子育ての狂気2

 先日、オンラインで購入してそのままになっていた「ネットワークベイビー」を見た。
 一段落したら、保育園を辞めようかと思っている。とてもいい保育園で、息子も楽しんでいる。が、最近再び朝の保育園での別れ際に泣くようになった。保育士さん曰く、
「○○君はお母さんが大好きやねんねぇ~。」
こんな母親でも好いてくれるのか…。今、私は息子から逃げてはいけないように思う。保育園に通わせ始めたのは、社会的な理由があったわけで、一人っ子である息子にとって他の子供と関わりを持つことは世界が狭まらなくてよいとも思ったが、私自身が息子と二人きりの時間から解放されてホッとしているのも全くの事実だ。預けるようになってから、体力消耗から来る体重減少も止まった。
 せっかく当たった保育園を辞めるのはもったいない。息子の成長にとって良いこともたくさんあるのに、私は罪悪感から抜け出ることができない。どうしよう、どうしよう。こんなことを考えて、一日中仕事に集中できず一日を過ごす時もある。どうしよう、どうしよう。ずっと迷いっぱなしだ。
 9月を目処に結論を出そうと思う。いや、育児に結論なんてない。あくまでも私が判断できたらよいという目安。そして、それまで集中して仕事を進めよという自分への発破かけだ。

 「ネットワークベイビー」新ためて見ると子育てなど想像もつかない若い頃に見落としていたことがいっぱい。そして、主人公の言葉一つ一つに共感してしまった。ただ、以前見た時は、主人公が本当に狂気じみて見えたが、今見るとそれほどでもない。「こんなんじゃないわよ。もっと母親が狂ったらもっと怖いよ。」心の中で思った。今の私なら当時の富田靖子さんよりももっと迫真の演技ができるわよ。何せ実際に狂っている最中の母親なのだから。見ながら、涙が止まらなかった。全ての母親に幸あれ、だ。
 このドラマ、DVDで復刻してくれるといいのに。こういう請願はどこに出したらいいのでしょうね。
[PR]
by fussyvet | 2007-07-24 12:26 | 家族
<< メール 治るか治らないかの賭け >>