<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2008年6月17日国連安保理非公式協議におけるミア・ファローの発言

 ミア・ファローのブログに6月17日付けで掲載された記事の翻訳(by fussyvet)を掲載します。前記事に出てきたスーダンの国連大使に程度の低い罵倒を言わせしめた国連安保理の非公式協議内でのミア・ファローのダルフール紛争についての発言です。私は彼女のこの言葉に全面的に賛成です。


ココから********

My statement to UN Security Council -June 17
I would like to thank the US Mission and Security Council President Ambassador Khalilzad, U.S. Special Envoy Williamson and the members of the Council for inviting me here today and for holding this meeting.

6月17日国連安保理における陳述
最初にハリルザド米国連大使、ウィリアムソン特使および安保理の皆様に対し、私を今日ここへお招きいただいたことと本日の会議を開催してくださったことについて感謝いたします。

I know you have all just returned from the Darfur region, and I have no doubt that you are deeply affected by the suffering you have witnessed. I too, am just back from my ninth trip to the region since 2004.

皆様方全員がダルフール地域から戻られたばかりであることを存じておりますし、またきっと皆様はそこで目撃された苦難にひどく心を痛められていることと思います。私自身2004年から9回目となる同地域への渡航から戻ってきたばかりであります。

If you have been there, you know the devastation and horrors: perhaps, like me, you met a woman whose body was branded with knives after she was raped by 20-30 men. Or the children who are dying of acute malnutrition because there is no protection for humanitarian convoys that could deliver food. Or the mutilated elderly woman whom they tried to burn alive.

そこへ行かれたことがある方であれば、その荒廃と恐怖はお分かりかと思います。多分、私同様、数十人の男から暴行されたあと刃物で体に刻印を付けられた女性にお会いになったでしょう。あるいは、食糧を配給する人道援助団体への保護がないために急性栄養失調により死にゆく子供たちもご覧になったでしょう。あるいは、生きたまま焼き殺されそうになった体の一部を失った高齢の女性をご覧になったでしょう。

Without question you met many victims of utter despair.

疑いもなく真の絶望のふちにある多くの被害者に会われたのです。

I wonder if any of you encountered Halima? Her story is numbingly similar to those of countless women I have spoken to since 2004. She told of the morning when the skies over her village suddenly filled with bombers and attack helicopters, raining bombs upon families as they slept, as they were cooking breakfast, as they prayed. Halima tried to gather her children and run, but militia swarmed the village on camels and horseback, shooting and shouting racial slurs. They tore her infant son from her arms and bayoneted him before her eyes. Three of her five children were killed on that day.

Halimaに会われた方はいらっしゃいますか?彼女の話は私が2004年以降話を聞いた数えきれないほど多くの女性の話と同じで感覚が麻痺するほどです。彼女は自分の村の空が突然爆撃機と攻撃ヘリに埋め尽くされ、眠っていた、あるいは朝食の用意をしていた、あるいは祈りを捧げていた家族の上に爆弾を降らせた朝のことを語ってくれました。Halimaは自分の子供たちを呼び集めて走りましたが、民兵がラクダや馬に乗り、銃を撃ち人種差別的な言葉を叫びながら村へやってきました。まだ乳児だった彼女の息子は抱いていた彼女から無理やりもぎ取られ、彼女の眼前で銃剣で突き刺されました。5人いた彼女の子供のうち3人はその日に殺されました。

She took this hijaab from her neck and insisted that I wear it-for my protection - I who could offer her no protection. She clasped my hands and said, "tell people what is happening here. Tell them we will all be slaughtered. Tell them we need help."
That was 2004. I don't know if Halima is still alive. I do know that at least 2 million men women and children are now completely outside of humanitarian reach.

彼女はこのベールを首から外してお守りとして私が身につけるよう差し出してくれました。その私は彼女を全く守ってあげることができませんでした。彼女は私の手をしっかり握って言いました。「ここで起こっていることをみんなに知らせてください。私たちは皆殺されてしまうと伝えて下さい。助けが必要だと伝えて下さい。」
これは2004年の話です。私はHalimaが今でも生きているかどうか知りません。しかし、少なくとも子供と女性を含めて200万人の人々が今現在完全に人道的援助を受けられない状態にあることはよく知っています。

In 2005, in the World Summit Outcome document, world leaders pledged that the international community, acting through the Security Council "was prepared to take collective action, in a timely and decisive manner" when states, "manifestly fail to protect their populations from genocide, war crimes, ethnic cleansing and crimes against humanity."

2005年の世界首脳会談の結果報告書によれば、世界の指導者たちは米国が“ジェノサイド、戦争犯罪、民族浄化および人道に反する犯罪から住民を守れないことが明らかである”場合、国際社会が安保理を通じて“迅速かつ決然と集団行動を取る準備を行う”と誓約しました。

Those words and your responsibility could hardly be clearer.

これらの言葉と皆さんの責任は明確になっていません。

Yet after more than 5 years, what message have we sent to Darfur's anguished people? Only that they are dispensable. The people of Darfur have been left to watch each other die. And you are watching too.

それでも5年以上たった今、苦しみの中にあるダルフールの人たちに私たちはどんなメッセージを送ったでしょうか?不必要なものばかりです。ダルフールの人々は取り残され、お互いが死んでいくのを見守ってきました。そして、皆さんも見守っています。

History will long remember that the UN Security Council has, for five years, failed in the task you have been charged with - protecting a defenseless population.

国連安保理が5年もの間、課せられた任務、無防備な人々を守ることを果たせなかったことは歴史に長く記憶されるでしょう。

You have already failed the 300,000 or more who have died needlessly in Darfur. You are failing the millions of civilians who are struggling to survive in wretched camps across Darfur, eastern Chad and now CAR. And you are failing this body - the ideals and principles it represents.

皆さんはダルフールで死ぬ必要がなかった30万人あるいはそれ以上の人々を既に死なせてしまいました。ダルフール、チャド東部、そして今や中央アフリカ共和国にまたがる悲惨なキャンプでもがきながら生き続けている何百万もの一般住民をも皆さんは失おうとしています。のみならず、本組織、国連が表明する理想と原則をも失おうとしています。

It is past time that a united Security Council stand up to end this human tragedy.
UN Res 1769, authorizing the deployment of a protection force of 26,000, was passed in July of 2007 but one year later- with only a fraction of that number on the ground- the people of Darfur are still waiting for protection.

国連安保理がこの人類の悲劇を終結させるために立ち上がったのは過去の話です。26,000人の防護軍の配備を許可した国連決議1769は2007年7月に可決されましたが、1年後、ほんの一部が地上部隊として配備されているだけです。ダルフールの人々は今でも援助を待っているのです。

You have allowed the Government of Sudan, perpetrator of atrocities of the worst kind, to dictate which battalions can and cannot enter Darfur; to determine when and whether the Thai and Nepalese troops can deploy, or the Swedes or Norwegians.

あなた方はこの最悪の残虐行為の加担者であるスーダン政府にどの部隊をダルフールに入れるか否かを決めること、すなわちタイ、ネパール、スェーデンおよびノルウェー軍の配備の可否と時期の決定を許しました。

This body referred Darfur to the International Criminal Court, which issued an arrest warrant against Minister Ahmed Harun, responsible for crimes against humanity in the Darfur region. Instead of arresting him, the Sudanese regime made Harun their liaison to oversee the deployment of UNAMID.

本組織はダルフールを国際刑事裁判所に委ね、国際刑事裁判所はダルフール地域の人道的犯罪に責任があるAhmed Harun大臣の逮捕状を発行しました。スーダン政権はHarunを逮捕するどころか、UNAMIDの配備を監督する担当者としました。

As the Prosecutor of the ICC told you last month, Sudan has put the arsonist in charge of deploying the firefighters. Instead of removing the arsonist, you are negotiating with him.

国際刑事裁判所の検察官が先月皆さんにおっしゃったように、スーダンは放火犯に消防隊員の配置を任せたのです。皆さんは放火犯を追い出さず、その放火犯と交渉しているわけです。

I ask you: How long will you continue to allow the government of Sudan to manipulate this body? Did Adolph Hitler get to choose which troops should be deployed to end his genocide?

私はあなた方に問いたい。あとどれくらいの間、スーダン政府に本組織を操らせておくのですか?アドルフ・ヒトラーは彼の行ったジェノサイドを終結させるためにどの軍を配備すべきかの選択を行ったでしょうか?

I tell my children that with knowledge comes responsibility. An inescapable knowledge of Darfur is yours. It is your right and responsibility to stand up to the Khartoum regime and ensure the full and effective deployment UNAMID in Darfur.

私は自分の子供たちに知識には責任が伴うと言っています。皆さんは否定できないダルフールの知識をお持ちです。ハルツーム政権に立ち向かい、ダルフールへの完全かつ効果的なUNAMID配備を保証することは皆さんの権利であり責任であります。

Nothing has changed since Nov 2007 when Jean-Marie Guehenno expressed the fear that, quote, the "force will not have the capability to defend itself, and that carries the risk of humiliation for the Security Council and the United Nations, and tragic failure for the people of Darfur."

Jean-Marie Guehenno氏が、引用しますと、「部隊が自衛能力を有せず、そのため安保理と国連にとって屈辱の危険とダルフールの人々にとって悲劇的な失敗がもたらされる」恐れを表現した2007年11月以来何も変わっていません。

The force was to have been "predominantly African in character". But Khartoum has twisted the intention of the resolution and 'predominantly' has become 'exclusively'. If we must accept that, then I am proposing that militarily capable nations partner with those African battalions in need of training and logistical support. In addition to the United States and those few European countries already committed, a group of volunteer nations might include Argentina, Brazil, Chile, Germany, the Netherlands, Norway, Sweden, Singapore, South Africa, South Korea, Portugal.

部隊は“大部分をアフリカ出身者”で占められるようにされてきました。しかし、ハルツームは決議の意図を捻じ曲げてしまい、“大部分”を“独占的”としてしまいました。それを受け入れなければならないならば、軍事的に可能な国々が訓練と兵站支援を必要としているこれらアフリカ軍と手を組むことを提案します。既に部隊を送っている米国とヨーロッパ諸国に加え、志願国にはアルゼンチン、ブラジル、チリ、ドイツ、オランダ、ノルウェイ、スウェーデン、シンガポール、南アフリカ、韓国、ポルトガルが含まれるでしょう。

Five years of terror and destruction is too long. The future of Darfur's people - and the moral credibility of this body - is in your hands.

5年間もの恐怖と破壊は長すぎます。ダルフールの人々の未来、そして本組織の倫理上の信頼性はあなた方が握っています。

The world is looking to you to finally act on that responsibility.

世界の目は皆さんが最終的にその責任で行動するか見詰めています。

If not now, when? If not the United Nations, who?

今でなければいつでしょうか?国連でなければ、誰がやるのでしょうか?

This is a defining moment for the United Nations Security Council.

これは国連安保理にとって決定的な瞬間なのです。

posted by john at 7:43 PM

********ココまで
[PR]
by fussyvet | 2008-06-20 00:05 | 世界の話

民度

民度:
ある国や社会の構成員(市民)の政治的・社会的・文化的意識の程度、すなわち市民社会の成熟度のこと。

特に立憲民主主義の下での主権者としての自覚の程度をさす場合もある。

欧米などの先進民主国家や自由主義国家、教育水準の高い国ほど高く、独裁国家やナショナリズムの強い国ほど低いとされる。

フランスメディアによる日本の拉致被害者報道批判など、総じて日本を含めたアジアは欧米から民度が低いと見なされる傾向がある。

しばしば罵倒を込めて『あの国は~が低い』などと用いられる。


 ダルフール紛争について知人と話していたら、その人が「民度の低さ」を挙げていた。私はこの「民度」という言葉に聞きなれていなかった。でも、他国を蔑視する際に使われがちは言葉だということはうすうす感じたし、いくら文明的にも経済的にも政治的にも遅れをとっているからと言って、アフリカ(この場合はスーダンだけれども)の民度が低いということはないだろう、何を定規にして測るのか、と不快に思った。
 が、この記事を読むともうそう言われても仕方がない、庇えないと思ってしまう。こんなこと、仮にも一国の国連大使が言う言葉か?あまりの品格のなさにがっくりときてしまう。

「年老いた女優」 政府批判の米女優をスーダン大使が口撃
2008.6.18 18:09

このニュースのトピックス:米国
 国連安全保障理事会は17日、今世紀最悪の人道危機と指摘されるスーダン西部ダルフール紛争に関する非公式協議を行った。協議には紛争解決を訴える活動家としても知られる米女優ミア・ファローさんも出席、スーダンや中国政府批判を展開した。

 会合後、ファローさんは記者団に「安保理はこの問題に適切に対処してこなかった」と指摘。「中国という巨大な存在の支援がなかったら、スーダン政府は5年以上も(国際社会の要求を)突っ張り続けることはできなかったはずだ」と批判した。

 ファローさんの言動が注目を集めることに業を煮やしたのか、スーダンのアブダルハレーム国連大使はロイター通信に「ファローさんはすでに旬を過ぎ、年老いた女優だ。自分への関心をひきつけようとダルフール問題を利用している」と酷評したという。(ニューヨーク 長戸雅子)


 おいおいおい、こんなこと言われたら、年取った女は何も意見言えなくなるじゃないか…。それだけの問題じゃないけど。

 北朝鮮が国連だったか何だかの会議の場で、日本を公然と「ジャップ」と表現した際に、同会場にいた他国人が「このような会議の場でこのような言葉を聞くとは驚きだ。」と言っていたのを思い出した。まるでそれと同じ感想。相変わらず、ダルフールでは人が虐殺され続け、難民も増え続け、栄養失調で死んでいく息子と同じくらいの幼子の映像を見ると胸が張り裂けそうになる。根本的に現スーダン政府を刷新しないと悲劇は終わらないのかも知れない。だって、こんなこと公の場でいう人が国家の要人なんだもの。

注)どこにも知識人、賢者、人格者はいるものなので、そういう人たちがこれらの国にはいないという意味ではありません。ただ、独裁国家ではそういう人たちが全く隠れて見えなくなってしまうことが気の毒です。クメール・ルージュなど知識人をターゲットに虐殺する独裁国家もあるくらいですし…。
[PR]
by fussyvet | 2008-06-19 11:36 | 世界の話

「潜入ルポ ダルフール 隠された真実」

'08年5月19日 月曜深夜[火曜午前] 0:10~1:00(再放送'08年6月1日 日曜日 後11:10~翌0:00)NHK BS1
「<シリーズ  アフリカ>潜入ルポ ダルフール 隠された真実」


 これまでダルフール関連の番組は難民キャンプが舞台のものが主で、現地の状況も難民たちの体験談として語られることが多かったのですが、この番組は、実際にダルフールへ潜入し、その様子を記録した貴重なものだそうです。
[PR]
by fussyvet | 2008-06-01 23:59 | 世界の話