家と家族

 次男である夫。既に義兄夫婦には二人の子供がいる。結局、二人姉妹の長女である私の姓を名乗る形で婚姻届を提出した。
 昨年初め、夫が義母に自分が姓を変えることを伝えて以来、最初は「二人の占い師に見てもらったら、二人とも○○さん(私のこと)が××姓(夫方の名字)を名乗った方がいいって言われた。」などと始まり、親戚中にはいかに自分が可哀想であるかを触れ回って私たちを一方的に悪者にし、話し合いで合意を得た後も私たちの息子を「△△君」と呼んでおいてから、
「どうして君付けで呼んだか分かりますか?すでにいる孫達とは違うから。」
などと捨て台詞のように夫にメールで寄越してきた。
 家って何だ?家族って何だ?

 私にも言ってはならないことを言いたい放題言ってきた。こんなに産後の精神衛生環境がよろしくない妊産婦もそうそういないだろう。夫は毎日のように実家と連絡を取っている。「寂しがるから…。」とフォローしているつもりらしい。そして私にも同じことを要求する。私だって言いたいことを堪えてもう限界すれすれのところをフラフラしている。婚姻届にこだわった夫。そして、それと引き替えに私たちはずっと義母に何を言われようが下手に出て我慢し、顔色を伺う生活を余儀なくされるのか?
 家って何だ?家族って何だ?

 この国の戸籍制度が大嫌いである。これが、さまざまな社会的差別の一因だと思っている。民法を改正するとかしないとか言われて久しいが未だ変わらず。早くなくなれ。
[PR]
by fussyvet | 2006-01-19 12:10 | 家族
<< 環境省の実験動物基準素案パブコメ 父が泣いた >>