自殺は心の病なのです

岡田眞澄悲痛 三男自殺していた

 ベテラン俳優・岡田眞澄(68)が前妻の女優・藤田みどり(58)との間にもうけた三男が7月末、自宅庭で首つり自殺(享年26歳)していたことが23日、分かった。

原因「誰にも分からない」
 24日発売の女性誌は三男がプロデュースする舞台に出演予定だった岡田が再婚した26歳年下の夫人との間に生まれた娘の運動会観戦のため出演をやめたのを気に病んでいたと報道。これを受けて岡田が会見して心境を語った。

 演劇関係者によると、三男は舞台製作を手がける大手芸能プロダクションに約3年近く在籍。多くの舞台の製作スタッフの一人としてまじめに働いており、独立したりはしていなかったという。「兄弟3人の中でも一番お父さん子で母親が離婚した後も一番会っていたと聞いている」と話す。

 三男を知るある舞台俳優は「普段から繊細というか、神経が細そうな感じだった。時にどなり声が飛び交う舞台の現場でどこまで耐えられるのかなと心配したこともありました」と明かす。

 会見した岡田は終始苦渋の表情。「いろいろご迷惑をかけて申し訳ありません」と第一声。「役者というのは親の死に目に会えないと言いますが、その逆、子供に先立たれる親の悲しさはない」と言葉を詰まらせた。

 舞台出演を断ったことは「去年の話で解決していること」と報道を否定。「自殺の原因とは全然関係ない。勝手に憶測で書かれるのは迷惑だ。原因は誰にも分からない」と語気を強めた。
(スポーツ報知) - 8月24日8時1分更新


お父さんである岡田さんがおっしゃる通り、人様の死を勝手に憶測で書くなど亡くなった人が気の毒だ。原因は誰にも分からない。でも、一つだけあるとしたら、うつ病という心の病だったのかも知れない。「心の病」と書くとまた偏見があるので私は嫌い。「脳という臓器の疾患」なんだ。酒を飲み過ぎたら肝臓が壊れるように、煙草を吸いすぎたら肺が悪くなるように、甘いものを取りすぎたら膵臓が悪くなるように、脂っこい物を摂りすぎたら循環器系が悪くなるように、物事を繊細に捉える人が頭で考えすぎると脳が悲鳴を上げてダウンする。酒、煙草、甘いもの、脂っこいものは目に見えるし自分で止める事が可能だ。けれど、脳への負荷は目に見えない。見えるとしたら、普段の様子や言動なのだけれど、これに気付いてあげられる人が少ない。スピードと効率を追究してきた社会が心をどこかに置き去りにしてきた弊害が今出ているのだと思う。「脳」も身体の一部なのに、どうしてこの臓器だけ取り残されたのだろう?「病は気から」「人間なせばなる」「我慢・忍耐」…それだけで可能なことばかりではない。それを盾にして、他人に押しつけ続けると、相手が壊れることに多くの人が気付いて欲しい。
[PR]
# by fussyvet | 2004-08-24 09:18 | こうして社会は回ってる

表面には優しく、内では仕事に忠実なナース

「萌える」ナース とは?

学生の時、開腹手術を受けて3週間入院しました。その時、美人で知的で本当に親切で優しい看護婦さんに、同性ながら惚れてしまいました(憧れの意ね)。で、ぶっきらぼうな私が、何とかこの愛情を表現し、ありがとうを伝えたいと思い、お見舞いでもらったお菓子を「あげる。」と言って差し出したところ、「いらない。」と言って邪険に両手を後ろにお回しになりました。ショックでしたが、そこは国立大学の病院ゆえ、患者からの貢ぎ物は一切もらえないとの厳しい掟があったようです。彼女はそれに忠実でした。
退院してから、病院実習が済んだナースの卵の友達に「○○科の○○さんって看護婦さん、知ってる?」って聞いたところ、「ああ、知ってる、知ってるぅ~!!!超厳しくて、うるさくて、やな奴だった。」とのこと。何でも実習に行った時に「これくらいは知っておいてもらわないと困るのよね。」と言われたらしい。私が入院していた天使の顔からは想像ができませんでした。が、少し味方を変えて考えたところ、彼女は職務に忠実だったんじゃないかと思います。入院患者で手術後痛みと歩く事さえままならず、情けない思いをしていた私にとても親切にして励まし、優しい言葉をかけてくれたのも「白衣の天使」として忠実だったからだし、実習生に厳しかったのも、将来人の命を預かる仕事であるから当然のこと。

今でも忘れません。
[PR]
# by fussyvet | 2004-08-23 07:09 | 徒然

たまにはゆっくり

洗濯した。
掃除もした。
礼拝にも行った。
たまには欲張らず、これでよしとしよう。
残りの今日は生きていることに感謝だけして。
[PR]
# by fussyvet | 2004-08-22 12:48 | 徒然

救いの言葉、今日も

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。(聖書、イザヤ書43:4)」

絶望感からどん底にいた私を救ってくれた聖書の御言葉。
以来、いつも落ちかけるたびに今の私は救われている。
治療がうまくいかず、クライエントに申し訳なくて落ち込んでいた昨日。
実験がうまく行かず、これからの展開を考えて不安になっていた昨日。
日曜の礼拝に行かれず、不安げな牧師さんを更に不安にさせてしまった昨日。

クライエントの方から治療についてまだ積極的であることを知らされた今日。
もう一度前向きに実験の予定を組み入れた今日。
日曜の礼拝に行けることになった今日。
やっぱり救われた。
敵は汝の焦りと不安。
なぜいつも神様を信用していられないのか?
だってほら、きちんと神様は働いて下さったじゃないか。

いつも話しかけている。
いつも問いかけている。
「私はこれでいいのでしょうか?」

全ては大きな神の計画のうち。
私はただただそのためだけに働く。
やっぱり神様を離れられない。
愛している。

神様が愛して下さっていたことを知ってから、子供の頃、愛してもらえず、殴られ、殺意さえ抱いた父親をも少し愛せるようになった。
イエスが罪を贖って下さっていたことを知ってから、人にも寛大になった。
まだ、片方の頬を打たれた時、もう片方の頬を差し出す気にはなれないし、嫌がらせばかりしてくる隣人を愛する気にはなれない。
そんな怒りの感情さえ、自分ではなく、神様に一切お委ねします。
全ては神の計画のうちにあり。
[PR]
# by fussyvet | 2004-08-21 16:42 | 神様を愛してる

本当に浄化して欲しい

牛肉偽装事件、浅田被告が起訴事実認め謝罪

 BSE(牛海綿状脳症=狂牛病)対策として国が実施した国産牛肉買い上げ事業を巡る牛肉偽装事件で、詐欺と補助金適正化法違反などの罪に問われた食肉卸大手「ハンナン」元会長・浅田満被告(65)ら12人の初公判が20日、大阪地裁(水島和男裁判長)で開かれた。

 輸入肉など対象外肉434トンを混入させ、計約50億4000万円を詐取、不正受給したとされる浅田被告は起訴事実を認め、「制度を悪用し、申し訳ない」と謝罪した。

 浅田被告以外の11人も、罪状認否で「金銭を不正に取得したことは間違いない」などと認めた。共犯関係にある被告らが起訴事実を認めたことで、公判は比較的短期間で終結する見通しとなった。

 検察側は冒頭陳述で、「浅田被告は大阪府食肉事業協同組合連合会(府肉連)などの業界団体を私物化していた」と指摘した。引き続き午後も、「食肉業界の実力者」とされる浅田被告を中心として事件の構図を明らかにする。

 起訴状などによると、府肉連副会長、全国同和食肉事業協同組合連合会(全同食)専務理事の浅田被告は、ハンナングループ各社の幹部らと共謀し、牛肉買い上げ事業を悪用。2001年11月から02年5月にかけ、対象外の434トンを混入させて全国食肉事業協同組合連合会(全肉連)に買い上げさせるなどし、代金と保管費用計約9億6100万円を詐取、焼却処分費用など40億7900万円を不正受給した。

 今回の事件では26人が起訴され、雪印食品(解散)などこれまでの牛肉偽装事件では最大規模。浅田被告の起訴対象額は同事業全体で交付された助成金の4分の1に上る。

         ◇

 浅田被告らが起訴事実を全面的に認めたことを受け、農水省は20日、対象外の肉による助成金の返還請求手続きを進めることを明らかにした。
(読売新聞) - 8月20日13時45分更新


返還は勿論、事件の構図を一切明らかにして欲しい。
このBSE騒動では同業者であった獣医師が自殺している。本当に困っていた酪農家もいる。そんな者達の片側で、ここぞとばかりに金を貪る輩がいたわけで、真面目にやっていたものが救われない。そんな馬鹿なこと…。
[PR]
# by fussyvet | 2004-08-20 16:08 | こうして社会は回ってる

アホくさ

<牛肉偽装>大阪府肉連を補助金窓口から外す 農水省

 BSE(牛海綿状脳症)対策の国産牛肉買い上げ事業を巡る牛肉偽装事件で、農水省が大阪府食肉事業協同組合連合会(府肉連)を新規補助金事業の窓口から外していたことが分かった。同省食肉鶏卵課は「補助金の不正受給事件を起こした組織が、別の補助金事業の窓口になるのは適切ではないと判断した」と説明している。
(毎日新聞) - 8月19日3時3分更新


そんなの当たり前でしょう。何を今頃対処しているのでしょうか?圧力を恐れてのことでしょうか?
今の行政は有力業界の圧力で動かされています。その仕組みがなくならない限り、国民の血税の不公平使用はなくなりません。
ちなみに、当該事件で不正受給された助成金は40億円とも65億円とも言われており、過去最高額です。そんな事件なのに、テレビニュースはどれだけこのニュースを扱ったのでしょうね?私はテレビをもう見ないので知りませんが。
もう一つ。上の助成金詐欺を行っていた団体の正式名称はどっちが本当なんでしょうか?初期の報道では「大阪府同和食肉事業協同組合連合会」であったのが、最近では「大阪府食肉事業協同組合連合会」となっています。改称したのでしょうか、あるいは報道が正式名称を間違えたのでしょうか?なぞですね。
[PR]
# by fussyvet | 2004-08-19 13:19 | こうして社会は回ってる

大学出の給料

臨時職員で6時間労働の彼女。工学部出身。
今月いっぱいで別の人が転職のため退職する。その話から仕事の愚痴になった。
彼女、
「そりゃ、こんな安い給料じゃ、やっとれんって感じですよね。」
「いくら、もらってるの?20万くらい?」
「とんでもない!その半分ですよ。しかもボーナスなし。」
びっくりした。まあ、6時間労働の臨時職員だし、といろいろ思い直してはみたものの、彼女が残業を押しつけられることは多々あるのを知っている。土日にはアルバイトをしているとも言っていた。
先日聞いた、40歳の女性牧師の給料が月13万。大卒の彼女は今それと同等かそれ以下しかもらっていない。当然転職も考えていると言うが、この不況で不安も抱えている。

四大出てもそれじゃあ、誰も頑張って勉強して大学出ようとは思わなくなるだろう。
頑張って、頑張って…その先にあるものが夢でなければ、皆頑張らなくなる。共産圏の失敗の原理と似ている。
人が言う「頑張れ。」という励ましの言葉、昔から無責任で大嫌いだった。だから、私は人に「頑張れ。」とは言わない。「ぼちぼちやっていこうね。」と言う。
人のためには頑張らない。将来を期待しても頑張らない。今、頑張れるとしたら、本当に人の役に立っているという実感を得られる瞬間を得るためと、神様のためだけだ。
[PR]
# by fussyvet | 2004-08-19 09:13 | こうして社会は回ってる

目眩が…

人身売買:
南アフリカの闇/1 震える2人の少女
 ◇「ミスコン」にだまされ

 意味ありげな笑みを浮かべる初老の女に促され、ドアを開けた。外から見たところ、アパルトヘイト(人種隔離)の時代に建てられた何の変哲もない黒人用の住宅。だが、薄暗い明かりの下には水色のベッドが置かれ、ミニスカート姿の少女2人が横たわっていた。

 「何歳? 出身は」「16歳。スワジランドです」「君は」「15歳。ケニア」。精いっぱいの笑顔。だが、ほおはひきつり、体が小刻みに震えている。2人はそれ以上は答えず、カメラを向けるとケニア人の少女が慌てて顔を隠した。

 南アフリカの旧黒人居住区ソウェト。週末になると、高級車に乗った黒人紳士たちが、こうした「住宅」に群がる。「みんな若い娘が好きだから商売は順調。あんたも仕事なんかやめてセックスしたらどうだ」。外へ出ると、「キン」と名乗る黒人の男がにやにやしながら立っていた。

 キンはアフリカ各地の少女を南アに「輸入」する組織のボスだ。「今の2人は美人だろ。ミスコンテストで捕まえたからな」。キンは少女を「輸入」した手口をぼそぼそとしゃべった。ミスコンを主催し、入賞者に「南アでの芸能デビュー」をもちかける。渡航手続き一切を代行。親に教える連絡先は全部でたらめ。少女が南ア入りしたら最後。売春宿へ売り飛ばし、逃亡を防ぐために旅券を取り上げ、売春の稼ぎを全額巻き上げる。

 「悪いやつめ」。取材に同行した助手のニャオさんが怒りに声を震わせると、キンは拳銃をちらつかせながら我々をせせら笑った。「おれは捕まらない。証拠を見せてやる」。17日後、再びキンと接触した我々は、その言葉がうそでないことを知り、がくぜんとした。

    ◆   ◆

 国連がアフリカの人身売買の拠点として深い懸念を示す南ア。子供たちを食いものにする卑劣な犯罪の実態を追った。【ヨハネスブルク白戸圭一、写真も】=つづく

毎日新聞 2004年8月16日 東京夕刊


知らなければ、知らないで済んでいってしまう。知らない方が幸せな世界。
でも、聞いてしまったり見てしまったりした闇の世界を気にせず生きることができない。「不幸に酔う」マゾなんだろうか?いや、違う。「もしも私だったら…。私の家族だったら…。」と想像すると、忘れられなくなるのだ。
弱者を食い物にする話にはいつも「金」とそれを仕切る「強者」「権力者」が関わる。不等号なしでは、構築し得ない構図。人間である限り、なくならないのだろうか?それでも何とか抵抗せずにはいられなくなる。一人一人が間接的な加害者にならないよう気を付ければ…、日常の楽しさの中で少しずつそんな心の余裕をお裾分けしてくれれば…。

これは遠い南アフリカの例。でも、同じ事はすぐ近くでも起こっている。
[PR]
# by fussyvet | 2004-08-18 00:49 | 世界の話

神様を愛してる

ずっと書こう書こうと思っていたのに、なぜか一番私にとって大切なものを後回しにしてしまった。それだけ軽々しく書けなかったということでもある。
バブテスマを受けて早2ヶ月余り。2ヶ月が速いとも遅いとも言われぬ速さで過ぎていった。その間、私の内面は止まることなく変化している。2ヶ月前の自分と今の自分では、良くも悪くも異なっていると自覚している。
父の精子と母の卵子が天文学的な数字の確立で出会って私と妹が生まれた。身体ができたのは、生物学的な偶然。けれど、”私”というものができたのは、神様が作った必然によると思っている。そうでなければ、”私”が”私”であるわけがないし、”妹”も”妹”であるわけがない。真ん中の”妹”が生まれたのも死んでしまったのも、偶然ではなく、神様の計画の一環だった。
単なる生物学的な”偶然”で私が生まれたのなら、私はあの時、本当に死んでしまってもよかったはずだ。そんな偶然でしかない命なら、こんなに苦しんでまで生きている意味はなかったのだから…。でも、私は生かされた。「どうして、生きているのか?どうして、こんな辛い思いまでして生きていかなければならないのか?」その答えは聖書を通して神様が教えてくれた。
それまで私は「生きている」のだと思った。自分自身の力で生きているのだから、努力して生きていかなければならないし、その努力は必ず実るはず、人間やってできぬことはない。…傲慢だった。
私は「生きている」のではない。「生かされている」のだ。だから、自分で自分の命を決めるような真似は、神様が本当に「来い。」と言うまではしてはいけない。神が作ったこの命、とてつもなく小さく弱い力だけれども、それでも何か役に立つことができるはず。誰に褒められなくても…。生きている実感が与えられるその瞬間を得るために、今の私はコツコツ生きている。蟻にだって、生きている意味はあるのだ。
まだ、死ねない。明日も生きる。とりあえず、明日。。。

罪の贖いについてはまた今度。
焦燥感でどこかに落として気がちな心を毎日また何かに感謝することで取り戻していこうと思う。
[PR]
# by fussyvet | 2004-08-17 22:53 | 神様を愛してる

失敗を許さない日本の典型的な悪例

少年時に非行 「退職を」 大分県警、男性巡査に迫る 人事委に訴え

 少年時の非行を理由に大分県警を退職するよう求められたとして、同県警に今春採用された男性巡査(29)が十六日、同県人事委員会に不利益な扱いをしない措置を求める要求書を提出した。同委員会は今後、要求書を受理するかどうか審理する。

 巡査は今年四月に採用され、現在、警察学校に在籍している。同県内に住んでいた未成年のときに、窃盗事件などで警察に取り調べを受けたことがあるが、その際接した警察官から「親身に相談に乗ってもらった」ことで更生し、警察官を志したという。

 関係者によると、男性は大学卒業後に別の県警に採用され、数年間勤務した後、今春、帰郷して大分県警に採用された。ところが、その後、警察学校側から「少年時代に非行が認められたので、辞めないといけない」などといわれ、男性が断ったところ「警官を続けても刑事にはなれない」などと、繰り返し辞めるよう求められたという。

 措置要求書などで、男性は「教官が口もきいてくれず、精神的にきつかった。今後同じようなことが起こらないよう改善を求めたい」と訴えている。同県警は「要求書の内容を見ていないのでコメントできない」(警務部)としている。(西日本新聞)
[8月17日10時1分更新]


「失敗をバネに」とか「失敗から学ぶ」とか言いながら、過去を絶対に許さないこの国の社会の典型例かと思ってしまいました。一度、挫折した者、はみ出した者は一生許されないのだろうか?
「義人なし、一人だになし。」
誰が間違いを犯さない者だと言うのか?
[PR]
# by fussyvet | 2004-08-17 12:10 | こうして社会は回ってる