<   2004年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

責任能力が減退している者が人を殺すか?

短大生刺殺:
パンダ帽男の判決11月26日 東京地裁結審
 東京・浅草で01年4月、レッサーパンダの帽子をかぶった男が女子短大生(当時19歳)を刺殺した事件で、殺人罪などに問われた山口誠被告(32)の公判が30日、東京地裁(服部悟裁判長)であり、弁護側が最終弁論で「事件当時、責任能力が減退しており、殺意もなかった」と主張して結審した。判決は11月26日。検察側は無期懲役を求刑している。【森本英彦】

毎日新聞 2004年8月30日 13時15分


自分自身、どんなに打ちひしがれて瀕死の重傷であった時も、アルコール依存症だった時も、「人様に迷惑を掛けないよう、仕事に穴を開けないよう…。」それだけを考えていた。
それなのに、この記事みたいに「事件当時、責任能力が減退しており、殺意もなかった。」などという状況はどうかと思う。多分、お決まりの精神鑑定がされたと思うけれども、こんな判例ばかり繰り返されていたら、精神に疾患を持ったものや障害者は「だから、仕方がない。」と同情という蔑みがますます進み、いつまでたっても市民権を得られないし、精神疾患に対する認識も広がらないじゃないか。「○人に一人がうつ病」と言われ、国の象徴さえ適応障害にしてしまうような国で、いつまででもこんな判例を出し続けていたら、「一億数千万人総無責任」時代になるぞ。
精神疾患であろうが、子供であろうが、犯した罪の責任は取らせないと、逆に差別はなくならないし、その本人もいつまで経っても社会復帰できない。返って不平等だ。
「39」という映画があったが、難しいと思う人もいるかも知れないけれど、私は見事な作品だと思う。みんなに一度見て欲しい。
[PR]
by fussyvet | 2004-08-31 06:23 | こうして社会は回ってる

足りないもの

神様は弱い者でも助けて下さる。
だからと言ってその愛を方便として利用してはいけない。
なぜ満たされないのか、何が足りないのか?
実験がうまくいかず不安なこと。
この年で学生をしていることの不安と情けなさ。

全ては出会いにより、選んできた道。それさえも御計画の中。
ひたすら信じて進めばよい。
それができぬはサタンの誘惑か?

どうかもっと強くひたむきな者にして下さい。
今第二の祈り。

第一はただただ家族と私を支えてくれる人たちのこと。それから言われなく苦しみを受けてる異国の人たちと生き物たちのこと。
強い者になって少しでも助け手として役立てる者になれますように。
[PR]
by fussyvet | 2004-08-30 23:33 | 神様を愛してる

まっすぐではない道

臨床検査技師の卵君に卒業したらどうするのか尋ねてみた。
「保健所か病院に…。」
かって保健所に勤務したことがある私は即行で前者を否定した。

その続き。
「実は医学部へ入り直そうかと…。」
彼はかって医学部を目指していたことは知っていた。そして、やはりその夢を諦めきれないのかと思った。
「どうして医者になりたいの?」
「やっぱり人を助けて感謝されるっていう仕事はいいじゃないですか?」
久しぶりに純粋な若者の言葉に感動させられた。

聞けば、彼の指導教官も医学部以外で修士まで取って一流企業に就職し、そこで「いい製品を造りたい。」のにそうでない会社に疑問を感じ…話が長くなるので、要は再び医学部に入り直して医者になった”くち”だという。
私ももはや「まっすぐな道」からは外れた者である。気付かなかったが、こんな近くにも「まっすぐな道」から外れて人生をやり直していた人がいたなんて…。そして、この目の前の若者も悩みながらも自分の人生を生きるために「まっすぐでない道」に入ろうかとしている。
とても勇気づけられる。抱えている思いはそれぞれに違うが「まっすぐでない道」を歩く者。大変だろうと思う。私自身、いつもいっぱいいっぱいで歩いてきた。それでもまだ生きている。
この先のことなんて誰が分かるか?思ったようにやればいい。私も思ったように、しかしひねくれず、一歩前を見据えて歩いていきたい。
ボチボチっと頑張っていこう。
[PR]
by fussyvet | 2004-08-30 16:40 | 徒然

エキブロ病院からの企画物-トラバです

エキブロ病院TB企画第3弾:お酒

その昔はお酒の場の雰囲気が好きで、飲み会で飲むだけだった。「一人で飲むなんて寂しいこと絶対するもんか!」と家では絶対に飲まなかった。因みにお酒は人一倍強かった。それは隔世遺伝かも。父母両方の祖父が酒飲みであったために、その姿を見て育った子供である父母は酒は飲まない。で、遺伝子は孫の私に来たのだろうか?
一人で飲むようになったのは、社会人になってから。最初は「寝酒」。対しておいしいとも思わないウィスキーを何となく格好だけで飲みながら寝た。
ある時、付き合っていた相手が、昼間の外食でもビールを飲む人だった。彼は私の酒の飲みっぷりも好きだった。彼だけでなく、同僚達、特におじさまたちは私を重宝してくれた。そうやって、私は酒に強いことを自慢する人間になっていったように思う。

異常飲酒が始まったのは、何年か前。日曜の昼、一人でいる時も急に飲みたくなって、ジンやラムなどの強いお酒を氷で割って飲んだ。ビンは1日2日で空になる。次第に記憶もしょっちゅう飛ぶようになり、普段の記憶力も悪くなった。そして、細かい作業の時手が震えるようにもなった。何か嫌なことがあるとすぐに「酒を飲みたい。」と思うようになった。こうやってアル中を自覚した。
アル中はうつ病と大きな関係がある。私は心療内科に全てを話して、薬を飲んだ。次第に世界が明るくなっていった。お酒も飲みたくなくなった。酒に手を出さなければそのまま治るもののはずである。

今、私は缶ビール1,2本だが、1日おきくらいに飲む。増えなければいいと願いながら。でも、一度アル中になったものは断酒しかないという説が専らである。自分自身でも思う。飲みたくない。飲まずに過ごせたらこんな幸せなことはない。お酒はおいしいものである。でも、子供の頃はおいしいと思わなかった。「身体が浸かって」しまったから、おいしいと思うのではないか?真においしいお酒とは、若い頃のように、気のおけぬ友人達と夢を語りながら飲む酒だと思っている。私の今のお酒は決しておいしいお酒ではないと思っている。止めたい。
[PR]
by fussyvet | 2004-08-30 09:58 | 徒然

ばあちゃん

子供の頃、嫌なことがあって、
「○○ちゃんがいじめた…。」
と泣きつく私に、
「やられとってはいかん。やりかえしてやれ!」
と怒ったばあちゃん。

社会人になった私に
「きつくなった。」
とぼやいたばあちゃん。

一体、私はどうすればよかったの?
言葉の矛盾なんて誰にでもあるからいいんだけどね。

でも、私は小さい頃の弱いまま、何も変わってないんだよ。
味方の前では弱いままをさらけ出してる。
敵の前では強くなったけどね。
そんなに変わってないんだよ。

天国で幸せに。
[PR]
by fussyvet | 2004-08-29 14:44 | 家族

日曜のゆううつ

日曜に猫たちに会うことほど辛いものはない。
人間嫌いな猫たちにはまだ救われる。
けれど、無邪気に「遊んでくれ。遊んでくれ。」と寄ってくる子たちには胸が痛くなる。
私と同じで生まれたくて生まれてきたものではない。
でも、私と違って、それでも無邪気に人を信用している。
いたたまれない。

私は聖書が、神が、イエスが救って下さった。
この猫たちは何が救ってくれるのだろう?

人間の探求心を満たす陰で、
この猫たちも生きている。

「愛を与えられないのなら、生まれて来ない方がよかった。」と人間なら荒むことも出来ただろうに。

今存在する同種族さえ救えない生き物が、
特定の分野だけ発達させたところでどうだというのか?
この猫の飼育費を戦争や飢餓に苦しむ外国の子供たちに使ってやればよい。
家庭崩壊に苦しむ人たちの救済に使ってやればよい。
乳児院の子供たちに使ってやればよい。
障害者の社会復帰に使ってやればよい。
そうすれば、生まれたくて生まれたわけではない猫も、
「生まれてこなければよかった。」と生きることに苦しむ人間たちも
両方を減らすことができるのだ。
[PR]
by fussyvet | 2004-08-29 14:40 | こうして社会は回ってる

敬愛する…

私を救って下さった、私が敬愛する千代崎先生が亡くなって1ヶ月くらい経つだろうか?
神は私から先生を取り上げられた。
何か取り上げられる度に強くなれと言われていることになるのだろうが、急には無理です。
今日はなぜか辛い。
神様、こんな弱い者に何をさせたくて私をお作りになったのですか?
問い掛け続ける…
[PR]
by fussyvet | 2004-08-29 10:09 | 神様を愛してる

天の戒め

スーパーで牧師さんに会った。
私のカゴにはお酒が入っていた。
神様が怒ってると思った…
[PR]
by fussyvet | 2004-08-27 22:35 | 神様を愛してる

慣れっこ

「会長にさからえず」 ハンナン系列幹部ら供述 [ 08月27日 18時50分 ]
共同通信

 元ハンナン会長の浅田満被告(65)らによる牛肉偽装事件で、詐欺や補助金適正化法違反(不正受給)の罪に問われた全国同和食肉事業協同組合連合会(全同連)理事の寺島一被告(64)やハンナン系列会社幹部ら計11人の公判が27日、大阪地裁(水島和男裁判長)で相次いで開かれ、弁護側と検察側が被告人質問した。
 11人は「(国の牛海綿状脳症対策事業に申請した牛肉の一部は)対象外と認識していたが、会長(浅田被告)には逆らえなかった」「肉の買い取りルートは会長1人で決めた」などと浅田被告主導の犯行を強調した。
 浅田被告は同日午前の被告人質問で、水島裁判長から「(不正を)してはいけないと進言する部下はいなかったか」と問われ「いなかった」と答えている。


組織全体がそういう体質で、不正に慣れっこだったのではないですか?
「赤信号、みんなで渡れば怖くない。」
古い流行語が似合う古い社会です。
[PR]
by fussyvet | 2004-08-27 20:36 | こうして社会は回ってる

胸が痛くなる時

こんにちわ!

メインの話題からはそれるけれど…

自分の子どもの頃と重ね合わせてしまった。いろいろ思い出してしまった。今、胸がとても苦しい。
父からは愛されなかった。男の人の大きな声を聞くと今でも震え上がって声が出なくなる。
母は愛してくれていたと思う。けれど、彼女の期待は私には時にとてつもなく重かった。
妹を愛している。けれど、彼女の肝心な思春期の頃に私は傍にいてあげることができなかった。姉らしいことをしてやってない。ごめんね。
母の代わりに初孫である私の面倒を見てくれた祖母。お返しをすることもないまま、天国へ召されてしまった。後悔してもしきれない。

過去を振り返ってはいけない。けれど、時々とてつもなく重たくのしかかってくる。神様の愛を知ってから、私はもはや孤独ではなくなった。でも、この胸の重たさは何だろう?

愛を以て過去に報いたい。大人になって、父の焦りや苛立ちが理解できるようになった。苦労してきた母を労ってやりたいと思う。妹はこれからもずっと見守っていてやりたい。天国の祖母には寝る前に時々話しかけている。天国で祖父と仲良くやっていてくれるといい。
こんな私をさえ、愛してくれた神。こんな私の罪を贖って下さっていたイエス。その無償の愛は私がずっと求めていたもの。これでやっと愛を返せる者になった。力強い愛ではない。とても弱い者の愛だけれども、家族に、そしてこれから私と関わる愛を必要とする人に返していこう。
[PR]
by fussyvet | 2004-08-25 08:38 | 家族