タグ:動物愛護運動 ( 129 ) タグの人気記事

個人的な関心事の変化と現在の状況に関する一考察

 若いころ、そしてつい最近まで私は日本が嫌いで、アメリカとか欧州に憧れ、どこかに移住したいと思っていました。しかし、今は現在住んでいるこの場所でよい、私はこの国で幸せに生きられると感じています。外国に住んでみたい気持ちはありますが、それは今までのような憧憬ではなくて、単純な好奇心の一つに過ぎません。

 私に動物を取り巻く問題に関する記事を期待してくださっている方々がいらしたなら本当に申し訳ありませんが、最近の私は動物のことよりも人間の方に興味が移ってきています。2008年11月より動物についての記事を別のブログで更新することにしたことは告知済みですが、そちらのブログでさえなかなか更新していません。以前から「人間同士の問題すら解決できていない状況で動物のことまで解決するには至らない。」と思っていましたが、子供を生んでからますますその思いを強くしています。息子を生んでから最初に触れたのはスーダンのダルフール地方におけるアフリカ系住民の虐殺についてでした。多分出産後間もない女性はたいていそうであるように、とても精神的に敏感になっていた私は非道な民兵により残酷に殺される子供たちに関するレポートを読み、我が子に起こったことのように受け止め、以来ずっとその紛争について情報を追い続けています。最近ではガザ地区へのイスラエルの攻撃があったため、それの情報を集めては自分が管理する英語のブログにも掲載していました。するとそこへアメリカの右派およびシオニストと思われる人々からのコメントが殺到して炎上してしまったことは以前のブログにも書いたとおりです。
 その際に感じたことは、独善的なシオニストとアメリカ右派の恐ろしさでした。彼らの中で自分たちの主張は全て正しく正義であり、自分たちが起こした戦争は自衛のための戦争であり、そしてアメリカが日本に落とした原爆は必要で戦争を終わらせて犠牲者をさらに増やさないためには正しかったというものです。今、彼らにとっては敵はアラブ諸国であり、イスラム教徒であり、それらから派生した”テロリスト”でした。
 ”テロリスト”、それから一部のイスラム教聖職者が仕切る国の刑罰は確かに残虐です。しかし、長い歴史の中でたった100年ほど前までアメリカはアメリカの原住民に同じことをしていたし、ヨーロッパも残酷な刑の執行をしていました。悪いのはアラブの人でも他の民族でもなく、どんな民族の中にもいる残酷な人たちです。もっと言えば、誰しも究極の状況下では残虐になりうる。ナチスに虐殺されたユダヤ人もその一部は大戦が終わってまだ数年しかたっていない1948年にパレスチナ人に対して身の毛もよだつ虐殺をしているし、ベトナムではアメリカがソンミ村で罪のない人々を殺しているし、日本人だって大戦が終わったにもかかわらず国内で同じ日本人を虐殺している。
 この一か月、私の頭の中はイスラエルとそれを支持するアメリカへの憎しみでいっぱいでした。時期悪く手元にツタヤから「シンドラーのリスト」のDVDが郵送されてきましたが、しらじらしくてそれを見ることもできなかった。そんな感情を修正するため、イスラエルを非難するユダヤ人団体を探し、アメリカの感動ものの映画を見ました。自分の中に怒りだけを占有させておいてはいけないと思ったからです。そして、何とかまた平常心に戻ることができました。
 今あらためて思うのは、戦争というのは政治的なものであるということ。政治家とか特定の組織のリーダーが起こすものであって、そこへ一般市民の思いや苦しみは全く加味されません。それに心痛める人はアメリカ人であっても、ユダヤ人、韓国人、中国人、日本人、アラビア人であっても、戦争の中でどうしようもない悲しみと怒りにもだえる人たちのため声を上げずにはいられない人がいるのであって、私はそういう人を、どこの国の人でどこにいても応援したいと思いました。
 そして、何よりも大切なのは今ある生活の中で接する人、家族、大切な友との関係を楽しみ大事にすること。

マザー・テレサの言葉
「(世界平和のためには)帰って家族を大切にしてあげて下さい。」

 紛争を起こさないようにすること。そのためのお金の使い方、リーダーの選び方をもっともっと学びたい。
[PR]
by fussyvet | 2009-02-14 00:50 | 徒然

InterNICHE

 教育における動物実験代替法を推進する運動を展開している国際的な組織InterNICHEのコーディネーターMr. Nick Jukesと会ってきました。昨年に続き二回目です。とても多忙な方で一年の大半を世界中飛び回っており、教育における動物実験代替法の普及のため心血を注いでいます。厳格なベジタリアン(ビーガン)ですが、今回私と会っているときは少し妥協してくださった場面ではちょっと安心しました。つまりは自分の主義主張にだけ固執して周囲にだけ妥協させる人ではないのです。
 現在、この組織のJapan contactとしてALIVEという団体が受け持っています。少し前までは現役の獣医学生らが中心柱となって活動していました。しかし、次第にそのようなアクティブな学生も減っていった…。とても寂しい思いではありますが、学生という立場を考えれば封建的な日本社会では仕方がないことだろうとも思います。私自身、学生時代にさまざまな実習でさまざまな動物を使用し、単位を取って卒業するためにはそれらを拒否することもできず、とんでもなく非人道的な実習に苦しみ、今も思い出すと怒りが湧き上がってきます。感じ方は人それぞれだと思いますが、私は私と同じような感性を持った学生に同じ苦しみを味わわせたくない。そんな一心からInterNICHEの活動に関心を持ち、接触し、協力しようとしてきました。今回、Nickと会い、個人的なことも交えて話をしていくうちに、心底もっと協力しようという決意を固めているところです。このような機会を与えられたことに本当に感謝します。
 教育における動物実験代替法は学生だけでは普及しません。現在の生体を用いた実習と同等の教育レベルを代替法が持つことを示す証拠と決定権を持つ大学の教授らの関心と理解と協力が不可欠です。その中でいかに交渉し、普及させていくか。とても困難な道のりではありますが、インドなど海外では既に相当数の代替法が大学教育に取り入れられ、相当数の動物の犠牲が減っているとも聞きました。そのような海外での実績を踏まえ、日本でも普及するように…。と、これまでは考えてきたのですが、今は少し考えを変えています。海外からの波で変わるのではなく、日本自体から変化の波を起こせないか、もともと勤勉で細かい調査能力に長けている日本人ならできるのではないか?そんなふうにも思うわけです。
 今後、このブログではこのような教育における動物実験代替法についても取り上げていきたいと考えています。

参考:InterNICHEの日本語ページ
[PR]
by fussyvet | 2008-12-21 22:52 | 動物

憶測での「言論の自由」の利用

 権利や自由を主張するには、それに見合うだけの責任が伴うはずだ。そうでなければ、民主主義はただの暴徒の塊にしかならない。

 いろんな事件を起こす人間がいるが、その犯罪が起こってしまった理由にはその犯罪者の内的素質とその素質を増幅してしまった人間関係や体験など負の環境因子、そして抑制因子の不在が関わっているだろう。まあ、こういう分析能力が他国に比べて日本がどうなのかは知らないが、そんな犯罪者を作ってしまった環境因子は一つではないだろうと思う。

 一方の言い分だけとりあげて、それを「それが本当なら」と話を続け、結局は自分の思いに見合った方向に話を持っていくことはどんな主義主張を持つ人であっても見られることだけれども、そんなことばかり続く人を個人的に見ていると、もうがっくりと肩を落とさざるを得ない。

 保健所にもとんでもない人間もいたが、良心的な同僚も多かった。私の昔の良き同僚たちが、今回のこの痛ましい事件をどう捉えているか…。聞く機会があったら聞き、「動物愛護運動に携わっている人がこんなことを言っているが、どう感じるか?」と感想を聞き、それらが実現したらここにアップしたいと思う。

 犯罪者を作り出す要因は一つじゃない。犯罪を犯してしまった者の心の根底にあるものも一つじゃない。本人がどう言おうが、潜在意識はあるし、ましてや間に人を介していればそれが簡単に偏向されるものであることは経験を積んだ成人なら知っていることだ。己の主義主張はそんなことすら考慮に入れられなくするほど脳を占有するものか?
 子供に限らず、家族が愛している動物を黙って保健所に連れてくる人にはそれぞれに理由がある。連れてきた家族が悪いことだってある。その後、家族がクレームをつけてきたケースは私自身は経験はないが、そうならないように現代はどこも慎重にしているだろう。仮に馬鹿な職員が対応を間違えてしまったとしても、それだけが犯罪者を生み出してしまう唯一の要因ではないだろう。私が憤慨しているのは、いろいろな可能性が考えられる事象を取り上げて、自分たちの主張に見合うように犯罪報道すら偏向して利用してしまうこと、そしてそれが及ぼす影響についてその危険性と合わせて全く理解していないことだ。
 自分の主張を大切にするあまりに他人を傷つけるような言動は厳に慎むべきだ。その主張が大切であるのならなおさらだ。それにより間接的に困るのは言った本人じゃない。その本人が守ろうとしているものだということに気付かないことが本当に歯がゆい。
[PR]
by fussyvet | 2008-11-28 11:15 | 徒然

まあ、いろいろびっくりしますが

 厚生労働省だかを退職した上層部の人たちが、ご自身のみならず、何の罪もないご家族まで巻き添えになる痛ましい事件があり、「年金テロ」だとか騒いでいたのに、容疑者の自供では子供のころに保健所に犬を殺処分された恨みだとかいう話が出てきて、自分の身に置き換えて震えた。私だって、保健所で動物の引き取り業務に関わったのだ。たまたま私が関わった引き取り依頼者の中には事件を起こすような人がいなかった(いや、変な人もいたけれども)だけで、これを”運の違い”と言わずして何と言おうか?…、まあ、まだ真相は明らかでありませんが。
 と、いうようなことを最近は徒然と思っていて、ここの「徒然」に書き足そうかと思っていたのだけれど、他の人のブログでぶっとぶような文章を見つけて唖然としてしまったので書いておきます。

 確かにね、私が社会人になりたての15年くらい前までは確実に陰陽問わず保健所から大学や研究機関へのイヌ・ネコの払い下げが行われていたし、かの事件の容疑者のイヌも保健所で殺処分されずに研究機関に払い下げられた可能性もあるわけです。だからと言ってですね、もしもの仮定としてではあるけれども、「本当に恨まれるべきは誰だったのか?」と暗に含んだ疑問を投げかけられるのはですね、なんていいますか、恨みの矛先を不特定多数の読み手の恣意的な解釈に任せつつも特定のターゲットに向ける意図が伝わってきて、もっともっと背筋が寒くなるわけです。仮にも殺人事件なわけです。何の罪もない家族まで巻き添えになっているような事件なわけです。もしかしたら、「ターゲットが違っていたら、あなたの家族も…。」という脅迫文まで感じます。あまり深く考えずに書かれたのかも知れませんが、重大な結果を引き起こした事件に絡めて話すにはあまりにも無神経ではないですか?またもし逆に、故意に書かれたものであるならば、私は動物実験反対運動に賛同しようとしている全ての人を徹底的に賛同を思いとどまるよう説き伏せたいと思います。

 私は学生時代に保健所から払い下げられた動物を実習に使わされたし、保健所に勤務したことはあるし、その方がおっしゃるところの”ターゲット”としては全てに当てはまり、逃れられないわけですよ。もし、今回の被害者が本当にイヌの仇討のために殺されたのであれば、私も私の息子も私の夫も私の親兄弟も被害者になり得たわけです。そして、それがもしも「かわいそうな動物たちの仇討のため、自業自得だ。」などと思われるのであれば、私はこの世の一切を信用しないし、すべてを呪うでしょう。特に動物の権利を守るため、そのような殺人すら”死刑”と位置づけて行動することが動物愛護運動であるのなら、私はそのような運動は決して許さない。

 誤解を招くような言動は肝に銘じて慎まれた方が良いと思います。特に重大事件に絡めては。それが悪意であるのなら別ですが。自分たちが持ち合わせている良識が自分たちが疑っている研究者の良識と大差ないと言われても仕方ないことになってしまうでしょう。
[PR]
by fussyvet | 2008-11-25 12:02 | こうして社会は回ってる

動物愛護の”ベクトル”

 先鋭化する動物愛護運動を疑問視し嘆く私に、「今は動物実験をする研究者側に”偏り過ぎて”いる。そのベクトルを真中に戻すために動物実験廃止も訴えなくてはならない。」と説明した動物実験廃止運動団体の人がいました。自分自身は今すぐに動物実験を廃止することは難しい、できないだろうと思っている。が、そう唱えていかなかったら、動物実験の”ベクトル”が研究者寄りになってしまうというのです。
 果たして本当にそうでしょうか?

 中高生の頃、数学で習ったベクトルを決定する要素としては向きを表す角度だけではなく、その矢印の長さ=強さも関係していました。それを忘れてはいないでしょうか?

 ベクトルを研究者側から取り戻すために、実行不可能なあり得ない理屈で動物愛護側に世論を呼び戻そうとすることが本当に正解でしょうか?

 研究者側からベクトルの向きを変えるためには、”先鋭的な”角度ではなく、その理論の正しさ、説得力、つまり強いベクトルが必要なのではないでしょうか?「動物実験即刻廃止!」という叫びではなく、「代替法が構築されるまで、実験動物の苦痛の軽減、使用動物数の削減。」の方が力強く、多くの人々を振り向かせられると思うのですが、違うでしょうか?
[PR]
by fussyvet | 2008-11-20 22:57 | 動物

動物実験計画書の内容は守られているか?

 私が所属しているのは厚生労働省の研究機関だ。9カ月間に新規採用で続いているのは私を入れて2名、円満退職者1名、残りの5名は”非”円満退職者だ。日雇いやら派遣労働やら労働者の待遇改善が叫ばれている今日、当の厚生労働省の管轄機関ですら”灯台下暗し”なのかびっくりである。こういうことに興味のある議員に訴えれば一発だろう。人間に対する処遇がこのざまななのに、動物に対する処遇など想像できるだろう。
 医者である上司は獣医師である私のスキルを”安く”使う。言葉では持ち上げられるけれど、待遇は下にも書いたとおり冷たいものだ。まあ、それでも同じ地域にパートで実験をさせてくれるところなどそうそうないし、我慢している。が、動物に対する扱いについては我慢できない。小さな抵抗もさせてもらうこともある。
 うちの上司には動物実験計画書の意義であるとか、動物の福祉であるとかいう考え方は一切ない。実験後マウスへ鎮痛剤を投与することが科学雑誌の論文審査に重要視されてきていることを知らなかったこと、「とりあえずやってみよう。」という言動、そして私の”使い方”などから推察できる。とにかくデータを出さなければいけない立場はわかるが、これで動物実験をしてはいかんだろう。

 HS財団が第三者認証機関を発足させようとしているが、アニマルライツ*に”狙われている”と聞いた。何がどう狙われているのか知らないが、私は徹底的にやればいいと思う。日本の動物実験はほとんどが無法地帯だ。もちろん、叩く側にそれなりの礼儀とブレインが必要だが(感情論、勢いだけではお話にならないし、動物の福祉を後退させるぞ)、何か起こらないとこの国の研究者は変わらない。目の前のことにとらわれざるを得ない現状と弱い者への配慮のなさが残念ながらそうさせている。
 イギリス2007年内務省のレポートによれば2007年マウスの実験は増加傾向に、霊長類の実験は減少傾向にあるという。霊長類の実験利用は各種動物愛護団体から批判が高まっているため、どんどん使用しにくくなっている。スイスでは霊長類への実験を停止する地裁判決(まだ係争中)が出ている。叩かれなければ減らないのが残念だが、研究者の倫理観が現状である限りいた仕方あるまい。

*”動物の権利”を大前面に押し出した過激な動物愛護活動家・団体
[PR]
by fussyvet | 2008-07-31 16:27 | 動物

Fur-Free List

 HSUS毛皮を使わないデザイナーと小売業者のリストを掲示しています。参考までに。
[PR]
by fussyvet | 2008-07-11 22:59 | 動物

「海と毒薬」

「海と毒薬」
出演: 奥田 瑛二、渡辺 謙
監督: 熊井 啓
原作:遠藤 周作

 この作品を見るに際は、「人体実験は許されない行為である。」という現代の社会通念上の倫理観を頭の中から全く排除して見なければならない。
 全編にわたって白黒映像だが、決して古い作品ではなく、そのモノトーンが戦時中であることを演出し、また劇中の生々しい手術場面をマイルドにしている。注意しなくてはいけないのは、その白黒画像のために、これは現代とは全く違う時代に起こった、現代では絶対に起こりえない事件であると惑わされることだ。同じことは条件がそろえば現代日本でも起こりうるし、世界中には今でも同じことが起こっている可能性がある国がある。
 生体実験に供されたのはB29に搭乗していたアメリカ兵であり、何度も空爆に参加したために銃殺刑に処される運命にあった捕虜である。生体実験に用いられなくても銃殺で死ぬ運命であるならば、生体実験に用いた方が医学の進歩に役立つし、麻酔下であるために苦痛を感じずに死ぬことができる。それにどうせ戦争中という時代では誰しも戦争で死んでしまう。それならばどうせ処刑されるものを生体実験に使って何が悪い。…若き日の渡辺謙の言葉にどれだけの人が反論できるだろう。「誰でも俺たちの立場になれば同じことをする。人間の良心なんてそんなもんだ。」
 主人公は悩む。人を生かすための医学であるはずなのに、自分は人を殺してしまう。そんなんこと許されるのか?(同じ悩みは学生時代に獣医師を目指していた私も抱えた。)

 結局、主人公も生体実験に参加することになってしまうのだが…。ここで「主人公は弱い。自分なら絶対に拒む!」という者がいたのなら、私はその人を信用できない。むしろ「同じ立場であれば、自分もどうするかわからない。」と思っている人でないと。なぜなら、この映画でなくても、これまで、そして今でも世界中で起こっている虐殺行為はどちらかというと普通の真面目な人間が直接加担してしまうことが多いからだ(隣人が隣人を虐殺したルワンダの例は記憶に新しい)。「自分だけはそんなことしない。」ではなく、「自分もいざとなったらわからない。」と自戒しておかなければ「人間なんていざとなったらわからない。」
 日頃から特定の行為について”悪”であるという決定を下している人には特に見て欲しい作品。人間の良心ほど社会状況や個人の境遇に左右される流動的で脆いものはない。誰でも起こしうることだし、且つ必ずしも好き好んで起こしてしまうものでもない。
[PR]
by fussyvet | 2008-03-07 23:13 | 映画

もうこういう運動の在り方は止めてほしい

 仕事で動物実験をしている人間が、動物実験を仕事として選択したのだと思っているのであれば、それは大きな間違いだ。むしろ、最初から動物実験を行うことを趣味としてその仕事を選んだ人がいるとすれば、私は会ってみたい。きっと、映画や漫画に出てくる「マッドサイエンティスト」をイメージしているのだろうと思う。
 動物実験を行っている人は、それを仕事として選んだのではなく、就業した結果、そこに動物実験が方法論として存在していたのである。就業でなく、大学での実習で行う動物実験でもそうだ。そして、その実験方法は本人の好みで選んでいるわけではない。動物実験を行っている研究者がその実験方法を好んで選んで行っていると思っているのなら、本当に大きな間違いだ。
 ここ数か月、イヌ・ネコのレスキューや動物実験反対などさまざまな動物愛護運動に関わっている人のブログを読んだり、実際に会って話したりしているうちに、つくづくどんなに話し合っても永久に接点はないと虚脱感に陥った。結果的にブログにも動物の問題について掲載しなくなったけれど、今日書いたのは、もし動物愛護で拙ブログを読んでくださっている人がいたとしたら、もう一度、本当に動物の権利が全て認められることができるのか、仕事として動物を扱っている人たちのこと、動物愛護問題が過激になってしまう理由、自分自身が知らず知らずに犠牲にしている動物たちの存在への無知、そして公人や企業を含めて表面的に他人だけを責めることについてじっくり考えてほしいと思ったからだ。
 運動を進めている人の考え方と運動自体の在り方がこのままだと絶対に動物たちの問題は解決していかない。
[PR]
by fussyvet | 2008-02-17 11:09 | 動物

北限のジュゴンを守りたい

 沖縄近海は絶滅危惧種であるジュゴンの生息地の北限だといわれています。その海、辺野古に地元の声を無視する形で米軍基地建設が予定され、ジュゴンの生息を脅かしています。
 どうか北限のジュゴンを守るため、あなたの声を届けて下さい。

Save the Jugon in Okinawa

 沖縄の海は私も行ったことがありますが、今までに行ったコタキナバルやケアンズの海を超える一番美しい海です。沖縄の経済は現在米軍基地に依存するところも大きいですが、これから転換を図っていかなければならないとも思います。さらには日本全体のアメリカより、アメリカ依存体質を変えていかなくては日本人の自立と誇りは守れません。米軍基地建設は特に沖縄では最優先事項のようになっていますが、そんな国の体質を変えなくては将来経済面でも環境面でも取り返しのつかない後悔をすることになるのではないかと思っています。
[PR]
by fussyvet | 2007-09-19 10:55 | 動物