確定診断前2

 暦上の休日には入院患者の検査は進行するんだったっけかな。自分自身の入院経験が既に18年前のものなので忘れてしまった。近頃はお医者さんも足りないとか言うし、治療はともかく検査も週末は止まってしまうのかね。
 見舞いに幼児はご遠慮くださいとのことなので、チビがいる週末は面会に行けぬ。会えないこと自体は出張の多い人間だったからどうってことないが、「わからない。」状態が改善されないとなると結構しんどい。親族も近づけないし、子供と二人、身を寄せ合って過ごすしかなく、事情を理解できない息子に「とうちゃんは?」と質問を受けるうちにいつか「とうちゃ~ん!」と泣き出すのではないかという息子の哀れを想像すると、早く無事帰ってこいよと思う。
「もういらない!」
と悪態をつけるのも、その存在があればこそで、急にいなくなればそれはそれで寂しく不安である。何よりも息子のことを思うと、やはりまだ居てもらわねば困る。
[PR]
by fussyvet | 2008-11-28 15:41 | 家族
<< 確定診断前3 憶測での「言論の自由」の利用 >>