タグ:動物問題の裏側 ( 37 ) タグの人気記事

怖い者勝ち

愛知県の食肉販売業者が助成金詐欺でとうとう逮捕

 鈴木宗男 元 大先生がいい例だけれども、経済界、政界の一部は怖い者勝ち。恫喝すれば、役所に国民の税金から助成金を出すような仕組みを作らせ、更に詐欺までしてそこからしこたま分捕ろうとする。
 あなたの買った商品の代価は、そんなタヌキたちの懐に入っているかも知れない。「消費」することは立派な社会活動。外国から日本での不買運動が不毛だと言われることが象徴しているが、日本人は「消費活動」に無頓着だと思う。値段だけでなく、購入先や商品を選ぶことはとても大切。助成金を騙し取るような業者に消費者のお金が回りませんように。
[PR]
by fussyvet | 2004-11-08 20:06 | こうして社会は回ってる

排膿

フジチク幹部を本格捜査へ BSE対策で不正受給 [ 10月16日 01時13分 ] 共同通信

 膿を出し切って欲しい。何も知らない真面目な者が損をするようなばかな社会であってはならない。BSEの国内発生以後、どうして汚染肉骨粉が国内に入ってきたのか分からない者たちは「もしも自分の地域で発生したらどうしようか。」とひたすら怯えながらただただ祈るだけであった。その一方でそれすら私腹を肥やす材料にしてきた輩がうようよいる。それが税金という国民全体の血と汗の結晶をだまし取る行為であったなど許容できない。牛肉をせっせと買う人の金の一部は、そんなタヌキ親父たちの懐に入り、彼らを助長していることになる。消費活動に問題意識がある人には是非考えて欲しい。
[PR]
by fussyvet | 2004-10-18 17:33 | こうして社会は回ってる

法律改正

動物愛護法:
改正に向け見直し作業 ペット売る人・飼う人、規制強化
 ペットの虐待や動物取扱業者を規制する動物愛護法(動愛法)の見直し作業が、環境省などで進んでいる。インターネットなどを利用したペットの通信販売トラブルが増えているため、これまで対象外だった「ネット仲介業者」が新たに規制対象となる見通しだ。自民党は議員立法による改正を目指しており、同省の検討結果も踏まえ、罰則や飼い主の責任強化なども盛り込んだ改正案を来春にも国会に提出する。【河内敏康】

 ★ネット仲介業者も対象に

 富山県の女性は今年7月、インターネットでペット販売を仲介していた業者からビーグル犬を約20万円で購入した。ところが犬は、購入直後からふらつき始めた。獣医に診てもらったところ、脳に病気がある可能性の高いことが判明した。

 女性は仲介業者に抗議したが、「そんなものは売るはずがない」と反論された。購入代金の返還や治療費の支払いにも応じてもらえないという。

 最近、このようなトラブルが増えている。国民生活センターに寄せられたペットの通信販売に関する苦情は、94年は約30件だったが、03年は約200件に増えた。動物の体重を偽られた▽輸送中のストレスで弱っていた--などの内容が多い。

 動愛法の規制対象は、飼育や保管施設を持つペットショップや繁殖業者だ。こうした施設を持たないネット仲介業者は対象外で、野放しになっている。ペットトラブルの相談にあたっている千葉県習志野市の行政書士、福本健一さんは「インターネットを使った通信販売の場合、実物を見ず、写真だけで購入するためトラブルに発展するケースが多い」と指摘する。

 検討会を設置して、法の見直し作業に取り組んでいる環境省は、ネット仲介業者に加え、ペットの輸送業者や美容業者も動愛法の規制対象にすることを検討中だ。

 ★規制業者の罰則も見直し

 動愛法の規制対象となっているペットショップや繁殖業者についても、都道府県からは「実効がなかなか上がらない」などの声が出ている。

 これらの業者は都道府県知事への届け出が義務付けられている。知事は施設を立ち入り検査し、法に基づく施設基準を満たしていない業者には改善を勧告、命令できる。

 だが、命令に違反して動物を劣悪な飼育環境に置いても30万円以下の罰金が科せられるだけだ。届け出制のため、営業停止処分にもできない。基準自体も「(動物が)動作を容易に行うための十分な広さが必要」などあいまいな記述が多く、厳格な指導が難しい。

 環境省のまとめでは、都道府県が口頭で業者に施設などの改善を指導したケースは年間約3000件。届け出のあった施設数の約1割に相当する数だが、勧告や命令に至ったケースは02年度で延べ5件しかなかった。

 環境省動物愛護管理室は「基準の明確化や罰則の強化を図りたい」と話す。環境省の検討会の委員も務める「動物との共生を考える連絡会」の青木貢一代表は「ペットショップには、動物に関する専門知識を持った担当者の配置を義務付け、営業停止処分も可能にすべきだ」と指摘する。

 ★ICチップで責任明確化

 動愛法は、ペットに名札を付けて飼い主を明示する▽一度飼ったペットは捨てたりしない--などペットの飼い主の責任も定めているが、意識の低い飼い主も多い。

 厚生労働省などのまとめでは、全国の保健所が02年度に引き取った犬や猫は約47万頭。約97%は飼い主などが見つからず殺処分された。内閣府の03年度の世論調査でも、ペットに名札を付けていると回答した飼い主は犬で33%、猫で18%しかいなかった。「明示する必要がない」と考える飼い主は犬では70%、猫では73%もいた。

 そこで、環境省や自民党が導入を検討しているのが、動物の皮下に集積回路(IC)を組み込んだマイクロチップを埋め込み、所有者や個体を識別する制度だ。

 マイクロチップは直径2ミリ、全長11~13ミリ。ICには15けたの数字が書き込まれている。読み取り機をかざしてこの数字を読み取り、飼い主や個体を特定する。チップ本体には電池が要らず、半永久的に使える。

 海外ではチップ埋め込みが進んでいる。環境省の調査では、犬に対する埋め込み率は豪州やドイツが30%以上、カナダや英国も10%を超える。

 日本でも、獣医師会や動物愛護団体などでつくる「動物ID普及推進会議」(東京都港区)が02年から、チップ埋め込みと15けたの番号登録サービスを始めた。費用は約6000円だが、まだ約4800件しか利用がない。チップの読み取り機を備えた自治体もまだ数カ所という。

 日本動物愛護協会の会田保彦事務局長は「チップを埋め込んでもペットには無害で、盗難防止にも役立つ。保健所に読み取り機を導入するなど、国や自治体は普及に取り組んでほしい」と語る。

 動愛法見直しを目指す自民党動物愛護小委員会の北村直人委員長は「ペットは人生の伴りょとしても欠かせない存在になってきている。それを粗末に扱うことは許されない。他党とも連携し、インターネットの普及などにも対応した改正案をまとめたい」と話す。

………………………………………………………………………………………………………

 <動物愛護法改正のポイント>

◇インターネットを利用するペット販売仲介業などの規制

◇飼育・保管施設の基準強化

◇営業停止など対象業者の罰則強化

◇ペットの個体識別・登録制の導入

毎日新聞 2004年8月30日 東京朝刊


どこの法律に倣ったらこんな「穴だらけ法」になるのかと思っていた現行の「動物の愛護及び管理に関する法律」。
法律一つ改正するにはさまざまな山を越えなければならない。改正により規制が強化されると予想される業界団体は当然のように反発して、国の関係官公庁に圧力をかけてくる。日本の消費者団体の力は弱いように思う。政治や社会への国民の無関心を反映しているのだろう。消費者としての責任と自覚はとても思いものだと思う。自分が払ったお金がどこの誰に渡り、どのように使われるのか?考えたことがある人はどれくらいいるだろう?
動物を取り巻く状況についても同様。動物を金を払って買うという命の売買に抵抗感を感じる人が少ないことを以前から嘆いている。動物はナマモノだ。相性も当然ある。どうやってインターネットオークションでその相性を測るというのだろうか?そもそもそこから間違っているように思う。
[PR]
by fussyvet | 2004-09-11 23:53 | こうして社会は回ってる

慣れっこ

「会長にさからえず」 ハンナン系列幹部ら供述 [ 08月27日 18時50分 ]
共同通信

 元ハンナン会長の浅田満被告(65)らによる牛肉偽装事件で、詐欺や補助金適正化法違反(不正受給)の罪に問われた全国同和食肉事業協同組合連合会(全同連)理事の寺島一被告(64)やハンナン系列会社幹部ら計11人の公判が27日、大阪地裁(水島和男裁判長)で相次いで開かれ、弁護側と検察側が被告人質問した。
 11人は「(国の牛海綿状脳症対策事業に申請した牛肉の一部は)対象外と認識していたが、会長(浅田被告)には逆らえなかった」「肉の買い取りルートは会長1人で決めた」などと浅田被告主導の犯行を強調した。
 浅田被告は同日午前の被告人質問で、水島裁判長から「(不正を)してはいけないと進言する部下はいなかったか」と問われ「いなかった」と答えている。


組織全体がそういう体質で、不正に慣れっこだったのではないですか?
「赤信号、みんなで渡れば怖くない。」
古い流行語が似合う古い社会です。
[PR]
by fussyvet | 2004-08-27 20:36 | こうして社会は回ってる

本当に浄化して欲しい

牛肉偽装事件、浅田被告が起訴事実認め謝罪

 BSE(牛海綿状脳症=狂牛病)対策として国が実施した国産牛肉買い上げ事業を巡る牛肉偽装事件で、詐欺と補助金適正化法違反などの罪に問われた食肉卸大手「ハンナン」元会長・浅田満被告(65)ら12人の初公判が20日、大阪地裁(水島和男裁判長)で開かれた。

 輸入肉など対象外肉434トンを混入させ、計約50億4000万円を詐取、不正受給したとされる浅田被告は起訴事実を認め、「制度を悪用し、申し訳ない」と謝罪した。

 浅田被告以外の11人も、罪状認否で「金銭を不正に取得したことは間違いない」などと認めた。共犯関係にある被告らが起訴事実を認めたことで、公判は比較的短期間で終結する見通しとなった。

 検察側は冒頭陳述で、「浅田被告は大阪府食肉事業協同組合連合会(府肉連)などの業界団体を私物化していた」と指摘した。引き続き午後も、「食肉業界の実力者」とされる浅田被告を中心として事件の構図を明らかにする。

 起訴状などによると、府肉連副会長、全国同和食肉事業協同組合連合会(全同食)専務理事の浅田被告は、ハンナングループ各社の幹部らと共謀し、牛肉買い上げ事業を悪用。2001年11月から02年5月にかけ、対象外の434トンを混入させて全国食肉事業協同組合連合会(全肉連)に買い上げさせるなどし、代金と保管費用計約9億6100万円を詐取、焼却処分費用など40億7900万円を不正受給した。

 今回の事件では26人が起訴され、雪印食品(解散)などこれまでの牛肉偽装事件では最大規模。浅田被告の起訴対象額は同事業全体で交付された助成金の4分の1に上る。

         ◇

 浅田被告らが起訴事実を全面的に認めたことを受け、農水省は20日、対象外の肉による助成金の返還請求手続きを進めることを明らかにした。
(読売新聞) - 8月20日13時45分更新


返還は勿論、事件の構図を一切明らかにして欲しい。
このBSE騒動では同業者であった獣医師が自殺している。本当に困っていた酪農家もいる。そんな者達の片側で、ここぞとばかりに金を貪る輩がいたわけで、真面目にやっていたものが救われない。そんな馬鹿なこと…。
[PR]
by fussyvet | 2004-08-20 16:08 | こうして社会は回ってる

アホくさ

<牛肉偽装>大阪府肉連を補助金窓口から外す 農水省

 BSE(牛海綿状脳症)対策の国産牛肉買い上げ事業を巡る牛肉偽装事件で、農水省が大阪府食肉事業協同組合連合会(府肉連)を新規補助金事業の窓口から外していたことが分かった。同省食肉鶏卵課は「補助金の不正受給事件を起こした組織が、別の補助金事業の窓口になるのは適切ではないと判断した」と説明している。
(毎日新聞) - 8月19日3時3分更新


そんなの当たり前でしょう。何を今頃対処しているのでしょうか?圧力を恐れてのことでしょうか?
今の行政は有力業界の圧力で動かされています。その仕組みがなくならない限り、国民の血税の不公平使用はなくなりません。
ちなみに、当該事件で不正受給された助成金は40億円とも65億円とも言われており、過去最高額です。そんな事件なのに、テレビニュースはどれだけこのニュースを扱ったのでしょうね?私はテレビをもう見ないので知りませんが。
もう一つ。上の助成金詐欺を行っていた団体の正式名称はどっちが本当なんでしょうか?初期の報道では「大阪府同和食肉事業協同組合連合会」であったのが、最近では「大阪府食肉事業協同組合連合会」となっています。改称したのでしょうか、あるいは報道が正式名称を間違えたのでしょうか?なぞですね。
[PR]
by fussyvet | 2004-08-19 13:19 | こうして社会は回ってる

逆差別

小さい頃、私は近所の友達とよく遊んだ。学校では休み時間になると真っ先に外に出てドッチボールをした。私は遊ぶのが得意だった。友達も多かった。
小学校6年の頃、不思議なことが起こった。私はテストがよくできた。ある時、それまで無邪気に遊んでいた友達が、「○○ちゃんは頭が良くていいね。」と言った。それは親しみを込めた言い方ではなく、悪意があるものであった。以来、その子は私が先生に褒められると「さすが、できる人は違う。」と嫌みを言うようになった。私は先生に褒められることが、なぜかとても悪いことのように感じ、褒められるのを恐れた。「どうして、成績が良いだけでそんなことを言われるのだろう?要領の悪い子が虐められるのと変わらないじゃないか?」幼心にそう思った。
義務教育の道徳の時間に、いろいろな苦難に苦しむ人たちの話がしばしば出てくる。そんな人たちのことを素直に気の毒に思い、成績が良いことだけで理不尽な言葉を投げかけられた私は、「その人のせいではないのに、その人を虐めてはいけない。」と思った。
大人になった。なぜか、税金を免除されている人たちがいた。社会的な理由があってのことだ。けれど、ある人たちが財布に入った何十枚もの一万円札やロレックスの時計を見せびらかした。「どうして?この人の税金が免除なの?」
その人は私やその同僚に向かって言った。「獣医なんか…!」…えっ、獣医であってはいけなかったの?どうして?私だって一所懸命勉強して今日に至ったんだよ?奨学金をもらいながら、そしてその奨学金もコツコツきちんと返している?なんで?小さい頃、「○○ちゃんは頭が良くていいね。」と理不尽な攻撃を加えてきた友人を思い出した。
世の中には自分たちが弱者であること、被害を被ったことを逆手にとって、他の人が「えっ?」と思うことを平気で、いや寧ろ当然のような顔をして堂々と要求する人が大勢いる。牛肉買い取りでもそうだ。保険金詐欺もそうだ。先日のイラクでの日本人人質事件で家族が「首相に会わせろ!」「自衛隊を撤退させろ!」と要求したことも根底には同じ心理が働いているのではないかと思う。多くの人は「被害者」と思われる人には強く出ることができない。やはりその人を「気の毒」に思う気持ちがあるからだ。私はそんな人の良心を利用する行為が世の中で一番大っ嫌いだ。
BSEでは何人か自殺者を出している。殺人事件も起こっている。直接的な被害ではない。しかし、人の良心を逆手に取る行為の結果だ。許せない。
[PR]
by fussyvet | 2004-05-12 10:41 | こうして社会は回ってる