ブッシュ、中国、北京五輪、そしてスピルバーグ

 今日もCoalition for Darfurからの転載と和訳(by fussyvet)です。これも3月28日のミア・ファローの寄稿と同じくらい辛辣です。

以下------
2007年9月13日木曜日
ダルフール:ブッシュ大統領の対五輪の失敗
新共和党Eric Reeves氏による記事

An international outcry over Beijing's hosting of the 2008 Olympic Games has grown steadily louder in recent months. How, it is being asked, can the premier event in international sports be hosted by a nation complicit in the most heinous international crimes? The Chinese regime is guilty of perpetrating the ongoing destruction of Tibet, supporting the vicious Myanmar junta, engaging in gross domestic human rights abuses, and, perhaps worst of all, facilitating genocide in Darfur.

2008年五輪は北京が主催であることについての国際的非難はここ数ヶ月で確実に大きくなってきている。最も凶悪な国際犯罪に加担している国が国際スポーツの一大イベントを主催することの是非が問われている。中国の現政権は現在進行形のチベットの破壊、ミャンマーの悪徳軍事政府の支持、国内の幅広い人権侵害への関与、そしておそらく最悪なことにダルフールでの虐殺の促進について罪がある。

Despite the controversy, President Bush announced last week that he will attend the Games. It's an unprecedented move--apparently no American president has ever attended an Olympic Games held abroad--and China's human rights violations make Bush's decision seem all the more unwarranted. But perhaps he'll be able to shield himself from criticism next summer by sharing a view of the Games with Steven Spielberg, who agreed in March to serve as an artistic consultant for the opening and closing ceremonies.

大論争にも関わらず、先週ブッシュ大統領は五輪に出席すると発表した。前代未聞の措置である。国外で開催されるオリンピックに出席したことのあるアメリカ大統領はこれまでいないことは明らかである。さらに中国の人権侵害がブッシュ氏の決定を一層不当なものに知らしめている。しかし、ブッシュ氏は、3月に開会式と閉会式の芸術顧問を務めることにしたスティーブン・スピルバーグ氏と五輪の展望を分かち合うことで来年の夏の批判から身を守ることができるだろう。

This is distressing because China has proven adept at generating political cover for its misdeeds. It recently received some excessively generous praise for not opposing U.N. Security Council Resolution 1769, passed on July 31, which authorizes a force of some 26,000 civilian police and troops to protect civilians and humanitarians in Darfur. But China was instrumental in badly weakening the resolution, leaving it without a mandate to disarm combatants, even those carrying weapons introduced into Darfur in violation of previous Security Council resolutions. As both Amnesty International and the U.N. Panel of Experts on Darfur have amply demonstrated, Khartoum continues to violate the weapons embargo on a massive scale. Further, China was also the key player in removing any threat of sanctions against Khartoum for obstructing deployment of the U.N.-authorized force.

これは悲惨なことだ。中国が悪事に対する政治的口実を作る名人であることが判明したからだ。中国は最近ダルフール住民と人権活動家を守るため26,000人の文民警察官と軍隊の派遣を許可する国連安保理決議1769に反対しなかったことで、過度に寛大な賞賛を受けた。しかし、中国は、前回の安保理決議に違反してダルフールに武器を持ち込む者を含め、戦闘員の武装解除の権限を与えず、決議をひどく脆弱化した。アムネスティインターナショナルも国連のダルフール専門委員会も十分に説明してきたとおり、ハルツームが大規模な武器の禁輸措置を破り続けている。さらに、中国は国連軍の配置を妨害するためハルツームに対する制裁措置の脅威を排除する中心でもあった。

China also drew praise for appointing a "special envoy" for Darfur. But Liu Guijin's first carefully orchestrated tour of the region in May was the occasion only for airbrushing its genocidal realities in subsequent public statements. "I didn't see a desperate scenario of people dying of hunger," Liu said at a media briefing. Rather, he said, people in Darfur thanked him for the Chinese government's help in building dams and providing water supply equipment. Beijing has yet to condemn Khartoum for its crimes, or call for a halt to the ongoing aerial bombardment of civilian targets, or offer public criticism of any of the regime's actions, including repeated obstruction and harassment of the world's largest humanitarian operation. By refusing to speak truthfully about Darfur, Beijing has convinced these brutal genocidaires that there will be no real international pressure on them to stop.

中国はダルフールへの“特使”を任命したことでも賞賛を得た。しかし、最初に入念に演出された5月のLiu Guijin氏のダルフール訪問は後の公式声明で虐殺の現実を修正する機会に過ぎなかった。
「飢餓で亡くなる人々の絶望的なシナリオは目にしなかった。」
とLiu氏はマスコミへの説明会で述べている。それどころか同氏は、中国政府のダム建設や給水設備の供給への助力に対しダルフールの人々から感謝されたと述べた。北京はハルツームの犯罪の糾弾や、現在も住民をターゲットにして続いている空爆停止の要望や、世界最大の人道作戦に対する妨害と嫌がらせの繰り返しを含めたハルツーム政権の行為に対する世論の批判などどれも実行していない。ダルフールの真実を語ることを拒否することで北京はこれらの残虐な虐殺者らに止める国際的圧力は現実に何もないと確信させてきた。

Now, Bush and Spielberg are contributing further to the whitewashing of China's record of abuse. Sophie Richardson, an Asia expert at Human Rights Watch, said that by attending the Olympics in Beijing Bush was giving "an enormous propaganda opportunity to an abusive government." Spielberg has declared publicly that, "all of us are dedicated to making these Olympic opening and closing ceremonies the most emotional anyone has ever seen." But what "emotions" does the director of "Schindler's List" associate with genocide in Darfur? When the brutal Janjaweed militias throw African children, screaming in terror, into bonfires as their parents watch, what emotions are evoked for Spielberg? When young girls are brutally gang-raped, what thoughts spring to mind? When malnutrition claims the lives of more and more Darfuri victims, what feelings should attend the spectacle of agony that is starvation? It's inconceivable that such negative images will be included in Spielberg's show.

現在、ブッシュ氏とスピルバーグ氏は中国の虐殺の記録を塗りつぶすため、なおも貢献している。Human Rights Watchのアジア専門家ソフィー・リチャードソン氏によれば、ブッシュ氏は北京オリンピックに参加することで“虐待政府に絶好のプロパガンダの機会”を与えることになるという。スピルバーグ氏は「このオリンピックの開会式と閉会式を誰も見たことがないような最も感動的なものにしようと我々はみな頑張っている。」と公表した。しかし、「シンドラーのリスト」の監督がダルフールの虐殺にはどんな“感動”を連想しているのだろうか?残虐なジャンジャウィード民兵が恐怖で叫ぶアフリカの子供たちを両親の目の前で火の中へ投じるとき、スピルバーグ氏にはどのような感情が起こるのだろうか?若い女性が凄惨に輪姦されているとき、そんな考えが心に浮かぶのだろう?栄養失調でさらなるダルフールの被害者の命が奪われるとき、飢餓という苦悶の光景にどのような感情が向けられるというのだろう?そのようなマイナスのイメージがスピルバーグ氏のショーに含まれるなど考えも及ばない。

転載和訳ここまで------

 最後の段落については、先日のブログ記事にも書きましたが、私も全く同じ気持ちです。
「飢餓で亡くなる人々の絶望的なシナリオは目にしなかった。」
などとどうして中国高官は言えるのでしょうか?


☆ダルフール紛争で惨殺されている子供たちを救うための署名にご協力下さい。
Globe for Darfur
国連日本代表部への嘆願書送信について
Petition the International Olympic Committee

☆駐日スーダン大使館へダルフール紛争解決に向けた要望を送る1クリックアクションにご協力下さい。
アムネスティ

☆ダルフール紛争に関する募金サイト
日本ユニセフ
国境なき医師団
[PR]
by fussyvet | 2007-09-14 15:22 | 世界の話
<< ダルフールのための集会が世界中... アムネスティの1クリックアクション >>