またたびで猫をおびきよせて猫をとる隣人…

 下記リンクをお読みいただき、警察に訴えても告訴状を受け取ってもらえない方のために「協力したい」と思われた方は、ご協力をお願いします。

きっこのブログ: 悪魔の猫殺し税理士


但し書き:
 因みに、現在はネコは室内飼育が奨励されていますし、私個人もそれを推奨しています。猫が嫌いな人も世の中には大勢いるからです。私の実家の隣人は、野良猫をオリで捕まえて溺死させていました。子供だった私は
「どうしてそんな残酷なことをするのか!」
とその他の面では良い隣のおじちゃんに対して怒りに震えたものです。が、そういう人もいます。そんな人の精神的平和を乱すことなく、動物を飼育するためには、ネコ好きの隣人が集った広大な土地の猫にとってのパラダイスでない限り、やはり室内飼育すべきだったろうと思います。
 が、それを差し引いて、現在は動物愛護法もありますし、上のリンク先に書かれている問題の人はわざわざ”またたび”でネコを呼び寄せて、首輪が付いていた個体さえ、遺棄している行為に関して首をかしげます。そんなこんなもお考えの上、猫を失って苦しんでおられる方に協力したいと思われる方は、ご協力してあげて下さい。
[PR]
by fussyvet | 2006-10-28 06:24 | 動物
<< 狂犬病の間違った予防法による中... <至急>山梨の多頭飼育崩壊現場... >>