<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

魔のサイクル

 もう、本当に胸が痛くて苦しくなるような事件ばかりで、こんな負のセンサーばかり作動し続けていたら、私の心はもたなくて、あっという間に燃え尽きてしまうだろうと思うのだけれど、また一つ悲惨な事件が起きた。乳児を車の中にほったらかしにしてパチンコに興じていた若い夫婦の事件でもなければ、幼い子供が罪もないのに殺された事件でもない。勿論、これらの事件も胸が痛くて苦しくなった事件には違いないのだけれど、最も最近私の心を傷めて巣食っているのは、成人した息子に両親が殺され、自分も自殺したかも知れないというニュース。こんな悲しい話あるだろうか?高名な父親、立派な父親の下、自分も頑張ったけれど、何かが違っていて、いつまでたっても満たされないどころか、どんどん絶望の淵に追いやられてしまった私と同年代の息子。自分自身も同じような精神状態に陥ったことがあるし、身内や知り合いにもそんな状況の人間がいるので、本当に他人事とは思えない。そして、私の、まだ赤ん坊である息子も、いつかそんな絶望の淵に追いやられてしまうのではないか、そして、その時、私は母親として彼の絶望の重さに耐え切れないのではないか、そして、最後には私も「どうしてこんな風にした。」と息子に殺されてしまうのではないか、、、そんな嫌な想像ばかりしてしまう。そんな空想ばかりしているうちに、つくづく
「私はとんでもない責任を負ってしまった。」
と気付かされる。子供一人、育てる義務を負ったこと、今までにこれほど重い仕事があっただろうか?この仕事は一生私について回るのだ。こんな私が、こんな重い仕事を担ってしまって、よかったのだろうか?今更しても仕方が無い自問自答が頭に浮かぶ時が多々ある。
 誰しも犯罪者にしたくて子供を育てるわけないし、ましてや将来子供に殺されることを想像して子供を育てるわけもない。皆、一所懸命、子供との夢を持ちながら、そして時には悶々としながら子供と向かい合っている。自分が背負ったタスクの重さに押しつぶされそうになり、逃げたくなり、イライラしてどうしようもない”サイクル”に入ってしまうことがあるだろう。今の私だってそうだ。夕方になると黄昏泣きで、わけもなく泣き続け、ひたすら抱きしめて気を静めてやらないといけないもうすぐ5ヶ月になる息子。まだ、言葉をかけても分からない。ひたすら態度で示してやるしかない。息子の態度を読み取るしかない。それなのに、示しても分からない、読み取ろうとしても読み取れない、どう回復していいのかわからないそのようなサイクルに入ってしまった時間は、魔の時である。

 いかんいかん。悪いニュースは悪い暗示に結びつく。そんなニュース画面は消して、息子と一緒に散歩に出よう。
[PR]
by fussyvet | 2006-05-31 13:22 | 家族

ネット上でのネコ虐待殺傷容疑事件

 私は知らなかったのですが、今年起こった事件だそうです。犯人検挙に向けて、嘆願書が募られています。

2006年に2ちゃんねるで起きたネコ虐待事件


 動物の虐待は、”動物”虐待であるだけではありません。弱いものに向かう鬱屈した心の問題です。動物虐待は、子供の虐待等、社会的弱者への虐待に関係するという論文が数多くあります。社会全体が、弱いものを虐げるものになっていることの表れです。そういった社会状況が改善されない限り、事件がなくなることはありません。
 私は、起きた事件の解明・処罰と、動物など弱いものに対する虐待防止は別個に、しかし、平行して行われる必要があると思います。この犯人も虐げられた経験のある弱い者なのかも知れませんが(最初は、「オレはつかまらない。」などと挑発的な態度で嘯いていたのが、途中から、「あれは交通事故で死んだネコだ。」ということが変わっているらしいことからも判断して)、起こしてしまったことに対するつぐないはなされるべきだと思います。倫理的な罪と、社会的な罪、両面から捉えられるべきだと思います。
[PR]
by fussyvet | 2006-05-26 10:53 | 動物

動物愛護先進国イギリスで起こった、薬の表示をめぐる一論争

 興味深いニュースを聞いた。

BBC NEWS | Politics | 'Tested on animals' labels urged

以下、私による和訳:

「実験動物済み」ラベル要請
  人の健康が危険にさらされる可能性を製薬業界が危惧

 自由民主党(イギリス)のある下院議員によれば、使用者に科学の価値について啓蒙するため、薬に「動物実験済み」の表示をすべきである。

 元勤務医のEvan Harrisいわく、この表示は動物権利論者の主張に対抗するものだ。
 製薬業界はこの表示は人が薬を服用することを避けるようになるかも知れないと懸念している。
 イギリスの動物愛護団体The British Union for the Abolition of Vivisection (BUAV、イギリス生体解剖廃止連合)は、この動きは人々を混乱に陥れるだけであり、動物実験が必要であることを証明するものにはならないという。

「大きな恩恵」
 この論争は、トニー・ブレア首相が動物実験を支持するオンライン署名にサインすることを公言したことから始まった。同首相は動物権利過激派による“驚くべき”活動を非難しており、オンライン署名におよそ13,000人を集めようとしている。
 Oxford WestおよびAbingdon地区選出の議員Harris博士はBBCラジオ 4の今日の番組で、消費者に動物実験の“大きな恩恵”を示すことが大切であると語った。彼は言う。
「動物権利問題全体について、我々はとても満足している。過激派の有罪判決が数件あるし、Oxfordで過激派に反対するデモを行った人もおり、我々が勝つと思う。特に若者の心理戦には勝てると思わない。動物実験からヒトに大きな恩恵がもたらされていることを完全に明らかにすることが重要である。最も明らかな方法は、医療制度において、動物を用いた研究の最終結果の利用時である。この薬は、開発と安全試験で動物の人道的利用により得られた洞察を通してのみ手に入れることができたという表示をすることが、国民を啓蒙し、戦いに勝つためには必要である。」

懸念
 しかし、the Association for the British Pharmaceutical Industry(英国製薬協会)のPhilip Wrightは、この動きは健康に悪影響を及ぼすと危惧する。
「例えば、喘息の薬を毎日のんできた人が、その薬をのむことを止め、生命を脅かすような状況になることが心配されます。」
彼は言った。密に書かれている薬の表示に「動物実験済み」と印字する余白を作ることに現実的な問題もあると付け加えた。
 BUAVのキャンペーン指導者Alistair Currieは国民はより良い情報を与えられなければいけないが、「動物実験済み」と薬に表示することは単なる事実表明に過ぎないと主張する。
「薬は全て動物で実験されており、だからと言って、動物で実験せねばならないということではないのに、国民に誤解を招くことになると思う。」
と彼は述べた。
「単なる動物実験のプロパガンダです。この問題についての国民のより良い理解を助長するものではありません。国民に『ああ、だから動物実験をしなくちゃいけないんだ。』と感じさせるかも知れません。必要ではないのに。」
Currie氏は動物実験に合格した多くの薬が人の試験では不合格であるのに、このことはほとんど報告されていないという。


和訳ここまで(著作権は放棄していません。無断転載禁止です)


 イギリスでは動物実験反対運動が国政を左右するほど大きな問題となっている。過激派によりオックスフォード大学の研究者は脅迫など重大な人権侵害に苦しめられている。このニュースにあるように国の首相まで巻き込んで、問題の一つ一つで大きな議論が起こる社会情勢になってきているのだ。そんな中、今回の薬の「動物実験済み」表示問題が起こった。全ての薬は動物実験を行って開発されている。その薬を製造する会社が直接行っていなくても、間接的に下請けにやらせたり、あるいは既に安全性が確認されている原材料(これにも動物が使われてきたわけだから)を使ったりしていれば、自分たちが手を汚していないだけである。薬に「動物実験済み」と表示するならば、全ての商品が表示しなくてはならない。あるいは、動物実験を新規に行ったもののみ表示するとか、そういう差別化をはかるのか?さまざまな線引きをどこでするのか、決定しなくてはいけない。化粧品には、「動物実験を行っていません」と表示されているものもあるが、薬も同じようになっていくのか?だとしたら、消費者はどう反応するのか?研究者がいうように、「動物実験の必要性」を感じるのか?製薬会社がいうように、自分の命を死の危険に曝してもそれを避けるのか?BUAVのキャンペーン指導者が「薬を作るのに動物実験は必要ないのに、必要であるかのように国民に誤解を与える。」と言っているが、これは正しくない。残念ながら現段階では、Currie氏が言うように動物実験に合格した多くの薬が人の試験では不合格であっても、動物を用いる以外の実験方法で、あらゆる新薬を”責任を持って”人間の臨床試験にまでもってこれる方法を知っている人は、世界中に誰もいないだろう。
[PR]
by fussyvet | 2006-05-24 14:36 | 動物

母親として必要とされることと、無責任な愛情と

 学生時代、友人から声をかけられて、放課後に家へ帰っても親がいない小学生を預かる学童保育所でのバイトをしたことがある。そこに来る子供たちと遊んだり、話をしたりするのだ。
 そこには生まれてまもなくから、何らかの理由で母親がいない低学年の男の子がいた。その子について、常勤職員の人が言った。
「彼は・・・、何と言うか、母親の愛情を知らないので、少し年齢よりも幼稚なところがあって、戸惑われるかも知れませんが・・・。」
私は具体的にどういうことなのか分からなかったけれど、とりあえず心に留めておいた。
 まもなく、その意味が分かった。その男の子は他の子供たちと同じように、初めての私にも人懐こく近付き、そして慣れてきたら、私の乳房に手をやった。まだ、20代前半だった私はとても戸惑い、同時にとても嫌悪感を覚えた。私もまだ精神的に大人になりきっていなかった。その男の子は母親の愛情に飢えていて、女の人を見ると、つい、おっぱいに甘えたくなるのだろう。今の私なら、頭でも心でも理解して接してやることができるかも知れないが、当時の精神的に大人になりきっていなかった私は、頭で理解できても、生理的な嫌悪感を感じずにはいられなかった。

 公務員になって新人研修を受けている時、私がいた地方では何班にか分かれて、さまざまな福祉施設に実地研修に行った。そのうちの一つが乳児院だった。一泊で行く体験学習である。体験学習というのはあくまでも、こちら側の話であり、その現場にいる子供たちには関係ない。そこに行った女の同僚が、研修の報告の中で、その研修のあり方を痛烈に非難した。
「そこの子供たちは別れ際に言いました。『今度はいつ来てくれるの?』『もう帰っちゃうの?』私たちは無責任な愛情を振りまき、そこの子供たちを裏切っているのではないでしょうか?」
彼女が使った”無責任な愛情”という言葉は私の心に突き刺さり、以来、さまざまな場面でそんな愛情を意識してみると、少なからず目に付くようになった。

 昨日は心身ともに疲労がピークに達し、ともすれば無表情で息子に接する瞬間が多かった。気がつくたびに、息子に申し訳なく、情けなく思う。

 こんな母親でも息子には必要だろうか?
 私は自分の都合で息子に愛情を向けてはいないだろうか?

 そんな自問自答をしつつ、昔のことを思い出した。
[PR]
by fussyvet | 2006-05-19 00:00 | 家族

報道の何が気に入らないかって

 大阪の毎日放送が最近、同和問題に絡む不正についてローカルに報道している。以下はその一部抜粋。

■飛鳥会理事長横領事件 駐車場収入を大阪市に過少申告

 財団法人「飛鳥会」をめぐる横領事件で、「飛鳥会」は駐車場管理業務で年間2億円程度の収入があったにもかかわらず、大阪市に3分の1程度しか申告していませんでした。

 さらに、市側もこれを知りながら黙認していました。

 旧同和地区の生活向上などを目的に設立された財団法人「飛鳥会」の理事長・小西邦彦容疑者(72)は、市の外郭団体から委託された駐車場の料金収入から1,000万円を着服したとして、8日、逮捕されました。

 調べによりますと、飛鳥会は市側に対し、駐車場の料金収入は年間で7,000万円程度と報告していましたが、実際は、そのおよそ3倍の2億円前後だったということです。

 一方、市側も15年前の調査で、この事実を把握していながら放置していていました。

 小西容疑者の着服額は年数千万円に上り、親族にも年間1,000万円以上がわたっていたということです。 (05/09 20:17)


 ここに出てくる飛鳥会という同和団体は、その建物に銃弾が打ち込まれるなど、暴力団とのつながりが見えてくる。この組織でなくても、この利権に絡む諸団体には暴力団とのつながりがあるものが多いことは知る人ぞ知る事実。暴力団だけでなく、政界の大物ともつながっているため、誰もうかつに手が出せない。
 毎日放送は同和問題に名を借りた行政の不正な融資や助成を取り上げている。新旧の担当者を匿名条件でインタビューしている。なぜ、匿名なのかと言うと、後からの脅しが怖いからだ。こんなことは公務員をやったことある人や、件のことに関わったことがある人なら誰しも経験し、知っていることだ。私がいた地方自治体でも本庁の同和対策に関する課にはその手の人が殴りこみの如くやってきて、恫喝、器物損壊は当たり前。職員の足を踏んでおいて、
「お前、オレの足の下に足を置きやがって!」
と訳の分からない因縁をつけたりしていたそうだ。私も仕事で同和地区にいた時に、
「オレが一言言えば、警察だってすぐに”うん”って言うぞ!」
と大いばりしていた5,6歳年上のお兄さんがいた。本人が言うのだから本当なのだろう。警察も件のことにかかったら、言うなりなのだ。
 そんな世界のこと。
 気に入らないのは、この毎日放送がものすごく得意げに、匿名を条件にインタビューに応じた職員に対し、偉そうに叩いていたこと(手をあげた方の叩くじゃなくて)。自分たちはこれまでさんざんこの問題には引いてきたのに。今だって引いている。ホリエモンが保釈金3億円で保釈され、その金額が歴代何位だとか報道していたけれど、保釈金額の歴代1位はハンナンの元社長でその額20億円。この事件、全く小さくしか報道されないけれど、この保釈金の金額のランク上位に金丸さんだとか過去の大きな事件で大きく報道されたものばかりが並ぶ中、どうして歴代1位の保釈金を払った人物の事件については報道を控えるのか?起こした事件の詐取金額も大きく、それが税金であるにも関わらず、その報道での取り扱いは、ものすごく小さい。どうして小さいの?そりゃ、言わずとも分かってるわね。
 行政にいたら、日本は本当にごねたもん勝ちの世界だってよく分かる。そして弱いもの虐めの社会。マスコミは弱い相手のことはとことん叩く(姉歯元一級建築士の自殺した奥さんのゴシップを載せた某三流週刊誌とか)くせに、自分たちの身に及ぶことは絶対に報道をしない。所詮、彼らも金儲けだから。自分の生活大事だし仕方ないのだけれど、それならせめて弱いもの虐めはするな!陪審員の如く偉そうに人を裁くな!もう、お姉さんは馬鹿馬鹿しくてやってられないのだ。
[PR]
by fussyvet | 2006-05-09 22:01 | こうして社会は回ってる

良心的脅迫

 早産だったためか、産後、母乳が出てくれず、我が子に満足に飲ませてやれなくて一人涙していたことは懐かしい思ひ出に変わり、今では甘え泣きをしては私のおっぱいを見るとニタニタ泣き笑いに変わる息子の顔を見ながら添い乳し、「こんなにアマアマにしてしまってどうしよう。。。」と悩むようになってしまった。それでも相変わらず十分ではなくて、粉ミルクを足して標準体重ギリギリで生まれた息子を何とか標準曲線の真ん中より少し下くらいにまで大きくしてきた。母親ばかりが集まる掲示板で情報を仕入れながら、世間から取り残されそうな孤独感を紛らわしつつ、息子と二人きりの昼間を過ごしている。
 その掲示板の中でも母乳の出は重要なトピックスの一つであり、完全母乳育児を神話のようにしている母親も多い。その裏に母乳が出ず、完全ミルクで育てている母親は何となく後ろめたいような、罪悪感を持たされているような、そんな立場にある。母乳の出が悪い母親が完全母乳に移行するのは本当に大変である。最初は1時間おきに授乳して赤ん坊に吸ってもらい、その刺激で母乳がたくさん出てくるようにしなければならない。ほとんど一日中半裸で過ごさねばならない。腱鞘炎や腰痛に悩まされる人もいるし、ひどい寝不足は当たり前である。
 ある時、一人のお母さんが
「もう限界です。母乳を諦めます。」
と宣言した。すると、多くは「頑張ったね。でも、いいじゃない。」といういたわりの言葉が返ってきた。その人は本当に頑張った。体も痛い。けれど、出なかった。心身ともに限界だし、完全母乳にだけ拘っていては、子供の成育も気がかりになってくる。それで出した決断だった。
 が、その中に一人だけ、
「もう少しだけ頑張りましょうよ。」
という言葉をかけた。これはこれは、、、。随分残酷な、と思った。この言葉をかけた人は自分も母乳育児を頑張っていて、「母乳は子供に良い」ということだけを信じて目指しているのだろう。おっしゃる通り、母乳の栄養ほど子供に良いものはないだろう。もっとも現代は母乳中のダイオキシンが高濃度になるような時代なので、必ずしも母乳が良いとは言えないと私は思うのだけれど。が、とにかく母乳は子供にとって完全栄養らしいので、”母乳が良い”と信じた別の母親は、母乳育児を諦めたと宣言した母親に向かって、励ましの言葉を投げかけたつもりなのだ。私は残念ながらこれは良心的脅迫だと思う。母乳育児を断念した母親は、他人に言われずとも頑張ったのである。それでも、罪悪感とか引け目とかを感じながら、それでも断念するという決定を下さざるを得なかったのだろう。そんな人を更に追い込むようなことを言うか?
 世の中に良いことはいっぱいある。けれど、それを目指すあまり、頑張っている人を追い込むようなことばかり、目に付いて仕方がない今日この頃である。
[PR]
by fussyvet | 2006-05-07 21:05 | こうして社会は回ってる

川崎区富士見公園からのSOSです

川崎区富士見公園からのSOSです。

 地域猫についてはさまざまな意見がありますが、私はこの杏さんの意見に同意。
 よろしくお願いします。
[PR]
by fussyvet | 2006-05-07 07:51 | 動物