獣医の地位と腕は一致しない

 アル中の震える手で、ただでさえ下手な思い込みの手術をしていた母校の外科の教授。あんなのには引っ掛からせまいと知人に腕の確認を取り、実家のネコを地元の大学病院に連れていかせた。即入院。大学病院だからと言って、それだけで信用してはいけない。ステータスは一流でも中の腕は三流なんてことは日本の獣医にはよくある。封建制がはびこる世界ゆえ。
 とりあえず、母が安心して信用できそうなので私も胸をなでおろした。今回の実家のネコ騒動で思うことが山ほどあった。まだ途中なので落ち着いたら徐々に書いていこうと思う。
[PR]
by fussyvet | 2005-07-11 15:23 | 動物
<< 神様… “恋人”から“夫”へ >>