画一化することが差別につながることになぜ気付かない

高校教科書検定:父子・母子家庭に意見相次ぐ-教育:MSN毎日インタラクティブ

 05年度の高校1年用家庭科教科書の検定で、父子・母子家庭に触れたり、ペットを家族とする記述に、意見が相次いだ。これらの記述をした複数の現行教科書に対し、一部の国会議員が「これでは“家庭崩壊科”」と非難する動きがあり、01年度の前回検定から一転して「逆風」にさらされた形だ。編集者からは「現実にさまざまな家族形態があり、選択肢を示しているだけなのに」と戸惑いの声が上がっている。

 教育図書「家庭基礎」の申請本には「自分の家族観」の項目で、ロックバンドGLAYのリーダー、TAKUROさんのコラムが掲載された。父親が亡くなり母、姉と生きてきた中、「父親がいないことを、不満に思ったりした形跡はまったくない」とのくだりがある。このコラムに対し「さまざまな家族形態を考えるページの中で、親が1人の家庭の記述が目立つ」との理由で検定意見が付いた。修正でこのコラムはなくなり、「CMの家族像」と題した父子・母子家庭には触れない内容に差し替えられた。

 ペットを家族とみなす記述にも意見が付いた。開隆堂の「家庭基礎」「家庭総合」の申請本に掲載した「次にあげる関係を家族と考える?」の例示のうち、修正後は「愛情を込めて育てているペットと自分」との記述が削除された。この記述は前回検定で意見が付かなかったが、文部科学省は「家族は通常人間と考えるべきだ」と説明している。

 家庭科では、前々回の96年度検定で、家族からの自立に焦点を絞ったり同性愛カップルに触れたりした申請本4点が不合格になったが、前回の01年度検定からは一転してこれらの記述が認められ、不合格はなかった。

 一方、昨年、参院議員が国会で「浮気をする権利を教えている」「祖母は家族ではないのに、ペットは家族と考える人もいるとの記述がある」と特定の教科書を非難するなど、家庭科を取り巻く状況は変化している。

 96年度検定で不合格となった東京都内の出版社の編集者は「前々回に比べ前回は全般に基準が緩かった。しかし今回はまた厳しくなり、改訂していない記述にも意見が付いた。これも社会情勢の変化なのか」と話す。別の出版社の編集者は「今回、調査官は離婚や一人親の記述に敏感だったと感じた」と話している。【長尾真輔、種市房子】

 ◇多様な家族が実在

 若桑みどり・千葉大名誉教授(ジェンダー文化論)の話 文科省は「家族とは両親がいて子どもがいるのが“正常”」との観念に立っているのではないか。実在する多様な家族形態の中に生きる父子・母子家庭の子どもの存在を消し去ることには納得がいかない。

 ◇選択肢提示が役割

 山田昌弘・東京学芸大教授(家族社会学)の話 「家族はこうあらねばならない」と示しても教育効果はない。ペットを家族だと思う人が多いことは数々の調査で判明しているし、小泉純一郎首相も離婚している。現実を示して、実社会で幸せになるための選択肢を示すことが教科書の役割ではないか。

 ◇安楽死・尊厳死 検定意見が付く

 高校教科書では、公民を中心に安楽死・尊厳死問題が掲載されている。いずれも重要な認定要件である「患者の意思表示」が欠けた記述に対しては、「不正確な説明」との検定意見が付いた。

 「安楽死・尊厳死」は現代社会、政治経済、倫理を中心に登場。このうち実教出版の現代社会の申請本では「投薬などによって、患者の死期そのものを早めてしまう安楽死」とした。この記述は改訂していなかったが、今回は検定意見が付き、「患者本人の意思に基づき、投薬などによって死期そのものを早める安楽死」に修正された。同様に、山川出版社、教育出版、第一学習社が修正で「患者の意思表示」を記述に入れた。【種市房子】

毎日新聞 2006年3月29日 19時06分 (最終更新時間 3月29日 19時09分


 > …父親が亡くなり母、姉と生きてきた中、「父親がいないことを、不満に思ったりした形跡はまったくない」とのくだりがある。このコラムに対し「さまざまな家族形態を考えるページの中で、親が1人の家庭の記述が目立つ」との理由で検定意見が付いた。修正でこのコラムはなくなり、「CMの家族像」と題した父子・母子家庭には触れない内容に差し替えられた。

 「さまざまな家族形態」で多いのが父子・母子家庭ではないのだろうか?それでもそういう家族が社会の許容性の無さから口惜しい思いに身悶えすることが多いから、両親がいれば「普通の家族」ってわけじゃないんだよってことを教育でも教えようとしていたんじゃないの?それをア○な古ぼけ国会議員が物申したなんて、本当にこの国の未来に悲嘆する。不倫を助長するような記述ならともかく、片親が亡くなった場合のシングルファーザー・マザーについてまで”消したい”のか?離婚だって、喧嘩ばかりして憎悪に満ち溢れた両親の下で育てられるよりも、別れても互いの意志を尊重しながら生きていく、そんな家族の下で育った方が幸せな場合だってある。家族なんて、「一つ屋根の下」っていう互いの距離が近ければいいってもんじゃない。家族に限らず何でもそうだけど、「こうあるのがいい」っていう他人の余計なお世話的思いが、どれだけ人を傷付けることか。
 「祖母は家族ではないのに、ペットは家族と考える人もいるとの記述がある」って非難するバ○もいるって言うけど、自分のお母さんをいじめる姑よりも伴侶動物が好きって子供もいるだろう。家族は血じゃない。愛情の対象は周囲が無理やり特定の”あるべき”ものに向けようとしてできるものじゃないし、そうすべきではない。どこのどいつ・・・いえ、どの国会議員様がそんなことをのたまっているのか知らないけれど、そんなんが選挙で選ばれるような国、つくづく嫌気がさす。
[PR]
by fussyvet | 2006-03-30 09:24 | 家族
<< 離乳食を考えている時に思ったこと もう気分は最悪 >>