おいおいおい…

 直前の記事で「国内の事件の方は暴力団員で、なんだか「それで市長を殺すの?」と疑問符が永久につくような理由をのたまって犯行声明までしているけれど、理由の軽さと犯行声明の大袈裟さから、自分の背後にいる巨悪を覆うためにしている偽装工作で、本当の悪魔は後ろにいるんじゃないかと疑う。」なんて書いていたけれど、こんなの聞いてしまった。

「きっこのブログ: 安晋会と水心会」

 安倍さんは、「安晋会」とのつながりを否定したりしてるけれど、コネクションは果てしなく黒に近いグレーで、さらに護憲護憲とうるさい被爆地の市長を殺害したのがそれとつながっている右翼団体の人で、国民投票法案が強引に可決されたところで…って、恐ろしいシナリオが恐ろしく見事につながっちゃってるのは、どゆこと???

 私は絶対息子を戦争にはやらないからね。
[PR]
by fussyvet | 2007-04-21 01:15 | こうして社会は回ってる
<< 日本向けの紙のためにタスマニア... 身近な暴力から遠い暴力まで >>