育児で気が立っている母親と、他人と、“加害者”にされてしまった女の子

 買い物の帰りにはいつもそうするように、今日の午後も近所の小公園に寄って、息子を遊ばせることにした。何組かの親子連れが既に遊んでいて、その公園はにぎやかだった。人見知りをしないあまり息子は、5歳くらいの初対面のお姉ちゃんに「お姉ちゃん、あそぼ~!」と声をかけ、コロコロと遊び始めた。その女の子も快活で息子とつるむようにして遊んでくれていた。おいかけっこをしたり、小さな滑り台で遊んだり…。その女の子のお母さんの姿が最初見えなかったけれど、木陰のベンチで、赤ちゃんをベビーカーに乗せてゴロゴロと揺らしていた。この時間に小さな赤ん坊とそのお姉ちゃんを一人で外に連れ出して面倒を見ている様子からすると、他の助け手もなく子育てをしているのだろう。顔つきも少し険しくて、疲れている感じにも見える。女の子はそんな母親に構わず、元気に遊んでいた。
 近くには2歳前後の男の子が母親とおばあちゃんらしき人に連れられていた。幼児用の小さな滑り台に、太ったおばあちゃんらしき人が登り、孫と遊んでいる。息子と、息子と遊んでいた女の子もその滑り台に行ったが、太ったおばあちゃんはそこを譲る様子もなく、我が孫と遊ぶのに夢中になっていた。「他の子供もいるのだから、よければよいものを。」と内心思いつつ、目を離せないやんちゃな息子の動きに合わせて、私の目もその場から離れては戻りつしていた。
 一瞬のことだったが、息子と遊んでくれていた5歳くらいの女の子が、振り返って1歩踏み出そうとしたところに、母親とおばあちゃんらしき人と来ていた2歳前後の男の子とぶつかり、男の子の方が後ろに転んでしまった。男の子は泣きだしたが、痛くて泣いたのではなく、びっくりして泣いたのだろうと思う。「ああ…。」という母親とおばあちゃんとの声がしたかと思ったら、次の瞬間、木陰で赤ん坊をあやしていた女の子のお母さんが飛んできて、「すいません!大丈夫ですか?陽子(仮称)!何をしたの?小さな子をわざと突き飛ばしたらダメって言ったでしょう!」自分の娘をきつく叱り、さらにはお尻をバンっと叩いた。多分、赤ん坊をあやしていたから、その瞬間を見ていなかったのだろう。私はびっくりして、「いや、彼女はわざとやったんじゃなくて…。」と叫びたかったけれど、その場にすくんでいた。その後も陽子ちゃんの母親は平謝りで、かつ、娘を叱り飛ばしている。かわいそうに、陽子ちゃんは泣き始めた。相手方の母親とおばあちゃんは、陽子ちゃんの母親の剣幕に何も言えなかったのかも知れない。けれど、その場で一言、「いや、わざとやったんじゃないから。」と強く“加害者”の陽子ちゃんをかばってくれれば…。
 陽子ちゃんの母親は、陽子ちゃんを木陰のベンチまで連れて行って、さらに叱っている。陽子ちゃんはただただ泣いている。まだ、5歳だ。「押したわけじゃない。」とも言えず、かと言って、わざと突き飛ばしたということで罪を被って謝ることもできなかったのだろう。転んで泣いた男の子のおばあちゃんが近づいてきて、「お母さん、わざとやったんじゃないから、もう叱らないで。」とやっと弁護してくれた。「ありがとうございます。でも…。」と言いながら、陽子ちゃんの母親は叱り続け、陽子ちゃんは泣き続けている。きっと、あの場では“加害者”であったらしい自分の娘を一方的に叱るしかないと思ったのかも知れないし、気が立っていたのかも知れない。
 息子が泣いている陽子ちゃんに近づき、「お姉ちゃん、大丈夫?泣かないで。」と慰めにいった。それをきっかけに私も近づき、陽子ちゃんに話しかけるように「わざとじゃないよね。ちょっとぶつかっちゃったんだよね。おばちゃんはちゃんと見てたから知ってるよ。」と声をかけた。陽子ちゃんはこっちをちらっと見て、また母親にしがみついて泣き始めた。お母さんの方は「そうですか。すいません。ありがとうございます。」と言って、「わざとじゃないけど、小さい子がいるところでは気を付けてっていつも言ってるでしょう。」と言葉を変えた。息子はなおも「お姉ちゃん。」とそばを離れようとしないので、「お姉ちゃんは悲しくて泣いてるんだよ。そっとしておいてあげよう。後で遊ぼうね。」と息子の手を取ってその場を離れた。
 まもなく、息子は一人で遊びを再開し、そして、その5歳の陽子ちゃんもまたケロッとして息子を遊び始めた。ああ、よかった。私の方へ近づいてきたとき、私にもちょっかいを出していった。
 ちょっとしたことだけれども、子供同士のトラブルは怖い。一歩間違えば、一方的に“加害者”にされてしまうこともある。転んだ男の子を連れてきていたのは母親とおばあちゃんの二人。この二人が、もっと早く、現場で相手である陽子ちゃんをかばってくれれば、陽子ちゃんも「故意の傷害未遂犯」の濡れ衣を着ることもなかっただろうに。いつもこういう場面では息子と自分に置き換えて胃が痛くなったりする今日この頃。長い子育て、身がもたねえな。
[PR]
by fussyvet | 2009-06-18 21:05 | 家族
<< 「ナイロビの蜂」 「父親たちの星条旗」 >>