「ほっ」と。キャンペーン

また、高校生からメールをもらった

 拙ホームページを読んでくれた高校生からメールをもらった。これまでにも獣医師を志している子供から、ときどきメールをもらっていた。進路相談もあれば、ホームページを読んで進路を決定した/変更したという内容もある。今回のメールは後者だった。ずっと獣医師になりたいと思ってきたが、自分の思いが、私がよく考えるようにと促している「動物が好き→動物のお医者さん」という思考から成っているものであり、「やりがいがあれば、地位が低くてもいいじゃないか。」という私自身が”青かった”と反省する志をその若者も持っていて、全て読みきったあと、まるで「成人した自分が今の自分に語りかけているようだ。」と思ってくれたそうだ。
 結局、その子は医学部を目指すという。メールで少しだけやりとりした(決して、この世界のことをボロクソには語っていません)。その子自身がやりたいことを考えて選んだ結果だった。頑張れ、頑張れ。

 将来、優秀な獣医師になったかも知れない人材に余計なことをしてくれたな、と内輪でぼこぼこにされそうだな。でも、私はよかったと思っている。
[PR]
by fussyvet | 2009-06-08 22:56 | 動物
<< 動物愛護運動を推進したいなら、... 「硫黄島からの手紙」 >>