コンゴ

 UNHCRのメールニュースを購読しているのですが、コンゴの内戦が激化して避難民が大勢出ているようです。(なぜ今またコンゴの内戦が激化しているのかはこちら
 ルワンダの虐殺については知っていたけれど、虐殺を行った側のフツ族が隣国のコンゴに流入して民兵化し、コンゴ内で虐殺を続けているのを知ったのは最近。コンゴが昔、義務教育で習ったザイールという名前の国であることを知ったのはちょっと前。世界は広くて身近なところでアップアップ言っている私には追いつけない。
 こちらも御覧ください。

 mixiやってる人はこれも。惨くて私は繰り返し読めませんが…。
「あの日、彼らに殺されていれば良かった・・・」(mixiコミュニティ「世界の肖像」より)
[PR]
by fussyvet | 2008-11-05 22:39 | 世界の話
<< 平和の下の犠牲と平和への投資 ペットを飼育する者への免許制度... >>