慣れっこ

「会長にさからえず」 ハンナン系列幹部ら供述 [ 08月27日 18時50分 ]
共同通信

 元ハンナン会長の浅田満被告(65)らによる牛肉偽装事件で、詐欺や補助金適正化法違反(不正受給)の罪に問われた全国同和食肉事業協同組合連合会(全同連)理事の寺島一被告(64)やハンナン系列会社幹部ら計11人の公判が27日、大阪地裁(水島和男裁判長)で相次いで開かれ、弁護側と検察側が被告人質問した。
 11人は「(国の牛海綿状脳症対策事業に申請した牛肉の一部は)対象外と認識していたが、会長(浅田被告)には逆らえなかった」「肉の買い取りルートは会長1人で決めた」などと浅田被告主導の犯行を強調した。
 浅田被告は同日午前の被告人質問で、水島裁判長から「(不正を)してはいけないと進言する部下はいなかったか」と問われ「いなかった」と答えている。


組織全体がそういう体質で、不正に慣れっこだったのではないですか?
「赤信号、みんなで渡れば怖くない。」
古い流行語が似合う古い社会です。
[PR]
by fussyvet | 2004-08-27 20:36 | こうして社会は回ってる
<< 天の戒め 胸が痛くなる時 >>