私が動物以外の問題にも関心を持つようになった訳

 保健所で毎週月曜日に犬・猫の引き取りをしていました。自分が飼う犬に避妊手術も施さず、子犬が産まれる度に連れてくる常習、自分が使っていた狩猟犬を「もう要らないから引き取れ!」と引き取り日でもない日に脅して強制的に置いていったハンター、捕獲されては持ち込まれる野良猫・・・、そんな光景ばかり見ているうちに、私は、どうしてこういったことが繰り返されるのか、私一人が動物愛護を啓蒙したところでどうしようもない、何も考えない人たちに都合よく使われるために私は仕事をして、こんな仕事のために一生を終えるのか、と徐々に抜け道のない絶望の淵に追いやられていきました。誰かに助けて欲しかったけれど、誰にも助けてもらえない。一人で「捨てないで!」と訴えたところでどうにもしようがない。どうしようもない無力感でした。どうしてこういうことが起こるのか、どうしていったらいいのか、毎日そんなこと考えるうちに動物の問題だけでなく、他の問題もつながっていることに気付きました(ぼちぼち書いていきますが)。それに気付いてからは、動物の問題でなくても活動している人たちに対して協力し、募金をしていくように心がけるようになりました。自分が取り組んでいる問題に多くの人に目を向けて欲しいように、他の問題に取り組んでいる人も同じ思いを抱いているだろう。自分が助けて欲しければ、自分も手助けしなければいけない。

 今は子育てに関わっているせいか以前にも増して特に子供の問題に目が行きます。で、偶然見つけたサイト。
ほっとけない世界のまずしさキャンペーン
 初めての方はよろしければ覗いてみてくださいね。

 ・・・・・本当は”姑””ババア”で検索してたどり着いた姑に対する愚痴ブログを読んでいたら、そこにリンクしてあったのですが。姑撲滅キャンペーンでも開こうかしら。。。冗談です。
[PR]
by fussyvet | 2006-02-23 19:39 | こうして社会は回ってる
<< 農家と家畜保健衛生所との関係 文科省のパブコメに >>