医の倫理と生命倫理

Yahoo!ニュース - 西日本新聞 - はねたウサギ解剖公開 医学生6人ブログに 宮崎大処分へ 「うさぎ狩り部」名乗る

 宮崎大医学部(宮崎県清武町)の学生六人が、車ではねたウサギを自宅で解剖し、その模様を写真に撮影、インターネット上のブログ(簡易ホームページ)で公開していたことが十二日、分かった。学生らは「うさぎ狩り部」と名乗る大学非公認のサークルをつくり、PRポスターを学内に掲示するなどしたため、大学側は「医師を目指す者として極めて軽率な行為」として調査委員会を設置、六人に十一月十日から自宅謹慎を命じている。十四日に開く教授会で正式な処分を決める。

 同学部によると、六人は二十代前半から後半で全員二年生。今年九月十五日、メンバーが宮崎県内をドライブ中に車の前に飛び出してきたウサギをはね、死(し)骸(がい)を持ち帰った。学生らは大学近くのメンバーのアパートに集まってウサギを解剖、その様子をインターネット上に掲載した。

 学生らは「うさぎ狩り部」と名乗り、大学の壁などにブログのアドレスを記載したポスターを掲示したため、多くの学生がアクセスした。ブログには解剖されたウサギの写真と「殺した。殺した」など気味の悪い言葉が並び、同学部の公式ホームページにもリンクできるようにしていた。「命の尊さを冒(ぼう)涜(とく)する行為で、同じ医学生として恐ろしい」などの苦情が大学に多数寄せられたため発覚した。

 学部側は十月末、六人から事情聴取するとともに、ポスターの撤去とブログの閉鎖を命じた。学生らは「冗談が過ぎた」と弁解しているという。ブログを見た医療関係者は「彼らがこのまま医者になると、いつか大変なことをしでかすだろうと危機感を持った」と話す。

 同大医学部によると、三年生の課程で、実験用に飼育したウサギを使う解剖実験があるが、その際は、指導教官が学内の動物実験承認委員会に届け出た上で行うのが通例。学生が勝手に動物の解剖をすることは想定していない。

 佐藤泰範・同学部総務課長は「医学生としての倫理観に欠け、大学の名誉を著しく傷つけた行動で、調査委の報告を待って厳しい処分をする」と話している。
(西日本新聞) - 12月12日14時54分更新


 「同じ医学生として恐ろしい」という苦情が大学に寄せられたこと、ブログを見た医療関係者が「彼らがこのまま医者になると、いつか大変なことをしでかすだろう」と危機感を持ったことが救い。
 このニュースにもあるが、あらゆる大学内で行われる全ての動物実験は動物実験計画書というものを同学内の動物実験倫理審査委員会に提出し、承認を得たものだけが定められた施設内でできるという仕組みになっている。時には、大学内のサークル主催でイヌの解剖を行うなどという獣医系大学も現在あるが、参考までにそれらもきちんとした審査を受けず、麻酔を扱える資格を持った指導教官もいないところで行われるならば、大問題であるので念のため。

 お医者さんのたまごが起こした今回の騒動、医の倫理と生命倫理は切っても切り離せず、その生命倫理の中には人間以外の動物の生命も含まれることを多くの人が認識していることの表れであり、問題視されてホッとした動物のお医者さんであった。
[PR]
by fussyvet | 2005-12-13 07:22 | 動物
<< 怒っています 母校のこと、その他の獣医系大学のこと >>