夢の中の核爆弾のスイッチ

 夢を見た。大きな公会堂のようなところで大勢が集まっている。その会場の上段、人気の少ないところになぜか核爆弾のスイッチがある。核爆弾と言っても、その会場内だけが被害を受ける規模のもの。誰かがそのスイッチを押さねばならない状況だった。最初の2回は大統領のような立場の人が、そして3回目には私がそのスイッチを押した。私がそのスイッチを押した後、中年女性が近づいてきて、私に非難・中傷の声を浴びせかけた。私は一瞥して無言でその場を離れようとしたところで目が覚めた。

 とても象徴的な夢だと思った。私は小学生の頃、先生や他の大人たちが言っていたあることを忠実に守っていた。それが道徳上の美徳だとして。
「他人が嫌がることをしなさい。」
トイレの掃除など人が嫌がる仕事を率先してやりなさいという意味の、当時の格言みたいな言葉であった。私は素直にその言葉に従っていた。どんな仕事でも役目でも誰かがやらなくてはいけないのだからと、課せられれば文句一つ言わずやった。
 獣医学生として最初の生体を用いた実習は解剖学実習だった。犠牲にしたのは、それまで飼育実習で世話をしてきたホルスタイン牛であった。大人しく、賢そうなお気に入りの牛も含まれていた。私は実習室の片隅で溢れる涙を抑えられなかった。クラスメートの男子が気付いて近付いてきて優しく言った。
「泣くな。」
私は泣いているところを見られた恥ずかしさと、その子の優しさで余計に涙が出てきた。その彼は母校で今教授になっている。以降の実習では私は涙が出そうになることはあっても泣かずに、寧ろ率先して参加した。小さい頃からすり込まれた美徳が心の底で大きく作用していたように思う。
 と畜場で食肉衛生検査員をしていた頃は、寒い冬でも率先して追い込み作業を手伝った。と殺風景からは目をそむけず、直視した。

 保健所で不用イヌ・ネコの引き取りをしていた。悪びれもせず持ち込む人、常習者、「よろしくお願いします。」とすまなさそうに動物を置いていく人などいろいろな人がいた。私は心の奥で思った。
「自分の手で始末したら?」
もちろん、そんなことは言えない。それが「狂犬病予防員」としての私たちの仕事であったのだ。子供の頃と違い、私は「何かがおかしい」と思い始めていた。

 死刑廃止論がある。私はどちらかと言えば、恩赦のない完全な終身刑の導入下での死刑廃止なら賛成だが、果たしてそれが本当にいいのかどうかは分からない。その話はさておいて、現状ではこの国は死刑制度を有している。それが法律で定められ、法務大臣が印を押し、誰かが執行するのである。それを仕事としている人たちがいる。以前、今は亡き後藤田さんが法務大臣であった頃、何年かぶりの死刑が執行されたということでニュースになった。死刑反対派は印を押した同氏を非難したが、彼はこう言った。
「少なくともいま死刑制度がある以上、裁判官だって現行制度をきちんと守って判決をしなければならないと思って、敢えて判決をしているわけですね。それを行政の長官である法務大臣が、執行命令に判を捺さないということがあり得るのか。」(「情と理」より)

 核爆弾はおろか戦争などなければいいと思うし、起こらないように最大の努力をすべきだと思う。と殺も保健所の殺処分も動物実験も誰もしないで済む社会なら言うことない。その職に就かず、生きていけたならよかっただろう。しかし、その職に就いたのなら、私は法律が定めている限りにおいて、その仕事を行うだろう。多くの異なる感情や価値観がある社会の中で、法が定められている。法が許し、あるいは規定している限り、誰かがやらねばならない”人が嫌がること”は多くある。それを行わず、感情だけで生きていけたのなら、こんなに楽なことはない。先日、動物の権利に基づいて活動している人が運営するブログに、「動物実験をしている人には、『自分も実験されてみたら?』と言いたい。」という旨のコメントを寄せている人がいたが、あいも変わらず愚かなことを言う人はいるものだと唖然とした。その人はと殺の仕事、保健所での殺処分、そして死刑執行の仕事をしている人にも「自分もと殺・殺処分・死刑執行されてみたら?」という言葉を投げかけるのだろうか?

 本日で実験は終了である。学生に産休制度などないが、”現場”を離れさせてもらう。これでしばらく私も自分の感情を優先できる生活を送ることができる。だからと言って、感情的にわがままに振舞うという意味ではない。しかし、少なくとも夢の中の核爆弾のスイッチを押す必要などもちろんない生活である。そして、夢の中に”核爆弾のスイッチ”として象徴的に現れた、その他一切の仕事もである。データ整理をしながら、心を休め、頭を整理したい。子育てに追われてそんな余裕などないかも知れぬが・・・。
[PR]
by fussyvet | 2005-12-30 06:55 | こうして社会は回ってる
<< 安楽死方法を知らない獣医の大学教官 挫折 >>