依頼人に求める前に

 昔なじみの獣医仲間が言った。
「依頼人も獣医を選ぶ目を養う必要がある。」

 獣医師に関する情報は医師のそれと比べたら、うんと少ない。そもそも獣医師という職業についてすら、「動物のお医者さん」という漠然としたイメージでしかないのだから。
 そして、何よりも問題なのは、選ぶほど優秀な獣医師がほとんどいないという現状。私は獣医師仲間から情報を得て確認してから大学病院を選んだ。しかし、一般の依頼人が同じように情報を得て獣医を選択することは不可能だろう。依頼人が獣医を選ぶ目を養うためには、そのための情報が必要だ。そして、情報が得られても、結果的に当てになる獣医師が近くにいないのが現状だ。依頼人に求める前に、獣医師側が変わらなければならない。
[PR]
by fussyvet | 2005-07-31 10:03 | 動物
<< 第5回国際動物実験代替法会議 画像診断の難しさ >>