幸福論

ここ2日ほど
神様は幼い頃の父との良き思い出を思い出させてくれる。
小学校に上がるまでは私は父のことが大好きだった。
父の膝に座っていたこと、
パチンコ屋に連れていってもらったこと、
車の運転の真似ごとをさせてもらったこと、
欲しいおもちゃを母に拒否されたが味方になって買ってもらえたこと。

いつから狂ったのか、
嫌な思い出が一切を隠していた。
嫌な出来事があっても
よかったことがあったことは事実なのに…。

私は今も昔も幸せだったのだ。
[PR]
by fussyvet | 2005-07-06 01:38 | 家族
<< “恋人”から“夫”へ 子猫飼い主募集 >>