<   2005年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

祈り

病者の祈り

大事をなそうとして力を欲しいと神に求めたのに
慎み深くあるように弱さを授かった

より偉大なことができるようにと健康を求めたのに
より良きことができるように病弱を授かった

幸せになろうとして富を求めたのに
賢明であるようにと貧困を授かった

世の人々の賞賛を得ようとして権力を求めたのに
神の前にひざまずくようにと弱さを授かった

人生を享楽しようとあらゆるものを求めたのに
あらゆることを喜べるようにと生命を授かった

求めたものは一つとして与えられなかったが
願いはすべて聞かれた
神の意にそわぬ者であるにもかかわらず
心の中で言い表せない祈りはすべてかなえられた
わたしはあらゆる人の中でもっとも豊かに祝福されたのだ

(ニューヨーク・リハビリテーション研究所の壁に書かれた
                           ー患者の詩)


すばらしい祈りである。

気ままで生意気な子羊は真似てみた。


より偉大なことができるようにと強大なる精神力を求めたのに
より弱き者の心が分かるようにとひたすら弱い心を授かった

思いが全て達成されるようにと金を求めたのに
勤勉であるようにと貧困を授かった

「こんな国、とっとと出ていってやる」ために学位を求めたのに
自分の力ではなく、神の力に従って生きるように信仰心を授かった

人生を自由奔放に生きられるようにと一人で生きていける力を求めたのに
人を大事にして共に歩むことを学ぶように伴侶を授かった

求めたものは本当に何一つとして与えられなかったが
神は自身がそこにおられることを教えて下さった
神を神とも思わぬ者であったにもかかわらず
自分の意思ではなく、神の計画の中にあった祈りはすべてかなえられた
わたしはあらゆる孤独で傲慢な者の中でもっとも豊かに祝福されたのだ

(日本の研究所でしがない学生生活を送る愚か者が真似っこした詩)

*原文を探したのですが、見つけられません。ご存じの方は教えて下さいませんか。
[PR]
by fussyvet | 2005-03-31 09:17 | 神様を愛してる

ネットを介した動物売買

MSN ペット

 「厳選されたブリーダー」「ペットを心から愛するブリーダー」とあるが、「遺伝病を熟視したブリーダー」とは書かれていない。そして、購入後10日以内に病気が発生する場合があるというが、どんな健康管理をしていればそうなるのだろう?そして、「担当者がブリーダー本人と直接会って飼育環境、衛生管理等を確認した上で」とあるが、動物販売取扱業の届出についても確認しているのだろうか?そして、母獣の健康を考えたら、「ペットを心から愛するブリーダー」であれば一年に一度以上は交配出産をさせられないはずだが、どうなんだろう?因みにそのような頻度では「専業」ではやっていけないはずだ。
 ネット上での動物の売買について疑いだせばキリがない。アメリカではオークションについてもThe Animal Welfare Actが適用される。MSN Japanは動物のインターネットオークションも悪びれもせず堂々と行っていて本当に信用できない。「お気に入りに」に登録してあったMSN Japanを削除してやりたいほどに腹が立ったが、監視するために残しておいた。

 保健所や愛護団体が運営するシェルターには、里親を待っている動物たちがいっぱいいる。営利目的で子犬を生産することをpuppy millという。子犬の製造工場という意味だ。母体は機械、製品が子犬である。アメリカでは動物虐待でpuppy millが次々と摘発されている。日本の「動物の愛護及び管理に関する法律」は生ぬる過ぎて寒気がする。
[PR]
by fussyvet | 2005-03-31 08:51 | 動物

 以下のリンク先はアメリカのある屠畜場でのウシの屠殺風景を写したものです。心臓の弱い人はご覧になられませんように。

PETA TV: Select Your Media Preferences: Mutilations at AgriProcessors Slaughterhouse-- Full Version

 一頭目のウシは意識あるうちに頸動脈と気管を切られているようですが、それでもまだ立ち上がり逃走を試みます。因みに私は何カ所か屠畜場に勤務したことがありますが、どこでも最初には額から鉄砲のようなもので金属の棒を打ち込み、瞬時にして不動化させていました。神経伝達路をを全て切っているわけではありませんから、痛みは感じていることと思います。その後、”ピッシング”と言って、太い針金のようなものを金属棒が開けた穴から突っ込んで、完全に不動化し、従業員への危険がなくなってから頸動脈をナイフで切断し、放血殺します。ここまでの間、慣れてしまうと残酷さはそれほどなくなりましたが、一部の屠畜場では放血殺されている段階、つまりまだ生きている段階で頭部をナイフで切断していました。さすがにそれは痛いだろうと思います。仕事の効率を考えてのことでしょうが、その結果、枝肉には血斑が多くなり、製品としての価値が落ちるという人もいました。
 このビデオの中で、金属の棒を打ち込む過程が見られませんし、頸動脈と気管を切られたウシが走っていますから、その過程がないのか、或いはこのウシだけ不動化に失敗したのか…。
 いずれにしても「お肉」ができあがる過程です。
 BSEの国内での全頭検査が、20ヶ月齢以上のものを対象とした検査に変わるようです。現在の検査方法やウシの発症年齢を考えれば、妥当な措置だと思います。食の安全安心と共に、その製造工程について消費者がもっと関心を持ってくれればと思います。
[PR]
by fussyvet | 2005-03-28 19:19 | 動物

ハル・ベリーという女優

 ささくれ立った心を癒すため、またまたものを探していた。ら、見つけた。

I Love Halle Berry / biography

 「チョコレート」という映画で初めてご尊顔を拝見しました。その映画自体は私にとっては何とも言えない映画で、ハル・ベリーについても「エロティックだなあ。」くらいにしか思わず、演技自体にも引き込まれなかったのですが、今年度の「ゴールデン・ラズベリー賞」(参考)で見た時に、「何てウィットに富んでいる人なんだろう!」と感動して以来、好きになってしまいました。「ゴールデン・ラジー賞」は、「アカデミー賞」のパロディみたいなもので、その年の”最低”の映画や主演俳優などを表彰するもので、選ばれても滅多に出席する人はいません。そんな中に彼女は表彰されに現れて、聴衆から大喝采を浴びたのです。
 同性の私が見てもドキッとしてしまうような肉感的なスタイルと名声に恵まれ、愚かな私はやっぱり「いいなあ。」と羨むことしかできなかったのですが、彼女の右耳の聴力は80%を失っているんだそうで…。それから、家庭的にも決して恵まれていなかったようで…。それから蛇足ですが、てっきり私より若いのかと思っていたら、私よりお姉さんだったわけで…。とにかく苦労を微塵も感じさせない美しさに脱帽なのです。私もこうありたい。最近ずっと辛いことばかりに気を取られていたので、ハルお姉さんのように心身共に磨きたいと思います。何てったって春だし、人妻になるのだし…あは。
[PR]
by fussyvet | 2005-03-28 16:38 | 映画

イースター礼拝

a0015636_14311096.jpg

イースター、おめでとう。
教会の子供達が作ってくれた卵です。
御子の復活を心からお祝いします。
[PR]
by fussyvet | 2005-03-27 14:31 | 神様を愛してる

全ては主の御心のままに

数週間前に買った「パッション」
ずっと開ける気にはなれなかったのだが、受難日の明けた今朝解いた。
一度映画館で見た映画である。
全ての映像を、目を伏せることなく見れたのに、
今日は何度も目を伏せたのは、あらゆる葛藤を抱えた今の自分は罪深くなったということ。

イエスも自身の望みがあった。
「これから訪れるであろう苦しみから私を守って下さい。」
それでも最後は自分の望みよりも”主の御心のままに。


今の私を動かしているのは激しい怒りと悲しみ。

神様、復讐はあなたに任せます。
どうか私も怒りと悲しみを解き放ち、あなたの御心にのみ従って生ける者にして下さい。

今の私はペテロ。
拷問を受けるイエスを前にして
「私は知らない。」
と何度でも言うだろう。
生半可な正義感だけ持ち合わせた弱き者。


今、横でビデオの中のユダが首をつった。
私は死なない。
自分自身の罪の贖いのため生きる。

これまでに私がしてきたこと、今持ち合わせているどうしようもない怒りと悲しみ。
全て神に託す。


子供が欲しい。
しかし、私のような罪深い者がまともな親になれるだろうか?

案じているうちは、自分自身の力だけで生きようとしている傲慢という罪。
全ての不安を主に託す。
子供が宿されただろうか。
数週間後には分かるだろう。
全て神の御心のまま。

イエスが自分の不安や望みよりも主の御心に従ったように。
私がイエスのようにあれるとは夢にも思えない。
けれど、どんなにあがいて悶え苦しみ、怒りに震えようとも、
どうか最後は主の御名の下に戻れますよう、
どうか私を導き、私をあなたのご用に使って下さい。
人ではなく、あなたに利用されて去ってゆけるなら本望です。
全ては父なる神、子なる神、そして聖霊の御心のままに。
[PR]
by fussyvet | 2005-03-26 11:57 | 神様を愛してる

受難

 数日前から気持ちがとても不安定です。仕事している時はいいのですが、一人になるといろいろ思い出したり、考えすぎたりで気が付けば泣いている。体調もすぐれないし、このアンバランスさはホルモンのいたずら?えっ、妊娠?…などと妄想だか本当だかわからない思いにまでいたる。

「洗礼を受ける前の自分のことを思い出さされているのかも知れない。真面目でしっかりした仮面の下に傲慢さと自己愛と孤独で荒れ果てていた罪深いこれまでの、そして多分、今の私。思い出したくないことを思い出して、苦痛に喘いで…、『お前は業が深いから、イエスと一緒に苦しみなさい。』と神様に言われているのかも知れない。」

 明日25日は受難日。イエスが拷問を受け、十字架を背負って引き回された上、はりつけにされた日。イースターは聞いたことがあっても前に受難日があることを知る日本人は少ない。罪のないイエスにそんな仕打ちをした人間の罪、私の罪。聖人の中でこんなに悲惨で屈辱的な最期を迎えた人はいない。

 神様、過去を思い出すのは辛いです。心がフラフラしているのは辛いです。イエス様が受けた苦痛、悔しさに比べれば大したことないってことは分かっています。でも、あなたが敢えて思い出させるのは、少し調子がよくなってくるとすぐに木に登ろうとする猿でオタンコナスな私の襟を正させようとしているのでしょうか。この時期にそのような機会を与えられたことを感謝します。罪深い私に道を示して下さい。心の有り様を教えて下さい。私の罪で周囲の人が傷つくことがありませんようお守り下さい。愛する主イエス・キリストの御名により、お祈りいたします。
[PR]
by fussyvet | 2005-03-24 09:20 | 神様を愛してる

サルの動物実験

HELP ANIMALS 関西医大 骨髄損傷の最先端再生治療を患者で

 サルは系統樹から見ても人間に近いため、ワクチン開発を初め、新医療開発のためさまざまな実験に使われる。が、動物実験倫理委員会で承認されなかったことは興味深い。どのような実験内容であり、どのような議論の下に却下されたのだろう。
 むやみに動物実験を行わない方向にあることは事実。しかし、まだまだ減らせる。この倫理委員会に敬意を表する。そして、倫理委員の意識と知識両面からのレベルアップを望む。

<以下独白>
[PR]
by fussyvet | 2005-03-22 16:53 | 動物

癒し

今日の憂鬱な自分には綺麗な物を綺麗だと感じる心が必要。何か感動が必要。
と、周囲を見渡してみればあった。
アメリカに住む幼なじみが一週間前に送ってくれたチューリップたちです。
こんな綺麗で優しいチューリップを私は初めて見ました。
と言うわけで、お裾分け。
a0015636_1472194.jpg
居間に飾ってある艶やかなピンクたち。

a0015636_148856.jpg
寝室に飾ってある子たち。黄色の子達はなぜか一番弱く元気がない。
何度再生を試みても…。か弱いけれど、私は見捨てない。

a0015636_1493129.jpg
そして、玄関に飾ってある個性的な子たち。今が満開。
君たちが枯れて汚くなったとしても、私は君たちが生きている限り捨てない。
老いて枯れ果ててゆくからと言って、精一杯生きるものたちを誰が捨て去れるというのか。
[PR]
by fussyvet | 2005-03-22 14:14 | 徒然

悩める動物のお医者さんの卵へ、そして傲慢な大学教員に思うこと

 進路で迷っている獣医学生と話をした。その学生が通う大学の外科には名医のうちの一人がいる。しかし、その学生はその外科の先生を嫌いだと言った。理由はさまざまあるだろう。その名医先生はこう言っているそうだ。
「『動物をできるだけ殺したくない。他の方法があるならば、その方法により学びたい。』という学生は要らない。動物を実習で殺した数だけ腕はよくなるものだ。」
その学生はその先生が吐いたそんな言葉も嫌悪した。そして私もこの名医先生の曰いようにはとても違和感を抱く。
 人間の臨床医ならどうだろうか?「人間をできるだけ殺したくない。他の方法があるならば、その方法により学びたい。」と言葉を置き換えてみれば、何のことはない、当たり前の表現になる。勿論、人間を医者の場合、人間を用いて練習する前に実験動物を用いることもあるわけで、この置き換え表現がそのまま獣医にも当てはまる訳ではない。しかし、命の利用、そしてそれに伴う命の重さの区別に疑問を抱かない獣医師はどこまで名医となれるのか?そのような獣医師は臨床の腕は上がるだろう。医術も高度になるだろう。しかし、そのような高度な獣医療を受けられる飼い主がどれだけいるのだろう?そのような飼い主はバカ高い診療費を払えるお金持ちだけではないか。庶民が受けられない技術一つをどこまで高めたところでそれが何になるのだろう?もちろん、全体的な獣医療水準の底上げができるのであればその方がよい。しかし、今の国内の獣医療を見ていても、大学内の名医が自分だけ腕を上げるだけで、それを普及させるような制度は整っておらず、結局全体的な底上げにはつながっていない。
 獣医療に必要なのは飛び抜けて高い臨床技術ではなく、予防医学の啓蒙普及、避妊・去勢手術の励行、そして飼い主への飼い方教育なのだ。そのようなことをお山の大将は知らず、学生の思いも考えず、周囲を蹴散らして独走する。それでその先に何があるのか?自己満足だけではないのか?

 相談を受けた学生には諸事情が許すのなら自分が学びたいことに最も近いところで大学院生になって博士号を取ること、企業に就職するのなら学位取得を奨励しているところを選ぶこと、アメリカに留学して実験動物専門医の資格を取ることなどの道を挙げて勧めた。そして何よりも情報をたくさん得ること。そして、ブランドではなく、学ぶ人を選ぶこと。その他個人的に手助け可能な事項を告げて別れた。
 真摯な学生が真っ直ぐ育ちますように。そのための手助けはできるだけしてあげたいと思う。
[PR]
by fussyvet | 2005-03-15 18:56 | 動物