<   2006年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

農家と家畜保健衛生所との関係

(ある養鶏場)の獣医師2人逮捕 茨城の鳥インフル問題 [ 02月27日 13時46分 ] 共同通信

 鳥インフルエンザ問題で、茨城県警は27日、鶏の抗体陽性反応を県に届け出なかったなどとして、家畜伝染病予防法違反(届け出義務違反、検査妨害)の容疑で、養鶏会社○○○(横浜市)の獣医師2人を逮捕した。さらに数人を取り調べており、容疑が固まり次第、同日中に逮捕する方針。
 県警の調べや茨城県によると、○○○の獣医師は昨年8月下旬、運営する茨城県内の3養鶏場の検査で、別の養鶏場の鶏から採った検体を3養鶏場の検体と偽って提出し、県の検査を妨害した疑いがある。県の調査では、同社の別の2養鶏場でも検査妨害があったことが判明している。
 ○○○の獣医師は昨年、知人の独立行政法人「動物衛生研究所(動衛研、同県つくば市)職員の獣医師に非公式に鳥インフルエンザの検査を依頼し、抗体陽性反応が出たが県に届け出なかった疑いも持たれている。


 このニュースでは県が全く感知していなくて、寧ろ「検査妨害」などと容疑者を一方的に悪者にしているけれど、真実はどうかなと疑ってしまう。それから、動物衛生検査所についても何も触れられていないけれど、鳥インフルエンザの検査を実際にしたのはこの動物衛生検査所で、結果を見たのも同じ。一般の人が見たら、「どうして検査した方が届け出ないの?」と疑問に思うのが普通じゃないかと思う。この辺り、とても曖昧。
 だいたい、畜産農家と管轄の家畜保健衛生所との関係は、持ちつ持たれつでとても濃密。更に獣医師同士は、同県の獣医師会で顔見知りになるから・・・。
 家畜保健衛生所は誰のためにあるのか分からないような機関。本来なら畜産の振興と病気の蔓延予防のため、国民全体のためにあることが建前。でも、その実は農家のためオンリーであって、農家もそれを当然だと思っている。以前、私が勤務していた時、ある養鶏場から定期的にある最近の検査のために持ち込まれる検体を検査していた。めったにその最近は検出されないのだけれど、ある時、持ち込まれた検体全てから検出されたため、依頼主であるその養鶏場に結果を伝えた。すると、驚くようなことが起こった。その養鶏場に鶏を卸している別の養鶏場が電話で怒鳴り込んできたのだ。
「そんな結果、どうして出したのだ!?もっと、考えろ!」
というものだった。「この人、何を言ってるのだろう?私にもみ消せとか、内緒にして結果を出すなとか言ってるのか?」と呆れてしまった。周囲に相談してみたが、依頼された検体の結果を出さずにはいられないことは共通の意見で当然のことである。が、その怒鳴り込み養鶏場にしてみれば、守ってくれるはずの家畜保健衛生所(因みにその怒鳴り込み養鶏場は管轄外)が守ってくれなかったというところだったわけだ。
 私はね、仕事を全うしたかったの。あなただけの僕じゃなくて、公僕だったんです(過去形)。そんな当たり前のこと、通じないのが、農林水産分野であり、利権に群がる輩が蔓延ってしまう大きな理由です。もちろん、真摯にこつこつやっている農家、獣医師も大勢要るのですが。昔と違って、今や、もたれあい、もみ消し、隠蔽などすれば、このニュースのように逮捕されてしまうのだということを我々獣医師は肝に銘じておかなければならない。
[PR]
by fussyvet | 2006-02-27 16:30 | 動物

私が動物以外の問題にも関心を持つようになった訳

 保健所で毎週月曜日に犬・猫の引き取りをしていました。自分が飼う犬に避妊手術も施さず、子犬が産まれる度に連れてくる常習、自分が使っていた狩猟犬を「もう要らないから引き取れ!」と引き取り日でもない日に脅して強制的に置いていったハンター、捕獲されては持ち込まれる野良猫・・・、そんな光景ばかり見ているうちに、私は、どうしてこういったことが繰り返されるのか、私一人が動物愛護を啓蒙したところでどうしようもない、何も考えない人たちに都合よく使われるために私は仕事をして、こんな仕事のために一生を終えるのか、と徐々に抜け道のない絶望の淵に追いやられていきました。誰かに助けて欲しかったけれど、誰にも助けてもらえない。一人で「捨てないで!」と訴えたところでどうにもしようがない。どうしようもない無力感でした。どうしてこういうことが起こるのか、どうしていったらいいのか、毎日そんなこと考えるうちに動物の問題だけでなく、他の問題もつながっていることに気付きました(ぼちぼち書いていきますが)。それに気付いてからは、動物の問題でなくても活動している人たちに対して協力し、募金をしていくように心がけるようになりました。自分が取り組んでいる問題に多くの人に目を向けて欲しいように、他の問題に取り組んでいる人も同じ思いを抱いているだろう。自分が助けて欲しければ、自分も手助けしなければいけない。

 今は子育てに関わっているせいか以前にも増して特に子供の問題に目が行きます。で、偶然見つけたサイト。
ほっとけない世界のまずしさキャンペーン
 初めての方はよろしければ覗いてみてくださいね。

 ・・・・・本当は”姑””ババア”で検索してたどり着いた姑に対する愚痴ブログを読んでいたら、そこにリンクしてあったのですが。姑撲滅キャンペーンでも開こうかしら。。。冗談です。
[PR]
by fussyvet | 2006-02-23 19:39 | こうして社会は回ってる

文科省のパブコメに

「研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針(案)」に関する意見募集 2/28 18時〆切

 12月まで実際に実験をしており、将来ももしかしたら研究分野に携わるかも知れませんが、私も意見を作成しています。案には前文に「動物実験は必要」なる文字が含まれていますが、それを許したら、動物実験代替法に携わる研究者の意義が小さくなりますから、そんな研究分野の不平等を引き起こすフレーズを明文化すべきでないこと、そして、研究者の教育には実験動物の苦痛削減に必要な麻酔や鎮痛方法を必須とするための意見を主眼として書いております。その他、締め切りまでギリギリ考えるつもりです。
 委員会の最中に、ある大学医学部に所属する委員から、
「既に医学部では倫理審査委員会が適切に機能するようになっており、人道的に行われている。」
旨の、規制を強くさせないための意見が出されたようですが、ここ一年間を見ても、大阪大学医学部での動物実験による研究論文データ捏造事件や宮崎大学医学部での”うさぎ狩り部”事件など医学部をホームにした倫理的に問題がある事件が実際に起こっており、先の委員が言うようなことが事実であるならば、そんなこと起こらなかったはずですよね。どんな地位にある人も人間であって、ずるいことはいくらでも考えます。医学部だから大丈夫なんてことは妄想に過ぎない。一般の良識ある人からの意見が必要です。関心ある人は是非パブコメに意見を送ってください。
 諸外国から見ても日本の研究機関の動物福祉に関する取り組みは遅れています。それがいずれ自信の首を絞めることになるだろうことも気付かないまま。
[PR]
by fussyvet | 2006-02-22 17:50 | 動物

国内のクマ牧場に改善勧告

asahi.com: クマ牧場2カ所に施設改善勧告 頭数適正化など求める-社会 2006年02月21日16時05分

 日本動物園水族館協会(日動水、会長=小宮輝之・上野動物園長)は、クマの過密飼育や観客によるエサやりが国際的に批判された北海道の「のぼりべつクマ牧場」と熊本県の「カドリー・ドミニオン」に対し、施設改善を勧告している。協会の倫理要綱に違反するとして2月中に改善計画を提出するよう求めた。日動水が施設に勧告するのは初めて。

 改善勧告は、のぼりべつクマ牧場を「十数年前に比べるとかなり改善された」としながら、(1)過剰な頭数の適正化(2)エサやりの改善(3)改善結果の年次報告、を求めた。

 同牧場には141頭のヒグマがいる。観客が与えるエサをねだってヒグマが立ち上がり、競う姿も珍しくない。

 カドリー・ドミニオンにも「飼育頭数が過剰。繁殖を中止し、適正規模を目指す」よう勧告した。同園はクマ8種280頭がいて、有料の「おやつやり」や子グマを抱けるコーナーがある。

 92年のワシントン条約京都会議で、ロンドンに本部がある世界動物保護協会(WSPA)が、のぼりべつクマ牧場を「クマの虐待」と告発した経緯がある。増えすぎたヒグマの大量殺処分や、クマの胆嚢(たんのう)を売ったことなども明るみに出た。

 昨年8月、世界動物園水族館協会(WAZA)の会長らが両施設を視察。「19世紀の動物小屋なみに最悪」などと報告した。WAZAに加盟する日動水も理事らが現地調査し、倫理委員会で処分を決めた。

 改善勧告について、クマ牧場の伊勢伸哉園長は「ペアを作らないなど繁殖制限してきたが、放飼(ほうし)場などはあまり大きな変化はなかった。改善計画を提出する」という。カドリー・ドミニオンの上山栄二園長も「3月末までに改善計画をまとめたい」と話している。


 ホームページにも書いたのだけれど、種の保存、保護の機能を担う近代的動物園ならともかく、見世物としか機能しない動物園ならば、時代遅れで要らないと思う。登別のクマ牧場は訪れたことがあるけれど、本当に過密でクマがグジャグジャとアリのようにいて、クマもストレスが溜まっているようだった。見物客に二本足で立って両手を挙げてみせ、餌を乞う姿がとても憐れに思ったことを覚えている。
 初めての改善勧告だそうだけれど、国内のあらゆる組織がそうなのだけれど、内輪をかばうものだろうから今まではされてこなかったのだろう。つつけば、自分もつつかれる恐れもある。それほど自身の施設に自信を持てない状況が続いているのかも知れない。
[PR]
by fussyvet | 2006-02-22 17:36 | 動物

夢を見た

 ものすごく凹む夢を見た。かつての同級生、とても気が合い、一緒に飲んだ良い友達。やがて恋心を抱いた相手。奴が当時のように私の隣に座り、あの空間のまま、そこに居た。とても落ち着く空間。目が覚めても、私は一瞬錯覚したままだった。
 インターネットで奴の名前を検索してみた。出てくる出てくる。奴は納得のいく人生をそのまま送っているだろうか?いやきっとそうに違いない。それに比べて私はなんて小さく・・・。
 あの時、実験動物医学という分野を知っていたのなら、そのまま進学していたのなら、今頃私は・・・、などと考えても仕方のないifの話。岐路ごとに私は真剣に選択してきたのだ。
 比較して他人を目指す日々を送ることなどもうしたくない。
[PR]
by fussyvet | 2006-02-22 16:27 | 徒然

理想の母ネコ

 実験用のネコのコロニーがあって、計画的に繁殖させていくのだけれど、出産後本当に丁寧に優しく、文字通り猫なで声を出しながら子供を育てていく母ネコいれば、生んだ直後に食殺してしまうものもいた。途中まで普通に育てていたのに、1ヶ月くらい経ってから子供の手足を噛み切ってしまうものも。それは母ネコの性質によるものが大きい。限られた空間に閉じ込められていても母性の強い個体はきちんと育て上げ(それでも子猫が大きくなってきて手狭になってくるとイライラして咬む真似をするものもいるけれど)、母性のない個体は食殺してしまうのだ。それでものびのびとした空間にいれば、母性のない個体でも食殺などしないかも知れないけれど、推測であって定かではない。
 子育てしながら、そんなネコたちのことを何度も思い出す。私はどんな母ネコだろう?とりあえず、生んだ瞬間に食殺してしまうネコではなかった。じゃあ、どんな困難な状況でも上手に愛情いっぱいに子猫たちを育てていたあの母ネコみたいかしら・・・?そうありたいという自分自身の母親としての自画像だけは大きい。そう、自画像だけは。

 今日、何度も何度も甘え泣きを繰り返し、手を放させてくれない息子に思わず、
「うるさいっ!」
って思い、実際に食器を洗いながら口にしてしまった。これまでもイライラすることはあっても、言っても分からぬ赤ん坊に言ってはいけないと思い、言わなかったのに、今日は言わなければ治まらなくて吐き出してしまった。そう、頭の中では分かっていても、言わないとマグマが胸の内に溜まったようになってしまうと思ってわざと吐き出したのだ。一瞬すっきりした。
 私も食殺する母ネコを何ら変わらない。どこかのホテルの社長の言葉を借りれば、”上等な”母親なんかじゃない。私はあの愛情いっぱいの子育て上手な母ネコみたいではないし、あんな風にはなれないだろう。いや、あの母ネコだって見ていないところではイライラして”カッ”と口を子猫に向かって開いていたのかも知れないじゃないか。
 今日、私は自分の母親としての自画像を捨てた。”理想の姿”なんて自分のものでしかないし、それでよかったんじゃないかと思う。やっぱり私もいつ子供に手を上げるか分からないし、理不尽な言葉で叱るかも知れない。所詮罪深い人間、気をつけていないといつ転ぶか分からないのだ。それをあらためて思い知らされたことは、とても情けなく悲しかったけれど、よかったんだと思う。

 さて、息子と一緒に楽しいお風呂に入ろう。
[PR]
by fussyvet | 2006-02-21 19:15 | 家族

今一番の祈り

最初の妹が天に帰ったのは3ヶ月に満たない時だった。
その時が来るのが、暗示のように怖い。
神様、息子は守って下さい。取り上げないで。
[PR]
by fussyvet | 2006-02-16 22:18

閑話休題

 つまらないニュースには関わらないと思っていたのだけれど、思わず笑ってしまったので・・・。

<アダルトビデオ>免許更新講習で誤放映 福岡県警の試験場 [ 02月16日 03時00分 ]

 まじめな人は「けしからんっ!」って怒るでしょうが、私はこういうの大好きです。人間っぽいじゃない?

 文部科学省のパブリックコメントを作らなくちゃ、あれもこれもしなくちゃ、と相変わらず自分で自分を追い込む生活をしておりますが、息子の”あまあま攻撃”の合間にコーヒーブレイク。男の子に多い脂漏性湿疹による蝋のような滲出物が耳道にも入り込み、明日耳鼻科へ相談に行ってみようかと思っております。調べる限り、自然に排出されるようですが、まだ細い耳道ゆえ、塞がることが心配なので。イヌ、ネコならばイヤークリーナーで”ぶるぶるっ”とさせれば取れちゃうのですが・・・。
 まだ小さい1ヶ月の子供をいじくるのは良くないかも。電話で確認はしたのですが、耳鼻科デビュー、、、大丈夫かなあ。もう少し様子を見ようかな。。。ホント、些細なことで悩めます。
[PR]
by fussyvet | 2006-02-16 15:17 | 徒然

捨てられた…

心に悩みを持つ身内から送って欲しいと言われて送った聖書を捨てられた。彼女の精神状態からして予感はしていた。価値観や信条は人それぞれであることを分かっているつもりでもやはり、自分が大切にしているものを捨てられたらショックで怒りが沸いてくることを止められない。なぜに次から次へと心安らがぬことばかりもたらされるのだろう?
神様、どうして私は休ませてもらえないのですか?
[PR]
by fussyvet | 2006-02-12 18:45 | 家族

もみ消しはよくあること

リンク先のこの日記を読んでみて下さい

 この事件の真相は知らないけれど、他殺を疑う人は大勢いるようだ。一部マスコミもそれほど突っ込みはしないけれど、自殺を疑問視する内容に触れたりしている。客観的に見て、おっかなびっくりな姿勢であることに驚く。

 行政にいる頃、食中毒事件などのもみ消しはよくあることだった。被害者が事件にすることを望まないなどの理由以外でもみ消すこともある。一番下っ端だった私はひたすら調査したのだけれど、一定の調査など進んだ時点で上層部のほうでもみ消す方向で話しが進んだ場合、それ以上の調査はストップがかかる。同じようなことが警察で、しかも人一人亡くなったような事件でそんなことが起こったなら、そんな理不尽極まりないことがあるだろうか?相手が巨悪ならば、もっと人手を増やしたら?真実が隠され、悔し涙に一生くれる人がいていいの?冗談じゃない。私なら気が狂ってしまう。
[PR]
by fussyvet | 2006-02-09 16:08 | こうして社会は回ってる