<   2007年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

テレビ番組の動物実験

「あるある」レタス快眠もウソ [ 01月29日 10時29分 ] 日刊スポーツ

 実験データねつ造などが発覚した関西テレビ放送の情報番組「発掘!あるある大事典2」の前身の番組で、似たような実験内容のねつ造があったと、実験を依頼された研究者らが28日、証言した。番組は「発掘!あるある大事典」の98年10月25日放送分。「快眠」と題し、レタスの催眠作用の効果を取り上げた。同番組は96年10月に放送が始まっており、長年にわたって実験内容などがねつ造されていた可能性も出てきた。
 「発掘!あるある大事典」の実験を依頼されたのは、千葉科学大の長村洋一教授(健康食品学)。98年10月25日の放送日の3週間ほど前、番組制作者から「レタスを食べるとよく眠れるという実験をしてほしい」と依頼があり、マウス約20匹を使って実験した。
 マウスを2グループに分け、一方にレタスの汁を与え、もう一方には同量の水を与えて1時間半ほど変化を観察。しかし、結果にほとんど違いが出ず、収録していた番組制作者らもマウスが眠らなかったことを確認した上で「残念でした」と話し、帰ったという。
 しかし放送では、一時的にかごの隅でおとなしくし、眠っているようにも見えるマウスの姿を流し、テロップで「眠ってしまった!」と説明。さらに実験にかかわっていない実践女子大の田島真教授(食品学)のコメントを付け、あたかも催眠効果があったように編集し、放送したという。
 田島教授は「放送前に眠りを誘う物質はどういうものがあるかと取材があり、一般論としてレタスの特定の成分には催眠効果があると答えただけ。コメントの都合のいい部分だけ使われた」と話した。長村教授は「レタスにも催眠成分は少し存在するが、存在することと有効であることは別だ」と指摘している。
 前身の番組は96年10月から04年3月まで続いており、スタート当初から実験内容などがねつ造されていた可能性が出てきた。関西テレビ広報部は「現在、1月7日放送分だけでなく、過去の放送分に関しても調査を始めているが、現時点では個別の放送分に関してはまだお答えできない。1月7日放送分に関する中間報告を近日中に発表し、過去の放送分に関しても調査でき次第発表していく」としか対応できなかった。


 動物実験でなくても、科学でも報道でもおおよそどんなことでも(おおよそとしたのは、他人をいたわっての嘘というのは否定できないので)、事実を捻じ曲げることは許容されるものではないけれど…。

 このレタスをマウスに投与する実験は、テレビ局の要請に応じて大学が行ったと取れるけれど、そういうことなんですね?1998年当時、この千葉科学大学には動物実験倫理審査委員会はなかったのか?苦痛による実験分類では、動物に与える苦痛が少ないカテゴリーBだとは思うけれど、そもそも必要な動物実験だったとは思えない。使用された20匹のマウスは実験では苦痛がなかったけれど、その後、安楽死はされたはずだ。20匹のマウスの代わりに、20人のモニターとなる人を募集して行うべき実験だったのでは?つまり、動物実験の3Rのうち、Replacement(動物実験の代替)とReduction(使用動物数の削減)に反していたのでは?

 以前からテレビ番組制作のために行われる動物実験は、「どんな理由で、誰が、どんな倫理規定の下に、どうやって行っているんだろう?」と疑問に思っていたけれど、こういうのは真っ先に禁止にすべき、というかやらなくてもよい実験では?苦痛がないから「いいかな?」と思いもしたが、その実験に使われなければ、使用される動物数は減っていたわけだし、人間でもできた(というか、その方がデータが確実)で、これはやっぱりよろしくないだろうと思う。
 やらせが横行しているテレビ番組に振り回されるのは、視聴者や納豆製造業界だけではないようだ。そんなのに乗っかった実験ばかりしていたら、大学や他の研究機関の信用は丸つぶれだ。動物実験に対する批判を各種団体のみならず、一般人から浴びても仕方あるまい。自分たちで自浄作用を強化していかない限り、動物実験禁止の流れが加速するだろう。
 個人的にはテレビも大学も信用していない。個人的に信用すべき人間がその内部にはいるけれど、その数は極めて少ない。こんなニュースを見てしまうと、「やっぱり。」とがっくりし、うなるしかない。
[PR]
by fussyvet | 2007-01-29 11:44 | 動物

サイバーテロはダメだ!

宮崎県へ!鶏を殺すなら配慮ある扱いを! - 動物たちを助けるためにできること - 楽天ブログ(Blog)

 家畜伝染病の中には、発生したら感染拡大防止のため、感染が疑われる家畜を殺処分しなくてはいけないものが数多くある。数年前に日本で約90年ぶりに発生した口蹄疫(獣医でない友人は”ユンケル”と言っていた)、BSE、そして鳥インフルエンザも含まれる。昨年に引き続き今年も国内で高病原性鳥インフルエンザが発生してしまったが、このような動物の大処分を伴う家畜伝染病が発生するたびに、私は国内の動物愛護活動家の動きを懸念しなくてはいけない。メールでの呼びかけをである。こういった扇動がサイバーテロに当たるとは考えたことはないのだろうか?現場の職員、農家、更には周辺住民は、自分自身の生命及び生活が脅かされ、自分たちの身を守るのにいっぱいいっぱいである。

 高病原性鳥インフルエンザの発生がなくとも、毎日、食肉のために何倍もの羽数が屠鳥されている。その方法は、頚部の動脈を切るものであり、動脈切断の前に電気ショックで失神させて、頚部切断時の痛みを和らげる方法を取っているところは少数だ。電気ショックにより、肉に出血痕が混じってしまい、商品価値がなくなってしまうからだ。鳥インフルエンザによる二酸化炭素による窒息死と日々の食用鶏の屠鳥、どちらが苦痛が大きいと思うだろうか?

 扇動メールの最後に、「鳥インフルエンザの発生、そして、たくさんの鶏への対応、住民の方々の安全性の確保など、大変な状況であることをお見舞い申し上げます。ご多忙なことは重々承知しておりますが」と付加されているが、本当に住民の方々の安全性を案じ、多忙であることを重々承知しているのならば、こういった緊急時に件のようなメールを送り、更にはそれを多くの人に扇動するような行為はしてはならない。現場は本当に大変だ。京都で初めて鶏インフルエンザが発生した際は、初発の養鶏農家がマスコミ初めほうぼうから非難され(勿論非難されるべき点もあったが)、ついには夫婦が自殺してしまった。それは一事例だけれども、それほど直面してしまった人間は追い詰められるのだ。それなのに、更に一面的にしか動物愛護を捉えられない人間から大量に送りつけられたメールへの対応…、どうしろというのだろうか?
 殺処分される鳥は実際に可愛そうだ。だがそれは、普段から食用にされる鳥の屠鳥行為も同じである。そうならば、普段から各食鳥処理場に同じようなメールを出してはどうか(勿論、皮肉である)。

 菜食の勧めなど、ライフスタイルの変化を求めることはとても有意義であると思う。しかし、サイバーテロ的なやり方は断じて許容される行為ではない。ましてや、普段から鶏肉を食する人にもこのようなメールの送信を勧めらるなど、今回の騒動で死活問題になっている人たち、健康被害を心配する周辺住民にとっては、自分たちの生活を脅かす行為であり、怒り心頭である。そういった人たちが次に抱く感情。それは、「動物愛護は過激で何もわかっちゃいない!」 
動物たちにとっても、結果的にとても迷惑であり、何の特にもならない。
[PR]
by fussyvet | 2007-01-26 11:12 | 動物

教職員組合というもの

 あまりに腹が立ったので、記事にすることにした。

「いじめ調査に協力するな」北海道教組が支部に通達 1月24日3時6分配信 読売新聞

 北海道教育委員会が昨年12月に行ったいじめ実態調査に対し、北海道教職員組合(北教組)が道内全21支部に、協力しないよう「指導」していたことが23日、明らかになった。

 多くの学校では協力したものの、小樽市では、教員が調査回答や回収を拒否。このため市内の一部の学校では校長が保護者に直接、回収協力を求める事態になった。

 北海道では昨年9月、滝川市の小6女児のいじめ自殺が発覚。道教委は同12月、いじめの実態把握などのため、札幌市教委が独自にいじめ調査をした同市立小中高校生を除いた、全道の小中高生と教員計約46万人を対象に調査を行った。児童生徒にはいじめられた経験やどんな行為をいじめと思うかなどを尋ね、教員には、いじめに対処した経験などを聞いた。

最終更新:1月24日3時6分


 教職員組合というものは、例外を除き、強大な力を持っている。そこに似非人権団体なども絡んできて、子どもの教育や人権など二の次三の次で、自分たちの保身や立場、更には権力を守るためにだけ動く団体だ。教職員組合の陰湿な集団”逆いじめ”により、自殺に追い込まれる校長さえいる。
 北海道で起こったこの事件、子どもを持つ母親でなかったとしても、本当に腸が煮えくり返る。奴らは何を考えているのか?こんな連中に子どもを預けたくない。教育改革は奴らの解体からだ。何が教育をダメにしているのか…、こんな教師の存在も大きな一因であることは疑いようがない。
[PR]
by fussyvet | 2007-01-24 12:34 | こうして社会は回ってる

大阪府動物愛護センターに関する要望書にご協力下さい

大阪府動物愛護センターに関する要望書にご協力下さい

 2005年に「動物の愛護及び管理に関する法律」が改正され、大阪府においても動物愛護の啓発普及を初めとする動物行政の課題と重要性が高まっています。大阪府では従前から愛護センター建設の計画がありますが、未だに実現の動きが見えません。現在の「犬管理指導所」は建物が老朽化し、建て替えのために立ち退きを迫られています。また、処分専用施設であり、動物愛護の啓発普及を行うことが困難な状態です。そこで大阪府内の動物保護団体が、速やかに新しい施設の建設と、業務内容の見直しを行ってもらうため、署名を集めています。
 詳細は、上記リンク先をご参照ください。リンク先で署名用紙もダウンロードできます。
[PR]
by fussyvet | 2007-01-21 21:16 | 動物

人間嫌い

 小学校に入っていないほど小さい頃、私は母よりも父の方が好きだった。父のあぐらに腰掛けていた覚えもあるし、父のひざの上に乗せられて車のハンドルを握らせてもらったり、買い物に行った時、母には「ダメ!」と拒絶された欲しい物を父が「買ってやれば?」と言ってくれたり、と制約が多い母よりも父が好きだった記憶がある。
 それが小一の夏に突然変わってしまった。父の暴力が始まったのである。私が小一のある夏の日、父は庭で花火を始めた。私が喜ぶと思ったのかも知れないし、ただ単に自分がやりたかったのかそれは分からない。その日、父が始めた花火は、手で持つタイプの花火だけではなく、打ち上げ花火もあった。それを見て、母が言った。
「お父さん、危ない!止めて!」
母を真似て、私も言った。
「お父さん、危ないよ!」
そして、父はキレタ。母を殴り、私に対してもベルトを持ち出して脅した。私はどうして父がそんなことをするのか理解もできず、ひたすらショックで怖かった。母が私を連れ出して車に乗せ、さまよいドライブをした。私は呆然と助手席の窓から外を眺め、涙を母に見せないようにするのがせいいっぱいだった。
「???」
自分の身に起こっていることをどう理解してよいのかわからない。
人間嫌いの始まりだった。
「親すら信用できないのに、どうして他人が信用できるのか?」
 今思えば、当時の父を取り巻く環境から弁護することもできるが、当時7歳の私にそんな考えは及ぶはずもない。

 動物は違った。彼らは無邪気で、彼らとだけは信頼関係ができた。そして、何よりも彼らは”弱い”私よりも弱い。守ってやらなくてはいけない。こうして、私は獣医師になることを志した。

 動物愛護に関心を寄せる人の中には、私のように人間嫌いの人も多い。

 しかし、残念ながら、動物の問題は、まず人間を愛することができる人でないと解決することは不可能だと断言せねばならない。それは、人間社会が、「初めに人間ありき。」であり、動物の問題が人間の経済生活と深く関わっているからであり、動物の虐待問題に関してすら人間社会の問題と不覚関わっているからであり、”糾弾されるべき人”だけを糾弾したところで、何ら改善しないからである。

 1歳になったばかりの息子は、かわいい動物を見る度に、なんともかわいらしい声を上げて喜ぶ。私は息子に私が辿った経過と同じ道を歩ませたくはない。他人を好きになって欲しい。今から積極的に外に連れ出している。彼が獣医になりたいと思うかどうかは知らないし、何に関心を持つようになるかわからないが、獣医師であれなんであれ、もしも動物の問題に関心を寄せるとすれば、彼には”人間嫌い”から入って欲しくない。
 動物の問題は人間好きにしか解決できないのだから。
[PR]
by fussyvet | 2007-01-14 02:12 | 動物

0歳最後の日

 小さかった息子も明日1歳の誕生日を迎える。この1年、大病を患うことなく、よくぞ無事育ってくれた…と諸手を挙げて万歳したいところだが、実は1度だけ、息子を失ってしまうと本気で思ったことがあった。
 11月23日勤労感謝の日、私が所属するキリスト教団の信徒大会があり、ノンクリスチャンの夫も伴って親子3人で朝から出かけていた。小さい息子も、ちょうど私の洗礼、結婚式、そして息子の献児式を取り仕切って下さった牧師さんが主催する子供のコーナーで夫と共に楽しんでおり、私は私で久しぶりの講演会を聞き、とても満たされていた。が、突然、息子を看ている夫からメールが入り、私は講演会の途中ですっ飛んでいった。息子が突然、大量に嘔吐したのだ。それを皮切りに、止まらない嘔吐と下痢で息子は脱水症に陥り、毎日医者に通ったが治まるはずのものが治まらず、8,500gあった体重が4日間で500gも減り、ついには入院することとなった。息子はぐったりし、泣き声も元気なく、夜も眠れず、何も食べず、母乳を飲んでも水を飲んでも吐き、何も食べていないのに大量の下痢は治まらず、本当に死んでしまうかもしれないと思った。幸い入院してからは、日に日によくなり、3日で退院することができたのだが、入院期間中、私は24時間付き添いで小さなオリのようなベッドに息子と一緒に入り、寝食を共にした。
 完治するまでの10日間は本当に長く、辛い日々だった。そして、元の生活にすっかり戻ったとき、平坦で同じように繰り返される何もない日常が、どれだけ待ち遠しく、幸せなものだったか、心から感謝した。子育ては自分の時間を持てない。更に社会から隔絶されている孤独感が不安となって、ずっと私を襲っていた。小さなことにとてもイライラしていた。が、この10日間の試練によって、神様は私に大切な時間というものを実感させてくれたのである。

 今でも不安、不満は尽きない。早朝から夜遅くまで仕事に追われる夫に全くキャリアから脱線してしまった自分。頭の痛い家族の問題。全ての問題は未消化なまま、そこに取り残されている。これらが一つ一つ解決するまで、私の中の葛藤は終わらないだろう。それでも毎日祈り続けるし、神に話しかけ続ける。そうして、本当に大切なものを落とさず、抱き続けられるよう、明日からの1年間もまた平坦かも知れぬ毎日を踏み続けていこう。
a0015636_21504249.jpg

[PR]
by fussyvet | 2007-01-03 21:40 | 家族