<   2005年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ディベート

 ALIVEという団体が主催するディベートに行ってきました。これまで広告等で知っていたものではディベートという形式はなかったので、とても興味を持って行きました。いつも動物実験反対運動団体から叩かれている京大霊長類研究所の助教授とのディベートです。こういう場所に研究者が顔を出してくるのは、少なくとも日本国内ではかってないことではないかと思います。どんなディベートになるのか、興味津々でした。研究バリバリの人で徹底的に動物実験反対運動を非難するのか、あるいはおどおどしてしまうのか、そして、動物愛護運動側の方は研究者相手にどう切り込むのか、感情論で行くのか、あるいは…。
 結果的に研究者側は動物の福祉についても考えなければならない立場の方で、私が思ったより穏やかに進んでいったように思います。また、動物愛護運動側の方もこれまでの歴史、海外の事情等を踏まえて講演後、研究者を一方的に非難するような方法ではなく進めていらっしゃいました。
 こういうディベートが公の場で持たれるようになることはとてもいいこと。研究者側にも自分が税金からの助成金をもらってやっている研究について、国民に説明する責任があることを自覚していくようになるといいと思います。そして、動物愛護運動側も、研究者が命を冒涜する大罪人であると大上段から構えた見方で非難するだけのやり方を変えていくといいと思います。それでも会場に来ていた一般の人からは、
「私は人間として全ての生物の命は同等だと思うが、先生方はどう思われるか?」
とか、
「簡単に生物の命に線引きをしないで欲しい。」
とか、研究者を人でなしであるかの如く“試す”ような意見・質問が出ました。しかし、生物の命が同等だというのは神や仏から見て同等であるだけであり、人間は実際に命について差別をしています。肉を食べる人は勿論、魚、更には植物だって命であることには変わりない。もし、本当にそれらの命も同等であるならば、私たちはベジタリアンにすらなれません。また、人間同士においても、知らない人が亡くなったからと言って泣きはしません。もし、全ての人間の命も同等であるならば、自分が愛する人でなくても不幸があったならば同じように悲しくて泣くことでしょう。けれど、実際には知らない人にまで情を移したりする人はほとんどいないでしょう。命について、誰しも知らず知らずのうちに線引きをしているのです。
 じゃあ、動物をむやみやたらと使うことは止められないのかと言えば、そうではない。やはり必要最低限に抑えることはできるはずです。そして、何よりも生きている間の苦痛をできるだけ取り除いてやることも。人間も同じです。苦痛が多い人生よりも、生きている間の苦痛はできるだけ少ない方がいい。苦痛だけの人生ならば、そのうち自分の身を消し去りたくなるものです。動物は人間のように自分の身を消し去る術を知りません。ひたすら生きることしか考えていない。そうであるならば、苦痛を与える人間がその苦痛を軽減してやることを考えていってやらなくてはいけないのではないか、それが人間の最低限の責任ではないかと思うのです。
 話が少しそれました。今回のようなディベートがもっと行われるようになるといい。そのためには研究者側も動物福祉について勉強しなければ対応できないだろうと思います。どのくらいの研究者がこういったディベートに出てこられるだろうか?残念ながら、今現在ではほとんどいないのではないかと思います。こういった討論が公開されることも動物の福祉が進んだ証拠になっていくでしょう。それから、そこに聴講に来る人も増えてくれること。残念ながら、今回のディベートには、大学祭の一環ということもあり、聴講者は思ったより少ないものでした。どちら側の人も動物の福祉に関心を持ち、増えてくれるといいと思います。
[PR]
by fussyvet | 2005-11-29 12:42 | 動物

妹への誕生日プレゼント

 絶縁(と言っても、携帯メールアドレスを着信拒否設定にしただけだけど)してから2週間。妹の誕生日があったので、新約聖書を送った。手紙も何も添えず、ただ本だけ送った。
 土曜日に携帯に電話があったようだ。着信履歴にのっていた。そのままこちらからは掛け直していない。妹は何を言おうとしていたのだろう?「ありがとう」?「こんなもの要らない」?要らなければ、そのうち送り返してくるだろう。
 最近、焦りも手伝ってか昔の記憶がフラッシュバックする。意味もなく憂鬱になる。何か心配事があると、嫌なことが便乗して襲ってくる。今の私に家族は夫だけで十分である。そして、来年には子供が生まれる。それだけで十分である。私に昔の家族は助けられない。神様に祈り、託すだけである。
[PR]
by fussyvet | 2005-11-28 21:48 | 家族

子供を生んでから知りたいこと

母がこんな私ですら生まれてきたことを喜んだことが本当のことかどうか。
女は弱し、されど母は強しというが、本当かどうか。
子供の存在だけを支えにして生きることしかできない女にならないことができるかどうか。
「子供を育てなければ一人前じゃない。」という傲慢な考え方が間違っていることの実証。

 強くなれたらいい。楽しみが増えたらいい。が、子供に自分の存在を被せて生きたくはない。子供は神が私の体を利用して作った別の生きもの。彼は彼の幸せを探しつつ、生きられるものになって欲しい。私はできる手助けをするだけ。
[PR]
by fussyvet | 2005-11-28 10:23 | 家族

「低レベル」

 動物愛護運動活動に携わるある人が使った言葉、「低レベルな意見」。
 何を基準にして「低レベル」なのか、主観的な言葉であり、かつ、使った本人が忌み嫌う一部のお偉い研究者が根拠無く他を見下す時に使う言葉でもある。そんな言葉を使っている限り、動物愛護に未来はない。
 なぜ、もっと冷静に言葉を選べぬ?そんな人を見るたびに失望する。それこそ可哀想な動物たち。
[PR]
by fussyvet | 2005-11-24 16:29 | 動物

ポスター

 アメリカ最大の動物保護団体Humane Society of the United Statesのキャンペーンポスターです。感謝祭に向けてかも知れません。アメリカで食肉生産のために殺される動物の95%以上が鳥類だというのに、アメリカの人道的な屠殺に関する法律が鳥類を担保していないことについて、改善を求める署名活動を行っているようです。
a0015636_12513316.jpg

[PR]
by fussyvet | 2005-11-22 12:52 | 動物

証詞(8)

 洗礼後、私は神様の愛に満たされていました。テレビも冷蔵庫もない生活、あるのは牧師さんから借りたCDラジカセだけでしたが、大学から夜遅く帰り、布団に入ってから千代崎師の説教テープを聞きながら眠る、それだけで幸せでした。以前の私なら、独りぼっちの部屋で眠ることなど不安で仕方がないことでしたから、その寂しさを埋め合わせるための誰か、異性が欲しくて仕方がなかったことでしょう。けれど、もはやそんな寂しさは微塵もありませんでした。
「神様さえ居てくれれば、もう何も要らない。」
男なんて当てにならないのに、そこに救いを求めていたそれまでの自分は愚かである、もう誰も要らないのだと思っていました。そんな私に、自分自身も独身女性である牧師さんが結婚はいいものだと言いましたが、私は、
「神様がいるのに、どうして男の人が必要なの?もう、私、要らないんです。」
と言ってはばかりませんでした。事実、心底そう思っていました。
 何度か異性に食事に誘われました。けれど、”もう男など要らなかった”私は、時間を合わせることが面倒で、ことごとく断っていました。そんな中、今の夫である主人からも食事に誘われたのです。が、やはり面倒くさくて私は返事を返していませんでした。
[PR]
by fussyvet | 2005-11-20 17:07 | 神の救いの証

マーティン・スコセッシ、次回作は遠藤周作の「沈黙」

 マーティン・スコセッシ監督が、次回作で遠藤周作の小説「沈黙」を映画化することを明らかにした。「沈黙」は、17世紀の日本を舞台に、キリシタン弾圧の嵐が吹き荒れる長崎にやって来た二人のポルトガル人宣教師の悲劇を描いた作品で、スコセッシは同小説を映画化するために10年間も企画を温めていたそうだ。同小説は、日本では篠田正浩監督によって1971年に『沈黙 SILENCE』として映画化されている。Copyright © 2000-2004 FLIX LTD. / WELVA CORP.

 マーティン・スコセッシ監督の作品、大好きです。「最後の誘惑」「ギャング・オブ・ニューヨーク」…。そのマーティン・スコセッシ監督が、これもまた私の大好きな遠藤周作さんの「沈黙」を映画化して下さるなんて、もうこれは絶対must-seeです。「沈黙」はうなるほど重く心に積もる作品。それを「ギャング・オブ・ニューヨーク」で重く長い印象を残してくれた監督が手掛けるなど、想像すると居ても立ってもいられない。出演者候補にはこれまた私が大好きなジョニー・デップの名前も挙がっているようで、ますます期待心を煽られます。
 映画は数少ない私の趣味の一つ。ここ1年ほどズシーンと来る作品がなかったので、早く早くと待ち切れません。あのドロドロとした和風の雰囲気を”洋”の人たちがどう受け取って表現してくれるのでしょうか?良い作品になりますように。
[PR]
by fussyvet | 2005-11-18 14:58 | 映画

(社)日本獣医学会によるQ&A

 リンクに(社)日本獣医学会によるQ&Aを追加しました。予想外に真摯に的確に答えられているので、獣医系大学で学べること、獣医師の仕事、動物実験への疑問について情報を得たい方は参考にして下さい。ただし、獣医学会が語ることですので、不利益なこと(代診が徒弟制度で、奨学金を返すのも困難なほど安月給でこき使われていることとかね)についてはあまり触れられていません。あくまでも参考に。なお、個別の診療についての質問は獣医診療に入り、法律上対面でないと行ってはいけないことになっておりますので答えられていません。
[PR]
by fussyvet | 2005-11-14 19:51 | 動物

時には誉めてみる

悔しさと怒りのあまり、全てを否定したくなるので、時には自分を誉めてみる。

 10年のブランクがあったのに、ここまでようやった。
 孤独と死にたい気持ちの中、ここまでようやった。
 妊娠しながら、ここまでようやった。

まさに神業ではないか。
後は神に委ねて歩むのだ。

今日は主日礼拝。久し振りの礼拝。初めての近くの教会。心をまっさらにして臨もう。
[PR]
by fussyvet | 2005-11-13 04:21 | 神様を愛してる

農林水産によく見られるもたれ合い

 茨城県の養鶏場(○○××社長)が8月、鳥インフルエンザウイルス感染の可能性があるとして県の立ち入り検査を受けた際、鶏の検体採取について虚偽の報告をしたとして、同県警生活環境課と石岡署は12日午前、家畜伝染病予防法違反(検査妨害)の疑いで同養鶏場の事務所などの捜索を始めた。

 県などによると、同養鶏場は8月28日に立ち入り検査を受けたが、○○社長は「県の家畜防疫員が検査をすると、ウイルスが入ってくる可能性がある」と主張。「全16鶏舎から自ら採取した」とする書類を添えて検体を提出したが、実際は16鶏舎中5鶏舎だけの検体を提出していたという。

 結果は陰性だったが、県の再検査で一部検体から抗体が検出された。県が今月上旬、○○社長に事情を聴いたところ、正しい検体を提出していなかったと認めたという。

 農水省は、鳥インフルエンザの検体は都道府県の家畜防疫員が採取するよう求めている。○○社長は獣医師資格を持っているが、家畜防疫員資格はなかった。


 私は家畜保健衛生所の家畜防疫員をしていたこともある。そこで見てきて与えられた強烈な印象は、農家の強さ、農家への各種助成金の多さ、そしてそれらをかばう農林水産関係の獣医師(行政職員、民間を含めて)の”偏り”だった。自らが経営する養鶏場についての検査を獣医師の資格を持った経営者が行う。通常、養鶏場と家畜保健衛生上はツーカーの中だから、「自分にやらせてくれ。」と経営者である獣医師が主張すれば、”信頼関係”を理由に任せてしまう。そんな馴れ合いの構図は確固とした壊しようのないものとなってしまっている。そんな似非”信頼関係”がなければ、家畜保健衛生所の仕事が進まないという現状にも大いに問題がある。これは、農林水産省下における産業全般に渡る問題であるのが実情。公共事業にまつわる問題の次は、ここではないかと思う。
 BSEが日本で発生した年、プリオンが検出される可能性が高い年老いた乳牛、いわゆる廃用牛が屠畜場で屠殺することを拒まれたり、農林水産関係団体が直々に「廃用牛は肉用として屠畜場に持ち込むな。」とお触れを出したりしていた。乳を出せず、コストばかり食う廃用牛は酪農家に溢れかえり、肉にすればまだ金になったものをかかりつけの獣医師に安楽死してもらって廃棄するしかなかった。
 そんな中、家畜保健衛生所長、他所のお偉いさん、共済のお偉いさん、いずれも獣医師だが、こう言った。
「○○の屠畜場に持って行って一万円握らせれば、やってくれるわ。」
 その屠畜場は私が以前食肉衛生検査員をしていたこともあったところであり、BSE騒動でかつての同僚も、現場の人たちもどれほど心労がかさみ、見えない出口を求めていたことだろうか、容易に想像がついた。その3人の獣医師の言葉を聞いた途端、腸が突沸した。
「何を言ってるんですか!屠畜場だってどんなに大変な思いをしているか!それも考えて下さいよ!」
こんなタヌキ親父たちが一都道府県の農政を仕切っているのかと思ったら、悔しくて腹が立って仕方がなかった。
 その前の年、口蹄疫が日本で発生した時、第一通報者である獣医師の元には嫌がらせの電話が入り、精神的にまいってしまったという。現場の真摯な人間は追い詰められ、上層部は保身しか考えない。茨城の経営者も経営者として必死だったのだろう。…皆必死。それを一部の者だけがつるんで、もたれ合って、守られ、外部の者はますます追い詰められる図式はもう見るに堪えられない。
 農政に関わる議員、行政マン、獣医師でおかしいと思った人間が声を出すしかない。残念ながら多くの場合、そんな声は大きな力にかき消されてしまうのだけれど。
[PR]
by fussyvet | 2005-11-12 13:33 | 動物