<   2004年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

年越し

3年前は一人長崎で汽笛を聞きながらホテルで、
一昨年は家で両親の不仲に心寒く、コタツに入って一人泣きながら、
昨年は死にたい衝動を抑えながら自分の運命を呪いつつ一人大学の研究室で、

今年は神に祈り感謝しつつ再び実家で家族で温かく、

来年は新しい家族と迎えたいと期待しつつ、毎年異なった年越しを送る。

どんな年越しも温かく神の祝福ありますように。
[PR]
by fussyvet | 2004-12-31 23:01 | 徒然

帰省中

a0015636_21545775.jpg

実家のタヌキ…いえ、ネコです。
[PR]
by fussyvet | 2004-12-30 21:54 | 家族

師走モード

 自分を取り囲む環境がここ1、2ヶ月間で目まぐるしく変わり、自分のペースがその変化にまだ対応できていないこともあり、心身共にかなりお疲れ。お疲れの理由はそれだけでなく、お酒を飲む機会が多いからというのもありまして、やはりもうむちゃくちゃ若くはないのだから、自分をしっかりと守ることの大切さを痛感しております。攻めを止めれば私ではなくなり、でも守られて休みたい気持ちもある。神様は「狭き門から入れ。」とおっしゃるが、果たしてどれが自分にとっての「狭き門」であるのかさえ見極められないような余裕のなさ。早く自分モードを取り戻したいと思います。

 先日、高卒で実験動物技術者になった人が言いました。
「僕は獣医さんになりたかったんです。でも、片親が蒸発したりなんかして、大学へも行けず、諦めたんですが、今こうしてやっていて楽しいんです。」
 私は「う~ん。」とうなってしまった…、自分自身はもう獣医なんて要らないと何度も思ってきたのですが、彼にとってはそんな私の仕事はとても憧れであったわけで、私は決して幸せな家庭に生まれたわけではありませんが、少なくとも大学は出ることができたわけで…。それなのにそれをあっさりと捨ててしまっていいのだろうかと考えさせられました。勿論、親が蒸発してしまった人でも努力して大学へ進学する人がいるだろうとは思うのですが、そんな特別に優秀な人のことを例にとって言うのではなく、彼が私にした告白は神様が私に与えてくれた考える機会ではないかとも思うのです。
 このお正月はゆっくりと自分自身を見つめたいと思います。今の私に大切なのは、やっぱり動物たちのことを考えることと、本当に弱い人たちのために自分ができることを考えることと、身近な人たちを大切にすること、そして何と言っても神様です。神様を介しながら自分が今すべきこと、これからどうしていくのかをしっかりと考えたいと思います。全てのことを両立させることは不器用な私にはとても難しい。典型的な「二兎を得ようとする者は一兎をも得ず」タイプなのでゆっくり確実に生きていきたい。そのために考える年末にしたいと思います。
 皆様にも充実した良い正月休みとなりますように…。
[PR]
by fussyvet | 2004-12-27 18:26 | 徒然

そこまでして

アメリカでクローンネコ発売

 と言いますか、毎度言うことですが、そこまでしてペットとしての命を作り出さなくても、保健所には、既にこの世に生まれてしまったにも拘わらず、死を待つだけのネコがいっぱいおりますのに…。
保健所の犬・猫をもらって下さい
[PR]
by fussyvet | 2004-12-24 06:06 | 動物

問い合わせ方法

 企業に勤める獣医師の知人から尋ねられた。
「△△県の○○××って名乗る人から動物実験についての質問が来たが、動物愛護運動に携わっている人かどうか知っているか?」

 いろいろなことで企業に質問することがあるだろうが、注意事項を申し述べておきます。△△県の○○××だけでは企業だけでなく、官公庁、研究機関もまともに取り合ってくれません。正々堂々と質問するのでなければ、誰も誠意を持って回答はしてくれないでしょう。普段の人間関係でも言えることですよね。だから、問い合わせる時はきちんと礼儀をもって正面から切り込んでいきましょう。想像してみて下さい。「△△県の○○××」とだけ書いて質問を送ったとして、怪しまない人がおりましょうか?
[PR]
by fussyvet | 2004-12-22 06:14 | こうして社会は回ってる

メリー・クリスマス

a0015636_1934082.jpg

“我が家”もクリスマスモードになりました。
一日家猫体験をした野良猫です。
Happy Merry Christmas.
[PR]
by fussyvet | 2004-12-20 19:03 | 神様を愛してる

クリスマス礼拝

a0015636_103577.jpg

贈り物にばかり夢中になって送り主に感謝することを忘れていた。
不敬虔な子羊も今日は自分を取り戻す。
しばらく感謝することを忘れていました。
主よ、ごめんなさい。

どこのクリスマス礼拝にも祝福あれ。
クリスマス、おめでとう。
[PR]
by fussyvet | 2004-12-19 10:35 | 神様を愛してる

出張名目の旅行

公費での旅行は順番に

 ざらにあること。
 私が公務員をしている頃、興味があって行きたい出張があったので立候補した時、
「○○ちゃん(そもそもちゃん付けで呼ぶな!)、順番だから今回は××さんね。」
と言われた。私は行ったことなかったが、海外出張はお偉い様ばかりだったなあ。出張の”順番”って何さ。
「海外に行きたければ偉くなれ。」
とも言われる。勘違いも甚だしい。そりゃあ、税金も納めたくなくなりますわね。
[PR]
by fussyvet | 2004-12-14 05:42 | こうして社会は回ってる

いいお母さん…

激しく泣く子供の泣き声に誘拐かも知れないしと思って見たら、母と息子だった。どうも言うことを聞かない息子にお母さんが怒り、息子が泣き出した模様。しかし、母は決して叩かない。激しく泣いていた息子も電車に乗る時は人目を気にしたのか泣きやんだ。
その母子のやり取りは電車に乗った後も続いた。どうやらお母さんは言うことを聞かない息子に「お父さんに言うからね。」と言い、それで息子は泣き出したらしい。涙声で「お父さんに言ったらあかん。」と怒っている。
その後も母の説教は続く。「そんなに言うことを聞けないなら、切符あげるから、次の駅で降りて一人で帰ってきなさい。」「せっかく楽しかったのにただばかりこねてたら、楽しくなくなっちゃうでしょう。〇〇ちゃん、楽しくなかった?お母さんはせっかく楽しかったのに。」
なんだか一緒に怒られてる気分になってきた。理路整然としていてそのお母さんの言うことに納得。その子供も最後は素直になっていた。
見事なお母さんだと思った。脱帽。
[PR]
by fussyvet | 2004-12-11 15:25 | 徒然

あかんて…

Yohooも、ついにオークションで生体を

 値段でもって命に格差をつけてくれるな。保健所に持ち込まれる犬は”ただ”で殺されるんだ。あかんて…。頼むから。
[PR]
by fussyvet | 2004-12-11 12:51 | 動物