「英雄」

ジェット・リー主演の「英雄」を観た。ジェット・リーなる俳優が、その昔、リー・リン・チェイという若き元中国武術チャンピオンで、あの「少林寺」に出ていた童顔の少年と同一人物だと知った時の私のショックと言ったら…。「あの青くて子供っぽいガキが、こんな奥の深い良い男になっていたなんて…(仮にも年上の人に向かって失礼な言い方)。」懐かしいやら嬉しいやらで、すぐさまジェット・リーの”あれから”を調べた。いつの間にかハリウッド進出していて、「The One」の主演であったことにも驚いた。
前置きが長くなったが、とにかく「英雄」を観た。ジェット・リーとドニー・イエン(この人の武術にも惚れてしまった)との戦いのシーンはすごいが、もっとジェット・リーのアクションに期待していた私には少しワイヤーアクションが多すぎる感じがした。けれども、そのストーリー…、大体のあらすじは聞いて知っていたのだけれども、うーん、悲しい。とても印象に残ったが(2回も観ちまった…)やっぱりいくら大義名分であっても戦いはない方がよい。「許し」がいつの時代ももっと多くなれば、すばらしい人間が死ななくてもよい世界になるだろうに…。「許し」「許し」…大切…。
[PR]
by fussyvet | 2004-04-30 10:56 | 映画
<< 逆差別 名古屋テレビ編成局長が暴言「子... >>