ダルフールの強姦被害者とその子供たち-1

 今回はTimes Onlineからの転載と和訳(by fussyvet)です。たかが、強姦と思っている人がいたのなら、その顛末は計り知れないものだということを物語る記事ではないかと思います。


2007年9月22日
ジャンジャウィードの呪い
A new feature from the UK's "Times"...

(subhead: "Since 2003, Janjaweed bandits have been preying on the women of Darfur. Nobody knows how many they have raped, nobody knows how many pregnancies have resulted from these attacks, or how many babies have been killed by their ‘disgraced’ mothers. But now the women are beginning to speak out.")

(副題:「2003年以降ジャンジャウィードという盗賊集団がダルフールの女性たちを餌食にしてきた。何人の女性が強姦され、それにより何人が妊娠したのか、そして、何人の赤ん坊が「屈辱を受けた」母親により殺されたのか誰も知る由がない。しかし今、女性たちが声を上げ始めている。」)

As soon as she saw the two darkly clad men riding towards her on camels, their heads and faces swathed in scarves, Nafisa Mohamed knew what she must do. “I told my son and my daughter to run as fast as they could.” The men were the Janjaweed, nomadic Arab bandits who have been slaughtering Darfuri men and raping women, in a military offensive engineered by the Sudanese government. Jinn is Arabic for demon and jawad means horse. Darfuri people will tell you that the Janjaweed are indeed devils on horseback. Nafisa had been living for a year in Kalma camp, which houses about 120,000 Darfuri people who have had their homes destroyed by the Janjaweed. On this day, she walked several miles away from the camp with two of her children [in order] to collect firewood. When the men approached, she feared [that] they would try to kill her 13-year-old son and rape her 11-year-old daughter, but thought that if she surrendered herself and submitted, they wouldn’t bother chasing her children. She knew [that] they might kill her. Certainly they’d rape her.

頭と顔をマフラーで覆った黒っぽい装束の男が二人ラクダに乗ってやってくるのを目にした瞬間、Nafisa Mohamedさんは何をせねばならないか悟った。「私は息子と娘にできるだけ速く走るよう言いました。」彼らこそ、ダルフールの男たちを惨殺し、女たちを強姦し、スーダン政府の計略により軍事攻撃を続けている遊牧アラブ系盗賊ジャンジャウィードであった。Jinnとはアラビア語で悪魔を、jawadは馬を表す。ダルフールの人々に出会ったら、ジャンジャウィードは本当に馬にまたがった悪魔だと話してくれるだろう。Nafisaはジャンジャウィードに住居を壊されたダルフールの住民約12万人を収容しているKalmaキャンプに滞在して1年が経っていた。この日、彼女は薪を集めるため二人の子供を連れてキャンプから数マイル離れていた。その男たちが近付いたとき、13歳の息子は殺されて11歳の娘は強姦されてしまうと彼女は恐怖に陥ったが、自分自身がおとなしく身を挺したら、彼らもわざわざ子供たちを追いかけはしないのではないかと考えた。自分は殺されるかも知れないと分かっていた。強姦は確実だろう。

The first man went off in pursuit of other women, while the second tore off her tobe, a large veil that covers the head and body, and screamed at her: “Unclean slave! I will give you a pale-skinned baby.” Then he thrust himself upon her so violently [that] she bled: “Slave woman! Your children will be Arabs, and they will inherit this land.” Afterwards, Nafisa, full of self-loathing, ran as fast as she could back to the camp, where her other children were waiting. Her greatest fear was that she’d become pregnant by a Janjaweed.

最初の男は他の女性たちを追いかけて行ってしまったが、二番目の男は彼女が頭と体にまとっていたトーベと大きなベールを引き裂き、彼女に向かって叫んだ。「汚い奴隷めが!俺がもっと肌の白い赤ん坊を授けてやる。」そして、彼女を荒々しく突いたため、彼女は出血した。「奴隷女め!お前の子供はアラブとなり、この地を受け継ぐんだ。」その後Nafisaは自己嫌悪でいっぱいになりながら、他の子供たちが待つキャンプへとできるだけ速く走った。最も恐れたことはジャンジャウィードにより妊娠させられることだった。

Nafisa, 30, and her children live in Kalma camp near Nyala, the capital of Southern Darfur, where the Khartoum government has been conducting a campaign of ethnic cleansing against non-Arabs for the past five years. Around 300,000 have died as a result, and more than 2 [million] have lost their homes – over a third of the population. In 2004, when Nafisa’s village was destroyed by the Janjaweed, she had trekked to Kalma camp with thousands of others [in order] to escape the slaughter. Even then, what was happening in Darfur was condemned by the US secretary of state, Colin Powell, as “genocide”.

30歳のNafisaと子供たちは、ハルツーム政権が過去5年間非アラブ系民族に対する民族浄化運動を行っている南ダルフールの首都Nyala近郊のKalmaキャンプにいる。民族浄化の結果、およそ30万人が亡くなり、2百万人以上が住居を失った。これは人口の3分の1以上にあたる。Nafisaの村がジャンジャウィードに破壊されたとき、虐殺を逃れるため数千人と共にKalmaキャンプに歩いてきた。その時既に、ダルフールで起こっていることはアメリカ国務長官コリン・パウエル氏により「民族大虐殺(ジェノサイド)」として非難されていた。

Nafisa is a Fur, from the original tribe of Darfur. She is strong, resourceful, and beautiful. She is also almost illiterate, as she left school at the age of 11 [in order] to become engaged to a man nearly 20 years older. She married him at 13, and had his five children. Then he left her for a second wife. He gave the family’s food card from the World Food Programme (WFP) to his new wife.

Nafisaはダルフールの原民族であるFur人である。彼女は強く、機知に富み、美しい。11歳のとき、20歳近く年上の男性と婚約するため学校を辞めたため、彼女もほとんど読み書きができない。13歳でその男性と結婚し、5人の子供をもうけた。その後、夫は彼女を去り第2夫人の元へ行った。夫は世界食糧計画(WEP)から受け取った家族の食券を新しい妻に渡してしまった。

“I couldn’t afford to be pregnant,” says Nafisa. “My children would be shamed by a Janjaweed baby.” Within weeks, however, it became clear that she was pregnant. “I hated the Janjaweed baby [that] I was carrying,” she says. “I hated myself.”

「私は妊娠するわけにはいきませんでした。」Nafisaは言う。「ジャンジャウィードの赤ん坊のせいで私の子供たちは辱めを受けるかも知れません。」しかし、数週間以内に妊娠が判明した。「お腹の中にいるジャンジャウィードの子が憎くてたまりませんでした。」彼女は言う。「自分自身も許せませんでした。」

In October 2006, during Ramadan, Nafisa went into labour and gave birth to a perfect baby girl. And then a small miracle happened: she was overwhelmed with love. “I thought, this baby doesn’t deserve my hatred or anger. This baby is a gift from God, so that is my baby’s name, Quisma, which means ‘gift from God’.”

2006年10月ラマダン(イスラム教の聖なる断食期間)の最中にNafisaは仕事先で五体満足の女の子を出産した。その時、小さな奇跡が起こった。愛情でいっぱいになったのである。「この子は私の憎しみや怒りに見合わないと思いました。この子は神様からの贈り物です。だから、Quismaと名づけました。「神からの贈り物」という意味です。

As Nafisa reaches this part of her story, Gisma, who is 10 months old, and has been suckling noisily under her mother’s orange tobe, peers out at us. “The love that I feel for my daughter is as powerful as the hatred I feel for her father,” smiles Nafisa. “Gisma is part of me.” Gisma is lucky, and she may be exceptional. Nafisa knows raped mothers who have placed their innocent offspring in plastic bags and thrust them down latrines. “But that’s bad,” she says. “A child is a child, and no matter what its birth, it should be given every chance to live.”

Nafisaの話がこの部分になると、母親のオレンジ色のトーベの下で音を立てて母乳を飲んでいた生後10ヶ月のGisma(先述のジャンジャウィードの強姦により出産したQuismaと思われる)が顔を出して我々の方を見ている。「娘に感じる愛情は彼女の父親に感じる憎しみと同じくらい強いんです。」Nafisaは微笑む。「Gismaは私の一部なんです。」Gismaは幸運であり例外かも知れない。Nafisaは強姦され、罪のない子供をビニール袋に入れて難民キャンプの公衆便所に突き落とした母親を何人も知っている。「けれど、それはいけないことです。」彼女は言う。「子供は子供であって、出生に関係なく皆生きる機会を与えられるべきです。」

Since violence convulsed Darfur in February 2003, rape has been part of the Janjaweed’s gruesome pattern of violence against the Darfuri people, though rape was virtually unheard of before these attacks. But it’s impossible to determine how many babies have been born from rape, partly because of a widespread belief that pregnancy only results from wanted sex, and partly because of the subsequent shame of these mothers in this traditional Muslim society.

2003年2月ダルフールを暴力がかき乱して以来、それ以前は強姦は事実上聞かれなかったが、ジャンジャウィードのダルフール住民に対する恐ろしい暴力の形の一つとなった。しかし、妊娠は望んだ性交渉からのみ生じると広く信じられていることと、この伝統的なイスラム社会でその結果これらの母親は恥とされることにより、強姦により生まれた子供の数を決定することは不可能である。

In the early years of the conflict, some rape victims who had babies were ostracised, and some of them rejected their babies. The Sudanese journalist Nima Elbagir recalls “a hugely disturbing” encounter in Western Darfur in 2005 with a 14-year-old rape victim. The girl was dark-skinned, but her baby was light-skinned, suggesting [that] its father was a Janjaweed. The girl was so traumatised [that] she refused even to hold her baby, let alone feed it. When Elbagir returned some months later, she learnt that the baby had died from lack of nutrition.

紛争初期、子供を生んだ強姦被害者の中には追放されるものもおり、赤ん坊を拒絶するものもいた。スーダンのジャーナリストNima Elbagir氏は2005年西ダルフールでの「大いなる騒動」を巻き起こした14歳の強姦被害者との出会いを思い起こす。その少女の肌は褐色だったが、赤ん坊の肌はその父親がジャンジャウィードであることを示す明るい色であった。少女はとてもトラウマが大きかったため、赤ん坊を抱くことも授乳することも拒んだ。Elbagir氏が数ヵ月後に戻ったとき、赤ん坊が栄養失調で亡くなったことを知った。

In Sudan, a child’s identity is determined by the ethnicity of the father. In Darfur, the rapists have a ready-made excuse for their crimes on the battlefield: to replace the existing communities with a new generation of Arab children.

スーダンの子供のアイデンティティは父親の民族性により決定される。ダルフールでは強姦犯には、既存社会を新しいアラブの子供に代替わりさせるという戦場ではうってつけの口実があるのだ。

Darfur is a complex African crisis, rooted in violent ethnic and historical factors, and recently exacerbated by drought and famine. Most of Darfur’s 6 [million] people are either farmers or nomadic herders. Most farmers are African, and most nomads [are] Arab. Until recently, the two groups mixed fairly easily. Competition between the tribes tended to be economic, rather than ethnic. The three main African tribes are the Fur, who are also the largest, the Zaghawa, and the Masalit. Almost everyone is Muslim, speaks Arabic, and has dark skin.

ダルフールは複雑なアフリカの危機的な地域である。暴力的な民族的歴史的要因に根ざし、最近は干ばつと飢饉により悪化の一途を辿っている。ダルフールの600万人のほとんどが農民か遊牧民である。農民の多くはアフリカ系であり、遊牧民の多くはアラブ系だ。最近まで2つのグループは公平に容易に交流していた。二族間の競争は民族的というよりは経済的傾向にあった。3つの主要アフリカ系民族は最大でもあるFur族、Zaghawa族、そしてMasalit族である。ほとんどの人がイスラム教徒であり、アラビア語を話し、褐色の肌をしている。

The recent violence also has its roots in the cultural legacy of slavery, now outlawed. Until little more than a generation ago, Darfur was Sudan’s slave-trading ground. For many Arab Sudanese, Darfuri women are seen as beautiful, sexually generous, and comparatively liberated. By some Arabs, they are seen as fit for little more than slavery or prostitution.

最近の暴動も現在は禁止されている奴隷制の文化遺産に端を発する。ほんの一世代前までダルフールはスーダンの奴隷売買の地であった。多くのアラブ系スーダン人にとって、ダルフールの女性は美しく、性に寛大で、比較的自由に映っていた。アラブ系住民の中には彼女たちを奴隷や売春婦としか見ていないものもいる。

Earlier this year, in a dizzying vindication of lawless Janjaweed behaviour, the Janjaweed leader Musa Hilal summarised the contempt [that] the Janjaweed feel for Darfuri women: “Why would you want to rape these women? They’re disgusting; rape is shameful. We have honour, but our men wouldn’t need to use force. These things hold no shame for these women.”

今年初め、無法なジャンジャウィードの振る舞いに対する目眩がするような正当化の中で、ジャンジャウィードのリーダーMusa Hilal氏がダルフールの女性にジャンジャウィードが抱いている蔑視を要約した。「こんな女たちを強姦したいと思うか?気持ち悪い。強姦など恥ずかしい。我々は名誉高いが、部下も強制する必要はなかっただろう。この女性らに対するこれらの行為について恥ずべきことは何もない。」

Some rural Darfuri women are not circumcised – certainly none of those [whom] I [Ann McFerran] spoke to was – unlike Sudanese Arab women, who are often subjected to an extreme form of genital mutilation. To the Janjaweed, this is conclusive proof that many Darfuri women are unclean.

ダルフールの田舎に住む女性は割礼していない者もいる。正確に言えば、私(Ann McFerran)が話した女性の中には誰もいない。スーダンのアラブ系女性はしばしば性器切除の極端な例を受けていることと対照的だ。ジャンジャウィードにとってはこのことが多くのダルフール女性が不潔であるという確証になっているのだ。

Women in Darfur who report rapes are risking their lives, and stand more chance of being prosecuted than the rapists. (Earlier this year, two women were sentenced to death by stoning for committing adultery, although their sentences have yet to be executed.) In sharia law, a woman needs four male witnesses to testify to a rape. If she is married, reports a rape, but doesn’t have these witnesses, she may be prosecuted for adultery and stoned to death. The Khartoum government has always vehemently denied that its soldiers rape women. Because of what one Sudanese human-rights activist describes as the government’s ongoing objection to the focus of rape in Darfur, the official statistics for last year’s rape cases amounted to a paltry seven. The Janjaweed, like the police and the rest of the military, enjoy immunity.

強姦を報告したダルフールの女性は生命の危機に曝され、強姦犯よりも起訴される可能性が高い。(今年初め、まだ刑が執行されてはいないが、2人の女性が姦通罪で投石による死刑判決を受けた。)イスラム聖法では女性には強姦を証明する男性の目撃者が4人必要である。もし、既婚者で強姦を報告したにも関わらず証人がいなければ、姦通罪で起訴され、投石による死罪となる。ハルツーム政権は兵士による女性の強姦を常に強く否定してきた。ダルフールにおける強姦に焦点を置いた政府の継続中の異議を表現するスーダンの人権活動家によれば、昨年の強姦犯罪の数は公式にはわずか7件だった。ジャンジャウィードは警官や他の軍隊と共に訴追免除を楽しんでいる。

Six months ago, Sudan’s president, Omar al-Bashir, publicly denied that rape had ever been a problem in Darfur. “It’s not in the Sudanese culture to rape,” he said. “Rape doesn’t exist.” In the teeth of such denial, non-governmental organisations risk being expelled from Darfur if they speak out. In 2005, when Médecins Sans Frontières (MSF) published a damning report on the scale of rape, two senior members were arrested – a stark warning to other NGOs. Later that year, police arrested a rape victim in Nyala who’d gone to a clinic for help.

半年前、スーダン大統領オマル・アル=バシル氏はダルフールで強姦が問題になったことはないと公式に否定した。「強姦はスーダンの文化にはない。」彼は言った。「強姦は存在しない。」そのような否定に反対して、非政府組織は声を上げればダルフールから追放される危険を冒している。2005年、国境なき医師団(MSF)が強姦の規模について暴露する報告を発表した際、2人のシニアメンバーが逮捕された。他のNGOに対する明らかな警告である。その年、助けを求めて診療所へやってきたNyalaの強姦被害者を警察は逮捕した。

(略:兵士により強姦され、子供も失った女性Fatimaの話)

Ask Fatima why her village was attacked in 2003 and she says: “I had heard that the Sudanese want the land of the Fur, so they want us to leave our land.” Which is more or less what the conflict amounts to. In the past two decades, relations between the Arab and African tribes in Darfur have become increasingly strained, as persistent drought has forced the camel-riding Arabs onto the more-arable lands of the African farmers. Hostilities simmered with the arrival of more Arabs from Chad, Mali, and Mauritania. But Khartoum’s leaders ignored the tensions, and even appointed Arabs to Darfur’s top jobs. In February 2003, a group of African rebels calling themselves the Sudanese Liberation Army (SLA) swept into the airport in El Fasher, northern Darfur, killed 100 soldiers and posted their manifesto on the [Internet], demanding a democratic Sudan for all Arab and African tribes.

Fatimaになぜ2003年に彼女の村が襲われたのか尋ねてみれば、彼女は答えるだろう。「スーダン人はFur族の土地が欲しかったために私たちに出て行って欲しいのだと聞いたことがありました。」それは多かれ少なかれこの紛争が帰着する所以である。過去20年間、ダルフールのアラブ系民族とアフリカ系民族の関係は、長引く干ばつによりラクダに乗ったアラブ人がより耕作に適したアフリカ系農民の土地へと追いやられるに連れて、次第に緊張を増していった。さらにチャド、マリ、モーリタニアからアラブ人が到着し対立が深まった。ハルツームの指導者は緊張を無視し、アラブ人をダルフールの最高位職に任命しさえした。2003年2月、スーダン解放軍(SLA)と自称するアフリカ系の反政府軍の一団が北ダルフールのファシエルにある空港に侵攻し、兵士100人を殺害し、インターネット上に全てのアラブ系民族およびアフリカ系民族のための民主的スーダンを求める声明を発表した。

(つづく)
[PR]
by fussyvet | 2007-09-25 14:02 | 世界の話
<< ダルフール問題の厳しい現状分析 ダルフールの強姦被害者とその子... >>