イスラエルがしていること

 イスラエルは年末からパレスチナに攻撃を続けている。女子供も容赦なし。「人道的な危機はない」とイスラエルは発表しているが、当地へジャーナリストを入れず、「ハマスが民間人の居住地の地下にトンネルを掘り、そこをイスラエルが攻撃したとしても、責任はハマスにある。」とのうのうと女スポークスマンにしゃべらせ続けるばかりでなく、クラスター爆弾さえ使っている。


 学校や子供が集っている箇所にも攻撃。これまでにも子供を至近距離から狙うなど、まるでパレスチナ人を根絶やしにし、生き残った者を悲しみのどん底に沈めるためにだけやっているとしか思えない(2008年3月の攻撃について)。ユダヤはナチスによってジェノサイドを被ったにも関わらず、ナチスと同じことを今度は自分たちがパレスチナ人に行っている。
 最悪なのはイスラエルにはアメリカがついていて、イスラエルに対する国連の制裁措置も常任理事国の拒否権を利用してアメリカがことごとくつぶしているのだけれど、それを日本のマスコミは報道していない。いっそのこと日本はアメリカの”州”にでもなればいい。国単位で機能しないのであれば、もう一般人による世論の高まりしか当てにならない。

マスコミが伝えきれないガザで実際に起こっていること

ガザ地区空爆に反対する署名にご協力を

イスラエル支援企業

多くの子供が傷つき、殺されている…


a0015636_045886.jpg

a0015636_052868.jpg

a0015636_061968.jpg

a0015636_065168.jpg

その他の写真

 過去に迫害を受けたものが同じことを他の者に繰り返し続けるのであれば、この世は最悪だ。

※これらが全てハマスによるイスラエルを悪者にしたてる故意の報道であり、ハマスは自国民をこの数年間に何百人も虐殺していると指摘する声もあることを追加しておきます。('09.1.15)
[PR]
by fussyvet | 2009-01-05 23:21 | 世界の話
<< 「本日のイスラエルの標的:家族」 いわゆる”まじめな”人生の美徳 >>