タグ:動物の苦痛 ( 24 ) タグの人気記事

ディベート

 ALIVEという団体が主催するディベートに行ってきました。これまで広告等で知っていたものではディベートという形式はなかったので、とても興味を持って行きました。いつも動物実験反対運動団体から叩かれている京大霊長類研究所の助教授とのディベートです。こういう場所に研究者が顔を出してくるのは、少なくとも日本国内ではかってないことではないかと思います。どんなディベートになるのか、興味津々でした。研究バリバリの人で徹底的に動物実験反対運動を非難するのか、あるいはおどおどしてしまうのか、そして、動物愛護運動側の方は研究者相手にどう切り込むのか、感情論で行くのか、あるいは…。
 結果的に研究者側は動物の福祉についても考えなければならない立場の方で、私が思ったより穏やかに進んでいったように思います。また、動物愛護運動側の方もこれまでの歴史、海外の事情等を踏まえて講演後、研究者を一方的に非難するような方法ではなく進めていらっしゃいました。
 こういうディベートが公の場で持たれるようになることはとてもいいこと。研究者側にも自分が税金からの助成金をもらってやっている研究について、国民に説明する責任があることを自覚していくようになるといいと思います。そして、動物愛護運動側も、研究者が命を冒涜する大罪人であると大上段から構えた見方で非難するだけのやり方を変えていくといいと思います。それでも会場に来ていた一般の人からは、
「私は人間として全ての生物の命は同等だと思うが、先生方はどう思われるか?」
とか、
「簡単に生物の命に線引きをしないで欲しい。」
とか、研究者を人でなしであるかの如く“試す”ような意見・質問が出ました。しかし、生物の命が同等だというのは神や仏から見て同等であるだけであり、人間は実際に命について差別をしています。肉を食べる人は勿論、魚、更には植物だって命であることには変わりない。もし、本当にそれらの命も同等であるならば、私たちはベジタリアンにすらなれません。また、人間同士においても、知らない人が亡くなったからと言って泣きはしません。もし、全ての人間の命も同等であるならば、自分が愛する人でなくても不幸があったならば同じように悲しくて泣くことでしょう。けれど、実際には知らない人にまで情を移したりする人はほとんどいないでしょう。命について、誰しも知らず知らずのうちに線引きをしているのです。
 じゃあ、動物をむやみやたらと使うことは止められないのかと言えば、そうではない。やはり必要最低限に抑えることはできるはずです。そして、何よりも生きている間の苦痛をできるだけ取り除いてやることも。人間も同じです。苦痛が多い人生よりも、生きている間の苦痛はできるだけ少ない方がいい。苦痛だけの人生ならば、そのうち自分の身を消し去りたくなるものです。動物は人間のように自分の身を消し去る術を知りません。ひたすら生きることしか考えていない。そうであるならば、苦痛を与える人間がその苦痛を軽減してやることを考えていってやらなくてはいけないのではないか、それが人間の最低限の責任ではないかと思うのです。
 話が少しそれました。今回のようなディベートがもっと行われるようになるといい。そのためには研究者側も動物福祉について勉強しなければ対応できないだろうと思います。どのくらいの研究者がこういったディベートに出てこられるだろうか?残念ながら、今現在ではほとんどいないのではないかと思います。こういった討論が公開されることも動物の福祉が進んだ証拠になっていくでしょう。それから、そこに聴講に来る人も増えてくれること。残念ながら、今回のディベートには、大学祭の一環ということもあり、聴講者は思ったより少ないものでした。どちら側の人も動物の福祉に関心を持ち、増えてくれるといいと思います。
[PR]
by fussyvet | 2005-11-29 12:42 | 動物

動物実験の現場

 海外の動物愛護団体が製薬会社に潜入して実験動物取り扱いをビデオに収め、インターネット上で公開している。どうやって撮影したかは知らないが、もし日本において身分を偽って潜入して撮影すれば不法侵入等、いくつかの法律に触れて逮捕される可能性があるので念のため付け加えておく。
 このビデオの中に出てくるいくつかの場面について個人的な見解を列挙する。

・サルを保定しているが、動物の保定は動物実験だけでなく、他の場面でも行われることである。
・経鼻胃カテーテルを留置しているが、このカテーテルを入れること自体は動物実験だけでなく、獣医療場面ではよく行われることである。
・途中、この会社の獣医師が「私はこのサルを治療することを認められていない。」と言っているが、通常動物実験には被験動物に不必要な苦痛を与えないよう鎮痛剤の投与やエンドポイントの設定が厳格に求められるが、実験計画に記載されたエンドポイントでない限り、獣医師が手出しできないこともある。
・狭く不衛生なオリに閉じ込められることにより、サルが精神的におかしくなっているとあるが、確かに常同症(同じ動作の繰り返し)などその徴候が認められる。
・技術者や毒性学者がサルに向かって悪意のある言葉で虐待しているとあるが、イラクの捕虜収容所でアメリカ軍人が捕虜に対して行ったと同様の、閉鎖社会特有の虐めが認められる。

 当該製薬会社のホームページを見てみたら、動物福祉についても掲載されていた。以下はそこに明記されていたことである。
1.当社は取り扱っている動物に尊敬の念を持って取り扱います。私たちは私たちが扱っている動物たちが救命法の進歩に貢献していることに敬意を表し、動物たちが払われるべき尊敬の念を持ってこれらの動物たちを取り扱います。
2.動物の取り扱いに関する全ての法律や規則に厳格に従います。
3.適切な規制と科学的信頼性が高い科学的な代替法を動物実験に代わり取り入れます。
4.動物の不快感の最小限にします。私たちは取り扱う動物の不快感やストレスを減少させるため、実験プロトコールと良質な科学に従って業務を行います。
5.社員と業務がこれらの基準に確実に適合するよう対策を講じます。私たちは社員が適切な処方と技術で動物を取り扱うよう訓練し、これらの処方と技術およびこの”敬意の基準”が確実に遵守されるよう適切に監督します。この”敬意の基準”の遵守に不正や過失があればそれを社員に報告させるよう奨励していきます。
6.経営者、または一社員がこの“敬意の基準”に従わなかったことが判明した場合、適切な改善措置と懲戒処分を執ります。

 上記に照らし合わせてみれば、技術者や毒性学者がサルに向かって悪意のある言葉を投げかけていることは“敬意の基準”に反する行動であり、適切な改善措置と懲戒処分が執られるべきである。
 ところで、私が箇条書きにした他のことについては、ビデオだけでは明らかな“悪”だと断言できないのである。常同症については、確かに大きなストレスがかかっている動物に認められるものであり、動物福祉のことを考えれば好ましくないことではある。しかし、実験動物だけでなく動物園動物、畜産動物、そしてオリに閉じ込められたペットでも同じことは現段階で生じていることであり、残念ながら実験動物についてだけ断罪できる段階にはない。ビデオを見た人はそんな意見も念頭に置いてもう一度見てみて、動物実験現場の理解を深めてから意見を持って欲しいと思う。参考までに、私の周囲にはあのビデオの中のように動物に悪態を付く者はいない。
 最後ではあるが、私は”適切な規制と科学的信頼性が高い科学的な代替法”の開発が進み、動物実験に用いられる動物の数、そして動物実験自体が減ってくれることをいつも願っている。
[PR]
by fussyvet | 2005-05-25 20:08 | 動物

「安楽死」賛成

『尊厳死』について

「尊厳死」

 もはや「安楽死」とは言わないんだな。動物の場合、法律では「安楽死」のことを殺処分という。人間の「尊厳死」と動物の「殺処分」という表現からわかることは、人間の場合、あくまでも同種の動物であるヒトによるヒトのためのヒトの安楽死であり、動物の場合、ヒトによるヒトと動物のための動物の安楽死であるが、それはヒトの下で動物の命がコントロールされることを意味し、動物の命に対して異種であるヒトがその決定権を持つということを端的に示している。
 我々獣医師はその動物の命について決定権を持つ職業である。私は「安楽死」が行えることは人の医者に比べて幸運な点であると思っている。動物はいつか死を迎える。それを受け入れず、その動物を取り囲む人のために延々と呼吸と心臓の鼓動を維持することは、余計な苦痛を長引かせているだけであり、死を受け入れられない人間の傲慢ではないかとさえ思う。念のため付け加えておくが、これはあくまでもその苦痛を除去する方法が死以外にないと正当に判断できる獣医師のみが行うべきであり、それができない獣医師が安易に安楽死を選択して良いということではないし、これ以上、臨床獣医学を発展させる必要がないという意味でもない。獣医学の発展は「安楽死」の選択の容認と絶えず平行して目指されなければならないし、動物の苦痛を見抜くことが出来る獣医師の養成は遅れており、その判断力を持った獣医師の確保が先決であることは言うまでもない。
 さて、人間の場合については私は人のお医者さんではないので患者として考えてみよう。私は「尊厳死」に賛成である。こう言うと、「人の「安楽死」の容認は医療発展努力の放棄である。」と言う人が食いついてくるだろう。しかし、私は上の獣医学について書いたことと同様に、「尊厳死」以外に患者の苦痛を取り除く方法はなく、これ以上の延命は患者のQuality of Lifeを損ねることになると正当に判断できる医者が存在することが大前提であり、また医学の発展を否定するものではない。「尊厳死」の容認により、医学の発展が遅れたり、いたずらに患者を「安楽死」させる医者が出てくるならば、それはもはや人としての医者のモラルに関わってくることだから、そんな人間を生まない医学教育体制や就業後教育の充実が優先課題であろう。私は自分自身が将来、苦痛に悶え苦しむだけならば、「安楽死」をして欲しいと思う。ただし、信頼できる医者に依らなければならない。
 はてさて、最近のお医者様、そんな信頼できる方はどの程度存在するのか?少なくとも、「手術の前には謝礼金を渡した方がベター。」だとか、「手術の前に謝礼金をもらえば、手術に対する意気込みも違う。」などと金で命の取り扱い方を決定するような方には頼みたくありませんな。

********【TB企画】***************
メディカルブログ(http://exhospital.exblog.jp/)
『尊厳死』について
****************************
[PR]
by fussyvet | 2005-01-04 18:54 | こうして社会は回ってる

なぜ保健所から実験施設への動物払い下げがいけないか

 獣医学生からメールをもらった。
「保健所から大学や研究機関への動物の払い下げがどうして禁止されているのかどうしても理解できない。確かに保健所の動物は、実験されるためにいるのではないと福祉的なことを言われてはそれまでだが、払い下げができない分、実験動物として生まれてくる命が増えることは事実だと思う。無駄な死が増えたように思うが、それでも払い下げはよくないと思われるか?ちなみに、わが地域では、生態はもちろん死体まで払い下げ禁止となっている。医学部でさえ、死体の受け渡しはされているのに。」
 どうして保健所からの動物の払い下げがよくないのかについては、その通り、動物の福祉を考えると人道上極めてよろしくないからだ。それまで人に飼育され、信頼してきた動物を、全く異なる環境に置き、実験に用いる。その変化に対するストレスは相当のものである。元々、実験動物として生まれてきた動物はいいのかと問われるだろうが、実験施設で生まれ育った個体は少なくとも実験施設という環境に慣れている点でましだということだ。さまざまな人に扱われることにも比較的慣れている。ところが、もともとある家庭で飼育され、その家族とだけ接してきた犬は環境の変化にも人間の変化にも慣れていない。適応できず、実験動物として生まれてきた個体よりも甚大なストレスを被るのだ。私は自分の学生実習で、保健所から払い下げられた動物を使用していた。どの顔も悲痛そのものであった。人間間にしろ、動物と人間の間にしろ、「信頼を裏切る」ということがこの世で最悪の罪悪の一つではないかと思った。
 もう一つ、払い下げができない分、実験動物として生まれてくる命が増えるということだが、これは間違いである。研究の予算は決まっている。その予算内で動物を購入し、研究も行われなければならない。保健所からの払い下げ動物は実験用に業者が生産した動物に比べて格安である。安ければそれだけ実験に多く使える。他方、業者がきちんと管理して繁殖・使用した実験用動物はコストがかかっているだけにとても高い。例えば輸入ネコに至っては、10万円以上する。二束三文の保健所の払い下げ猫と比べれば約100倍の価格差となろう。きちんとそういった業者から動物を買えば、動物の使用数は限られた頭数となる。そして、何よりも個体を揃えた動物でないと実験データの信頼性は乏しい。払い下げ動物など種々雑多である。データの信頼性も実験用に管理飼育された動物ほど当てにならない。当てにならない実験が行われれば、それだけ実験数も増える。払い下げ動物を実験に使用するなど、きちんとした研究者がもはややることではないのだ。
 何よりも保健所に持ち込まれる動物を減らすこと、実験動物の福祉を考えることは獣医師の責務である。このメールの送り主が良識ある獣医師として成長してくれることを止まない。

※動物の死体の払い下げまで禁止されているのは、動物愛護団体の目を気にしているからです。これは獣医系大学の学生が「倫理的死体の利用」を求めているのに、その実施の弊害となっています。移送時の感染症予防対策は必要ですが、もし死体の払い下げまで反対している団体がいるならば、とても残念です。
[PR]
by fussyvet | 2004-12-11 11:53 | 動物