子供の予防接種-母親として迷うこと

 私は、ある英語のメールマガジンを取っていて、毎回アメリカ人女性が綴る英語のコラムを読んでいるのだけれど、ある回で、彼女が「私がワクチン接種を受けない理由」なるタイトルで、ワクチンとその中に含まれる水銀について書いていた。以来、ずっと記憶していて、自分の子供が受ける時にはその時考えようと思っていたのだけれど、ついに考えなくてはならない時になってしまった。
 ワクチンなんかにどうして水銀が含まれているのかというと、防腐剤として使われているからで、アメリカで問題になって以来、日本でもその含有量は減ってきているけれど、製造コストの問題で不使用にはなっていないらしい。近頃、食べるものについては、妊婦はマグロを食べ過ぎるなだとか、水銀摂取についていろいろ言われているのに、そう言われている経口摂取量よりも高い濃度の水銀量をワクチンから血中に取り込むことになるのだとも言う。論文を自分で調べてみたけれど、結局今は日本には水銀が含まれていない三種混合ワクチンは手に入らないし、母親として私自身が選択するしかないことになる。3ヶ月齢で接種するBCGは水銀フリー。が、その後の水銀が含まれている三種混合はよりによって、3回も立て続けに接種し、更にはもう1回、また忘れて頃にもう1回接種しろという。息子は同月齢の平均体重より小さい。摂取量は体重比で見る。つまり、体重が少なければ体重比で取り込まれる水銀量が多くなる。できるだけ体重が多い時期に接種すべきとか何とかいうけれど、結局は百日咳等感染のリスクを背負うか(接種しない場合)、水銀接種のリスクを許容するかの選択を迫られることになる。日本では、「ワクチンに含まれる水銀により・・・明らかな証拠はない。」というけれど、全く疾患との関係がないという証明も同じようにない。動物実験も行われているのだろうけど、信用できる大規模な統計調査でも行われなければいけない。が、メーカー側などが嫌がるだろうし、当てにならない。そんなのを待っているうちに、4ヵ月後には私は母親としての選択をしなくてはいけない。できるだけ月齢を遅くして接種させようと思っているけれど、不安は尽きない。危害が疑われて現段階で否定も肯定もできない事象について、てっとり早くマウスに摂取させて結果が出る動物実験よりも、大規模な統計調査等はないものか、つくづく思う。

チメロサールとワクチンについて・・・横浜市衛生研究所
予防接種のワクチンに有機水銀
[PR]
by fussyvet | 2006-03-21 08:04 | 家族
<< 考えてみれば、国も企業もやるわ... ちょっとした罪悪感 >>