企業で動物実験に携わる人からのメールより

 臨床検査学部を卒業し、今年度製薬会社に入社された方からメールをいただいた。実験動物の飼育と解剖が業務の一つだとおっしゃる。入社するまで動物実験についてご存じなく、実際に仕事として携わった時は辛くて涙が止まらなかったという。
 動物実験に携わっているのは企業などの場合、このように獣医師以外の人が携わることの方が多い。獣医は学生時代に解剖の経験がある。初めて仕事として行う解剖のショックは、獣医以外の人と比較すればましだろうと思う。けれど、獣医以外の人の多くは、それまでに解剖の経験はない。ましてや動物実験の場合、なおさらだろうと思う。
 こういう人に対して、上司や先輩などは「仕方がないこと。」「そのうち慣れるよ。」と慰めの言葉とも何とも言えない言葉をかける。「そんなに嫌なら辞めたら?」というものも多いだろう。「辞めたら?」って?馬鹿を言ってはいけない。このご時勢、そうそう簡単に再就職先があるか?何よりも、その人が辞めても誰かがやる。そういう仕事としての枠ができてしまっているのに、「辞めたら?」の一言で済ませられるほど簡単なことならば、誰も涙を流すほど悩んだりしないものだ。それでは、動物実験が全くへっちゃらな人や、寧ろ動物実験が好きな者がその仕事に就いたらいいのだろうか?違うだろう。そんな人が就いたら、動物の苦痛など全く考慮されず、苦しみはますます大きくなる。その点から考えれば、動物実験は、この手紙をくれた人が抱いた辛さを少しでも感じられる人がやってくれないと困るのだ。
 今日も誰かが実験を行っている。辛い辛いと言いながらやっている。その人たちも自分がその仕事に就くまでは、何も知らず、何も考えず生きてきた。皆そうだ。自分がその立場になって初めて考える。けれど、少しでも改善をしたいのならば、その立場になってから考えていたのでは遅いのだ。多くの人に事実を知ってもらい、どうしたらいいのか考えて欲しい。そうしていかないと、そういう仕事も、そういう仕事に使われている動物たちの境遇も何も改善されないのだ。こういうメールをもらうたびに、「とっとと口をつぐんで、何も考えずに生きていこう。」という考えを打ち消している。何も考えず生きていけたらこんなに楽なことはない。けれど、まだそれはできない。こういう仕事があることを広く知ってもらい、ではどうしていったらいいのか、多くの人が考えて日々の生活の中で行動してくれるようになるまでは。

 手紙の主が最後に言った。
「まずは「知ること」が重要だと思い,現在は動物実験における正しい知識を得ようと努力しています。そして将来は、動物実験代替法の研究や普及に携わりたいと思うようになりました。」
とても嬉しい言葉である。

※動物権利活動の過激派の中傷や嫌がらせはこういう人にも及びます。人を傷付け、人権を損なうだけで動物が何か益を被るわけでもない。非常に愚かな行為だと思います。
[PR]
by fussyvet | 2006-11-22 10:25 | 動物
<< ドッグパークの崩壊の裏表 狂犬病の間違った予防法による中... >>