カテゴリ:家族( 72 )

おっぱいと動くお腹

おっぱいが“おかあさん”のおっぱいになってきた。
試しに搾ってみた。





……まだまだ。


裸で横になっていたら、お腹が動くのが見えた。





……エイリアン?


うそうそ。
めちゃめちゃ感動した。
[PR]
by fussyvet | 2005-09-17 17:04 | 家族

相殺

 母が突然来た。使わないミシンとマタニティドレスになりそうな服があれば送って欲しいと頼んだら、
「ドライブがてら、行く。」
と。鬱で寝ていたから、メールを見るのが遅れた。
「彼は日曜にならないと海外出張から帰ってこないし、今日私は鬱と不眠症で学校休んで寝ているし、明日からは実験だし、土曜日の夜か日曜日の昼間ならいいよ。」
と打ったが、もう高速に乗って中間地点まで来ているという。娘は具合悪くて寝ているのに、こちらの都合を全く考えない。情緒不安定の「躁」の予感がした。自分が鬱の時に躁の相手は堪らない。ますます憂鬱になりつつ、待っていると夜の9時頃やってきた。
 母がうちへ来るのは初めてだ。夫が居ない時にやってくるなんて、夫をないがしろにしているようで気が引ける。けれど、躁の母は止められない。医療系海外ドラマで、躁鬱病の母親に苦悩する看護師が出てくるが、自分たちのことに重ねて胸が痛んだものだった。あのドラマの中の母親のように顕著な躁鬱ではない。母はドラマの中のその母親を見て、
「どうしようもない母親だね。」
と言っていた。他人事のようにいう。自覚は全くない。一度、カウンセラーか医者に行ってみたらと勧めたことがあったが、
「私はそれほどじゃあない。」
と、当時アル中病み上がりの娘に、自分のことを心配していなさいと言わんばかりだった。
 愛猫を亡くして辛いことだろう。どうにかしなければと藻掻いているのだろう。そんな母に、
「こっちの都合も考えてよ!」
とは怒れなかった。
 突然出てきて父は知っているのだろうか?尋ねると訳の分からないことをモゴモゴ言っている。電話掛けるように言ってもすぐに掛けようとしない。やっぱり突然出てきた手前、話しづらいのだろう。仕方なく、母が出掛けている間に父に電話した。
「お母さんに言っておいてくれ。突然書き置きも何もなく出て行ったら困る。」
私は苦笑するだけだった。
 せっかく来てくれたが、躁の母に合わせる気力もなく、また私も心中では怒っていたため口数少なくいた。風呂に入るよう勧めてもなかなか入らない。待てずに自分が先に入る。ここで優しくしたら、また相手の都合を考えない行動に出るだろう。私が独り身ならまあいいが、今は夫が居る。夫を巻き込みたくない。
 ぎこちない時間が過ぎて、やがて少しずつ母も平静に戻ってきた。私が明朝早く出掛けなければならないことを気に掛けている。
「そう、朝早いからね。もう寝るよ。不眠症で寝られないけどね。」
そう言いながら、母に床に入るよう促し、私も自分のベッドへ行った。

 不思議である。迷惑だと思っていたのに…。躁だから敵わないと思っていたのに…。私自身もなぜかとても落ち着いていた。そして、そのまま次第に眠っていった。
 よく寝られた。朝もきちんと起きられた。いつも憂鬱になる朝の空を見ても平気だった。
 嫌いだ、こんな情緒不安定な親は嫌だ、と思っていても、母親は母親である。きっと私が落ち着く場所なのだ。まるで母の躁と私の鬱が相殺したように今朝は晴れやかだった。
 今頃、突然家を空けたことで父と喧嘩になっていないだろうか?母はまだ不安定で、藻掻いているのだ。これまでの悔しかったこと、あの時ああしていれば…、愛猫のこと…、母の心を楽にしてやりたい。
 そして、私も同じ道を辿るのではないかととても不安に駆られる時がある。母娘である。とても似ているのだ。そして私は生まれてくる子供にとって重荷になってしまうのではないか?今一番恐れていることである。

 ひたすら神に祈るだけである。どうか母の肩の荷を下ろしてやって下さい。どうか生まれてくる子供に私が悪影響を与えませんように。どうか、どうか…。
 お腹の子は無邪気に私のお腹を蹴っている。取り越し苦労だと笑っておくれ。
[PR]
by fussyvet | 2005-09-15 19:51 | 家族

拝啓

お腹の中の、多分息子様

元気でとても嬉しい。
お母さんの膀胱を蹴って遊ぶのを控えてくれたら、もっと嬉しいんだけどな。

世界動物実験代替法会議の小解説作成にて


頭が働いてくれず、遅れておりますが、近々3日目アップします。全5日間です。
[PR]
by fussyvet | 2005-09-11 23:09 | 家族

海外出張

夫がメールも携帯もつながらないところへ出発してから2時間ちょっと。
1週間も一人取り残されるなんて初めてで、
寂しくて心配で昨夜から、ともすると泣いている。
つい9ヶ月前まで学生時代からずっと
どうやって私は一人暮らしをしていたのだろう?
信じられない。
もう一人は嫌だ。
泣いていたら、お腹を蹴られた。


ごめん、君がいたね。
出て来てくれたら、
パパの出張、一緒に待てるのにね。



神様にも泣き付く。
「私はやっぱり情けなくて弱いダメな人間です。どうか強くして下さい。」


寝る前に寂しいなどと呟いてまとわりつく私に夫は言った。
「あの〇〇××が家でこんな風だとはだ~れも想像しないだろうなあ。」

強くいられるのは支えがあるからこそなんだよ。
[PR]
by fussyvet | 2005-09-11 08:21 | 家族

いたずらっ子よ

ちょっと張り切って動くと頭痛がする。
お腹の中のいたずらっ子のしわざならば、
わかった、わかった、
お母さんは降参だから、
もう許しておくれ。
[PR]
by fussyvet | 2005-09-07 15:42 | 家族

台風のばか

彼がいると、いつも面倒な夕飯の支度。
「んもう、疲れてるのに…。」
今夜は自分のだけでいい。
コンビニで買って済ます。
「ああ、気楽。」
そのままうとうとし、夜中に目を覚ます。
「お風呂入ろう。」

眠れない。
梅酒を飲んで紛らす。

寂しい。
聖書を読んで心落ち着ける。

寝付かれない。

たまに欠けるとやはり気がつく大切なもの。
神様、彼をお守り下さい。
[PR]
by fussyvet | 2005-09-07 02:08 | 家族

胎動

 ドイツ行きに合わせるかのように、出発一日前から胎動を感じ始めた。お腹の中で明らかに自分の消化管とは違う動きがある。外側から手を当ててみると、時々触るので確信した。飛行機の中でも動きまくり。
 母胎の方は尿蛋白が(+)、浮腫(+)で妊娠中毒症に注意と言われた。ドイツの油っこい料理で2kgほど体重も増。今日は時差ボケの寝不足で実験室の床に倒れ込んだまま眠ってしまった。やれやれ。

 悪阻はほとんど治まってきましたが、まだゲップが治まりません。
 本日、子供の性別が分かりました。ムフフ…。
[PR]
by fussyvet | 2005-09-02 19:16 | 家族

夫の家庭菜園

a0015636_1031966.jpg

まめで凝り性な夫がベランダで始めたささやかな家庭菜園。
ミニトマト
記念すべき第一子
あとちょっと。

 つわりのなか出かけて買ったデジカメの試しも兼ねて。
 なかなかいいじゃん。
[PR]
by fussyvet | 2005-08-10 10:06 | 家族

妊婦のデート

近頃、朝ちょっと身体の調子がいいと、
お調子者の心も調子に乗って朝から動き回るものだから、
その後、すぐに気持ち悪くなって、
午後からはヘロヘロになる、
そんな週末ばかり続いていた。

かわいそうな夫。

だから、昨日の朝は朝ちょっと身体の調子がよくても、
お調子者の心を抑えて慎重に慎重に動いていたから、
久しぶりに二人で街へ出掛けることができた。

ああ、久しぶりのデートだねぇ。
あんまり速く歩かないでね。
すぐ気持ち悪くなっちゃうからさ。
う~ん、でも今日は調子がいいな。
楽しいな。
久しぶりの外でのお昼もおいしいな。
ああ、楽しかった。
幸せ。
ささ、ちょっと早いけど、目的も達成したし、帰ろう。

帰りに夕飯の材料買っていかなきゃ。
ちょっとちょっと、旦那さん。
足が速いよ。
追いつけないよ。
スーパーでそんなに歩き回らないでよ。
ああ、ほら、気持ち悪くなってきたじゃないかぁ!

家に帰ってぐったり。
夕飯も途中で彼にバトンタッチ。
久しぶりに吐いちゃったよ。

それよりもごめん。
調子が悪くなると、ものすごくイライラして当たっちゃうんだ。
些細なことが気になるんだ。
自分でも嫌なんだけど、なぜか止められないんだ。
この過敏さ、早く取れて欲しいんだけど。
もう少し何かを肩から下ろさないといけないのかも知れないね。

こうやって夫とデートする時間を増やしたい。
二人きりの時間もあと半年。
[PR]
by fussyvet | 2005-08-08 12:43 | 家族

神様…

神様、お願いです。まだ、うちの猫を連れて行かないで下さい。
私のお腹の中の子の命とは引き替えにできませんが、
私が欲しい物、執着している物、今なら学位でしょうか、諦めます。
子育てが一段落したら、より良い仕事をと思っていることも諦めます。
その他、愚かな私が心の底で固執しているもの、それら何でも諦めます。要りません。
彼女を助けるために、最大限の努力を惜しみません。
だから、彼女を、私の母をはじめとする家族、そして私から、まだ連れて行かないで下さい。
彼女を今失った後の悲しみを思うと、耐えられません。
悲しみに沈む家族、彼女のいない実家の景色を想像すると、耐えられません。
まだ、心の準備ができていないのです。
もう少しだけ、今回の病気だけは治してやって下さい。
もう少しだけ、今回だけはどうかお願いです。見逃して下さい。

他の命と引き替えにされるというのなら、仕方がない、私を…。
でも、彼女を含め、他の家族の命はまだ見逃して下さい。
[PR]
by fussyvet | 2005-07-14 16:32 | 家族