アホくさ

<牛肉偽装>大阪府肉連を補助金窓口から外す 農水省

 BSE(牛海綿状脳症)対策の国産牛肉買い上げ事業を巡る牛肉偽装事件で、農水省が大阪府食肉事業協同組合連合会(府肉連)を新規補助金事業の窓口から外していたことが分かった。同省食肉鶏卵課は「補助金の不正受給事件を起こした組織が、別の補助金事業の窓口になるのは適切ではないと判断した」と説明している。
(毎日新聞) - 8月19日3時3分更新


そんなの当たり前でしょう。何を今頃対処しているのでしょうか?圧力を恐れてのことでしょうか?
今の行政は有力業界の圧力で動かされています。その仕組みがなくならない限り、国民の血税の不公平使用はなくなりません。
ちなみに、当該事件で不正受給された助成金は40億円とも65億円とも言われており、過去最高額です。そんな事件なのに、テレビニュースはどれだけこのニュースを扱ったのでしょうね?私はテレビをもう見ないので知りませんが。
もう一つ。上の助成金詐欺を行っていた団体の正式名称はどっちが本当なんでしょうか?初期の報道では「大阪府同和食肉事業協同組合連合会」であったのが、最近では「大阪府食肉事業協同組合連合会」となっています。改称したのでしょうか、あるいは報道が正式名称を間違えたのでしょうか?なぞですね。
[PR]
by fussyvet | 2004-08-19 13:19 | こうして社会は回ってる
<< 本当に浄化して欲しい 大学出の給料 >>