<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

BSE

ひき肉偽装、動機は「BSE」?=民主議員調査にミート社社長

6月27日22時0分配信 時事通信

 北海道苫小牧市の食肉加工卸会社「ミートホープ」のひき肉偽装事件で、牛ひき肉に別の肉を混入させ始めた動機について、田中稔社長が「BSE(牛海綿状脳症)問題で粉状の牛肉が手に入らなくなったため」と話していることが27日、民主党の調査で分かった。 

最終更新:6月27日22時0分


 この社長さんは私にとって忌まわしい記憶を思い出させてくれるために存在するようなものだ。前記事に書いた”ミンチ”と呼ばれる経産のホルスタイン牛は、2001年9月に日本でBSEが見つかってから肉用として出荷されなくなった。なぜか?BSEを診断されるのを恐れたからである。当時、BSEが発見されれば、その地域の畜産業にとっては大打撃だった。畜産農家も屠畜場も、そして農政も恐れた。家畜保健衛生所長自らが、経産のホルスタイン牛を出荷すると農家が予め相談したらそれを引き止めた。こうして、今はさほどでもないが、”ミンチ”牛は屠畜場で見られなくなった。
 私達末端の獣医師は、日本でBSEが発生するなどとは夢にも思っていなかった。BSEが国内で発見されるよりも半年ほど前の2001年初め、農林水産省は全国の家畜保健衛生所に対し、農家で死亡した牛についてBSEの検査をするよう通知を出した(BSEサーベイランス)。我々は、どうして今頃そんな調査をするのか不審に思った。きっかけは、日本がBSEのステータス評価で「カテゴリーⅢ、すなわち、国産牛が(臨床的或いは不顕性に)BSEの病原体に感染している可能性が高いが、確認されていない」という低い評価を下されたこと(経過については参照)だが、農林水産省は既に国内にBSEが入ってきているかも知れないと思っていたはずである。なぜならば、それまでBSEの原因である肉骨粉について、関連団体に対して「指導」という措置しかとってこなかったからだ。通常、人体にも甚大な健康被害を及ぼす可能性がある人畜共通伝染病に関して、「指導」などという甘い規制はしないはずである。それなのに「指導」としかしていなかったのは、関連団体からの大きな圧力があったからに相違ない。そうして、日本国内でBSEは発生してしまった。見つかったのは、2001年9月だが、それ以前から発症していた牛はいたに違いない。精査していなかったから、見つからなかっただけだろう。私たちが屠畜検査した起立不能の病畜牛の中には、BSEを発症していたために起立不能だった牛もいたかも知れない。実際にBSEが発見されてからしばらく、起立不能であったり、歩行障害を呈している牛についてBSEの精査がなされるようになったが、実際に解体前検査にあたったある獣医師は、BSEを見抜けなかったことに責任を感じて自ら命を絶ってしまった。どんなに腕がすぐれた獣医師だって、生前にBSEを診断することなど不可能だった。誰しもその獣医師に落ち度はなかったという行為にすら自らの命をかけるほどの責任を感じる末端の人間がいるにも関わらず、実際に国内がBSE汚染される原因となった圧力団体、そして関係者たちはのうのうとして相も変わらず利権に群がっている。私はどうしようもない憤りにかられた。ちょうど畜産行政のからくりに気付いた頃でもあった。
 しばらく忘れていたが、今回のニュースで思い出した。絶対に奴らを許さないと誓った日。事実を見てきた者はやはり口をつぐむことはできない。
[PR]
by fussyvet | 2007-06-28 03:50 | こうして社会は回ってる

ミンチ

 きっこのブログ: マジメな人がバカを見る美しい国を読んでいたら思い出したことがあったので記事にすることにしました。上のリンク先で最初に紹介されているメールにとんでもない肉の話が載っています。そのメールの主は最後に「それから私は肉が食べられなくなりました。特にミンチを使った物は何が入っているのか解らないので全く口にできなくなりました。」と言っていますが、その通りです。
 私は地方公務員の獣医職として働いている時、食肉検査員として何箇所か屠畜場を回りましたが、そのうちの一箇所は健康な牛だけではなく、病畜の屠畜解体も請け負っていました。ここでいう病畜とは起立できない牛です。起立できない理由にも産後起立不能から、神経系の病気によるもの、筋断裂、悪性腫瘍などさまざまありました。病畜の肉と言っても、ちゃんと屠畜検査してから出荷されていましたから、それ自体は何ら違法な行為ではありません。が、これらの病畜牛には、何度も繁殖を繰り返したためガリガリにやせ細ったホルスタインの経産牛がほとんどで、そのような肉はブロック肉にするには質が悪く、ミンチにするしかありませんでした。ホルスタインのやせ細った老牛のことを”ミンチ”と呼ぶほどでした。これも蛋白源を無駄にしないという意味から肯定されていたことですし、何ら悪いことではありません。
 問題は残留抗菌性物質です。起立不能になるような牛には、農家、あるいは大動物臨床獣医師が抗生物質等を投与します。通常は、休薬期間というものがあり、特定の抗生物質等を投与された家畜は特定の期間、牛乳の出荷や肉としての出荷ができなくなります。それを守らず、肉用として出荷してしまう農家がいたわけです。農家にとっては、牛が死んでしまうようりも、死ぬ前に肉として出荷すれば損失もなく、寧ろ利益になりますので、休薬期間を守って出荷するには何の問題もありません。しかし、そこの屠畜場については後日、ある大動物臨床獣医師がぽろっと漏らしました。
「あそこなら1万円も握らせれば、何だってやってくれる。」
実際に金銭のやりとりがあったのかどうかは知りませんが、私が勤務していたそこの屠畜場はなめられていたのです。当時、私は残留抗菌性物質の検査も担当し、検出されれば当該製品を回収しなくてはなりませんでした。食肉業者に対する通知から、関係機関への連絡など、そのための労力は決して楽なものではありませんでした。ですから、私はこの大動物臨床獣医師が言った言葉に心底激怒しました。
「おのれは、こっちがどんだけ苦労していたか知らずに…。アホ言え!」
 実際に非公式に病畜のある内臓と筋肉の残留抗生物質の検査をしていた頃から少なからず、残留抗生物質がコンスタントに検出されていました。そして、それらの肉はミンチ肉として販売されていたのです。

 この残留抗生物質の話はたまたまミンチ肉になりやすい病畜牛にまつわる話で、見た目で残留抗生物質が見える云々の話ではありませんが、ミンチほど誤魔化しやすい製品はありません。それはミートホープの事件からも既にお分かりかと思います。そして、先日、やっと業界に頭が上がらない農林水産省が今回の事件をきっかけにミンチ肉を調査すると言いました。今回の事件が皮肉にも良いきっかけになったのだろうと思います。

 先のリンク先の最後に2002年3月25日付の「農民」に同年1月から3月までの「食品の産地偽装、不正表示一覧」が紹介されていました。それによると17件中12件が食肉関係でした。そう言えば、私が知っている全農系の鶏肉加工業者も当時でいう製造日時を偽っていました。大手スーパーと取り引きがあるところですが、我々検査員よりも大手スーパーの方が怖いらしく、スーパーの査察がある時は熱心に掃除していました。製造日時も大手スーパーの査察時は偽装を偽装していたかも知れませんね。私の病畜牛についての体験は、とんでもないのは農家と獣医師でしたが、ミートーホープの社長が、「消費者や業界の体質も悪い。」と言っていました。「業界が悪い。」という部分には大賛成です。

 私は肉を食べないようにしていますが、もし挽き肉を使う頻度が高く、今回の事件で気になる方は、信用のできるお肉屋さんの店頭でブロック肉を選び、それを目前で挽き肉に加工してもらうのがいいと思います。この方法により、残留抗生物質や産地偽装などは避けられなくても、少なくとも豚肉が混じることはないはずです。

 最後に、私はあの業界は大嫌いですが、あの業界の中でも雇用されている人の中には個人的に信頼できる人はいますし、その人たちまで十把一絡げにしたくはありません。私が信頼している人たちのためにも、あの業界のとんでもない人間たち(偽装だけでなく利権屋も)が白日の下に曝され、一掃されることを願って止みません。
[PR]
by fussyvet | 2007-06-27 13:00 | こうして社会は回ってる

ペット業界の裏

 まあ、読んで下さい。

 私もこの梅田のペットショップには行ったことがある。ある愛護団体の人と一緒に。劣悪な環境で飼われているという視察を兼ねて寄った。
 ペット業界の裏は深い。ペットを買うお金が裏業界に回っている(これはホント)。動物取扱業の規制が進まないのも、圧力をかけている大きな力があるからだと私は確信している。

 買ってくれるな。

※ややこしいのは、動物愛護団体にも裏とつるんだ団体があること。必要以上に行政たたきをする愛護団体や獣医師の集団を名乗る団体には注意すること。ネットで少し調べればいろいろ出てくるのですけれどね。
[PR]
by fussyvet | 2007-06-19 23:19 | 動物

続・子供か仕事か

 2つ前の記事でこんなこと書いていたけれど、今、こんな記事見つけた。

<男女共同参画白書>共働き家庭の男性の家事・育児、少ない [ 06月19日 10時32分 ] 毎日新聞社

 政府は19日午前の閣議で、07年版男女共同参画白書を決定した。就学前の子供がいる共働き家庭について、男性が家事・育児にかかわる時間の割合を世界各国と比べたところ、3~4割台の欧米各国に対し日本は12.5%と少なかった。「男女が仕事にも家庭生活にも、バランスよく参加できる環境を整備することが必要」と指摘している。
 白書は、女性の社会進出や男女の生活へのかかわり方について、米国、スウェーデン、ノルウェー、ドイツ、フランス、英国、フィリピン、オーストラリア、シンガポール、マレーシア、韓国の11カ国と比較した。
 日本の女性就業者は41.4%で他国とほぼ同水準。一方、管理職の割合は10.1%にとどまり、フランスの7.2%、韓国7.8%に次ぐ低さだった。管理職の割合が高い国はフィリピン57.8%、米国42.5%など。
 また、国会議員に占める割合が最も高いのはスウェーデンで47.3%。日本は9.4%とマレーシアの8.9%に次いで低かった。【石川貴教】


 言ってることを裏づけしてもらったようで嬉しい。
 せめて、自分のものは自分で片付けてくれ!髭剃りを子供の手の届くところに置くな!つまりは、仕事を増やしてくれるな!>夫
 夫いらないから、自分が二人欲しい気持ちの今日この頃。(いや、だいぶ前から)
 イラついてます。
[PR]
by fussyvet | 2007-06-19 12:50 | こうして社会は回ってる

第6回国際動物実験代替法会議 市民公開講座のお知らせ

 先日、この夏に日本で開催される第6回国際動物実験代替法会議について宣伝させていただきましたが、その中で行われる市民公開講座のポスターが事務局から送られてきましたので掲載させていただきます。前のお知らせの際、通訳がつくか否かは定かでないと言いましたが、海外の講演者には通訳がつくそうですので、謹んで訂正させていただきます。
a0015636_11304219.jpg

第6回国際動物実験代替法会議市民公開講座
「実験動物のためにできること-研究の現場から-」

日時:2007年8月25日(土) 14:00~17:00
場所:ホテルイースト21東京 1階ホール
参加費:無料
参加対象:一般市民(中学生以上
参加方法:当日受付(13:30~)
直接会場にお越しください。事前申込みはありません。
満席(定員400名)の場合、入場をお断りする場合があるそうですので、予めご了承ください。
海外の講演者には通訳がつきます。

 詳細は、上記画像をクリックすると拡大されますので、それをご覧ください。
 無料ですし(この公開講座だけですので、念のため。正規登録は無茶苦茶高いです(辛い…))、中学生以上ですし、定員がありますが、結構開かれているのではないかと学会員として自負しております。関心お持ちの方は、是非いらして下さい。
[PR]
by fussyvet | 2007-06-19 11:44 | 動物

子供か仕事か

亮子に子離れ指令!吉村強化委員長「柔道に集中しろ」
6月14日8時2分配信 スポーツ報知


 全日本柔道連盟の吉村和郎強化委員長(55)が13日、リオデジャネイロ世界選手権(9月)で出産からの復帰Vを目指す女子48キロ級・谷亮子(31)=トヨタ自動車=に「柔道専念」を勧告したことを明かした。

 吉村委員長は「これからは柔道に集中していかないといけない。(育児との)2足のわらじではきつい」と子離れを勧めた。すでに谷本人とも直接話をし、谷の母・和代さんには大会までの育児のサポートを求め、理解を得られたという。

 谷は世界代表に決定後の全日本合宿に長男・佳亮ちゃん(1つ)を帯同。来月参加するスペイン合宿にも連れて行く可能性が浮上していた。しかし「いくら子どもがかわいくても、代表になったらそうは言ってられない」と吉村氏。佳亮ちゃんのスペイン行きは「ないだろう」とした。

 すべては3か月後に迫る世界選手権で勝つための“非情指令”。「本番までに追い込んでいくしかない。動き自体は良くなっている」と期待を込めた。  最終更新:6月14日8時2分


 ワーキングマザーを取り巻く状況を全て凝縮したような問題記事。私自身は谷選手が出産した4日後に出産し、しかも出産予定日が2月1日だったにも関わらず約1ヶ月早産したことも全く同じなので、彼女の記事を追っていくと自然に自分自身の状況を鏡で見ているように感じる。先日、彼女が産後初の大会に出場した時、私も活動を再開した頃。まだ授乳中であったり、夜も子供に起こされたりすることも彼女と同じ状況で、私は本当にふらふらでましてや柔道なんかできない状況だったから、「谷選手はすげぇや。」と思ったものだ(最も年齢差もかなりあるのだけれど)。
 「子供を預けられるようになったのだから、楽しているはずだ。」と思われているのなら、それは正面切って反論させてもらう。入園準備から、毎日の登園準備、送り迎え、帰宅後の世話と翌日の準備は夫ではなく全て私。他のワーキングマザーを見ていても、どうやら家事育児は母親の方に覆いかぶさっているようだから、子供を持ちつつ働く女性の負担は大きい。それでも子供はかわいいし、仕事はしたい(しなくてはいけない)。どちらも大切である。
 そんな中、谷選手は”仕事”に専念するよう追い込まれた。おっぱいは断乳するのだろうか?子供、「おっぱいちょうだい。」と泣くだろうな。お母さんが育児を手伝ってくれるのか。うちは無理だ。子供を母親一人で育てるのはとても困難だ。ワーキングマザーならなお更だ。誰かサポートしてくれないと働きながら子供を育てられない。。専業主婦だって、2人以上子供を育てるとしたら、全く一人でなんて無理だと諦める人、多いんじゃないかな。このニュースはそうはっきりと言っている
 私は学会に息子を連れて行くけど(可愛いからという理由だけじゃなく、預けられるところがない)、谷選手は置いていくんだ。胸が痛みやしないかな。仕事の合間に子供のことを思い出さない母親はいないだろう。私も預けられるところがあったらな…。いろいろ想う。
 誰かサポーターがいないと、仕事に集中できない…、このニュースはそのこともはっきり言っている。男性はどう?こんな悩み抱えている男性はいる?谷選手の旦那さんが、谷選手が言われたのと同じことを監督から言われたなんて話は聞いたことない。妊娠出産、そして母乳育児の場合は授乳も女しかできないから、育児も最初は女性主体になる。出産後、母乳をあげることは女性しかできないかも知れないけれど、ミルクやおむつ交換、入浴なんかは男もできる。が、妊娠から出産後一定期間、女性が仕事を離れて家庭生活一つになることを理由にして夫ができることでもしなければ、そのまま男性に引き継がれることなく女性への負担は増えていく。我が家は典型的なそのパターンにはまっていた。
 ここ1年くらい、出産後夫婦仲が悪くなりまもなく離婚する夫婦が芸能ニュースでも流れていた。私が置かれた状況のせいで目に付いたのかも知れない。私も育児と家事では重荷にしかならない夫と別れて、自由の身になりたいと思った。自立できるだけの収入が得られる仕事を見つけて、実行しようと思うことがしばしばある。が、幼い子供を抱えた女に良い仕事はない。身動きできずに苦しい。
 そんな中、先日見た映画。

「モナリザ・スマイル」(大好きなジュリア・ロバーツ主演)

 泣いた。そしてすっきりした。個々の登場人物についての好き嫌いを感想にしているレビューも多いが、一定以上の年を重ねた女なら、全ての登場人物に自分を見、わかるのではないかと思う。「子供か(家庭か)仕事か」と女だけ二者択一を迫られるなんて…。「ワーキングウーマン(マザー)」と「専業主婦」、「シングル」と「既婚」と女だけ周囲から区分けされて、十把一からげにされたり、対立させられたりするなんて。私は働く女だったし、シングルだったし、結婚したし、専業主婦も経験したし、誰でも一枠に収まっているわけではないのだ。「女の敵は女」という時代から、「女を理解できるのは女」、さらには「男女が理解し合い、助け合える」時代に望みをかけたい。

 とりあえずは保育園の条件を緩和してちょうだい。女の労働条件は勿論、夫の労働条件も何とかしてちょうだい。
[PR]
by fussyvet | 2007-06-14 13:21 | こうして社会は回ってる

象牙の密猟のために先月7人もの命が奪われた

 IFAWという動物福祉の国際基金から今日送られてきたメールニュースは象牙に関するものだった。それによると、先月ケニヤのTsavo、チャドのZakouma、そしてコンゴのVirunga国立公園で合計7人のレンジャーが密猟者により殺されたそうだ。IFAWが密猟を防ぐため資金提供しているが、”需要”がある限り、密猟者には金が入り、止めることはない。
 密猟者に金を渡しているのは誰か?特定の犯罪者などではない。もちろん、実際に手渡すのは確信犯だけれども、彼らに資金提供しているのは象牙の購入者である。象牙を買うものは間接的で分からないから、当然そんなことは思いもよらない。自分たちはインターネットや店に陳列された象牙製品に購買意欲を感じ、自分のお金で買っただけである。だが、残念ながら、象牙製品購入のために支払われたお金が密猟者を鼓舞し、その結果先月7人の命を奪ったことは紛れもない事実である。そして、ご存知のとおり、日本は象牙が大好きである。
 年間二万頭の象が違法市場に流通するべく殺され、更に現在はインターネットで簡単に違法取引ができるそうだ。

 IFAWの活動を支持する署名です。上から、

First name*=自分の名をローマ字で
Last name*=自分の姓をローマ字で
Email*=eメールアドレス
ebay User ID=(入力不要)
Country*=国名を英語で

入力します。その下には上から

・20年間象牙売買禁止
・eBay(※)での象牙製品ネットオークション全面禁止
・IFAWのアクションアラートに署名(※2)

とありますので自分が同意する項目の左側にチェックを入れて右下の"Submit"ボタンをクリックすると署名が完了します。

※ eBay:ネットオークション運営会社(違法取引はeBayに限ったことではないんでしょうが、査察で違法取引が確認されたところですので。)
※2 この項目にチェックを入れると、IFAWから今後メールニュースが送られてきます。受け取りたくない方はこの項目のチェックを外してください。

 自分の国が絡んだ密猟がその対象動物だけではなく、現地で守っている人間の命まで奪うなど、胸が痛んで仕方がない。

 因みに象牙のために密猟される象は、象牙だけをとられて死体はポイ捨てされます。肉や皮革など象牙以外の部位が利用されることはありません。先月、これまで禁止されていた象牙の取り引きがアフリカ諸国の在庫60トンに限り日本に輸出が認められましたが、密猟による象牙は、これらに盾にして混じって売買されます。この取り引き再開が密猟を助長したのであれば、7人のレンジャーはその犠牲者だといって過言ではありません。
[PR]
by fussyvet | 2007-06-08 12:20 | 動物