ダルフールの強姦被害者とその子供たち-2

(つづき)

Khartoum’s government realised that since most Sudanese rank-and-file soldiers were from Darfur, they couldn’t be relied upon to turn on their own families and communities. The president called on Arab warlords to crush the rebels. The most-enthusiastic recruits came from small bands of Arab nomads who were little more than freelance bandits. They relished the opportunity to grab land and livestock: the Janjaweed – evil on horseback – were born.

ハルツーム政権はスーダンの一般兵士のほとんどがダルフール出身だったため、彼らが自分の家族や社会に背くとは思えなかった。大統領はアラブ部族軍の長に反政府軍を潰すよう呼びかけた。もっとも熱狂的な新兵はフリーランスの盗賊と何ら変わりないアラブ系遊牧民の小さな一団からやってきた。彼らは土地と家畜を奪取する機会を味わった。ジャンジャウィードと呼ばれる馬に乗った悪魔の誕生である。

Goaded by Khartoum’s exhortations of Arab supremacy, the Janjaweed began a brutal and effective system to destroy the Darfuri people. Liaising with the Sudanese air force and army by satellite phone as villages were being shelled, the Janjaweed would then ride in on camel or horseback to finish the carnage. They’d kill the men, rape the women, often in front of their families, then burn down the rest of the villages. As a parting gesture, boy babies might be thrown into the fire. In February 2004, 75 people were killed in the town of Tawilla and more than 100 women [were] raped – some by as many as 14 men; six girls in front of their fathers.

アラブを優位とする政府の激励に煽られて、ジャンジャウィードはダルフール住民を壊滅させる残酷で効果的な方法をとり始めた。村が砲撃されている間にスーダン政府の陸空軍と衛星電話により連携して、ジャンジャウィードはラクダや馬に乗って大虐殺を完遂させた。家族の目の前で男たちを殺し、女性を強姦し、村の残りを焼き払った。別れのしるしに、男の赤ん坊は火の中に投げ込まれた。2004年2月、Tawillaの村で75人が殺害され、100人以上の女性が強姦された。14人もの男に強姦された女性もいた。6人の少女は父親の目の前で強姦された。

In March 2004, just before the world’s leaders commemorated the 10th anniversary of the Rwandan genocide, Mukesh Kapila, the UN’s humanitarian co-ordinator for Sudan, told the BBC: “This is ethnic cleansing; I don’t know why the world isn’t doing more.” By January 2005, the UN had completed an international inquiry and concluded that the Sudanese government and the Janjaweed were responsible for crimes against humanity, but said [that] they could find no evidence of a policy of genocide. The UK’s then-foreign minister, Lord Triesman, doesn’t balk at the term “genocide”, but prefers “‘crimes of concern to humanity’, which includes war crimes, genocide, and ethnic cleansing”.

2004年3月、世界中の指導者がルワンダ虐殺10周年を追悼する直前、国連のスーダン人道援助コーディネーターであるMukesh Kapila氏がBBCに語った。「これは民族浄化です。どうして世界がもっと動いてくれないのか私には分からない。」2005年1月までに、国連は国際的な聴取を終え、スーダン政府とジャンジャウィードに人道に対する罪があると結論付けたが、ジェノサイド政策の証拠は発見できなかったと語った。イギリスの当時の外務大臣Lord Triesman氏は「ジェノサイド」という言葉に躊躇しないが、戦争犯罪、ジェノサイドおよび民族浄化を含む「人道に関する罪」を好んだ。

Khartoum had often described the Janjaweed’s attacks as overenthusiastic counterinsurgency. Whether it was this or a carefully orchestrated campaign of ethnic cleansing, Triesman knew [that] he had to negotiate with Khartoum: “We [the international community] were like rabbits in the headlights – because of the complexity of Darfur. People were appealing to Bashir’s better nature. They should have saved their breath. You don’t get bad people to become good people by schmoozing them. The government of Sudan believed [that] we didn’t have the mettle to test them on the two things that mattered most to them – their leaders ending up before the International Criminal Court, like Milosevic, and they didn’t want it to appear as if they did not exert authority in their own country.”

ハルツームはしばしばジャンジャウィードの攻撃を過度に熱狂的な対暴動活動だと表現してきた。それが事実であれ、民族浄化の慎重にお膳立てされた運動であれ、Triesman氏はハルツームと交渉しなくてはならないと分かっていた。「我々(国際社会)はヘッドライトに照らされて立ちすくむウサギみたいなものだ。ダルフールの複雑さゆえである。彼らは余計なことを言わぬべきだった。悪い人間におべっかを使って良い人間にならせることはない。彼らのほとんどにとって問題となっている2つのことについてテストする勇気が我々にはないとスーダン政府は思い込んでいる。ミロセビッチのように国際刑事裁判所に入る前に終わるであろう自分たちの指導者のことだ。自分の国で権力を振るえないかのように見られたくなかったのだ。

(略:難民キャンプを離れると男性が標的になるため、女性が強姦の危険を犯して薪を取りに出る話。混乱により反政府軍の兵士も強姦加害者になっている話。自身の経験を勇気を出して語る女性が出てきている話。ジャンジャウィードを身近で見かける話。15歳の強姦被害者に違法である中絶を夜間に行った医師の話。中絶が違法であるため、民間療法を信じてヨードを飲み、苦痛に悶えながら死んだ17歳の強姦被害者の話。)

When Haja found [out that] she was pregnant, her husband, who’d left her some years earlier, refused to send money to her other two children. Like Nafisa, Haja says [that] she loves her baby. However, she hates it that there are still some who taunt her child for its Janjaweed parentage. “People are shocked at what happened to me, but I think [that] women understand and are angry for me. And they [that] think we should talk about the terrible things that have happened to us.”

Hajaは妊娠していると分かったとき、数年前に彼女の元を離れた夫は既にいる2人の子供への送金すら拒んだ。Nafisa同様、Hajaも自分の赤ん坊を愛しているという。しかし、親がジャンジャウィードだということでその子を謗る人が今でもいることをひどく嫌がっていた。「人は私に起こったことに衝撃を受けますが、女性は私に理解を示し、私のために怒ってくれます。そして、私たちに起こった恐ろしい出来事を語るべきだと考えています。」

As Gordon Brown and France’s Nicolas Sarkozy unite to tackle the problems in Darfur, David Triesman says [that] all the “building blocks” are in place for resolution of the conflict. Those blocks include the threats of the International Criminal Court, sanctions, an arms embargo, and the strengthened AU/UN hybrid force. Triesman is confident that “Gordon will see this as a moral issue in which an ethical outcome is essential.” He adds: “And if there isn’t a ceasefire when the hybrid force arrives, I’d be inclined to say to the Janjaweed, ‘If you don’t stop fighting, we will come after you and kill you.’”

ダルフールの問題に取り組むためゴードン・ブラウン氏とフランスのニコラス・サルコジ氏が団結したとき、David Triesman氏は紛争解決のため全ての「ブロック」を所定の位置に置くよう言った。そのブロックとは国際刑事裁判所、制裁措置、武器禁輸、および強化されたAU/UN連合軍の脅威を含むものだ。Triesman氏は「ゴードン氏はこれは倫理的結果が必須である道徳的問題であると分かるはずだ。」と自信を持っている。彼はこう付け加える。「連合軍が到着したとき、停戦していなければ、私はジャンジャウィードに対して『攻撃を止めなければ、追いかけて殺してやる。』言ってやるかも知れない。」

Tough talk, but Triesman insists: “Only when Darfur is no longer a war zone will there be effective protection of women.” And what will happen to the children of the raped Darfuri women, to the babies of the Janjaweed? If the children’s mothers are brave enough to care for them in the first place, they will perhaps be integrated within their communities. “A blind eye will be turned towards their paternity,” says Pam Delargy of the UNFPA. “A general amnesia will take place.”

脅し文句だがTriesman氏は主張する。「ダルフールが戦場でなくなったときにしか、女性を効果的に守る方法はない。」そして、強姦されたダルフール女性の子供たちに起こることは、ジャンジャウィードの子供としての対処であるのか?最初の段階でその子達の母親がその子たちを守るため十分に勇敢であれば、多分社会に溶け込めるだろう。「父親に対しては見て見ぬ振りをするだろう。」UNFPAのPam Delargy氏は言う。「人々は忘れていくでしょう。」

Jon Nicholson’s photographs of Darfuri women will be exhibited at the Air Gallery, 32 Dover Street, London W1, from October 8 to 13. Tel: 020 7250 4500

Jon Nicholsonが撮影したダルフール女性の写真は10月8日から13日まで32 Dover Street, London W1のAir Galleryで展示されます。

To help the women of Darfur, visit www.unfpa.org.

ダルフールの女性を助けるために以下をご覧下さい。
www.unfpa.org.


 悪名高き残酷なジャンジャウウィードは紛争初期の混乱にスーダン政府の失敗によりアラブ系の盗賊集団が権化となったもののようです。赤ん坊すら残酷な方法で殺される集団に強姦されて妊娠してしまう女性たち。強姦犯はジャンジャウィードだけでなく、スーダン政府軍や混乱ゆえに味方であるはずの反政府軍兵士まであるようです。強姦により妊娠した女性の行く末もさまざまですが、出産し、その子を育てることのできる女性の気丈さはちょろい私には想像すらうつきません。我流で中絶を試み失敗して死亡する少女、出産してもその赤ん坊を殺してしまう女のことは彼女たちの窮地を思えばとても人事とは思えません。

 先日、高官レベルの協議が行われたようですが、御用会議に終わったようです。現在のスーダンの軍事独裁政権がどうにかならない限り、悲劇は終わらないのでしょうか?


☆ダルフール紛争で惨殺されている子供たちを救うための各種署名にご協力下さい。
Globe for Darfur
国連日本代表部への嘆願書送信について
Petition the International Olympic Committee

☆駐日スーダン大使館へダルフール紛争解決に向けた要望を送る1クリックアクションにご協力下さい。
アムネスティ

☆ダルフール紛争に関する募金サイト
日本ユニセフ
国境なき医師団
[PR]
by fussyvet | 2007-09-25 14:01 | 世界の話
<< ダルフールの強姦被害者とその子... スーダン政府の停戦無視、和平に... >>