動物実験代替法学会を支える企業たち

 動物実験の廃止を願って行われる消費者運動の中に、動物実験を行っている企業の製品を買わないという不買運動がある。新規物質開発のためなど企業が動物実験を行う理由にはさまざまあるが、特に化粧品開発などで動物実験を行っている企業に対する風当たりは国内外問わず強い。かくいう私も極力動物実験を行っていない企業の商品を購入するように努めている。しかし、これらの不買運動は都会など商品の選択肢が豊富に存在する地域ではよいが、そうでない地域では商品を選ぶことは難しい。私自身も自分が望んだメーカーの商品でなくても、忙しいときは近くのスーパーでいつもとは違うメーカーの商品を買うことがある。そういう場合、動物実験代替法に出資してくれている企業の製品を購入することで、動物実験代替法の開発に資金を提供してくれている企業を支える、そういう考え方もありではないかと思うのだ。ということで、参考までにそんな企業の一覧。
 因みに、動物実験代替法学会に出資していても、その企業自身は動物実験を行っている。「動物実験自体を許せない。本来あるべきものではなかった。」と言われれば、それまでだろうと思う。が、そういう運動では私は動物実験は廃止され得ないと思っている。そんなこんなも参考にしていただけたのなら幸いである。

 8月21日から25日まで東京で開催される第6回国際動物実験代替法会議のスポンサー(敬称等略)

プラチナスポンサー
 ロレアル
 日本製薬団体連合会
 Colgate-Palmolive Co.
 Kimberly-Clark
 ファイザー製薬
 P&G
 マンダム

ゴールドスポンサー
 ユニリーバー
 Humane Society of the United States
 Alternatives Research Development Foundation
 チャールズリバー社
 日本化粧品工業連合会
 ジョンソン&ジョンソン
 エクソンモービル

シルバースポンサー
 ARI
 グラクソスミスクライン社
 The European Cosmetic Toiletry and Perfumery Association
 カネボウ
 アストラゼネカ
 資生堂
 大野先生
 花王

ブロンズスポンサー
 財団法人食品薬品安全センター秦野研究所
 財団法人残留農薬研究所
 日本メナード
 コーセー
 Mary Kay
 ノエビア
 財団法人食品農医薬品安全性評価センター
 富士バイオメディクス
 慢性疾患リハビリテイション研究振興財団
 BioReliance
 住友化学

 また、日本動物実験代替法学会を恒常的に支えて下さっている企業はこちら
[PR]
by fussyvet | 2007-07-31 13:43 | 動物
<< 貧困と紛争と実験動物 ダルフールへの一斉募金 >>