると語った。しかし、これらのアメリカの国会議員はダルフールにおける中国“独自の”役割について認めているともいう。

"They hope that China can do a little more to end the conflict in Darfur," Liu said, adding that some US non-governmental organizations (NGOs) involved in relief work in Sudan also voiced similar demands, using the Summer Olympic Games in Beijing in 2008 as backdrop to pressure China to end the Darfur conflict.

「ダルフール紛争終結に向けて中国はもう少し何とかできるだろうと期待している。」スーダンで支援活動を行っているアメリカの非政府組織(NGO)も2008年夏季北京オリンピックをダルフール紛争終結のための中国へ圧力をかける背景として利用しながら、同様の要求を突きつけていると付け加えた。

"They do not want to boycott the Olympics, they just want to use it to pressure China," Liu said.
"The Olympics and Darfur are two totally different issues," Liu said. "We strongly oppose the linkage and we are not afraid to do so."

「彼らはオリンピックをボイコットしたいわけではなく、中国への圧力として利用したいのだ。」
Liu氏は言う。
「オリンピックとダルフールは全く別の問題だ。我々はそのこじつけに断固反対するし、恐れてはいない。」

Liu spent two days at UN headquarters to discuss China's participation in UN peacekeeping operations in Sudan and other African nations, but also to try to change the perception of his country's involvement in places where conflicts have resulted in high civilian casualties.
"China's oil exploration in Sudan does not mean that we support the killing of people in Sudan," Liu said. "I hope anybody with objective judgement can see it."

 Liu氏はスーダンと他のアフリカ諸国での国連の平和維持活動への中国の参加について議論するため国連本部にて2日間過ごしたが、紛争が一般住民から多くの負傷者を出す結果になった地域における中国の関与についての認識を変えるためでもあった。
「スーダンでの中国の石油探査がスーダンの人々に対する殺戮の指示を意味するわけではない。客観的に判断できる人々が状況を理解してくれることを祈っている。」
Liu氏は言った。


 この駐米中国大使が言うように北京五輪に対する圧力をダルフール紛争解決に用いることについて批判する人もいます。しかし、アフリカ系住民を虐殺している民兵組織にスーダン政府が加担しており、更にそのスーダン政府に資金と武器の提供を行ってきたのは中国政府です。住民の銃撃するのに用いられている武器はほとんど全てが中国製。もっと悪いことに、中国は国連の常任理事国であるという立場を利用して、これまでに平和維持軍の派遣やスーダン政府への勧告についての決議に拒否権を行使し、ことごとく潰してきました。ダルフール紛争に巻き込まれている罪のない住民に誰の助けも入らぬまま4年も続き、泥沼化させてきた責任の一部は中国のこうした”無視”が間接的に加担してきたことは明らかで、この4年間、NGOなどの非難に知らん顔してきたために北京五輪が「虐殺五輪」と銘打たれるまでになった。この過程を中国政府は責任転嫁せず自分自身の責任として重く受け止めて行動するべきだと思います。
 誰もオリンピックに向けて頑張っている選手たちの夢を潰したくて非難しているわけではないだろうと思います。アフリカ系住民だというだけで4年間もの間顧みられず、腕に抱いた赤ん坊の首をはねられ、あるいは銃剣で突かれ、背負っていた子供を空からの銃撃で打たれ、子供を炎に投じられ、自身の目をくり貫かれ、何度も強姦され、難民キャンプについてもガリガリに痩せた子供は手遅れで亡くしてしまう、そんな地獄の中に誰にも知られず放っておかれた人たちの絶望を思ったら、あらゆる非難を無視してきた国に指揮された五輪に”平和の祭典”としてこのまま浮かれることなどできない。そんな思いだろうと思います。

☆ダルフール紛争で惨殺されている子供たちを救うための署名にご協力下さい。
Globe for Darfur
Petition the International Olympic Committee

☆ダルフール紛争に関する募金サイト
日本ユニセフ
国境なき医師団
[PR]
by fussyvet | 2007-09-12 12:01 | 世界の話

女子供の受難とスーダン政府による民間人攻撃

 Coalition for Darfurからの転載と和訳(by fussyvet)です。平和維持軍の派遣が決定した今も市民の犠牲は続いています。少なくとも、赤ん坊に対する残酷な殺害方法は止めて欲しい。どうして、母親から赤ん坊をもぎ取ってその小さな首をはねることができるのか。

2007年9月10日月曜日
ダルフール:私たちを地獄から救ってください
監視員より

It seems both intangible and hopeless. Until you find yourself inches from a woman like Hawaye, her baby daughter Nadjva sucking on her malnourished breast as she tells us what drove her from Sudan to the Djabal refugee camp where we sit. 'They came at seven to our village, the janjaweed militia,' she says, the fact that she mentions the time seeming a poignant effort to give some structure to the evil that followed. Her husband was away when the rebels arrived and set about their business - the livestock rounded up, homes torched, men and boys mutilated and murdered, and finally the moment that she replays over and over, when one of the horsemen rode up and, with a machete, decapitated the baby that she held in her arms. She didn't have time to mourn. The murderers took her with them and kept her hostage for 15 days, repeatedly raping and violating her before they moved on.

人々がHawayeのような女性を身近に感じるようになるまでは漠然とした絶望にも見える。スーダンから我々が今いるDjabal難民キャンプまでどうして追いやられたのかを我々に語っている間、Hawayeの赤ん坊Nadjvaが栄養失調の彼女の母乳を吸っている。
「ジャンジャウィードは7時に私たちの村にやってきました。」
彼女は語る。彼女が時間を特定したことはその後に起こった凄惨な出来事を具体化するための痛々しい努力に思える。反乱軍がやってきて活動を始めたとき、彼女の夫は家を離れていた。家畜は集められ、家には火を放たれ、男は少年を含めて切りつけて殺され、ついには彼女が何度も何度も再現した瞬間がやってきた。一人のナタを手にした男が馬に乗って近付き、彼女が抱いていた赤ん坊の首を切り落とした。彼女は悲しむ暇もなかった。その殺し屋たちは彼女を連行して15日間人質として拘束し、そこを去っていくまで何度も強姦と暴行を繰り返したのだ。

But for many women, surviving is the worst-case scenario. Hawaye was reunited with her husband, but the fact that she had lived made her guilty of complicity in her 'loss of honour'. He divorced her. She briefly got lucky when another refugee with two children married her, a rare occurrence for rape victims, who are seen as unclean. You are no doubt hoping for a happy ending? When he found out about her ordeal, which she had kept secret in fear and shame, he also divorced her. Taking with him three of their four children. Now she lives hand-to-mouth, discriminated against in a misogynistic culture which refuses to differentiate between rape and adultery, even when the crime is being used as a weapon of war against its own women. Hawaye has no hope for the future and lives solely for her only remaining child, her daughter, haunted day and night by the atrocities she has suffered.

 しかし、多くの女性にとって生き残ることは最悪のシナリオとなる。Hawayeは夫と合流したが、生き残ったという事実が「名誉毀損」の共謀罪を課した。夫からは離縁された。幸運にもまもなく2人の子供のいる他の難民男性と結婚したが、不浄とされた強姦被害者にとってはまれなケースである。幸せな結末を誰もが願うだろう。しかし、彼女が恐怖と羞恥心から秘密にしていた不幸を新しい夫が知ったとき、再び離縁された。夫は4人の子供のうち3人を連れて行った。戦争時に強姦が女性に対する武器として用いられているにも関わらず強姦と不貞とを区別しない女性蔑視の文化の中で差別され、現在、彼女はその日暮らしの生活である。Hawayeは将来の夢もなく、唯一残された娘のため、苦しめられた凄惨な過去に日夜苦しみながらも生きている。

(中略)

I was a mere six hours' flight from London, my mobile phone worked perfectly, yet it felt like a different universe. Arriving at the camps of Goz Beida a few hours earlier, I admit my first feeling was one of confusion. Where were the starving and the desperate? There was even a centuries-past charm about this lush plain littered with well tended grass huts. Although the huge spread of hastily erected tarpaulin-roofed shacks detracted from the view, I'd seen much worse on television. Yet beneath the veneer of order achieved by the dedicated charity staff from the likes of Oxfam and Save the Children, the reality is terrible. Under the fragile layer of grass that the rainy season has produced lies red earth that will soon be cracked and dry. As the leaden skies and torrential rains recede, so the rebels, those real-life horsemen of the apocalypse, will resume their murderous rampages. More women like Hawaye and her companions will have their lives destroyed and their children murdered.

 ロンドンからたった6時間のフライトで携帯電話も完全に機能しているが、全く別世界のように感じた。Goz Beidaキャンプに数時間早く到着したとき、第一印象は一種の困惑だったことを認めよう。飢えて絶望した人たちはどこだ?きちんと手入れされたわらぶきの家が点在するこの豊かな平野には何世紀にも渡る魅力すら感じた。それは目の前に広がる俄仕立ての防水シートが屋根代わりの建物により打ち消されたが、テレビではもっと酷い場面を見たことがある。しかし、OxfamやSave the Childrenなどの献身的なチャリティスタッフにより発注されたベニヤの下に広がる現実は悲惨である。雨季にできたもろい草の層の下はすぐに亀裂が入って乾く赤土である。鉛色の空と豪雨が引くと、(聖書の)黙示録に出てくる騎馬兵が現実の反乱軍として血みどろの凶行を再開するだろう。Hawayeのような女性やその仲間が更に多く命を奪われ、子供を殺されるのだ。

2007年9月10日月曜日
ダルフール:スーダン政府、北部の町を空爆
ロイターより

Sudanese government planes bombed a rebel-controlled town in Darfur on Monday, an insurgent group said, hours after the government said it was investigating a bloody rebel raid on one of its bases last month.
Abu-Bakr Mohammed Kadu, a field commander in the Sudanese Liberation Army's Unity (SLA-Unity) faction, said government aircraft bombed Haskanita then ground forces entered the town in northern Darfur.

先月残虐な反乱軍に襲撃された基地一箇所を政府が調査中であると発表した数時間後、スーダンの政府軍用機が月曜日、反政府軍の支配下にあるダルフールの町を爆撃したと反政府グループが発表した。
スーダン解放軍統一組織(SLA-Unity)派閥の現場指揮官Abu-Bakr Mohammed Kadu氏によれば、政府軍用機がHaskanitaを爆撃し、続いて地上軍がダルフール北部の町に入ったという。。

"The clashes are still going on," he told Reuters just after 4.30 p.m. local time (1330 GMT). He said Haskanita was predominantly a civilian area but could not give an estimate of casualties.
Sudanese military officials were not available for comment.

「衝突はまだ続いている。」現地時間の4時30分過ぎ(グリニッジ標準時で13時30分)に彼はロイターに語った。彼によれば、Haskanitaという町は明らかに民間居住地域であるが、負傷者の数はわからないという。
 スーダン軍高官のコメントはなかった。

(以後、和訳省略。国連の平和維持軍が入る予定などのニュースが続く)
[PR]
by fussyvet | 2007-09-11 09:38 | 世界の話

ダルフールの現況

 多くの人に読まれている政治ブログの執筆者へダルフール紛争における国内主要メディアの沈黙について見解を伺うメールを不躾ながら送信したら、取り上げて下さいました。
 主にミア・ファローのブログの記事を追っています。彼女は現在ユニセフの親善大使という肩書きがありますが、それ以前に女性であり、母親であり、女優という政治家とは全く異なる職業人でありながら、ダルフール紛争に心を痛め、コツコツと現地の普通の人たちの痛みを伝えようとしています。海外のメディアは国内のメディアと違い、せっせとダルフールのニュースを伝えていますが、やはり企業メディアであり、あらゆるソースから拾って情報の隙間を埋める作業をしないと現地の普通の人たちの痛みが伝わってきません。その点では自分自身と共通項の多いミア・ファローの伝聞の方が生に近くて、伝わってくるものも大きいので好んでここでは和訳を載せています。
 しかし、それだけでもやはり状況が抜けてしまう部分が多いので、今回は穴埋め的な現況伝聞にしたいと思います。
 来月2007年10月に和平協議が予定されています。これに先立ち国連事務総長が現地を訪れましたが、和平協議にキーマンの一人である反乱軍のリーダーが「スーダン政府が民間人の攻撃をやめ、民兵の武装解除をすることが先」と主張して参加を拒否しています。更には同じアラブ人民兵同士で戦争利権をめぐる戦闘も起き、混迷の色を強めています。国連の平和維持軍は年内中に派遣される予定ですが、これまで何度も拒んできたスーダン政府が本当に受け入れるのかも懸念されています。
 宗教、利権、部族、そして第三者である外国の利権絡みのバックアップ(この場合中国)などニュースだけを拾っていくと本当に悩ましい。でも、とんでもない凄惨な状況に置かれている一般住民、本当に小さな赤ん坊までが「どうしてここに今置かれているのか。」と誰にも受け止めてもらえない疑問、怒り、嘆きを抱えて苦しんでいることは事実であり、これを見捨てておくことは他国、特に先進諸国の大罪だと思います。国内では朝日新聞と日経新聞が小さいながらダルフール紛争を取り上げているようです。「なぜ、報道しないのか?」という声が大きくなれば、少しずつ国内報道も増えていくのではないかと祈っています。中国利権に構っている国会議員や黒幕などとっとと引退してもらいたい。「北京五輪を支援する議員の会」に記載されていた議員にはど金輪際投票しない(幸い私は投票したことのない人ばかりだと思いますが)。

☆ダルフール紛争で惨殺されている子供たちを助けるための署名にご協力下さい。
Globe for Darfur
Petition the International Olympic Committee

☆ダルフール紛争に関する募金サイト
日本ユニセフ
国境なき医師団

Special thanks to ダルフール・ニュース
[PR]
by fussyvet | 2007-09-11 09:37 | 世界の話

思想的マイノリティがド真面目に娯楽大作を解説する「ロビンフッド」

 映画「ハリーポッター」シリーズのスネイプ先生に恋してしまい、アラン・リックマンを追いかけ中に見た「ロビンフッド」(主演はケビン・コスナー)を私のような思想的マイノリティと思しき人間がくそ真面目に分解、

解説するとこうなる。(ネタばれあり)
[PR]
by fussyvet | 2007-09-10 14:15 | 映画

ダルフール扮装の番組

 本日5日、BSで22時より放送されるそうです。是非、見てみてください。

『ダルフール国連PKOの課題 ~パン事務総長訪問~』

  世界最悪の人道危機といわれるスーダンのダルフール地方に国連PK0が派遣されることが決定したことを受けて、パン事務総長が5日に現地を視察する。その模様を現地から中継で伝えるとともに、UNHCRの現地事務所で一年半にわたり難民キャンプの様子を見続けている日本人女性をスタジオに招き、治安が悪化する現状や国連PKOへの難民の期待などをあわせて伝える。   

●出演
佐藤友美枝(UNHCR西ダルフール事務所)
別府正一郎(アメリカ総局記者)

[PR]
by fussyvet | 2007-09-05 11:47 | 世界の話