<   2009年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ガザ停戦-雑感

 イスラエルによる今回のガザ攻撃は私がちょうどクリスマスの楽しさに浸っている頃に起き、年明けて3人の幼い子供たちが亡くなって横たわっている写真からいてもたってもいられなくなり、赤ん坊や幼い子供が狙撃された傷口を見たときはもうイスラエルに対する怒りが頂点に達して、とにかくこれを多くの人に見てもらわなければと思い、英語のブログにも載せたりしていた。そしたら、アメリカの愛国主義の人たちとかシオニストと思しき人とかが集まってきて”炎上”してしまったのだけれど、その中に面白いことを言うユダヤ系アイルランド人がいて、その人とコメントのやりとりを延々とした。彼曰く、これらの映像等は皆ハマスよりの人、ナチス、あるいは反ユダヤ主義の人やメディアから出たものだと。それで、彼の言うところの中立な動画を教えてもらった。
 そこには結婚式で歌を歌ったという理由だけで自国パレスチナの出席者を銃撃(新郎は殴り殺された)するハマス、ハマスの人間を乗せて逃げ去る国連の救急車、さらにはハマスが学校にしかけた爆弾のトラップ等が出てきて確かにハマスが恐怖の政党であると思わせられた。私が見た子供たちの死体もハマスが撃ってイスラエルが殺したように見せたのかも知れない。ハマスがこの数年で何百民もの自国民を殺しているし、ダルフールやスリランカではもっと大勢の人が犠牲になっているのに、それをメディアは今回のイスラエルの攻撃ほど気にしていなかったのに、イスラエルが攻撃を仕掛けた途端にイスラエルを糾弾する、と。確かに日経新聞の国際欄では今回のガザ攻撃の記事はこれまでのダルフール紛争の記事よりも圧倒的に大きく取り上げられていた。まあ、経済新聞だから、経済が大きく動くことしか取り上げないんですが。
 どこの宗教、国にも原理主義が存在していて、だからどちらが良いとか一概には言えない。
 どんどん情報を集めていくうちに、これ以上は抜け出られなくなりそうなほどの深みにはまる。どちらが正当なことを言っているのか一概に言えない。ただ確かなことはガザで多くの子供たちが無残な死に方をし、手足を失い、それを嘆き悲しむ家族がいること。遠くに住む人間ができることはやはり祈ることしかない。
[PR]
by fussyvet | 2009-01-19 22:08 | 世界の話

ガザの人々のために祈るユダヤ人もいること

 連日、イスラエルにより犠牲になった子供たち、それを嘆き悲しむ親たち、そして今もガザに閉じ込められながらブログに恐怖をつづる人たちを見、声を聞いているとイスラエルに対する怒りがふつふつと湧いてきて、どうしようもなくなる。このブログを読んでくださっている人もそうかなと思い、こういう人もいることを伝えておかなくてはと思った。

ナチスによるホロコーストの生存者の二世でアメリカ在住のユダヤ人で母親でもあり、ハーバード大学中東研究所のDr. Sara Royの悲しみ

 それから、イスラエル(シオニスト)に反対するユダヤ人のrabbi(ラビ:ユダヤ教の先生、律法学者、指導者)がいることも(英語)。


True Torah: Jews against Zionism
シオニズムに反対するユダヤ人のサイト
※シオニズム:とりあえずはWikiipedia見てみる?

ガザ地区空爆に反対する署名にご協力を

ガザの様子、パレスチナ情勢についての国内集会等がわかるブログ
「薔薇、または陽だまりの猫」
[PR]
by fussyvet | 2009-01-14 11:55 | 世界の話

イスラエル、非人道的兵器使用か?

イスラエル:ガザ侵攻 白リン弾使用か 国際法違反疑い--人権団体指摘

 【エルサレム高橋宗男】国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)は10日、イスラエル軍がパレスチナ自治区ガザ地区侵攻で、「非人道性」が指摘されている「白リン弾」を使用している可能性が高いと指摘した。

 HRWは、世界で最も人口密度が高い地域の一つであるガザ地区での白リン弾使用は、国際法に違反する可能性があるとし、イスラエル軍に同弾の使用停止を求めている。

 HRWの専門家らは9、10の両日、イスラエル側のガザ境界から、ガザ市やジャバリヤ難民キャンプ方面で砲弾が空中さく裂し、白煙を吐く多数の物体が落下する様子を確認。さらにメディアの映像などから、これらが白リン弾である可能性が濃厚と判断した。

 白リン弾は国際条約で明示的に禁止された兵器ではなく、化学兵器ともみなされていない。だが、皮膚に触れると骨を溶かすほど激しく燃焼し続け、人体に深刻な被害をもたらすのが特徴だ。第二次大戦の空爆などにも使用され、消火が難しいことからその非人道性が指摘された。

 現在は主に、発煙弾として使われているが、その使用の是非を巡って論争があり、元英軍少佐の軍事専門家、チャールズ・ヘイマン氏は英タイムズ紙(5日付)に「故意に市街地に投下すれば、国際刑事裁判所行きだ」と指摘している。

 HRWは、白リン弾を焼夷(しょうい)弾と位置付け、人口密集地にある軍事目標や、民間人を焼夷兵器で攻撃することを禁じた「特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)第3議定書」に違反する疑いがあるとした。

 さらに、市民被害最小化の予防措置をとるべきだとする国際人道法の義務に反する、と強調している。

 イスラエル軍は06年夏の第2次レバノン戦争での白リン弾使用を認めている。今回の侵攻に関しては毎日新聞に対し、「白リン弾は使用していない。使用した兵器の種類については答えられない」とコメントしている。

 米軍も04年11月にイラク中部のファルージャ攻撃で同弾を使用、多数の市民に被害が出た。イスラエル、米国ともCCW第3議定書を批准していない。

==============

 ■ことば

 ◇白リン弾
 空気と反応して発火、発煙する兵器。ざんごうの敵兵をいぶり出したり、対戦車砲に対する煙幕として有効とされる。消火が極めて困難なことや、人体への被害が大きいことから「人間を焼き尽くす兵器」とも言われる。

毎日新聞 2009年1月12日 東京朝刊





ガザ地区空爆に反対する署名にご協力を

ガザの様子、パレスチナ情勢についての国内集会等がわかるブログ
「薔薇、または陽だまりの猫」
[PR]
by fussyvet | 2009-01-13 09:45 | 世界の話

ガザの事態をコメディーに

<戦争がゲームか!?・・イスラエルのコメディショウ、物議となる>
柴野貞夫時事問題研究会HPより
[PR]
by fussyvet | 2009-01-11 14:51 | 世界の話

最も悲しい映像

 以下の動画はガザで働くノルウェー人医師のインタビューをバックに展開されている映像です。医師は子供の被害について、多くの四肢切断術を行っていること等を語っているのですが、2:17(2分17秒)以降、息子と同じくらいの子供(たぶん、死んでいる)を抱いて病院に入ってくる男性、その後、息子と同じくらいの子供の遺体に口づけする父親と思しき男性の映像は最悪に悲しい映像の一つです。子供の遺体に口づけをしなくてはならない状況を生み出したのは誰なのか。



 国連や赤十字もイスラエルを非難していますが、状況は変わらず。

ガザ地区空爆に反対する署名にご協力を

ガザの様子、パレスチナ情勢についての国内集会等がわかるブログ
「薔薇、または陽だまりの猫」
[PR]
by fussyvet | 2009-01-10 22:31 | 世界の話

Olmert, Livni, Barak, The Murderers.

 以下で大量の写真が見られます。赤ん坊、幼い子供の写真がいっぱい。

ガザの写真のスライドショー

 以下の動画の2:05(2分5秒)以降に赤ん坊を含む子供たちを殺された父親と思しき人が叫ぶ言葉は「子供たちはスナイパーに殺された。バラク(イスラエル国防相)にこの子が何をした?彼は選挙のためにしたのか?これが彼の子供たちの扱い方か?」です。胸が痛くて見ていられません。スナイパーは”誤って”この赤ん坊の頭を撃ち、その男の子の胸を2か所も撃ったのか?明らかに狙っただろう(このスナイパーはハマスかも知れないけど)。


 以下にガザの子供を持つ女性の絶望に満ちた手紙が和訳されています。
ガザからの手紙(18)
人道支援のために設けられた3時間の停戦時間も数分で破られてしまった。

ガザ地区空爆に反対する署名にご協力を

ガザの様子、パレスチナ情勢についての国内集会等がわかるブログ
「薔薇、または陽だまりの猫」
[PR]
by fussyvet | 2009-01-09 06:02 | 世界の話

ガザの様子がわかる日本語ブログのご紹介

 ガザの様子、パレスチナ情勢について分かる国内集会等、多くの情報を流していらっしゃるブログです。ぜひ、お使いのブラウザの「お気に入り」やRSSリーダー等に登録してチェックしてみて下さい。

「薔薇、または陽だまりの猫」


 こちらも引き続きよろしくお願いします。
ガザ地区空爆に反対する署名にご協力を

イスラエル支援企業
[PR]
by fussyvet | 2009-01-08 09:56 | 世界の話

ガザ封鎖解除を求めるオンライン署名

 アムネスティを含む4団体が中心となって、ガザ封鎖の解除を求める署名を呼びかけているのでご紹介します。

「閉じ込めないで!」ガザからの叫び

 署名は簡単で、匿名にする事もできるそうです。上記のアムネスティサイトで趣旨を御確認の上、賛同される方は署名お願いします。

*******
呼びかけ:
社団法人 アムネスティ・インターナショナル日本
特定非営利活動法人 パレスチナ子どものキャンペーン
ピースボート
ユナイテッドピープル株式会社
特定非営利活動法人 アーユス仏教国際協力ネットワーク
市民外交センター
日本聖公会東京教区 「エルサレム教区協働委員会」
日本YWCA
パレスチナの子供の里親運動
日本キリスト教協議会

賛同:
特定非営利活動法人 シェア=国際保健協力市民の会
『1コマ』サポーターズ
特定非営利活動法人 地域国際活動研究センター
日本パレスチナ医療協会
生物多様性フォーラム
アジア女性資料センター

企画者: NPO法人パレスチナ子どものキャンペーン
提出先: 日本国政府
開始日: 2008年12月01日 締め切り: 2009年2月28日

私たちは日本政府に対して,2007年以来継続し人道危機を引き起こしているガザ地区の完全封鎖に抗議し,封鎖を解除して食料・燃料などの生活物資の搬入を許可することをイスラエル政府に強く要求することを要請します。
*******


 こちらも引き続きよろしくお願いします。
ガザ地区空爆に反対する署名にご協力を

イスラエル支援企業
[PR]
by fussyvet | 2009-01-07 13:11 | 世界の話

「本日のイスラエルの標的:家族」

ガザより世界へ

 彼らがこんな目にあうなんて、どんな悪いことをしたというのか?

a0015636_13502344.jpg


January 5, 2009.

Picture taken by a mobile phone. Sent by Prof. Said Abdelwahed, Gaza, Palestine
[PR]
by fussyvet | 2009-01-06 13:50 | 世界の話

イスラエルがしていること

 イスラエルは年末からパレスチナに攻撃を続けている。女子供も容赦なし。「人道的な危機はない」とイスラエルは発表しているが、当地へジャーナリストを入れず、「ハマスが民間人の居住地の地下にトンネルを掘り、そこをイスラエルが攻撃したとしても、責任はハマスにある。」とのうのうと女スポークスマンにしゃべらせ続けるばかりでなく、クラスター爆弾さえ使っている。


 学校や子供が集っている箇所にも攻撃。これまでにも子供を至近距離から狙うなど、まるでパレスチナ人を根絶やしにし、生き残った者を悲しみのどん底に沈めるためにだけやっているとしか思えない(2008年3月の攻撃について)。ユダヤはナチスによってジェノサイドを被ったにも関わらず、ナチスと同じことを今度は自分たちがパレスチナ人に行っている。
 最悪なのはイスラエルにはアメリカがついていて、イスラエルに対する国連の制裁措置も常任理事国の拒否権を利用してアメリカがことごとくつぶしているのだけれど、それを日本のマスコミは報道していない。いっそのこと日本はアメリカの”州”にでもなればいい。国単位で機能しないのであれば、もう一般人による世論の高まりしか当てにならない。

マスコミが伝えきれないガザで実際に起こっていること

ガザ地区空爆に反対する署名にご協力を

イスラエル支援企業

多くの子供が傷つき、殺されている…


a0015636_045886.jpg

a0015636_052868.jpg

a0015636_061968.jpg

a0015636_065168.jpg

その他の写真

 過去に迫害を受けたものが同じことを他の者に繰り返し続けるのであれば、この世は最悪だ。

※これらが全てハマスによるイスラエルを悪者にしたてる故意の報道であり、ハマスは自国民をこの数年間に何百人も虐殺していると指摘する声もあることを追加しておきます。('09.1.15)
[PR]
by fussyvet | 2009-01-05 23:21 | 世界の話