文科省のパブコメに

「研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針(案)」に関する意見募集 2/28 18時〆切

 12月まで実際に実験をしており、将来ももしかしたら研究分野に携わるかも知れませんが、私も意見を作成しています。案には前文に「動物実験は必要」なる文字が含まれていますが、それを許したら、動物実験代替法に携わる研究者の意義が小さくなりますから、そんな研究分野の不平等を引き起こすフレーズを明文化すべきでないこと、そして、研究者の教育には実験動物の苦痛削減に必要な麻酔や鎮痛方法を必須とするための意見を主眼として書いております。その他、締め切りまでギリギリ考えるつもりです。
 委員会の最中に、ある大学医学部に所属する委員から、
「既に医学部では倫理審査委員会が適切に機能するようになっており、人道的に行われている。」
旨の、規制を強くさせないための意見が出されたようですが、ここ一年間を見ても、大阪大学医学部での動物実験による研究論文データ捏造事件や宮崎大学医学部での”うさぎ狩り部”事件など医学部をホームにした倫理的に問題がある事件が実際に起こっており、先の委員が言うようなことが事実であるならば、そんなこと起こらなかったはずですよね。どんな地位にある人も人間であって、ずるいことはいくらでも考えます。医学部だから大丈夫なんてことは妄想に過ぎない。一般の良識ある人からの意見が必要です。関心ある人は是非パブコメに意見を送ってください。
 諸外国から見ても日本の研究機関の動物福祉に関する取り組みは遅れています。それがいずれ自信の首を絞めることになるだろうことも気付かないまま。
[PR]
by fussyvet | 2006-02-22 17:50 | 動物
<< 私が動物以外の問題にも関心を持... 国内のクマ牧場に改善勧告 >>