<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

動物実験計画書の内容は守られているか?

 私が所属しているのは厚生労働省の研究機関だ。9カ月間に新規採用で続いているのは私を入れて2名、円満退職者1名、残りの5名は”非”円満退職者だ。日雇いやら派遣労働やら労働者の待遇改善が叫ばれている今日、当の厚生労働省の管轄機関ですら”灯台下暗し”なのかびっくりである。こういうことに興味のある議員に訴えれば一発だろう。人間に対する処遇がこのざまななのに、動物に対する処遇など想像できるだろう。
 医者である上司は獣医師である私のスキルを”安く”使う。言葉では持ち上げられるけれど、待遇は下にも書いたとおり冷たいものだ。まあ、それでも同じ地域にパートで実験をさせてくれるところなどそうそうないし、我慢している。が、動物に対する扱いについては我慢できない。小さな抵抗もさせてもらうこともある。
 うちの上司には動物実験計画書の意義であるとか、動物の福祉であるとかいう考え方は一切ない。実験後マウスへ鎮痛剤を投与することが科学雑誌の論文審査に重要視されてきていることを知らなかったこと、「とりあえずやってみよう。」という言動、そして私の”使い方”などから推察できる。とにかくデータを出さなければいけない立場はわかるが、これで動物実験をしてはいかんだろう。

 HS財団が第三者認証機関を発足させようとしているが、アニマルライツ*に”狙われている”と聞いた。何がどう狙われているのか知らないが、私は徹底的にやればいいと思う。日本の動物実験はほとんどが無法地帯だ。もちろん、叩く側にそれなりの礼儀とブレインが必要だが(感情論、勢いだけではお話にならないし、動物の福祉を後退させるぞ)、何か起こらないとこの国の研究者は変わらない。目の前のことにとらわれざるを得ない現状と弱い者への配慮のなさが残念ながらそうさせている。
 イギリス2007年内務省のレポートによれば2007年マウスの実験は増加傾向に、霊長類の実験は減少傾向にあるという。霊長類の実験利用は各種動物愛護団体から批判が高まっているため、どんどん使用しにくくなっている。スイスでは霊長類への実験を停止する地裁判決(まだ係争中)が出ている。叩かれなければ減らないのが残念だが、研究者の倫理観が現状である限りいた仕方あるまい。

*”動物の権利”を大前面に押し出した過激な動物愛護活動家・団体
[PR]
by fussyvet | 2008-07-31 16:27 | 動物

我が身を哀れに思わずにはいられない哀れ

 学生時代の飲み仲間(男性)で、最も近しい友人の一人であったヤツが、昨年母校の教授になり、さらには今年その大学の目玉機関の副センター長にまでなっていることに最近気がついた。確かに大胆不敵でいろいろな意味で頭もよくユニークなヤツだったから、その器にはぴったりだと思うし、素直に「すげえや。」と旧友としては自慢に思う。が、同時にどうしようもない”痛み”にのたうち回らなければいけない今の自分の状況が本当に哀れだ。
 ヤツと比べてこっちは時給1,100円でパートタイムで実験を行っている身だ。子供が熱を出せば、何をおいてでも休まなければならないし、勤務時間内であれば保育園から呼び出しを喰らい、息子の心配をしつつ実験をどうするかで頭を悩ませる。喘息持ちの子供ゆえ、夫の扶養内で働いた方が安全である。どんなに「フルタイムの研究員にならないか?」とありがたい話をもらっても、いつ子供の体調が悪くなって休まねばならないかわからないことを考えたら、受けることを躊躇してしまう。そんなこんなで臆病になってしまっているのに、これから仕事でキャリアを伸ばすことなんて考えられない。ましてやどっかの教授なんてあり得ない。
 どうして同じように飲んでいた仲間とここまで違ってしまったんだろう?ヤツは男で私は女だ。ヤツにない子供が私にはある。が、男であるヤツはこれから仕事もそのままに子供を持つことも可能だ。いやいや、人生の良し悪しは物事の有無では測れないはずだ。そうだ、そんなことは頭でわかっている。
 それでも感情が許さないのだ。どんなに自分を慰め、励まし、考え方を変えようとしたところで悔しさを抑えられない。ヤツは最近テレビにも出演している。幸いテレビをあまり見ない私はまだ見たことがないが、これからメディアの露出も増えてくるだろう。そして偶然私はヤツと対面するのだ。”華”と”影”として一方向性に。その時、私はテレビを壊さなければいいが…。
 冗談はさておき、あまりの感情の高ぶりを抑えるため、緒方貞子さんが高齢出産で40代から本格的なキャリアを積んだ話や他の女性のいきざまを探してみた。男と女の人生は違って当たり前のはずだ。今の私にぴったりの見本はいないのか?だが、緒方さんにしたって名家の出で、子育てがひと段落した時に戻る場所は確保されていたはずだろう。育ちの悪い私などとは所詮ベースの境遇が違う。以前、感性が似ていると言われた田口ランディさんのブログを覗いた。ああ、似ている。年も近いし、家族の悩みなど苦労話も安心する。いや、待てよ。彼女は既に売れっ子作家だ。名前の売れ方が違う。ネットで探していても、出てくるのは著名人ばかり。全て比べて結局は落胆する、同じことの繰り返しだ。「いやいや日本は紛争もなく平和なんだから、安心して子供を育てられることに感謝すべきだ。」などと良い子にもなってみるが、そんな嘘は持続するわけがない。
 再びどん底まで落ちそうである。外界に通じる全てのスイッチを消して引き籠りたい気分だ。出産後、腰痛を抱え、体が疲れやすく、体調が最悪の状態が続いているのもこの最悪の気分に拍車をかけている。それに最近幼馴染の男友達が頻繁に夢に出てくる。なんて欲求不満な。夫への不満は既に男女関係を打ち消してしまっている。

 飲み仲間だったヤツと私、どこでどうしてこんなに違ってしまったのか。せめて子供は持ってくれるな、過激なアニマルライツに叩かれて苦労しろ、などと浅ましい呪いすらかけてしまう。
 どうして開業しないのか、とか、○○さんならもっといいところがあるでしょう、とか、何も知らない親切な人たちは言ってくれる。開業は資金と経験がなければできないし、この年で幼児を抱えた女をすんなり雇ってくれる研究所などそうそうあるわけない。しばらくはうつうつとしたまま、旧友の境遇を羨んで身もだえし、悔しさで枕を涙で濡らし、夫に不満を爆発させ、全てを諦めたと自分を達観させ、息子の可愛さだけに救われつつ、癖のあるボスの下で安月給でいいように利用されるしかないのだろう。…そうか?なんて悲しい人生。「ああ、そんな時期もあった。」と死ぬ前に懐かしく思い出せるようになっていますように。
[PR]
by fussyvet | 2008-07-27 15:40 | 徒然

子ども救援キャンペーン30年:家路を探して 中央アフリカ・スーダン報告/3

 5歳の子供に起きた経験とその後の決断としては重すぎるし、それしか考えられないし、選択肢もなかった…。彼の人生を誰も非難できない。私たちができることは、とにかく関心を持って、どうしたら紛争が起きるのか、どうしたら防げるのか考えてできることをしていくことくらいだと思うし、それが何よりも大切じゃないかと思います。

子ども救援キャンペーン30年:家路を探して 中央アフリカ・スーダン報告/3
 ◇逃げ遅れた両親、目前で殺され--心凍った16歳元少年兵
 「両親を殺されたんだぞ」。少年は激しい形相で記者をにらみつけた。約20年間に及ぶ南北内戦が終結したアフリカ大陸北東部のスーダン。内戦では多くの子供も少年兵として参加。国連児童基金によると、これまでに約1万2000人の少年兵が武装解除された。だが、今も多くの子供が複数の武装勢力に加わっているとされ、武装解除後も社会に溶け込めず、孤立するケースも多い。

 南部で暮らすトーマス君(16)=仮名。97年のある朝、当時の北部政府軍が村を襲った。銃声で目が覚め、4歳年上の兄と一緒に家の裏に飛び出そうとした。その瞬間、逃げ遅れた両親が目の前で射殺された。5歳の少年にはあまりに残酷な光景だった。

 兄に手を引かれるまま近くの森の中へ逃げた。野生の果物を食べて飢えをしのぎ、約1週間後、兄と一緒に南部の反政府勢力に加わった。復讐(ふくしゅう)したいと思ったし、ほかに選択肢はなかった。

 拠点では、兵士の食事の世話などをしたが、2年後、上官に「君は小さすぎて重い銃は持てない」と言われ除隊。今は小学6年として勉強をしているが、卒業したら南部の軍隊に戻るという。理由を尋ねると、静かに話していた彼が目を見開いて怒った。「お父さんもお母さんも殺されたんだぞ」。それ以上は聞けなかった。どんなに明るい未来がこの国を待っていたとしても、彼の心は冷たく凍り付いたままであることを知ったからだ。

 すぐ隣にいた先生のモグスさん(25)も元少年兵。父親を病気で亡くし、生活のために反政府勢力に加わった。そして今「同じ境遇の子供たちを救いたい」とわずかな給料で先生になっている。「トラウマから、戦争の話題になるとパニックになる子供もいる」。銃を取りたいと話すトーマス君を見ながら「教え子がそうなってほしいわけはない。けれど……」と寂しそうに話した。【スーダン南部で隅俊之】=つづく



 シリーズで1,2もありまし、今後も続くようです。そちらも読んでみて下さいね。


☆ダルフールの惨状が映像でわかります。
2005年7月9日放送NHKスペシャル「アフリカゼロ年 第1回 ジェノサイドを止めるのは誰か」 by ニコニコ動画(要登録)

☆ダルフール紛争で惨殺されている子供たちを救うための各種署名にご協力下さい。
Globe for Darfur
国連日本代表部への嘆願書送信について
Petition the International Olympic Committee

☆駐日スーダン大使館へダルフール紛争解決に向けた要望を送る1クリックアクションにご協力下さい。
アムネスティ

☆ダルフール紛争に関する募金サイト
国連難民高等弁務官事務所(こちらは資金不足が深刻で、ダルフールが援助縮小の危機にあるそうです(参考))
日本ユニセフ
国境なき医師団
オックスファム・ジャパンのスーダン緊急支援
[PR]
by fussyvet | 2008-07-20 15:54 | 世界の話

China 'is fuelling war in Darfur'

2008/7/14BBC 中国「がダルフールの戦争を煽る」+ビデオ
[PR]
by fussyvet | 2008-07-14 22:04 | 世界の話

スーダンのジェノサイドをいまだ助ける中国

 まずはまたミア・ファローのブログの和訳(by fussyvet)です。

July 11, 2008
2008年7月11日

CHINA, Sudan's Enabler and defender
スーダンの協力者かつ擁護者である中国という国

The International Criminal Court is on the verge of issuing an arrest warrant for Sudanese President Omar el-Bashir for crimes against humanity. At this very moment, China is preparing to introduce a United Nations resolution to suspend the jurisdiction of the ICC over Sudan. The Chinese backed resolution proposes stripping the ICC of its power to investigate or prosecute Sudanese authorities for 12 months. Under Article 16 of the Rome statute the UN Security Council has that authority, renewable at 6 month intervals. If the UN Security Council invokes such a suspension they will be held accountable by the people of the world. I think the resolution will be vetoed, hopefully by the US, almost certainly by the UK and France who have been clear supporters on the ICC. It will be an interesting time to see the P5 (US, UK, France, Russia and China) forced to put their cards on the table. Who will they stand for? The perpetrators or the victims?

国際刑事裁判所(ICC)はスーダン大統領オマール・アル・バシルを人道に対する罪により逮捕状を発行しようとしている。そのさなか、中国はICCのスーダンに対する司法権を凍結する国連決議案を提出する手続きを進めている。中国が提出する決議案はスーダン政府当局を捜査・起訴するICCの権限を12ヶ月間はく奪するものである。ローマ規定第16条により国連安全保障理事会にはその権限があり、半年ごとに更新できる。安保理がその凍結を行えば、安保理には世界中の人々に説明する責任が生じるだろう。私は願わくばアメリカ、そしてICC支持であることが明らかなイギリスとフランスによってほぼ確実にその決議案に対して拒否権を発動されると考えている。P5(アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、中国)が手の内を見せることを迫られるのを目にする興味深い機会となるだろう。どちらの味方なのか?加害者側か被害者か?

This move by Beijing further casts China in the role of Sudan's enabler and defender, and secures their position as the second most culpable nation in the world.

北京によるこの動きは中国をスーダンの協力者かつ擁護者の役につけ、世界で二番目に罪のある地位を確固としたものにする。

*****和訳ここまで

 ICCがついにスーダン大統領をジェノサイドの責任者として逮捕しようと動きましたが、スーダンの石油利権の最大手である中国はスーダンを守ろうとします。いろいろもっともらしい理由をこれまでもつけてきましたが、すべては自分たちの利権を守るためです。ダルフールのジェノサイドで子供たちを殺し傷つけている武器はほとんどが中国製です。恥を知るべきだ。


☆ダルフールの惨状が映像でわかります。
2005年7月9日放送NHKスペシャル「アフリカゼロ年 第1回 ジェノサイドを止めるのは誰か」 by ニコニコ動画(要登録)

☆ダルフール紛争で惨殺されている子供たちを救うための各種署名にご協力下さい。
Globe for Darfur
国連日本代表部への嘆願書送信について
Petition the International Olympic Committee

☆駐日スーダン大使館へダルフール紛争解決に向けた要望を送る1クリックアクションにご協力下さい。
アムネスティ

☆ダルフール紛争に関する募金サイト
国連難民高等弁務官事務所(こちらは資金不足が深刻で、ダルフールが援助縮小の危機にあるそうです(参考))
日本ユニセフ
国境なき医師団
オックスファム・ジャパンのスーダン緊急支援
[PR]
by fussyvet | 2008-07-12 10:18 | 世界の話

Fur-Free List

 HSUS毛皮を使わないデザイナーと小売業者のリストを掲示しています。参考までに。
[PR]
by fussyvet | 2008-07-11 22:59 | 動物