止まらないカオス

 9月30日、ダルフールで平和維持活動をしているアフリカ連合軍の基地が攻撃され、10人が死亡、数十人が行方不明になりました。犯人についてはいろいろ言われていますが、まだ確定していない模様です。攻撃を受けたアフリカ連合軍の基地は壊滅的打撃を受け、いわば”手薄”な状態になっていました。そして、10月3日水曜日からスーダン政府軍とジャンジャウィードがその周辺の村落に攻撃を行い焼き尽くし、少なくとも100人が死亡、数千人が非難したというニュースが流れました。政府軍と反政府軍の和平協議は政府軍と民兵の攻撃、そして今回のアフリカ連合軍への攻撃などその開催を脅かす要素ばかりがどんどん揃っていきます。
 国連平和維持軍の派遣が決まりましたが、配置時期は来年の春までということだけで定かではありません。とにかく現地のカオスを止め、武器を持たない住民への攻撃を監視するためには一刻も早い平和維持軍の派遣が必要かと思われます。国連日本政府代表部への嘆願書送信にご協力お願いします。

 次のE-メール・アドレスあてのメールに次のフォーマットの内容をペースト・記入(氏名など)して送信して下さい。
Eメール: mission@un-japan.org

件名:ダルフール紛争について
-----------------------------------------------------------------
国際連合日本政府代表部 御中

氏名:
国:
言語:
E-メール:

署名請願書

 2005年9月世界の指導者たちは「保護の責任」への歴史的コミットメントをしました。指導者たちは、政府が自国の市民を保護する第一義的な責任を果たす意思がないか、果たすことができないなら、国連の下その市民を保護し、行動すると誓約しました。
 しかしこの歴史的コミットメントは無視されてきました。4年間以上ダルフールの人々は大量殺人、レイプ、強制的避難を強いられてききました。
 国連は最近平和維持軍の承認を採択しました。しかし現地では9月30日にアフリカ連合軍の基地が破壊され、10人が死亡、数十人が行方不明になったと言われています。さらにはそれを良いことに10月3日よりその周辺村落に対する政府軍とジャンジャウィードによる攻撃が行われ、死亡者100人以上、避難者数千人とのニュースも聞きました。何も変わっていません。国連の平和維持軍は来年春までに派遣されるとのことですが、春まで待てません。

 どうか、以下のことについてお力を注いでいただきますよう、切にお願い申し上げます。

・スーダン政府、武装集団、ジャンジャウィード民兵が市民や人道援助隊員への攻撃を停止することを要求すること。
・最近承認されたアフリカ連合-国連合同平和維持軍が一刻も早く完全に展開されることを確実にすること。

 ご多忙中、読んでいただきありがとうございました。
-----------------------------------------------------------嘆願書ここまで


 以下に参考までにミア・ファローのブログも付け足しておきます。

2007年9月28日ニューヨーク

Last week Oxfam told Reuters that it is "operating at the limits of what it can toterate as an organization." A September 27th AP dispatch from Nyala found "humanitarian groups are facing a new escalation of violence in Darfur."

 Oxfamが先週ロイターに語ったところによると、
「我々は団体として許容できるギリギリのところで活動を続けている。」
という。9月27日付けのNyalaからのAP速報によれば、
「ダルフールの人道援助団体は新たな暴力の段階的拡大に面している。」

One of the largest aid groups working in Darfur, New York based World Vision, which is feeding 500,000 people said they are cutting their team by two thirds. Several organizations have pulled out, including the Norwegian Refugee Council, Medicins du Monde and Save the Children UK.

ダルフールで50万人に食料を調達しているWorld Vision(本部ミューヨーク)は活動班を3分の2削減する予定であると語った。Norwegian Refugee Council(ノルウェー難民評議会)、国境なき医師団およびセーブ・ザ・チルドレンUKなどいくつかの団体は既に撤退してしまった。

Attacks on humanitarian workers rose 150 percent from June 2006 to June 2007.

2006年6月から2007年6月までに人道援助活動家への攻撃は1.5倍に増加した。

That having been said, this unusually candid statement by Deputy Secretary of State John Negroponte is deeply dispiriting. Tell the 2.5 million people languishing in the camps that no one is coming to protect them for at half a year -- probably longer. Tell the woman who is being raped today to be patient, tell the mother whose children are starving to wait until "sometime by the spring of next year". After we make it clear to the suffering people of Darfur that no one will come to protect them any time soon, we can hang our heads in shame.

これまでずっと言われてきたことだが、ジョン・ネグロポンテ米国務副長官によるこのいつになく率直な見解は本当に意気消沈させるものであった。難民キャンプで悲惨な生活を送っている250万人の人たちに、半年、いやそれ以上の間、誰も救援に来ないと言ってみて欲しい。今日、強姦され患者となった女性や子供が飢餓で苦しんでいる母親に「来年の春まで待ってください。」と言ってみて欲しい。ダルフールで苦しむ人々に誰も今すぐには救援に来ないということを明確にした後、私たちは恥ずかしさで顔を伏せるしかない。

If the UN could die of shame, it would be dead more than a million times over.

国連が恥ずかしさのあまり死ぬのであれば、何百万回も死んでいることだろう。

Negroponte's remarks to the press at UN:

"It's important now that that force actually be deployed as
expeditiously as possible. That is really the key next step, and we
are hopeful that it can be deployed -sometime by the spring of next
year- because it's an absolutely crucial ingredient of establishing the
kind of stability that is going to permit the implementation of the
other aspects of the Darfur peace agreement."

-- John Negroponte, U.N. Security Council, New York City: Friday, September 21, 2007

ネグロポンテ氏の国連でのプレスに対するコメントは以下のとおりである。

「今は平和維持軍が確実にできるだけ迅速に配置されることが重要である。それが重要な次段階であり、来年の春までには配置されると期待している。なぜなら、ダルフールの和平合意の他の側面を履行させる安定の確立には絶対的に重要な要素であるからだ。」
     2007年9月21日ニューヨーク市の国連安保理にて
[PR]
by fussyvet | 2007-10-11 10:16 | 世界の話
<< 電力とダルフール紛争 新日本石油への問い合わせ >>